コンテントヘッダー

フェア・プレイ (モノクローム・ロマンス文庫) 文庫 – 2016/12/14 ジョシュ・ラニョン (著), 草間 さかえ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
フェア・プレイ (モノクローム・ロマンス文庫) 文庫 – 2016/12/14
ジョシュ・ラニョン (著), 草間 さかえ (イラスト)

内容紹介

FBIの元同僚で恋人のタッカーと過ごしていたエリオットは、
深夜実家焼失の知らせで叩き起こされた。火事は放火だった。
父・ローランドには回顧録の出版をやめろという脅迫が来ていたという。
エリオットはローランドを家に避難させるが、散歩中をクロスボウで狙われるーー。
タッカーは珍しく携帯の電源を切り、家に帰ってこなかった。彼は何かを隠している……。

待望の「フェア・ゲーム」続編!!
じょ

感想
面白かったですねえ なんというか 話に厚みがあるの
ですよね。主人公の二人は まあ ちょっと面倒な二人
で^^;
特にエリオットが面倒な奴で・・頑固で仕切り魔なところ
があって・・情は深いし セックスでは可愛いですけどね。
タッカーも その辺のギャップがいいと思っているようで
わたしは タッカーが好きだな。確かに 独りよがりだっ
たり 気持ちに鈍いところもあるけれど とにかくエリ
オットを凄く愛していて 色々なものから 守ろうとする。
エリオットの方は 同じ男だから しかも同じ仕事だった
ので ライバル的な気持ちは どうしても出て来るので
すよね。
だけど これを続けていたら 関係は破たんするなア。
タッカーはそのあたり うまくて エリオットがなかなか
謝れないとわかっていて セックスに もつれこんでしま
うのですよね。そこでは タッカーは絶対の王で エリ
オットは可愛い妻?なんですよ。
なかなか 危ないところを行ったり来たりしつつ 別れ
ないで事件も解決してよかった^^;

ベトナム戦争の時の 若者の怒りは その後の日本の
若者にもあったけれど どちらも 暴力によるものは
結局 民衆に受け入れられなかったから・・一般の人
まで巻き添えになってしまうと 無理だなあ・・。
日本でも 結局は 熱が覚めて体制側でちゃっかり偉
くなってる人も多いけど アメリカも同じなのねって こ
れ読んでちょっとおもいましたね。
罪は罪 仕方ないです。だから 90歳でもヒットラーの
親衛隊は裁かれてる。
エリオットの親世代も 振り返ると 間違ってないという
人達もいるだろうけど なんであんなことと後悔してる
人もいるから 名前かくすのでしょうから。
ゲイ夫婦の二人の生活や愛情 親世代のアメリカ 
興味深かったですねえ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR