コンテントヘッダー

きんいろの祝祭 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/12/15 中庭 みかな (著), 榊 空也 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
きんいろの祝祭 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/12/15
中庭 みかな (著), 榊 空也 (イラスト)
なか

内容紹介

金色の瞳を持つ「きんいろ」は、契る主にのみ瞳を許してその国を豊かにし、災厄から守る存在。イルファは自分が“できそこないのきんいろ"と知っていたが、そんな彼も花嫁として辺境の小国へ遣わされることに。しかし、頑なな心を解いていくイルファがやがて愛し愛されたのは、契るべき王ではなく王の忠実なる侍従――優しく生真面目なカヤで……!?

感想
よかったけれど 可哀想だったなア・・ハッピーエンドな
んですけどね^^;ちょっと奇跡 おこるかな?って 白い
竜もいるしって 思ったのですが・・竜はそこまで加護を
してくれなかったですねえ ま イルファは 自分の事よ
り 愛する人と民の幸せを願ったからね。
大昔から 災害 流行病 戦争など多くのことがある度
に 人々は神やその他に縋ったわけで それくらい悲惨
なことが多かったのでしょうね。
そこでイルファのような子供たちが 救いとして大事に
されたのだろうけど もの扱いですよねえ・・多くを救う
が 個人は救わない。神がとかいうけれど 金銭が絡ん
でいて 結局は 地位や財のあるものしか きんいろは
手にいれられないのですよね。
現代も 似たようなこと一杯ありますけどね^^;
そもそも そんなに欲深い人を 神が助けると思うのが
ずうずうしい^^;
イルファには 苦しかった年月を考えて これから最後
まで 王に愛されて大事にされてほしいわ・・^^
しかし この間のBL読んだ時も思ったのだけど 大国に
侵略されそうな小国っていうシチュエーションが また
出てきて これ 世相を反映してるのかねえ?^^;

えいえんの青
王ときんいろの婚儀には 多くの人が参列し 国民も
きんいろに魅了され

ひかりは甘く蜜のいろ
 イルファは 王と睦みあったあと 山には入らないでと

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR