コンテントヘッダー

銀の獅子と身代わり姫 (B-PRINCE文庫) 文庫 – 2017/2/7 水無月さらら (著), サマミヤ アカザ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
銀の獅子と身代わり姫 (B-PRINCE文庫) 文庫 – 2017/2/7
水無月さらら (著), サマミヤ アカザ (イラスト)
みず

内容紹介

お前はオレと同じ匂いがする。

新人近衛隊員のマルスは、憧れの隊長・オスカーから、
女装をして王女の影武者となることを命じられ!?

ヴァリエと呼ばれる半獣の種族と人間が共存するグロリア王国。
士官学校卒業後すぐに近衛隊員に大抜擢されたマルスは、
美しい獅子のヴァリエである隊長のオスカーから、
女装をして世継ぎの姫の影武者となる極秘任務を告げられる。
だが、自身も知らなかったマルスの正体は、
その力を怖れられ封印された白ヒョウのヴァリエだった。
仲間としての絆と愛を深めてゆく二人を待ち受けるものは……。
秘められた獣たちのラブファンタジー。

感想
なかなか 面白かった^^盛りだくさんなんですけどね。
人間とヴァリエという半獣がいてそれ以外にも妖精やら 
いろいろ出てきます。 
王様と貴族がまだ中心の世の中で そろそろ民衆が
台頭しつつあるってところですかね。オスカーたちは
民衆と折り合いをつけて 立憲君主にするか 共和制に
持っていきたいけれど 急進派とぶつかり 跡継ぎの姫
は狙われている。そこへ 姫にそっくりのマルスを 影武
者にということなんですねえ・・。
最初は 使えると思ったオスカーだけど 段々 マルスが
愛しくなってくる。一生懸命で可愛いし 自分と同じように
存在意義が不確かなところが共通なんですよね。
その上 二人とも ネコ科?だったし^^
やっぱり 運命の相手だったのねえーと。
マルスの友達のスティーブの気持ちも わかります。親も
いなくて 学校でも差別にあい 居場所がないですから
過激なグループの誘いに のってしまったのだろうなア。
バレンツだって もしも 半獣ということで差別されなかく
て 大学院にいけたら 違う人生だったかも・・。革命家
にならなかっただろうなあ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR