コンテントヘッダー

私の愛しいお人形 (プラチナ文庫) 文庫 – 2018/4/12 成瀬 かの (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
私の愛しいお人形 (プラチナ文庫) 文庫 – 2018/4/12
成瀬 かの (著)
なり

内容(「BOOK」データベースより)

白金の髪を持つ茶問屋の跡継ぎ・冬伍は、友人の会社の従業員である千春に心惹かれた。だが彼はバイオノイドで、前任者が行方不明になったため自分は“二人目の僕”だと言う。人との差異を受け入れ、哀しいまでに人に尽くそうとする千春。冬伍はそんな彼に共感と、いっそうの愛しさを覚える。けれど前任者の行方を追ううち、危機が迫り―「お願い。僕が壊れても泣かないで」

感想
面白かったけれど ちょっと切なかったねえ。
同じ千春でも やはり個体差が 出てくるのね。それが
いいのだけど 本人にしてみたら 前の千春 その前の
千春の記憶が入っていて 辛くないのかねえ・・。
誰かを好きで報われなかったり 酷い目にあった記憶も
残っているわけで・・人間だったら 精神が壊れちゃいそ
うだわ・・。
人間嫌いの冬伍が 愛したのは 人間じゃないというの
が みそだわねえ・・。彼にとっては 大量の千春がいて
も 彼だけの千春しか 愛せないのよね。
今の千春が 健気で可愛かった。

チューターは過去に何があったのかしら ちょっと気に
なる。棗なんかのところに なんでいくのか・・。
最初の千春が可哀想で・・。

黎たち ほかのバイオノノイドが 廃棄されないで 夫々
幸せになってるといいのだけど。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR