コンテントヘッダー

プライベートバンカー (ショコラ文庫) 文庫 – 2017/7/7 手嶋 サカリ (著), 小椋 ムク (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村
プライベートバンカー (ショコラ文庫) 文庫 – 2017/7/7
手嶋 サカリ (著), 小椋 ムク (イラスト)
てじま

内容紹介

外資系メガバンクで働く出永清吾は、二億の資産運用を検討する御曹司・祠堂晃の対応を任される。だが嫌な金持ちを体現したような祠堂は付け入る隙を与えず、成果ゼロに終わる。失意の中、思いがけず祠堂と再会した清吾は挽回を試みるが、彼にコンプレックスを刺激されうっかり「クソ金持ち」呼ばわりしてしまう。それを面白がった祠堂はなぜか清吾にキスし、さらに翌日には新規口座開設&五千万の入金があり…。

感想
面白かったですねえ^^今まで 2冊出されていて わた
しは読んでなくて 初読み作家さんなので 前のも 読
んでみようかなあ^^
清吾は なかなかハードな子供時代を過ごして 大人
になったので 見た目はともかくも 中味は かなり傷を
引きずって生きてます。
今は やりがいのある仕事をしていて 衣食住も 一般
よりはずっと上なのだけど 心は満たされていないので
すよね。更に上を目指して お金がないと安心できない
というところがあり(当然だろうけど)ちょっと強迫観念に
かられてますねえ・・。
慕っている上司から紹介された新たな顧客 祠堂が 
なんとも食わせ者で・・彼も ある意味 清吾に似ている
ところがあって 人を信用しなくて 孤独なんですね。
なんといっても バンカーが大嫌い。
清吾とのやりとりは いくらなんでもやり過ぎ・・彼が普通
の暮らしじゃなかったから 精神が強く 耐えられたけど
ね。
最も 小さい証券会社で数年持ったのだから 清吾は 
半端ない 根性があります。
それに 色々あっても そういう意味ではすれてなくて 
人を苦界におとすほど 悪いことはできないのですよね。
そこが祠堂にも わかっているから(調べているし)清吾
を 見捨てることが最後できなかったのよねえ・・。 
結局 二人とも根っこのところは 悪人になりきれないの
ですね^^
ラストも なかなかよかったなあ^^清吾が またどん底に
ならなくて ほっとしたわ。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR