コンテントヘッダー

ぼくの可愛い妊夫さま (Splush文庫) 文庫 – 2016/9/18 七川琴 (著), ミニワ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
ぼくの可愛い妊夫さま (Splush文庫) 文庫 – 2016/9/18
七川琴 (著), ミニワ (イラスト)
なな

内容紹介

気弱な37歳童貞の産婦人科医、弓削のもとに下腹部からの出血を訴える男がやってきた。屈強な大工の青年、岩本だ。いくら検査しても原因がわからず途方に暮れるが、その症状からある可能性に辿りつく。「正常に機能する卵巣・子宮を持った男性」――MFUU。そんなこととは思いもしない岩本は、産婦人科に回されたことを訝しみ、不安と緊張で苛立っていた。岩本を安心させようと超音波検査を勧める弓削だったが…! ?

感想
面白かったです^^まあ がちむちが受けって どうも
いまいちだったんですけどねえ・・内田さんの漫画で
かなり 鍛えられて?結構 平気になりました^^;
弓削は 地味でもてるような感じじゃない医師ですが
岩本と係わるようになってきて 人間的に成長したと
思うのですよね やっぱり 人を好きになり 恋愛す
るって凄いですね^^
岩本は災害で 兄妹ふたりだけになり 苦労して生き
てきたけれど 真面目で一生懸命です。それが急に
正常に機能する卵巣・子宮を持った男性なんて言わ
れて 混乱しますよねえ・・。
なんで また自分だけが不幸にって・・ここで弓削に
会わなかったら 本当に精神的に 参ってしまったか
もしれないですよね。
岩本は 一部女性化しているのを知られたくなくて 
寮をでることになり 弓削と同居することになるので
すが やはり 運命の相手だからか?惹かれあって
いくのですが 二人とも純情で 思いやりがあります
ね。
意識して 付き合うようになってからは すっかり夫
婦ですよー^^妊娠もして 岩本の夫 父という意識が
読んでいて 微笑ましいです。必死に家族を守ろうと
努力するのですよね。
人と違う形の家族でも お互い大事に思って 愛が
あればいいんですよねえ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR