コンテントヘッダー

白虎王の愛婚~誓いの家族~ (ダリア文庫) 文庫 – 2017/5/13 鳥谷 しず (著), 高星 麻子 (イラスト

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
白虎王の愛婚~誓いの家族~ (ダリア文庫) 文庫 – 2017/5/13
鳥谷 しず (著), 高星 麻子 (イラスト)
とり

内容紹介

愛する皇子と子をなしたい。

獣人国に暮らす千隼は、男ながら子を卵することのできる神子で、皇太子候補の子をなすために、皇都へ向かうことになる。
その護衛をするのは、幼い頃に結婚を誓った白虎の親王・紫凰だった。
しかし結ばれることは許されない2人の前に、千隼を「母上」と呼ぶ白虎の子が、時を渡ることのできる池から現れる。
3人で家族のように幸せなときを過ごすうちに、封印したはずの紫凰への恋心が溢れだしてきて――。

感想
面白かったです^^千隼は 波乱万丈な子供時代でした
ねえ 何不自由のない皇子から 見世物小屋に売り飛
ばされてしまう。これも はやり病がなければ 親や後
ろ盾が生きていたでしょうけど 不運の始まりですよね。
それでも 辺境の地で武将である 醒ヶ井に拾われな
かったら餓死していたかも。
それからは生きるために必死に 闘い 初恋の相手を
思いだすこともあまりなかったのに 聖宮として都にい
くことになり 初恋の相手 紫凰が迎えに来るとは 皮
肉ですよねえ。
宮中の権力争いがどろどろしてますが 可愛い白虎の
子供 白蓮が ほっとさせて癒されます。どういう子供
なのか やっと最後にわかりますが・・ちょっと 可哀想
だったかな^^;
紫凰の婚約者の火織子も 気の毒な気もするのです。
勿論 火を操り 人を殺していいはずないけれど 母の
話はでてこないし 父だけで 甘やかされて育ったようで
もっと違うように 成長したら 違っていたかも。
紫凰も 火織子を利用したことは間違いないから 後ろ
めたく思っていたようだしねえ。
紫凰と千隼のその後の話も 槐と その伴侶の話にでも
出てくると 面白いかも^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR