コンテントヘッダー

蒼獅子と百年の恋 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2016/12/1 鴇 六連 (著), 鈴倉 温 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
蒼獅子と百年の恋 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2016/12/1
鴇 六連 (著), 鈴倉 温 (イラスト)
とき


内容紹介

記憶を喪った霊獣・蒼獅子×健気な妖怪先生の中華恋愛譚

妖魔の研究をしている瑞芳は、妖魔に襲われかけたところを霊獣の蒼獅子に救われた。かわりに大怪我を負った蒼獅子・獅燎を治療するため自宅へと連れて帰った瑞芳だが、傷を治す為に精をよこせと組み敷かれてしまう。霊獣にとって人間の精は霊薬だと言う獅燎と、彼を父親と慕う幼い蒼獅子・桃乙と共同生活を送るうちに瑞芳は、十二年前の春に妖魔に殺されたかつての想い人が、蒼獅子になった姿が獅燎ではないかと思い始める。しかし獅燎には霊獣になる前の記憶がなくて…。

感想
とってもよかったです^^途中 可哀想だったけれどね 
なんというか 結構 神様?も 残酷ですよね。きまぐ
れで 人を助けてくれることもあるけれど それだって
人が苦しい思いを続けないと 得られない まあ人生
そんなものなのだろうけど・・。
これ実の中の時間と 人間世界の時間が違っている
から めぐりあう事ができたけど そうじゃなかったら
瑞芳は とっくに おじいさんかこの世にいないから
また 何百年 もしかしたら 何千年も瑞芳の転生を
炬仁は待たなくては ならなかったかもねえ・・。
瑞芳もちょっと 考えなしで14歳だから しょうがない
けどね 炬仁が強いからって もっと強い妖獣がいる
かもしれないのだから 用心したらいいのに・・。
窮奇も 元は人間だったのよねえ・・どんな人だった
のか 余程辛いことがあり 恐ろしい化け物になった
のでしょうね。

桃乙が可愛くてね ずっと小さいままだったけど最後
の方で ちょっと大きくなり それが瑞芳じゃないけど
残念かな?^^;
桃乙は やっと大好きな人にもうすぐ会えるのですね。
そこもちょっと 覗きたかったな。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR