コンテントヘッダー

SWEET SWEET HOME

SWEET SWEET HOME (リリ文庫) [文庫]
桂生 青依 (著), 木下 けい子 (イラスト)
出版社: 大誠社 (2011/2/14)

51wgEuQ8EXL._SL500_AA300_[1]

内容
両親を亡くし、ひとりぼっちになった知晶の前に現れた青年・秀一郎。知晶の父親の世話になったという彼は、恩返しがしたいと同居を申し出てくれた。「家族になろう」そんな温かい言葉とともに。それから3年。経営者として忙しく働く秀一郎を支えながら、日々は平和に過ぎていく。だが、彼のふとした仕草に、表情に、高鳴る鼓動を抑えきれない自分に気づいて…?以前は嬉しかった「家族」という言葉が胸に刺さる。思いつめた知晶は、彼との別れを決意するが―。

感想
こういう義家族?とか 父親と子供と恋人とっていう感じが最近よくあると・・
というか自分がその手を無意識に拾ってるのかな?

知晶が秀一郎とその甥の翼と暮らして3年。余りに良い子で表情がなかった翼も
最近は子供らしいところも見せて知晶の御飯もよく食べてくれる。秀一郎は
レストランなど経営している実業家で昔やんちゃしていた時 知晶の父に諭されて
更生した。都内の豪邸に住んで有名私立に通っている知晶だが悩みは尽きない。
幼稚園の園長から風の精の服はできたかと尋ねられて驚く。翼はお弁当や
日々の食事の世話からしている知晶に遠慮したのだろう。知晶も今の学校や弓道を
続けることを躊躇ったが秀一郎に押し切られる形で通っている。お昼を友達の
新堂たちと食べていると弓道部のアイドルで女の子にもてるのに自作弁当とは
ってからかわれていると部長の越がくる。腰はいつもおもわせぶりなことを言う。
ので 新堂は部長は知晶狙いだなと言う。

衣装を作るために翼を測ろうとするが いらないと言い張り布団からでなくなって
しまう。しかたなく小物から作り始めるが そこに秀一郎が帰宅する。事情をきいた
秀一郎はいいというのに知晶と一緒に縫い始める。しかし側にいる秀一郎にドキドキ
して針を刺す。秀一郎は知晶の指を吸い ますます落ち着かなくなる。衣装を
いらないといっていた翼だができた衣装を見せられて ありがとうと言った。
いよいよお遊戯会が始まった。知晶は学校に理由を提出し見に来た。他のお母さんが
翼が衣装をとても喜びはしゃいでいたと教えてくれる。お遊戯が終わり翼は女の子
から花のところで写真を撮ろうと誘われる。ほほえましく見ていると健一と男子の
グループが女子と翼たちと揉め始めた。健一が女の子の髪の毛を引っ張ったので
翼がやめろと間に入り 健一は翼の衣装を破ってしまう。それに切れた翼が健一を
突き飛ばしてしまう。ここがいやなんだなーでたよモンスターペアレンツ^^;
健一の母親は一方的に翼を責め 親が来なくて高校生が来るような乱暴な子を
通わせているとはどういうことだと園長にも迫る。とにかく翼に謝れという。知晶は
本当のことを言っても聞きいれない母親におろおろしている。そこへ秀一郎が来て
ギャーギャー騒ぐ母親に対して穏やかに話す。そこへ「翼くんは菜緒を庇って
くれたの
」と女の子が部屋に入り話し出す。健一が初めに手を出したことを
言い 騒ぐお義母さんをしり目に子供たちはお互いに謝る。
弓道で一人整理をしていると部長の越が来る。好きな人がいるのかと聞かれ秀一郎が
浮かぶが いないと答える。すると越は付き合わないかと君はこちらの人間だよという。
悩む知晶は家をでたほうがいいのではと賃貸を探し始める。ところがそれを翼に
知られてしまう。翼は「出ていくんだ」と言いそれから口をきかなくなり食事も
ろくにとらなくなってしまう。秀一郎にも出ていくなと言われ気持ちが揺るぎ顧問に
昇段試験に出られないよと注意されてしまう。新堂は 越先輩が知晶と付き合ってる
なんて言ってるからそれで調子悪いのかときいてくる。寝耳に水の知晶は否定する。
秀一郎に話し合おうと会社に来るように言われるが会社の秀一郎を見て自分との差を
考え飛び出してしまう。夜中に帰った知晶は秀一郎と翼の作ったおにぎりを見て涙する。
ここまで悩むならさっさと告白すればって思うわ。^^;

秋の遠足会に参加した知晶だが相変わらず翼は暗くご飯も食べない。お弁当を
食べようという知晶に翼は「いらない いなくなっちゃうくせに」と言い駆け出して
行くので追いかけるがどんどん来た道と違う方向に行ってしまう。翼は足を滑らせ
知晶は慌ててリュックを捕まえ翼を抱えるがそのまま斜面を落ちていく。やっと
止まり翼を見るが怪我はなく知晶は右手を痛めてしまう。翼はいなくならないでと
大泣きをする。しばらく歩くが戻ることができないので これ以上歩くのは危険だと
食糧を食べてじっとしてようと翼に言う。暗くなってきたとき「翼!知晶!」という
秀一郎の声が。やっと家に帰り知晶は昇段試験に来てくれないかという。その時に家を
出ていく理由も言うからと。

それから知晶は懸命に練習する。新堂は最近 越に会ったかときいてくる。なんでも
受験ノイローゼでやばい状態だから気をつけろと。試験当日知晶は会場で越に会う。
明らかにずっと待っていたようでおかしな状態だ。恋人として試験を見ると言う越に
そんなつもりはないという。しかし越は執拗で知晶はとうとう好きな人がいるから
という。(こういう訳わからない俺様な奴いるよね 自分が絶対正しいとか・・
思いっきり勘違い野郎なんだよ)越は突然怒り出し自分の気持ちを知っていながらとか
言って知晶の弓の道具を取り上げ投げてしまう。負傷している腕も捕まれますます
痛くなる。やっとの思いで逃げて会場にはいるが腕は痛く 1本目が上手くいかない。
しかし秀一郎の姿を見て巻き返す。秀一郎と翼が待つところに行くが越が出てきて
「早乙女くんとつきあってるものです」という。知晶は嘘ですといい秀一郎に
抱き着く。しつこく迫る越に秀一郎は「知晶は家族で恋人だ」という。
帰宅して秀一郎は知晶に「恋人だと言った気持ちは嘘ではないから出ていくな」
と言われる。いつからかとても大事な存在になったと言われ 夢じゃないだろうなと
思いつつ知晶は自分の気持ちも言う。秀一郎に優しく抱かれて本当の家族で恋人になる。

桜木さんのただいまとか ラブレターとか他にもたくさんあるけど義理の親子で恋人に
なるとか義理兄弟で恋人になるとか 知らないうちにそれが自分のつぼに なって
いるのかなあ^^;けなげな受けに 男らしい攻めで安心して読めます

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

虫食い

これは我が家のホリホックで
三回目の挑戦でここまできました。
でも虫食いすごいでしょ・・

DSCN2424_convert_20110628092727.jpg

このハーブと一緒に咲いてます。
これはどんどんこぼれ種で増えます。
ほかのハーブも増えればいいんだけど・・。

DSCN2425_convert_20110628092816.jpg

こんなふうになる予定でしたが
なりませんでした^^;
種類が違うのかなあ?

DSCN2481_convert_20110627140255.jpg

ウォークインクローゼットの中にBLが何百冊かあって
整理しないと駄目なのですが・・
余りに暑くて・・冷房つけても そこの中までいかないし
扇風機を中にいれてやるかなあ・・
でも これで熱中症になったらバカですよね^^;
地震の時も被害はわたしのBLだけで
かたしなさい!って
家族に叱られたんですよね・・はー
家族はいい本棚とかあらうからいいけど
あたしなんて床につんだり紙の袋とかにいれたり 洋服のいれものや
引き出しにいれたり・・酷いでしょ?

うーん生理は秋まで我慢?って言って 冬になり寒くてできなくて
その繰り返し?(爆)
コンテントヘッダー

指先は恋の味

指先は恋の味 (ビーボーイコミックス) [コミック]
本庄 りえ (著)
出版社: リブレ出版 (2008/2/9)

51N0aZOBu1L._SL500_AA300_[1]

内容
幼馴染の栄諮と高校の寮で同室になった一。「ずっと好きだった」って真剣に言われても・・突然過ぎて どーしていいかわかんねえよ!ミステリアス寮長 不真面目先生など色男が盛りだくさんのちょっと不健全な男子寮ライフ。

感想
一は親の都合で栄諮と一年離れていたがやっぱり親友といたくて戻ってきた。可愛い
からみんなにいじくられている一だが短気であっという間に転校初日に同級生と
喧嘩になる。栄諮の叔父の甲斐先生は止めに来て呆れてる。あっという間に
みんなに溶け込む一だ。部屋から見える温室に一達が行くと そこには寮長の
神宮寺がいた。バレー部キャプテン中村も来るが 花が好きと言った一に君も
可愛いと神宮寺が額にキスをする。中村は神宮寺に意見するが「僕の事を好きに
なってくれるかもしれない
」と神宮寺は言う。栄諮は怒っていて寮長たちに近寄るな
という。お前が好きだから誰にも触らせたくないと言われる。
のしかかるを栄諮を殴り俺たちは友達だからと一は言う。栄諮が屋上で泣いていると
甲斐先生が来てもうちょっと話しあえと言う。一は宮武先生に話すが時間をかけて
解決をと言われる。悩みながら温室に行くと神宮寺がいて花の手入れをしている。
一は手伝いうことになる。話合おうと栄諮を捕まえ部屋に2人で行く途中 階段が
壊れているのを栄諮が見て一を庇い自分が落下してしまう。

栄諮の大量の血を見てなにもできず怯えている一だったが病院では脳震盪だと。
一は栄諮の気持ちに向き合おうと思う。
神宮司は温室に行こうとすると中村に話があると。拒絶した君とはなさないと言うが
中村は神宮司を縛り強姦してしまう
一は栄諮にまだ自分が好きかきくとそうだと言う。前向きに考えると伝えるが
栄諮がいないとき携帯がなりつい見ると女の子の名前が。

日曜に遊びに行くのはだめになったと栄諮が言うが会うのは元彼女だと知り一は
なんだか落ち着かない。神宮司は散々抱かれ部屋に監禁されている。中村は好きだと
言ったり無視したり自分を振り回したと怒っている。
どっちのカップルもお互いをし意識していて誰かにとられたくないのだから自覚
ないだけで恋なんだよね。一は栄諮の跡を
尾行すると可愛い女の子がいてよりを戻したいと言う。栄諮は好きな奴がいるからと
断るが 彼女は男友達を連れてきていて 一になにかされたくなかったら大人しく
殴らせろと言う。まあー性格の悪い女だね・・^^;
一は飛び出て栄諮と相手をやっつける「ここまで思ってくれるんじゃ 幸せに
しないとな
」と一が言うと驚く栄諮だが「気持ちを受け入れてくれるんだな」
とキスをする。盛り上がった二人はHになだれ込むが一の緊張を見て無理しなくて
いいと言う。一は神宮寺と話しやはり栄諮とHして恋人になりたいと思う。神宮寺も
中村と普通の友達に戻れたと喜んでいる。
一はシュミレーションもして?栄諮と初Hに挑む!
なんか可愛い高校生の恋でした

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村



コンテントヘッダー

おーちゃんとちーちゃん

おーちゃんとちーちゃん (二見書房 シャレード文庫) [文庫]
chi-co (著), 高城 たくみ (イラスト)
出版社: 二見書房 (2011/6/24)

51+2BTv3PmL._SL500_AA300_[1]

内容紹介
あくまでもこれは契約を履行するために必要な対価だ

大手ゼネコン営業部の双璧と謳われる太田と小木。
イケメンでモテまくりの二人の密かな悩みは――粗チンと無毛巨根 !?

大手ゼネコンに勤務する太田と小木は営業部の双璧と謳われるエース社員。しかし二人にはそれぞれひた隠しにしているコンプレックス――
太田は男らしい容貌に似合わぬ粗チン、小木は繊細な美貌に似つかわしくない無毛巨根、そしてお互い齢三十を前に童貞――が。
それがなんの因果か天狗の子供と名乗る少年・飛鳥と出会い、売り言葉に買い言葉からある行為と引き換えにモノを人並みにしてもらう契約を
することに。唾液の交換から始まった屈辱の日々…のはずが、いつしか必要以上に行為がエスカレートしてきて !?

感想
この おーちゃんとちーちゃん ってそのままの名前なのね^^;下半身の悩みって
いうと木原さんの「脱がない男」を思い出すけど これは二人とも悩みがあるのね。
初めての作家さんですけど 面白かったです。

太田はがたいもいいし爽やか系で でも小学生並み ちーちゃんに大きくなーれと
話しかけてる。これだけで笑えるが男性にとってやはり大切なことだからねー^^;
小木は自分の巨根コンプレックスで人付き合いが上手くないから 太田に
非はないのに羨ましくてつんけんして太田も怒ってしまう。という大学時代。
同じ会社に入ってもライバル同士として自他ともに認め 2人とも童貞なのに
玉川さんを狙っている。

ある時部長のおともで太田と小木も一緒に行くことになるが占いマニアの部長が
神社に寄ってくれという。太田たちは待っているが その時小学生の男子が祠の
方に行くのを太田が見かけ迷子かと気になる。声をかけると白い髪 赤い目の
不思議な少年で 自分は天狗だと言う。呆れる太田だが 飛鳥と名乗る天狗は
太田の態度が気に入らないと下半身を見えるようにしてしまう。小木に粗チン
ばれるが小木も巨根で無毛がばれてしまう。
おいおいって感じだよね^^;天狗の証拠に自分たちの性器を人並みにしろというと
条件付きでしてやると意地悪な事を。体液交換で気が高まったら手の甲につけた
あざが赤くなり望みをかなえようと言うのだ。汗 涙 唾液 血液 精液の順に
気が高くなると言う。

小木もやはり おーちゃんに話しかけていて^^;仲間ができた(太田)なんて
言ってる。二人は会社のトイレでひそかに会い体液交換に挑む。ぐずぐずしていると
天狗が現れ契約を破棄するとあざが全身にまわり妖怪になるという。太田たちは
苦肉の策でお互い抓りっこして涙が出たら舐めるっていうことにする。
その合間もお互い玉川を誘い狙うが 玉川はにこにこしてるがつれない。
仕事でふたりはそれぞれグループリーダーとなり競わせて よかった方の案を企画
するということになる。太田は玉川が一緒でチャンスであるが太田の信奉者である
古森は小木のチームとなる。古森は小木にたてつき仕事がすすまない。一方太田は
せっかく玉川とラーメンを食べたのだが思ったより嬉しくない。
あざの変化がないので小木は唾液交換にしようとキスに切り替えようという。太田は
躊躇するが結局キスになる。小木は噂ほどではなく太田のキスに翻弄され太田も小木の
キスの時の表情にうっとりしてしまう。


中間コンペは太田チームが勝つ。すっかり小木に懐いたわんこ古森は小木と太田の
関係をなんか気が付いているようなかんじである。玉川さんは相変わらず不思議な
発言が多く太田たちを振り回す。トイレでキスとしていると太田が小木の性器を
触ってくる。驚くが小木も小さい太田のが触ると可愛いような? 太田はかなり
興奮してしまいキスをして首に噛み付いてしまう。
古森は週末商業施設にリサーチにいかなかという(デートのつもり)。側できいた
太田は二人で行くのが気に入らなくて自分も行くと言い玉川も連れて行くと。古森は
2人だけでないのでむっとしてるが小木は太田が玉川と二人は気に入らないので
結局4人で行く。
帰りの車で太田と小木は 自分たちの性器のせいで悲惨な青春で一時 インポで
更に童貞という共通点?を知る。トイレでまたキスをしている二人だが いつの
まにか キスもデープで前戯のようになっている。キスしながら性器もお互いの腿や
手で刺激するようになる。突然天狗が泡られもうあざが赤くなり気が満ちたと
知らせる。天狗はっと言う間に願いを叶え 太田は体にあった性器に小木も同じく
望むものを手に入れる。
ところが小木は毛がないままである。二人はもう
トイレの逢瀬がないのがちょっと寂しい。
ある晩仕事でトラブルが起こり小木は必死になるが太田も協力してくれて解決する。
もうキスもしないがお互いが気になってしょうがない太田はついゲイサイトを見るが
どうも感じないし女性にも気持ちがいかない。そんな時玉川さんにサイト見てることが
わかってしまう。玉川さんがは応援します!と「俺とお前の快楽生活」など見てください
と言う。太田はしっかり小木への恋愛感情を意識するが小木は避けるようにして
話ができない。やっと話してもつれない。小木が一人残ると古森が太田さんと
キスしていたのは無理やりじゃないのかと。明らかに欲情している古森にお前とは
できないという。そこに太田が飛び込んできて小木になにかされたのかと嫉妬も
露わにする。コンペは太田が勝ったが 太田は小木とやっていきたいと願い出る。
小木がいないので探してトイレで捕まえ 「ちーちゃんはお前以外に使いたくない
と告白する。いやいや これもどうかね^^;

ビジネスホテルにいく二人だが太田はもう小木で童貞を卒業する気になっている
小木が女を抱こうとしたら阻止して どうしてもだめなら自分が受けになるつもりだ
このあたり男らしいじゃない。
キスしてお互いの体を触れるが 太田がバックにいれようとしたので どういう
つもりでセックスをするのかきくと「好きだからセックスしたい」と答えをもらい
やっと抱き合うことになる。なかなか一生懸命なセックスで微笑ましい?のだけど
相性がいいのって大事だね^^;結局は大きさは関係ない・・?(笑)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

今夜の予定、どうでしょう?

今夜の予定、どうでしょう?(キャラコミックス) [コミック]
夏乃 あゆみ (著)
出版社: 徳間書店 (2011/3/25)

51wVGKVEplL._SL500_AA300_[1]

内容
入社2年目の洲ノ原の研修担当だった師岡は、厳しいけれど面倒見はいい先輩。 密かに憧れていたけれど、なぜか終業後の付き合いは絶対してくれない。そんな師岡にある日、残業のお礼にと珍しく誘われた洲ノ原。けれど、大喜びで飲みに行った席で、以前可愛がっていた後輩の話を聞いた途端、師岡の態度が硬化して!? 恋の片手間にシゴトもします!? ビタースイートLOVE 

感想
可愛い絵柄なんだけど 以前よりはいいけど ちょっと見にくいのはどうして
なんだろう?あおいさんの絵も妙に見づらくて最近はそうでもないけど。
洲ノ原は師岡と食事に行きたくて何回も誘い仕事を手伝い自分の仕事も大車輪で
かたし やっと一緒に食事をし浮かれるが 以前の新人の事を尋ねた途端によそよそ
しくなる。何が原因かわからないが次の日洲ノ原は師岡に謝る。飲み会もいつもなら
断るのに洲ノ原がしょんぼりしているから師岡も参加した。
ところがその店で洲ノ原に声をかけてきたのが小松崎だった。向こうが話すには
新人の時 仕事終わりに連れまわされ大変だったとか 面倒な奴って感じに話す。
主任になれたんだとか傲慢なくちのききかたに洲ノ原は切れて「自分は苦労と
思ってないし自分のことばかり考えて 全部師岡さんのせいにするな」と怒る。
すると小松崎は口のききかたがなってないとか 師岡の研修が手抜きだとかいう。
仲裁に先輩が入り師岡持側に来ていた。話をきいていたくせに小松崎は呼ばれると
「あ覚えていてくれたんですか 嬉しいな」という。
いるわ こういう嫌な奴!確かに師岡みたいに真面目一方で相手の都合をあまり
理解しないで相手によかれと思うひとりよがりな上司も困るけどね
。 

出ていく師岡を追いかけ洲ノ原は自分はそんなこと思ってないし師岡のいいところを
あげて 好きなんですと告白する。師岡は正直さに吃驚するが あまえは信じられる
といってキスをしてくれる。

恋人になり仕事では厳しいが終われば優しく 一緒に食事に行く日々。ところが
ある日を境に避けられるようになる。訳が分からなくて不安な洲ノ原。お互い
仕事も忙しくすれ違うが師岡はばったり洲ノ原が同期の集まりに誘われている。
師岡は仕事を手伝えと洲ノ原を引っ張っていくが それは合コンの誘いを阻止
したかったとわかり嫉妬をしてるとわかる。しかしそれからも全然二人になれず
師岡が貧血で倒れて家にいると知る。書類を届けると言って師岡の家に行く洲ノ原。
面倒になったらそう言ってくださいと言う洲ノ原に重くて面倒だって思われたくなかった
という
。口にちゃんと出して自分にきいてくれと怒る洲ノ原に師岡はキスをして抱き合う。

寝る様になってから 師岡は洲ノ原を甘やかすようになった。例えば 朝起きると食事が
できている。最近 洲ノ原と付き合うようになって師岡が優しい感じになったので
女性にもてるようになってきた。机の上にあるお菓子がその証拠で 気になる洲ノ原を
よそに女性たちの会合に誘われていく。洲ノ原は忙しすぎて目の間の寿司やら蒲焼やら
見るだけで食べる暇がない。へろへろなところ師岡から電話でマンションに行くと
会合で習ったと美味しそうな食事が一杯
師岡は餌付けしたかったのかな?好きな人の笑顔が見たかったのかしら?

ガレージホーム 宇喜は店子の三輪屋さんが気になる。いい人なんだけど人を
使うのが妙に上手。安くか無料か。ショッププランナーだが解雇になりそうだと。
心配するが本人はへらへらしてる。雇い主は元恋人だという。来たのは美形の
男!ますます宇喜は意識するが・・。

可愛いんだけど どちらかというと気持ち重視で・・H少な目^^;情熱欲しい人は
ちょっと物足りない?

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

暑すぎ・・

歩道が狭いから邪魔だけど 綺麗だから許す^^;
ってほんと毎年綺麗です。
犬が映らなかった・・

DSCN2481_convert_20110627140255.jpg

もうそろそろ終わりだけど 真っ白もいいけど
枯れてきた黄色とのコントラストもいいの
香りは かなりいいです。

DSCN2482_convert_20110627140355.jpg

ホクシャ好きですが うまく撮れなかった。
結構お値段がするのに 育てるの下手で 
今年は買わないかなあ・・
いつも冬だめになるし・・。

DSCN2483_convert_20110627140508.jpg

もう暑くて昼はお散歩無理 夜にしてます。
昼間もBL読んでいても ぼーっとしてます^^;
この前なんて喫茶で読んでいてカバーしてますが
はって気がついたら寝てた・・だって暑いのです 
クーラーきいてない!
しかも 近くでパン焼いてるし・・

あの喫茶店 アイスティー頼んで 
裸でいるしかないわ^^;
コンテントヘッダー

無機物擬人化コレクション 1

無機物擬人化コレクション 1 (FEELCOMICS) (ボーイズDuoセレクション) [コミック]
高野 弓 (著), 恭屋鮎美 (著), 九里もなか (著), 七番トシ (著), 楽田トリノ (著)
出版社: 祥伝社 (2010/5/25)

51DTu0tx9tL._SL500_AA300_[1]

内容紹介
データ×紙、洗濯機×ブランドシャツ、USBメモリ×ノートパソコン、えんぴつ×消しゴム、加湿器×除湿器、鹿児島×北海道…。
冷たいカラダと熱いハートの恋物語全7編収録! ケータイ★まんが王国の大ヒットシリーズが単行本化!! クールな男子揃ってます!!

感想
結構擬人化とか好きなんですよね。秋葉原 上野 品川などの駅名シリーズは
楽しいですこれは えんぴつ×消しゴム、加湿器×除湿器などだけど
「四畳半一間の内緒話」にでてくる擬人化はレベルが全然違うもの同志で
観葉植物とこたつとか^^;でも なんでもありですねもうちょっと
ストーリー性があるといいんだけど・・。
データーと紙は結構よかったかな。紙が素直になれなくて ほんとはとっても
データーが気になってるんです。綺麗なデーターの方ががんがん攻めで^^;

メモリーとノートパソコンも似たような感じ。本当に好きな人にはウィルスを
映したくないっていう健気さをだしてる^^;

鉛筆と消しゴムはお互い好きなのに 鉛筆ぐずってるから調子いいシャーペンに
消しゴム寝盗られるんだよーしょうがない・・

加湿器と除湿機 可愛い・・
読まないとなんのこっちゃって感じですよね・・^^;
しかし 想像力って言うか妄想ってどこまでも広がるのね・・感心。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

家賃半分の居場所です

家賃半分の居場所です。 (花音コミックス Cita Citaシリーズ) [コミック]
麻生 海 (著)
出版社: 芳文社 (2009/3/28)

51BF-zgLCKL._SL500_AA300_[1]

内容紹介
「俺のとこ来るか?」その一言から始まったちょっぴりムッツリ(?)だけど頼りになる神崎とかわいい白石くんの同居(棲?)生活。いつも笑顔を絶やさない頑張り屋さんの大学生・白石くんは、本当は一緒に暮らしている彼氏の浮気に悩んでいたのだ。相談できるのはアルバイト仲間の神崎だけ。同居は、白石くんを見かねてのお誘いだと思うけど…でも……!? 表題作含む、優しい悩めるオトナたちの素敵な恋を描いた作品3編を収録。描き下ろし付き!

感想
これは妙に好きで何回も読んでます。
家賃半分の居場所です。
大学生の白石は好きな水瀬先輩が失恋して慰めてくれっていうところから始まった
関係で同棲はしている。しかしあまりにも節操がなく男をひっぱりこむので恋人と
思っているのは自分だけと悩んでいる。あたしはこの水瀬が大嫌い!
コンビニで一緒の神崎は無口だけどいいやつで ちょっといいなって思ってる白石。
家でゲイとばれて先輩の家をでたら行くと来ないという白石に神崎はうちに来るかと
言ってくれる。神崎ってすごいお買い得だよ一緒に寝てても寒いだろうって
布団かけてくれたり 朝ご飯作ったり安いトイレットペーパー買ったりポイント
貯めたり主婦だね 経済観念はしっかりしているのはいいよ!
一緒に住むためのルールを決め合鍵をくれたり同棲?って感じ

はっきり別かれないのはおまえもいい加減だって神埼は言うが 白石は性癖を
自覚して初めて自分を恋愛対象にしてくれた水瀬と別れたら ひとりになるって
いう強迫観念があるんだよね。水瀬とわかれない白石に苛々する神埼。白石は
寝るとき抱きしめてくれる神崎にどんどん気持ちが傾く。
コンビニに水瀬が来てコンドーム買うくせにまた遊びに来いとメールしろって
言う。なんて図々しい男なの
ちゃんと断り 今は神崎と居られるだけで幸せと納得する白石。二人の生活は
楽しい 好きだなんて言ったら終わりになる。物も増やすと出ていくとき辛い。
そんなこと考えている白石だが 神崎が風呂からまっぱで出てきてちょっと勃起して
しまい神崎はそれを見て触ってくる。二人でいってしまってからは神崎はなんか
機嫌がいい。そして毎日その行為をしているが付き合ってる訳じゃないしと白石は
自戒している。髪飾りを神崎が壊し新しいのを買ってくれる

たまには外に行こうと神崎に誘われ遊園地に行く。デートみたいって白石が言いい 
そうだなってさらりと返す神崎。休憩しているところに神崎の元彼女と友達が現れる。
友達がもうミナとやり直さないときくのに そっちが先に裏切ったから反省されても
俺は関係ないと元彼女は 金使いが荒い子なんだよね^^;
白石はいたたまれなくて帰ろうとするが神崎も一緒に来て手を握る。ずっと電車
でも手を握っている神崎は家につくと急に白石を最後まで抱く
出て行った方がいいのか悩む白石に 神崎は 一度家に帰ってこの先一緒に住む
準備してこいと言う。いやー男らしい・・好きだわ。

同棲になった二人だが本の間から元彼女の写真が出てきて神崎が捨てる。が白石は
それが気になる。バイト仲間の乙部は白石たちの関係を知りたい。付き合ってると
言うと驚く乙部だが神崎が入ってきて白石と乙部と仲いいのが面白くないようだ。
そこへまた!水瀬が来てまじめに俺のところに戻ってこないかと言いだす。きっと
いろんなのと付き合って 白石が一番よかったとわかったんだよね 嫌だ
帰宅して神崎があいつに連絡したのかと問う。してないというと抱きしめてきて
絶対いくなよという。それをきいた白石は泣いて機嫌が悪いから自分の事面倒に
なったのかなと思っていたと話す。神崎は白石の気持ちがわからなくて乙部にさえ
嫉妬したという。それをきいて白石は「神崎好き」とやっと言える。
いやいや やっとたどり着いてよかったわどちらも最初は不誠実に
あったったけど いい人に巡り合えてめでたし

それなりに真面目なんです
これがまた吉岡っていうしょうがないのが出てきて
征人は元彼の吉岡に居酒屋で相談している。姉の義理の息子の圭吾から告白されて
いて成人するまでは対象と考えられないと誤魔化していたがついにその日が来て
しまったのだ。毎日のように部屋に来て迫るわけでもなく好きになってもらうように
健気な圭吾に征人はほだされているが 年下でしかも姉の義理の息子だ。吉岡から
見ればもう答えはでている。かつては自分に見せてくれた瞳が他の人にむけられて
いるのは複雑な吉岡だが自分の浮気が原因だからしかたない。圭吾が居酒屋に現れ
吉岡にがんをとばし征人を引っ張っていく。
圭吾は新婚を邪魔したくないと近所の征人の家に毎日のように来ていてご飯を
持ってきてくれたり フレンドリーだと思っていたのに告白してきた。いいとは
思うが あの吉岡に浮気された時の衝撃を思うと恋愛に臆病になっている。いつもの
居酒屋に行くと圭吾がいる。気が付かなかっただけで吉岡と恋人の時も圭吾は店に
いたのだ。吉岡が来て嫌々一緒に征人は食事するが飲み過ぎたので送ってもらう。
部屋の前で躊躇してると 圭吾が走ってきて吉岡から征人を奪う。うーんここまで
されてるんだから しかも頑張って一緒のベットで手もださない・・このさい年下
とかいいじゃない!誠実が一番だよ・・。っていうかここまで?!

少しゆるめでも
どうしてこうあたし的に頭来る奴が出てくるのか?^^;
恵の彼氏は4つ上で失業している。預金生活力なしのダメ男。いいところは?うーん恵を
愛しているところ??付き合って3年過ぎたが一番問題なのは 浮気である
もう別れなさいよ 駄目男の上に浮気・・ありえん!もう我慢できないと 接骨院を
している友達の芝のところに家出する恵。
しかし恵も人の事言えない過去で付き合う前はセフレ金づる戦利品の男が一杯^^;
でも恵は圭と付き合ってからは真面目にやっているので浮気してやると怒る。芝に
浮気しようと言うがノーマルで無理。じゃあ外で見つける!と飛び出したがばったり
日鷹さんという昔付き合っていた人に出会う。圭はやっと芝のところに来るが浮気
すると出て行ったぞという。いい加減愛を確かめるために浮気するのはやめろと芝は
言うが 浮気相手と寝てから恵と寝るとHは燃えるという超絶ろくでなしだわ・・。芝は 
もう捨てられるぞとリーマンが好きだしお前は無職だろうと脅す。
心配になった圭は芝に一緒にさがしてくれと一方恵はファミレスで
日鷹と食事をしているが彼の指には指輪はまだある。日鷹は圭に比べ優しく美味しい
ところに連れて行ってくれてた・・。でも圭は遊び相手全部切れ俺も切るからと
いってくれた。ちゃんと謝ったら許してやろうと思っていると 駅の階段で圭に
声をかけられ 振り向くと後ろから誰かに突き飛ばされる。それはなんと知り合いの
夏生で・・。ちょっとここぞっとしたんだよね・・
遊びができるような子じゃないってわかっているのに 圭は夏生に手を出して浮気
なのに相手は真剣だから思いつめて恵さえいなければ
自分だけを見てくれるって・・怖い心理だよ。わかるけどね。
別れるっていう恵に圭は夏生と話はついたっていって芝から恵を受け取る。足を
恵は怪我したのでおんぶして帰るのだが圭はもう浮気はしないという。本当か?
仲直りのHもしてひとまず落ち着いた二人だが この先どうなるんだか^^;
夏生が可哀想で・・いい人現れるかなあ・・。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

変って言われたくない

たまには 登場しないとね・・
涼しいので快調です^^毛皮着てるからねー切る人もいるけど
獣医によると 黴菌がはいるからだめと。
暑いでしょうねーもう敷物みたいに倒れて動かないもの。

今年は結構暑いらしいですね 昨年みたいだったら
どうしよう・・犬大丈夫かな?
玄関に置こうかという話もでてますが 飽きて嫌がるから
吠えだすのです。出たいーって感じで。
まあそうですよね

DSCN2487_convert_20110626094909.jpg

家族が同窓会に行ったのですが 
妙に独身とバツイチバツ二 再婚がいて 吃驚したようです
それが悪いと言うことではないですよ。
ただの事実です。ところが 一人ゲイがいるんですよ。
あたしも知ってる人ですが Aくんは線が細くて大人しい感じです。
30過ぎてからカムアウトしたのかな?

ああ そうなんだーって感じだったのですが
中には嫌な奴もいて 同窓会で あいつは男と暮らしてるとかいうんですよ
別に人に迷惑かけてないから いいじゃん!

あんたみたいな男は絶対好みじゃないし!
DSCN2477_convert_20110626094957.jpg

で それから10年近く経って 今回の話ですが
またそのAの話が出て 全く普通の格好だけど 話すのがオネエだと
変だよね!ってある子Bが言ったそうです。
うーん・・・あたしが知ってる世間一般的な常識とか
から考えると・・
Bも変わってると思うのですが・

あたしは独身でいたいとおもっていたんで(家庭の事情で)
そうならなかった自分が吃驚なんですが・・
Bはどうやら結婚したいようで 一人っ子でいい家の娘です。
ほかのバツイチ二人と仲良しで よく飲んでいるそうですが
他の2人も都内のいい家の娘なんです。
要するに 絶対結婚しなくてもいいわけです。
男の兄弟に でていけなんて言われないし。

親もお金に困ってないし 自由気ままで
我慢する必用もないのです。
まあ上から目線の発言が多いのもうなずけます。

うーん わからないけど 他人を否定するような発言は
やっぱり 嫌なんです。性癖や趣味など人に迷惑かけない範囲なら
いいと思ってます。仮に家で女装しても特に人には関係ないし。

Aは働いて彼氏と一緒に暮らしていて 別に人に迷惑かけてないです。

多分 あたしがBL好きだといったらBは「なにそれ?きもい」って
いうと思います。変じゃない?って。
他人を否定して変って切り捨てると 相手からも同じような
しっぺ返しをくらうのではって思うのですが。
時には 寛容の心も必要です。

DSCN2448_convert_20110626095454.jpg

まあ 年寄りの繰り言なんで・・聞き流してください^^;;
コンテントヘッダー

S.S.SP

S.S.SP (ショコラ文庫) [文庫]
結城 一美 (著), 亜樹良 のりかず (イラスト)
出版社: 心交社 (2011/5/10)

SSSP.jpg

内容紹介
単独捜査中に危ないところを遊び人風の男・翔に助けられた刑事の須賀隼鷹。だが犯人に媚薬を射たれた体を宥める手伝いと称し、さんざん弄ばれ抱かれてしまう。その悪夢を忘れようとSP研修に参加した須賀は見事合格、新設の第五係に配属されることに。新米SP・須賀隼鷹は、配属された第五係の係長・宗方公輔に初日に顔を合わせたら、クールで禁欲的で隙のない、キレ者オーラを全身から漂わせたまさにSPといった男だったが、その顔はあの淫らな言葉とテクニックで須賀の体を弄んだ翔そっくりで──!?しかし 須賀は翔が宗方と同一人物とは思えず、ただの他人の空似と結論づけるが…。

感想
テンポがはやく面白かったです。何故かSPなのにシリアスが少なくて 内容のわりに
コメディなんですけどね

須賀は半年間裏ビデオの組織を追っていた。女性を覚せい剤漬けにしてビデオに
ださせるというもので 挙句に二人殺されている。非番に単独行動でほしを見つけた
ものの拉致監禁されて媚薬をもられてしまう。必死に逃げている途中で翔と名乗る
大柄な色気のある男に助けれる。が そのままラビホテルに連れ込まれる。興奮が
収まらない須賀を見て最初は触っていかせてくれるが 結局散々抱かれてしまう。
ホテルで目覚めて慌てて署に行くが検挙したが大目玉で罰として皆が敬遠する
SP研修に出される。研修での上司の宗方公輔は何故かあったことがあるような?
しかし厳しい訓練に明け暮れて余計なことを考える暇はない。
三か月が経ち 須賀はまさかの大抜擢でSPに任命され 係長・宗方公輔に織田 
五十嵐 舞阪というメンバーに加わる。3年前の厚生労働大臣の事件でSPが殉職
したのをうけSPは今までの動く壁ではなく攻撃もできないといけないと言う。

防衛相の熊谷大臣の講演に須賀たちは来ている。硝煙ぽい匂いを嗅いだ須賀は次の
瞬間パイプを体に巻き付けた男がライターで導火線に火をつけようとするのを見て
壇上から男に飛びつき男を倒し 落ちてきたパイプ爆弾を片手でキャッチして旗で
くるみ横断幕へと投げる
男を捕まえ手錠をかけるまでにわずか20秒足らず
である。

須賀はお手柄だが勝手な行動として叱責されるが宗方は庇ってくれる。ますます
男に惚れると言う感じになるが 同時に宗方と翔がダブって見える須賀である。
テロ疑似訓練でも素晴らしい射撃の腕を見せる宗方にただ感心する須賀だが翔の
正体をしりたくて二丁目の「バー・ジュエル」にやってくる。マスターに翔の事を
聞くと探偵で死んだ新聞記のことをききまわっていると。するとそこに翔が来て
込み入った話なら個室できくと。ついていった須賀だがあっという間に裸にむかれ
肝心の話はできないで 散々あえがされてしまう。

アラブの某国の第三王子のSPについている須賀。宗方といるとどうも落ち着かない。
翔にあまりにも似ているからだ。王子にルームサービスが来て須賀はそれを受け取り
王子の部屋に持っていくが・・何故か王子は須賀を押し倒し「今宵楽しもう」という。
殴るわけにもいかず苦戦していると宗方が助けにきてくれる。
古巣の安住と飲むが色々話すうちに 須賀は宗方に惚れたのでは?っと言われてしまう。
一人で二丁目に迎い自分の気持ちがわからなくて酔っぱらって気が付くと自分の部屋に
いる。一体誰が連れて帰ったのか?
今度は篠原大臣の警護になるが これは宗方には因縁の相手だ。みんな知ってるだけに
緊張している。篠原大臣の秘書は大臣を狙ったスナイパーにより打ち殺されている。
彼は宗方の親友だった男だ。その男の名前が翔だときいて須賀は衝撃を受ける。翔と
宗方は恋人だったのでは?
犯人は捕まっていない。前日翔から宗方に
話したいことがあると電話があった。それを証言した宗方だが 何故かきいて
もらえなかった。須賀は宗方や翔の事件を考えながら担当の建設途中の管制塔足場の
ところを検索していた。突然宗方が現れ足場から落ちそうになり宗方に抱きしめられる。

篠原大臣は非常に嫌な奴で秘書たちに怒鳴り散らし 特に外見の良い小野寺秘書に
一番当たっている。体育館で篠原大臣による住民への説明会が始まる。須賀は視界の
隅で何かが光るのを感じた。あそこは使われていない校舎で閉鎖されたのでは?
そこへ行こうとすると赤い光が瞬き銃声が響いた。大臣ではなく秘書が撃たれる。
須賀はそのまま校舎に走るが「五十嵐!」と舞阪の声が。撃たれた五十嵐を須賀は
気にしながらも犯人のもとへ。撃ち合って須賀は犯人の足を撃ったが 犯人はそのまま
バイクに乗り須賀をひいていこうとする。須賀は犯人にとびつきバイクから引き下ろすが
相手はナイフで応戦してくる。この辺りは結構リアルで面白い。宗方たちが追いついて
犯人をやっと逮捕する。
逮捕された男は金で請け負った殺し屋で ターゲットは秘書の小野寺だった。篠原は
悪事を隠ぺいするために自首を迫った翔を殺し また今度は小野寺を殺害しようと
したのだ。殺しの依頼人は篠原だった。

事件は解決し証拠も復元された。慰労会の後 みなはそれぞれ散って行き宗方と
須賀だけが残った。宗方は須賀に「バー・ジュエル」で飲みなおすかという。
これで翔と宗方が同一人物と分かった。マンションに連れてこられた須賀は
今までの事を言ってやろうと思うが 百戦錬磨の宗方にかなうわけもなく 何を
言っても切り替えされ好きだと言われては打つ手もない。あっという間にセックスに
雪崩れ込み・・うーんほんと濃厚って言うか負担我慢しているだけに獣チックと
いいますか^^;;楽しく読めるSPものです 

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

恋をするのもままならない

恋をするのもままならない (ディアプラス・コミックス) [コミック]
志々藤 からり (著)
出版社: 新書館 (2011/5/30)

kiwosurunomomamanaranai.jpg

内容紹介
父の経営する大手食品会社で働いていた樹(いつき)は、出向で家族経営の田舎の小さな作り酒屋にやって来る。
そこの次男・鴎介(おうすけ)は初対面でいきなり「顔が好み」とキスして口説いてきたくせに、仕事に関しては容赦のない男だった。
鴎介に自分を認めさせたい一心で奮起する樹だが、イジワルな鴎介のわかりにくい優しさを知るうちに……?

イジワル職人×意地っ張り新米リーマン。
酒造メーカーが舞台のステップアップ・ラブストーリー!

感想
個人的には?こんな意地悪な攻めは願い下げなんだけど・・どうなんだろう?
強引で男らしいと思うのかな?

オーナー会社の三男である樹は優秀な兄たちの下でやるのが辛くて出向を願う。
来てみると次男の鴎介は気に入ったとキスするくせに仕事は容赦なく本当に自分を
好きなのかどうかもわからない。
樹はここに来た理由を鴎介言わされて甘えたことを
言ってるんじゃないと怒鳴られる。わかっているだけに落ち込むが必死に勉強もする。
部屋に来た鴎介に強引に触れられて どんどん流され寝てしまう。おれを好きだろうと
いう鴎介に抵抗しているとそこに知らない若い男が。塁は鴎介の同級生で元彼だという。
その上で鴎介の兄嫁の弟でもある!塁の家も酒造だったが廃業している。塁は北陸で
働いているが和スイーツを売り出そうとしている。

樹はなんだか塁の存在が気になる。鴎介に未練あるのではというが そんなことは
付き合ってから言えといわれる。もやもやしていると塁が事業計画書を持ってきて
重役の兄に持って行けと言う
。ぐるぐる考える樹に交換条件なと飲むなと鴎介が
言い喧嘩になってしまう。結局計画書は次男に持っていき承諾される。8年前にばたばた
酒造が倒れた時 鴎介や塁の家も危なかったが鴎介が頑張って持ちこたえ大学も諦め
家を支えたということを知る。まだ塁を好きなのかもと嫉妬してる樹。
鴎介が迎えに来て2人で話す。おまえがぼさっとしてる分俺が護ってやると。馬鹿で
世間知らずのあまちゃんだがいつも必死で歪みがないお前が好きだという。
なんかわかりにくいよねーこの男は・・樹が好きなら普通にしていれば いいんじゃ
ないの?こんな性格だから塁と上手くいかなかったんだよね^^;優しくない癖に
強引に相手を丸め込んで 自分のものにするのは上手な鴎介は樹を最後まで抱いて
しまう。まあ樹がそれで幸せならいいんでしょう^^;でもやっぱり 優しい人が
いい^^;(ある意味優しい?)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ゴージャス

これ好きなんです 暑い時に凛としてるから
夏椿?沙羅双樹?

DSCN2474_convert_20110625143536.jpg

DSCN2475_convert_20110625143618.jpg


そうだ 食事に行ったとき 廊下とか^^;
アーケード写したので・・
地下のほうも写せばよかったかなあ?
でも お店あまりないから 昔はたくさんあったのに・・

DSCN2499_convert_20110625193453.jpg

バブルのときなんて みなさんはご存じないでしょうけど^^;
このあたりに人がびっしりで・・凄かったんです
怪しい人も多くて 堅気ではないっていうか・・
女性もどう見ても 普通ではないと思われる人が^^;

DSCN2500_convert_20110625193601.jpg

りーまんショックの前も 結構景気がよかったから
外国人も多くて それこそアラブの衣装の人とか
ざーっと座っていて なにこれ?って思うようでしたね。
アラブの人って 近くで見ると 圧倒的な感じです。
威圧的?草食系は全然いないみたい^^;

今回は側にロシア人?とか 白人でアメリカ人かなあ?
お茶してましたよ。ビジネスマンですね。
でも日本語も上手でした。
でもホント少ない外国人が・・これじゃ困りますよね。
地震と原発が収まれば またここも外国人で
一杯になるのですが・・。
コンテントヘッダー

兄弟ー夏

兄弟―夏 (アズ・ノベルズ) [単行本]
丸木 文華 (著, イラスト)
出版社: イーストプレス (2008/07)

51yawV2g+KL._SL500_AA300_[1]

内容
人気俳優の弟、涼司の撮影に同行した高校教師の悠―実の兄弟でありながら、身体を繋げている二人。長い間、憎しみに縛られ傷つけあってきた彼らだが、互いの想いを知り、その関係は変わった。今ではどんな時でも共にあろうと決意した…溺れるままに…。だが、撮影現場である南の島のバカンスクラブで、偶然にも悠の昔の教え子だというモデルの青年、保科と再会し…。スリリングな色に濡れる背徳愛書き下ろし。

感想
弟 涼司の沖縄撮影に同行した悠だが 着いた途端に具合が悪くなる。気候の
せいもあるが昨日ずっと涼司に抱かれていたからだ。涼司の誕生日が撮影の
間にあるので どうしても悠に一緒にいてほしいと懇願された。涼司が撮影で
行ってしまうと遥はシャワーを浴びてくるとドアーを誰かが叩く。背の高い
すっきりとした青年だ。彼は「先生覚えてないの?保科健吾だよ」以前の私立
学校での生徒だった。一緒にお茶をして健吾が祥と同じ事務所で先輩後輩だと
知る。先生は昔からエロかっただの話して部屋に戻ると祥が不機嫌に待っていた。
嫉妬丸出しの祥は浮気したらなにするかわからないなどと言う。悠は御前以外
なにもないとこたえる。嫉妬は快楽を高めるのかそれから延々と祥は悠を攻めて
どろどろになるまで愛しあった。(なかなかエロいというか凄い)
祥は仕事で 悠は朝食をとりにいくと健吾がいて 昨日の2人のセックスは凄いねと
いう。驚愕する悠だが健吾は勝手にキーを持っていき後でこっそり部屋を伺ったのだ。
更に健吾は ばらされたくなかったら悠にやらせろと脅迫する。

健吾は小型クルーザーに悠を乗せ海に出る。悠に裸になるようにいいキスをして
性器を銜えられた。逃げようとするが媚薬を飲まされ散々嬲られる。戻ってきた
悠は祥にばれないかと怯えて食べることもできない。祥は心配して抱きしめてくるが
まさか本当のことを言えない。祥は悠をゆっくりさせるために外に出ていくが
悠は心配で 祥を追う。浜辺で祥と健吾が争っていて祥は健吾が悠に手を出した
のではと疑っていた。抱いたときいて切れる祥だが 俺に手を出せばまた悠が
学校をやめる羽目になると言われ震えながらも殴れない。祥はそのままどこかに
行ってしまう。朝方 祥が戻り後ろから抱きしめて 健吾にオレの為に抱かれた
のはわかるがもう絶対するなという。そして俺が別れたほうがいいのか健吾の
セックスはどうだったのかと おかしくなるほどの嫉妬を露わにする。手を縛られ
道具で責められボロボロになって更に抱かれる。飛びそうになっていると祥が
「こっちにきてみろ」と言う。なんと健吾を呼びつけていたのだ。言いたいなら
言えと祥はいい悠を抱いているところを見せ付ける。悠はただ祥が愛しくて抱き
しめる。
祥は撮影を続け 悠は祥の激しい情熱を考えこんなに愛してくれるのは祥だけだ
いざとなったら すべてを捨てて祥と二人で生きていこうと決心する。祥の誕生
パーティーが始まりみんな陽気にしているがふと気が付くと祥がいない。浜辺に
降りていくと祥がしょんぼりしている。悠の側にいていいのか嫌いになってないか
そんなことをきいてくる。悠は祥を抱きしめ誕生日プレゼントのリングを嵌めてやる。
そのままずっとセックスをする二人。撮影が終わり二人だけでシュノーエケリングを
したり新婚のように楽しみ ますます寄り添う。

とまあ 細かい話もあるがH満載だなーここまで好きだともう
どうしようおもないというか^^;しかしどうしてこう あたしは執着愛が
好きなんだか・・。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

兄弟

兄弟 (アズ・ノベルズ) [単行本]
丸木 文華 (著, イラスト)
出版社: イーストプレス (2008/03)

51qULRPtKCL._SL500_AA300_[1]

内容
生真面目な生活を送る高校教師、悠のもとに転がり込んできた疎ましい人物…それは、若手俳優の黒崎祥こと弟の涼司だ。中学時代から芸能界に入り、今では“抱かれたい男ナンバーワン”として人気の涼司。だが二人には獣じみた過去が…5年前、力ずくで涼司に嬲られたあの夜…。兄を貶め征服する弟…その存在に怯え囚われる兄。そこにあるのは憎しみ、執着それとも…?歪んだ禁忌なる究極愛書き下ろし。

感想
以前の私立学校で若手俳優の黒崎祥が弟とばれていられなくなった 悠は今の学校に
うつり 平和な日々だった。だが突然 また祥が女のストーカーがマンションに
狙われているといって悠のところに転がり込んできた。同僚の安条と飲んでいて元気が
ないと心配されて弟の話をする。嫌われているから嫌がらせできたと・・。安条は
次々と彼女を替える資産家の息子だが 悠に彼女にならないかという。

悠は小さい時からあの時までずっと祥を可愛がっていて祥もとても懐いていた。
中二でスカウトされ芸能界に入った祥のせいで 悠の生活は色々と影響があり因縁を
つけたれたり女子から頼まれごとがあったりと目立ちたくない悠は苦痛だった。
大學4年のある日家に帰ると 祥が女の子とセックスしているところを目撃してしまう。
一人部屋で静まらない体でいると祥が来て散々体をいじられ吐精させられた。それから
毎日祥は部屋に来て好き勝手に悠の体を弄んだ
突然一緒に暮らすようになり悠は5年前の仕打ちが忘れられず毎日おどおどして
眠ることができず祥が側に来るだけで怖いが 祥は普通に接して朝ごはんを作ったり
してくれる。学校では生徒の目立つ生徒の山川が大人しい菊池を苛めているのではと
心配し心が休まらない。

祥は悠をカサブランカという素敵なレストランに誘う。気後れする悠に両親をここに
招待しようと思ってると言う祥に普通の兄弟として楽しく話ほっとする悠だが。祥は
俺が迷惑かと言う。あの時は女と別れて苛々していたしと仕事のストレスも溜まり
なのに悠が無視するからだと 今はもうそんなことをしないし謝りたいと言う。
酔っぱらって帰りご機嫌な祥だったが 頑なな悠の態度に怒りマンションを出ていく。
学校にいるとメールが祥から来てカサブランカで話し合おうと言う。

悠は菊池が気になりいじめにあっているのではというが 山川とは幼馴染で自分達で
解決できると言う。安条に誘われて部屋にいくと彼女の写真があり2年前になくなり
それから誰かといないと寂しいのだと話してくれる。帰宅するとコンドームが
落ちていて 自分のマンションに女を連れ込んだことがわかり激怒するが祥も約束を
破った悠が悪いと開き直る。祥は悠を捕まえて強引に抱く。厭なのに痛くて
たまらないのに気持ちがいい。祥はこんな形でしか関係は修復できないと言う。
目が覚めた悠は祥にまだ抱かれていることを知るが不思議と嫌悪はなく こうなった
ことに安堵を感じた。結局あまりに祥に惹かれる自分が怖かったのでは
と思うのだけど・・。
学校に行くと安条が「黒瀬熱愛発覚」という新聞を見せてきて相手はモデルだって
という。悠は詰めたくなる体を感じる。菊池が休んでいるので山川にきくと知らない
というが「あいつはテニス部の部長と付き合っていてホモなんだと」と。悠は
「誰が誰と付き合おうと勝手だろう」という。祥は撮影でオーストラリアに行き
熱愛報道で迷惑をかけたという。
悠は安条を部屋に誘い山川と菊池の話をした。安条は山川の話もきくべきだと言う。
そんな時祥が帰宅した。安条と笑って挨拶しているが目は笑っていない。安条が
泊まっているのに祥は悠を抱いた。「遥悠 可愛い」と何度も言いながら抱く祥の
声をきくお兄弟ではないと錯覚する。翌朝 安条は何も言わないが・・。
あれから祥はいるときは必ず悠を抱く。気持ち良くて何も考えられないが電話が
鳴り「山川が4階から落ちた」という。

慌てて病院に行くと山川は集中治療室にいて菊池に話をきくと「自分が突き落とした」
という。菊池が山川を苛めていたというのだ。悠は気が付いた山川に話をきくが
山川は自分で飛び降りたと言う。山川は菊池の子供の時の秘密を知っていてずっと
支えていくと思っていたのに 菊池がテニス部の部長とつきあいだしたというのを
きいて裏切られたと思いいじめをはじめた。それは誤解だったのだが・・。
逆に山川は付き合っていて女子を妊娠させたという秘密を菊池に握られ 苛めを
されるようになる。この二人って実は凄くお互いが好きなんだよね

遥は山川たちの未熟だけど激しい思いに自分と祥の関係を考える。安条から山川を
心配して電話が来るが あの二人は大丈夫だろうと悠は言う。また安条は悠と弟の
事も心配するが 問題はないとこたえる。昔は無理やりだったが今はお互いに堕ちて
祥を受け入れ安堵している。帰宅した悠は祥と抱き合い自分の気持ちを確認した後の
セックスが気持ちよく解けそうになる。悠は今まで嫉妬で冷たくしたことを祥に
謝る。祥は嫌われているなら好きなことをしてやろうと無理やり抱いたことを謝る。
遥は自分たちが普通でないことお互いを渇望しもう離れられないことを感じる。

ディープではありますが^^;なかなか好きな一冊です。遥が兄大好きな弟を
意識せずに虜にしているような気もするんですけどね。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

日本橋心中

日本橋心中 (ミリオンコミックス Hertz Series 88) [コミック]
日の出ハイム (著)
出版社: 大洋図書 (2010/11/1)

nihonnbasisinnjyuu.jpg

内容
日本橋芳町にある桜梅屋では日々 色子たちが芸事を磨き 男相手に客を取って暮らしている。無骨物の侍 兼武清右衛門は美しく気立てのいい売れっ子 月之介に惚れ込んでいた。いつしかお互い惹かれあう仲となるが 時折見せる月之介の寂しげな表情が心に残る。そんな時 月之介の抱える運命を知って・・。

感想
日の出さんの現代ものも好きですが江戸時代やもっと以前のものも 古典を題材に
したようなので好きなんですよねー。

日本橋心中
コンビニのレジの男の子築野に突然話しかけられる。その夜 俺は夢を見て築野が
そこにいた。俺は武骨な武士 兼武清右衛門で茶屋で見初めた月之介を追い店に来た。
そして月之介(築野)を抱くのだが そこで目が覚め 後ろめたくてコンビニを替える
事になった。これは過去と現在が交互にでてくるのよね。
茶屋に通い月之助の馴染みになるが 大店の若旦那も月之介を気にしている。兼武は
御家老の芳町遊びに供を命じられる。その時 陰間遊びは花魁より高い時があると知る。
月之介に訪ねても 清様が好きだからと答えビタ銭しか受け取らない。
そして兼武は御家老と茶屋にくるのだが 柳木屋の若旦那が親の仇といって切り
込んでくる。応戦する兼武との間に月之介が 兄上と言って入り 切られてしまう。兼武は
月之介を背負い病院へ。治ったら一緒にどこか行こう二人で暮らそうといいながら
月之介は背中で絶命する
。俺は夢からさめ泣いている。駅でばったり築野に会う。
この前何を言いかけたがきくと どこかで会ったような気がしたから
なんかひたすら切ない話でした。これから 二人は愛し合うことができるのかな・・。

一輪簪恋錦絵 京弥は当代一の役者になり有名絵師が自分の錦絵を描くようになるのが
夢だ
。ちいさい時 月之と引合され仲良くなった。月之が大好きだが時々さびしい顔を
するのを見て訳ありなのだろうと思う。大店の若旦那礼さんは贔屓にしてくれるが
抱かないので 好きなのに可愛げがないのかと問う。抱いてもらったものの礼様は
寂しい顔を時々して 立派な役者になるようにという。
ある日 月之が京にお別れですという。兄だった礼は仇を討つとき月之の想い人兼武を
切ろうとし月之を切ってしまう。京は礼を逃がし店は火事で焼ける。礼の行方は
杳として知れない。
月日が流れ京弥は看板役者となった。そこへお客が会いたいと訪ねてくる。酷い
火傷があるから傘をとれないと。
うーん こちらのほうが生きてるだけまし?^^;

妖怪変化浮草怪談 江戸の火事で焼け出された人々が避難したお寺で恵慶が
怪談を話す。雨の夜堀の側を歩いていると 坊主と呼ぶ声に振り向けば美しい
青年がいるが 獺の妖怪だろう。見れば怪我をしているので手当をして返した。
三日後 青年は魚を持ってきた。坊主は料理して青年に食べさせる。見ると
指が足りないし尻尾もある。坊主は己を舐めさせ(エロ!)抱いてしまう。
また獺が来るが今度はちゃんと化けているから人間だと。ならば名前を蓮と
しよう。蓮は可愛くて物覚えもよく恵慶は愛しくいつもそばに置くようになった
いつしか言葉や文字を覚え人間の青年と変わらなくなった。10年が経ち恵慶は
少しも老けないが体調が悪い。そして10年食欲もなく寝付いてしまった。
行者が恵慶の家の前で怪異に取りつかれているので獺の肝を食べさせるがよい
という。蓮はそれをきいて わが身を差し出そうとするが恵慶と別れることが
できない。恵慶は自分が旅立つにしても蓮を残していくのが気がかりだ。そして
ふと思う。自分が妖怪になればいいのだ
綺麗な話ですねー国枝さんのはなしとは(春に孵る)同じ妖怪?でも真反対で^^;
まあ善悪あって人ですからね。 

桔梗屋敷大振袖の決闘 小姓の初次郎は勇敢で勉学にも励む一本気な男であるが
御側衆の数馬が気になる。切れた鼻緒を直してもらってから胸が高鳴るようになる。
ある夜 鶴丸が外に出ていく。不審に思うと念友の勘兵衛に忍んでいくのだと。
数馬に武士の心がけは命を惜しまないことと言われ 衆道もしかりと。事件は
突然おこった。鶴丸と多門が決闘し鶴丸が落命した。横恋慕した多門が勘兵衛に危害を
加えると思ったからだ。勘兵衛は多門を殺害し鶴丸の墓の前で壮絶な最後を遂げる
ある日初次郎は死に装束で数馬の前にでて お慕い申しておりますと、敵わなければ
数馬に討たれる覚悟だという。哀れと思召せばお情けをという。これって平らに言えば
私を受け入れてくれなければ死んでやる!って感じ?^^;数馬は
そなたを愛している と返事してあとはめくるめく?愛欲の日々の2人ですが 主の
御手つきと契ったということで数馬は切腹を申し出るのですが・・

兄弟仁義白浜情死 富士平は用心棒からいろいろやってる長身のいなせな男だ。
そこに幼馴染の仙吉が突然訪ねてくる。富士平は喜んで当分うちに居ろと言う。
村で乱暴者の平治が仙吉だけには優しかった。仙吉は本当は平治は優しいと言う。
半随院の親分が 稲妻のタツを匿ってるなら出せと言ってくる。なんのことだか
わからない富士平だが 仙吉はその夜姿を隠す。やっと海辺で仙吉を見つける。
仙吉は親に売られて奉公していたがそこの若旦那に手をだされ暇を出されたのだ
拾ってくれた掏りのじいさんが 半随院の親分の賭場で負けて その上寝付いたので
薬代が欲しくて半随院の親分の懐を狙ったという。仙吉は死んでしまうかというので
富士平は心中するかと笑う。村で兄弟の契を交わしたからずっと一緒だと。富士平は
仙吉を連れて半随院の親分のところにいき 俺の弟が迷惑かけたが金は働いて返すので
俺の顔に免じて許してくれと。
不幸ばかりにあってる仙吉だから ここいらで幸せにならないとねー。

どれもちょっと切ない市井のお話でした。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

アンチロマンティストの憂鬱

アンチロマンティストの憂鬱 (ニチブンコミックス) [コミック]
鷺沼 やすな (著), やまかみ 梨由(イラスト)
出版社: 日本文芸社 (2010/6/28)

annchiromannteisuonoyuutu.jpg

内容
「いくら払ったらやらしてくれる?」オカマバーに勤める稔にどぎつい誘いをかけた客 城山寛。しかし城山は家族のために働く稔を包み込む優しい陽気さを持っていた。崩れるように城山の指を許してしまう稔。ストレートである自分を曲げてもいいと思い始めた頃、城山に犯罪絡みの秘密があることを知る。そこに「条件を飲めばあいつの過去を話してやる」という男が現れて・・

感想
高校で両親を失い妹弟の為オカマバーで働いている稔に粉をかけてきた城山。店を
出るとこの寒いのに薄着で源氏名のミナミを待っている。普通の恰好のほうがすき
なのかそのままご飯に誘われる。フォーサイトという会社の社長だとうが妹たちに
聞くと有名なゲーム会社だと。お店によく来るようになり妹と弟がいると話すと
会わせろと言いあっという間に自分たちの生活に入ってきた。千佳や悠を可愛がって
くれて次々とプレゼントをしてくれる。稔は贅沢をさせたくないと言うが 城山は
やくざからせしめた金がたくさんありうなっているからという。プレセントのお礼を
言うとデートしてと笑う。お店にもお金を落としてくれるがある日悠が熱を出して
慌てて帰ると城山が看病している。千佳が兄に迷惑をかけたくなくて呼んだのだ。
お礼を言う稔にまたデートしてと言う。ついに食事とかでよければと稔はデートを
受ける。
2人だけの食事は悪くなく城山は世話好きで明るい。デートの帰りはいつもキスをする。
ゲイなのかきく稔に店に行ったとき丁度 協同経営者に失恋したんだと言う。関係を
はっきりさせなければと思う稔は城山と遠出のドライブに行く。城山は突然家族の
事をはなしだす。親子心中をして車ごと海に飛び込んだ。死んだのは親と弟で
俺は生き残りだと
。城山はキスをしながら試そうと言いだす。悩みながらも
流されていかされてしまう。
疲れて寝ていると城山が入ってきて 大丈夫かという。これから妹たちにお金も
かかるし出来るだけのことをしてやりたいと言う稔にそのうち一緒にやっていける
バートナーができるかも 俺とかと笑う。疲れている稔に城山と千佳たちが考え
千佳たちは城山のおごりでTDLに行き稔は一日ゆっくりと城山の世話になる。
食事を作ってもらいお風呂で洗ってもらいキスをしてまた触れ合う。
稔のベットに遥と千佳がきて3人で寝ていて目が覚めると城山も寝ている。この前
鍵を渡し凄く喜んでくれた。おかしな関係かもしれないが幸せな気分の稔だ

稔は城山に好きかもしれないという。でも会社をたちあげたお金を知りたいと言う。
城山はそれだけは言えないと。そして城山は大阪に出張に行く。その間に店に春川に
似た岡田と言う男が来る。そして城山の事を知りたければ店の外で会おうという。
大阪の城山に電話すると岡田から何も聞くなという。

読めない男 同級生の市ヶ谷は俊一にスキ好き言っている。確かに仲がいいが俊一は
どういう好きかわからない。坂崎もアプローチしてくるし^^;抜くときはいつも
市ヶ谷の顔が浮かぶ いつの間にか好きになり失恋決定と俊一は思っている。今日も
教室で市ヶ谷は好きだと言ってからかう。カッとなった俊一は市谷にふざけたこと
いうなと怒鳴り坂崎を階段に連れ出す。本気で付き合う気があるのか坂崎に確かめる
俊一。勿論と坂崎はいいキスをしようとすると・・炎?に包まれた市ヶ谷が登場する。
「板崎が好きなのか?おれがあんなに好きと言っても相手にしないで」と憤怒の形相で
言う市ヶ谷だが「あれは本気だったのか?」と驚く俊一。これではいつまでたっても
気持ちが通じないと市谷は強引にキスをしてその先もどんどん続ける。屋上での熱い
セックスと俊一からの好きという告白で恋人になった2人

少しだけ恋人 うーんちょっと苦手なキャラかも^^; 進学組の長谷部は綺麗で
すかしている。人のいい大ちゃんは人を助けたりして怪我をするような奴。ある時
繁華街のトイレで長谷部がおじさんと連れ立っていくのを見てしまう。学校で長谷部に
援助交際をやめろという。お金もあるが勉強も飽きたから男についていって暇つぶしの
セックスをしているという
^^;暇ならおれが側に鋳てやるからという大ちゃん。人が
いいんだよね ちょっと長谷部が好きみたいだし。一緒に御飯を食べたりキスをして
セックスもするのだが 相手の反応は薄く告白しても ああそうからいの反応だ。
それでも恋人だと思っていたのに たまたま友達といると 長谷部がまたおじさんと
連れだって歩いている。追いかけて俺がいるのにどうしてというと湯沢がいないし
暇だったからという。少しは自分を好きになってくれていると思った湯沢はじゃあ
すっぱりふってくれという。君がそういうならと 長谷部は去る。
笑ってくれなくても一方的でも好きだった抱きしめると柔らかくていい匂いがして
失恋した湯沢は屋上で長谷部を反芻している。
そこに長谷部が来て隣で寝ている。どこか行けよという湯沢に あまえの隣がよく
眠れると言う。援助交際は御前が嫌がるからしていないという。何にも興味や価値を
見いだせない長谷部にとり俺は少しは特別なのだろうか・・。
玉にこういう人いる。人の気持ちが全然わからないけど それが悪いとも思わないし
相手が怒っても理解できない。どこかちょっと壊れてるかかけているんだね。
こんな人好きになって可哀想に・・^^;

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

一回だけのひと

一回だけのひと (ニチブンコミックス) [コミック]
梨花 チマキ (著)
出版社: 日本文芸社 (2011/3/28)

ikkaidakenohito.jpg

内容
大学講師高松は 自分と正反対の境遇である高校生 雪と出会う。素直な心 将来の夢 たくさんの兄弟。貧乏でボロだけど笑顔が絶えない家。高松にはないものばかりを持つ雪に次第に惹かれはじめるが。心乱されて恋に落ち悩みながら共に歩んでいく恋の試行錯誤。成長していく恋人たち。

感想
恋がみえなくて 弘康と夕鶴は中学テニスの先輩後輩。全国大会がかかった試合の
前につっこんできたトラックで夕鶴は大けがをして足が悪くなる。推薦もとれたのに
弘康は普通の高校に来ていて夕鶴も一緒だ。弘康は女と付き合っては次次と振られる。
一生好きですって恋をしたいと思う弘康は毎日がつまらない。でも夕鶴といるとき
だけは昔の自分に戻っている。夕鶴は弘康に優しくさりげなく気を使ってくれる。
しかし弘康の女にだらしなところは嫌いらしい

ある時保健室で寝ている弘康にキスをしようとする夕鶴だが「おれは(先輩と女
みたいに)なりゆきじゃない真剣だ」という。おかしいけど 他の人は好きになれず
ずっと先輩だけ・・。そう言いながらもう数か月口をお互いきかなくなった。
そんな時ラケットを持っている夕鶴をみかけて追いかける。2人はテニスをして
弘康は夕鶴を誰よりも大事で大切だと思う。お前の家に泊まるからなと宣言した弘康。
二人ははじめてなのに気持ちが良くて弘康は素直に夕鶴に好きと言えた。
高校生っていうだけでキラキラ見えるんですよ 私は^^;

一回だけのひと M大学講師の砂月は居酒屋で飲み物をひっかけられて振られる。
店員の高校生雪は シャツを貸してくれたりと親切だ。三十路になるというのに
一人でものすごく寂しい 真剣に付き合ったつもりでも上手くいかない。そんな時
コンビニでぶつかった相手が雪で彼の志望校がM大とわかった。この前のお礼に
食事を奢り話をすると 雪は苦労していていい子だとわかる。だが砂月が金持ちの
息子だと知ると急に態度が冷たくなる。家に送ると言っても嫌がるが強引に連れて
行く。家は絵に描いたようなぼろ屋で兄弟がたくさんいる。貧乏の子だくさんで
だせーよって雪は言う。でも砂月は両親が離婚して一人っ子で羨ましいという。
無理やりアドレス交換してメール友になるが砂月は年甲斐もなくドキドキしてしまう。
研究室で勉強を見てあげることになる砂月。付き合うとこが出来なくても見守ってる
だけで幸せになる砂月
だが そろそろ受験本番で会えなくなる。そう雪にも言って
食事をご馳走する。帰り道の車の中 突然泣き出す雪に驚く砂月だが「会えなくなる
って言われた」と泣く雪に思わずキスをして・・
やっとずっと一緒にいられそうな相手にめぐり合ってよかったねー砂月

卒業旅行 片思いの人と二人で卒業旅行にきた。天音は亡霊とかが見える。この旅行も
落ち武者との3人だ^^;入学式から明るい秀に惹かれて もう3年 秀は一緒に専門に
いって一緒にいつか店を開こうという。告白したくてできない天音、沈んでるのを
気にして秀が「心配してるのに 好きなのにお前は俺を好きじゃない」と言われ天音は
秀に強引にキスをして「俺はお前を愛してるんだ」といい もう帰ると。
終りでいいと思ったが秀はおまえとのことを真剣に考えると言う。

この人前は違う名前では?最後はあっさりした話で 最初がいいなあ。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

なんもない・・^^;

小銭を握りしめ!でもないけど 本屋に行ったのですが・・
いやーないわ オフにもなんもない 本自体がない・・
人も全然いなくて みんなどこへ?

この店は 店員さんがいまいちで・・女性はいいのですが
男性で変なの居るの
一番変なのは大学生の子で もうーうるさくて うるさくて・・
ちょっと妙なハイテンションで ずっと新しく
入ってきた女子の指導してるんだけど・・

えっらそうで・・「わかる?だからこういうやり方で・・
おまえはこうしたいかもしれないけど おれは・・」
ずっと おれおれ言ってる・・なんなんだよ・・大きな声で・・
周りのお客の迷惑そうな顔わかんないの?

DSCN2416_convert_20110624140543.jpg

しばらくしてその子は いるけど静かになって・・あれ
怒られたのかも・・静かでいいわって思っていたのに
今度はかなり年配のおじさんがいるようになって・・。
BLの棚を整理してるんだけど・・・
絶対にどかないの
見たくて近くに立ったら普通どくよね?
だけど 絶対どかない・・
うーん・・大きな店だから 行くんだけど・・。

DSCN2423_convert_20110624140701.jpg

で、今日も変なの・・。
また別の小さいおじさんと 背の高い若い子なんだけど
もう見るからに?調子がいい感じで BLの棚で
小説を整理してるおじさんの隣に立って
あのやりかたがどうのこうのって 言ってるんだけど
口は動くけど手は動かない・・おじさんは話をききながら
もくもくと 整理してる。
で 言いたいこと言った男子は じゃあって行きかけたら
「(整理)やってかないの?」そうだよねーだってずっとお喋りして
全く何もしてないのだよ?時給泥棒って感じ・・

え?って感じで始めたら BLじゃない?これなにーって感じで
「いやー見てはいけないもの見ちゃった感じです」っていうのよ。
周りにBL女子いるわけでしょ?
おい!小僧!
いい加減にしろよ!って なんだろう この店・・・。
 
DSCN2458_convert_20110624141445.jpg

コンテントヘッダー

詐欺師は獣に騙される

詐欺師は獣に騙される (ビーボーイノベルズ) [単行本]
中原 一也 (著), 鬼塚 征士 (イラスト)
出版社: リブレ出版 (2011/02)

sagisinihadamasareru.jpg

内容
「こいつがお前を喰いたいって、毎晩、雫を垂らして欲しがってやがるんだ」自称・結婚詐欺師の三木は、ヤクザに追われ、行き倒れたところを養老施設園長・黒川に拾われ、タダ働き同然で厄介になることに…。エロオヤジだが男の色香漂う声だけは良い黒川に、尻をまさぐり撫でられ熱く耳元で囁かれる日々。そんな黒川に何故か、はしたなく身体が疼き腰が蕩け、気づけばすべてを差し出してしまい…!?美声エロオヤジ×惚れっぽい詐欺師の恋。

感想
いやいや 親父同士の恋愛は楽しいって自分から見たら若いけどね^^;
結婚詐欺師の三木はやくざに監禁され暴行されボロボロなところを養老施設園長
黒川に拾われるが爺婆ばかりで獲物がいないと出ていくつもりが 高価なツボを割り
働いて返す羽目になる。大体が結婚詐欺にしては人が良すぎて大してお金をまきあげ
られないし相手を好きになったりと向いてないんだよね。園で働くようになるが妖怪の
ような爺婆
にこき使われて苛められてて黒川にセクハラされ散々。職員とくれば厨房の
チェリーはオカマだし アイドルみたいな白井と異様に虚弱体質の金丸という青年で
いつも老人に背中をさすってもらったりしているのがメンバーだ。老人たちは一筋縄
ではいかないような連中で三木の朗読会ではブーイングだらけで黒川の朗読は
女教師凌辱の宴」など官能小説のオンパレードでやんやの喝采である。
まあね確かに撮り寄りだからって恋愛しないわけではないしHだってしっかり
興味あるしね^^;施設の労働は過酷で 老人たちはもめ事は起こすし 夜出かけて
パチンコいったり それを捕まえたりと三木はへとへとだ。更に今度は職員による
敬老の日の劇まである。それがまた愛憎どろどろの不倫劇である^^;

ある日は脱走常習の富江ばーさんを黒川と三木が繁華街に探しに行き 馴染みの
ゲイバーに入り 黒川はママにでーぷキスをかましてバーさんを探させる。富江は
若いチンピラにいちゃもんをつけられているが黒川は強いのに土下座して富江を
返してもらう。三木はその姿にますます惹かれていく。
劇は白井のストリップまがいの踊りや愛憎劇で盛り上がった。劇が終わり黒川は
三木の部屋に来てそろそろ本当のことを話せなどと言ってるうちに 三木は黒川の
フェロモンにやられてセックスになだれ込んでしまう。初めてなのに黒川の手練れに
溺れてしまう。
次の日は亜恥ずかしくて黒川を避けている三木だが 園では職員を増やすと言う
話が出ていて黒川は三木に ここにいろと言う。そんな時 園の理事長が来る。
なんとそれは三木が前にだました女だった。桜庭は三木にお金を返せとせまり
三木が結婚詐欺師だとばらしてしまう。三木はこれでみんなに黒川に嫌われると
覚悟するが爺婆たちは 桜庭の方をこけにして楽しむ。結局桜庭が黒川に職員
代わりに三木を死ぬほどこき使えってことで終わる。

結婚詐欺師!と爺婆に呼ばれおしめを取り替えさせられていると園の前に見るからに
筋ものの連中がいる。とっさに変装して見せられた自分の写真を見て知らないと
言って10日後 油断しているとあっさり拉致されてしまう。さるぐつわされ車で
行く途中 また逃げ出した富江ばーさんが車の前に飛び出し やくざが焦っている
間に逃げ出し そこに黒川が来る。あっという間にやくざをやっつけた黒川だが
園に戻ると隠していたことを白状させられる。白井たちは水臭いといい皆で護って
くれるという。しかし 毎日生ごみや不燃ごみを大量に玄関周りに放置する
嫌がらせが始まる。そしてとうとう夜中にトラックが玄関に飛び込んでくる。皆で
慌てて見るとおいていかれたトラックの下に夜遊びにいこうとした富江ばーさんが
いた。救急車で搬送され生きた心地のしない三木は黒川と病院へ。指の骨折くらい
だったものの 三木は園をでていく。公園で黄昏て自首しようかと考えていると
植え込みから黒川が出てきて園に戻れと言う。キスをされて腰くだけになった三木は
そのまま植え込みに連れ込まれてそのまま青姦される始末^^;黒川は寝ている三木を
見て絶対衛と思い金をどうして作るか考える。園に戻り掃除をしていた三木は
外でやくざに囲まれている近所の主婦を助けにいき捕えられ 騙そうとした女の
男である成村のところに連れて行かれる。謝罪はききいられず散々暴力をふるわれ
気を失っていると「お客が来たぞ」と。黒川はじめ白井たち老人たちも来た。黒川は
一千万を見せて三木を連れて帰ろうとするが金だけとって三木の首にナイフをあてる

絶体絶命のその時「なんの騒ぎだ」と組長が現れ黒川を見て「お前は万田為造!」と
ハグしてくる。かつて演歌歌手だった黒川は組長の誕生会によばれ 若い組員と
トラブルを起こし芸能界を追放されてしまったのだ。組長はその時若頭で万田を
助けられなかったのを悔やんでいた。話をきいて組長が手打ちにしてくれた。
やっと明け方にみんなで帰宅して爆睡する中 黒川はさっさと三木を抱き始める。
気持ちが通じ合ったセックスはものすごくて充分愛された。
一千万円は婆の元恋人で有名な陶芸家から持ってきたツボを売ったお金なので
ずっとここで働いて返せよと黒川に言われる。そこに桜庭が怒りながら現れて
玄関などがトラックで壊れたのは三木のせいだとばれて 給料からひくという。
一体どれだけ働けばと青くなる三木に「一晩3万で買ってやってもいいぞ」と
鬼畜な事を言われる

なんか メゾンドヒミコ という映画をちょっと思い出しました。
若い人から見たらおじさん同士の恋愛ですけど^^;なかなか純情で性にも貪欲で
面白かったですよ。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

びびりな私

この水色の華は健気に毎年咲いてくれます
でも増えないのね^^;

あたしは落葉樹が苦手で 常緑樹が好きです。
落ち葉掃除がいやだってこともあるけど
かわらないっていうのが好きなんです。
この場所はいつもこの花が咲いて・・この店はいつもこの店員さんで
この店はいつもこのメニューで^^;
だから新規開発って少ないし 同じようなルートで生活しているから
獣道を歩いていると家族に言われます。

DSCN2400_convert_20110623112615.jpg

ということでBLに置いても 新しい人のを読むって
結構勇気がいることで・
・散々みなさんのブログで検討して?
やっと購入です^^;
雑誌でちょっとでも 読んでいればまだ違うのですが・・
人も新しい人に会うのはすごく緊張します。
前の日から口数少ないから 家族も近寄ってこないです^^;

DSCN2410_convert_20110623112920.jpg

でも もう年だから 新しい人に出会うことはないですね。
だからネットで知り合う人は嬉しいです
そんな緊張しないで済むし コメントのやり取りもゆっくり考えられるから。
会話だと変なコトいって相手を怒らしたりとか
そういうのがあって 自分ではそんなつもりじゃなかったのに・・
パソコンなかったら凄く孤独だと思う。
BLのことも気軽に書けないし。

家族はBLに対してないも言わないけど 興味もないから
ネットで人の意見読んだり コメントしたり 貰い楽しいです

DSCN2354_convert_20110623215719.jpg

細々継続できるといいなあ・・
コンテントヘッダー

No.99:人間玩具

No.99:人間玩具 (スーパービーボーイコミックス) [コミック]
池 玲文 (著)
出版社: リブレ出版 (2010/6/10)

99.jpg

内容
両親に先立たれた公爵家の跡継ぎレナード。そんな彼を慰めようと執事グレアムは世界中から珍しい玩具を集め与えていた。今日の新しい玩具は見世物小屋から買ってきた少年ナイン。「僕 気に入ったよこれ!」執着は日増しにエスカレートし強引な性交に及ぶが・・?!

感想
No.99:人間玩具 レナードはグレアムが買ってきた羊男の少年がすっかり気に入り
着飾り美味しいものを食べさせ気晴らしになっていた。レナードはフィンを可愛がり
ベットでも抱きしめて寝ている。そしてついに グレアムに手伝わせて抱く。
すっかりそれが気に入ったレナードは グレアムを側に置いてフィンを抱くように
なる。レナードは母がアヘンに溺れ海に飛び込み父がそれを追ったとフィンに告げ
一人は寂しいからずっとそばにいてという。フィンはレナードを抱きしめ二つの魂が
溶けて一つになった
。青年になってレナードは斜陽の公爵家を立て直した。しかし
かわらずフィンを側に置き愛してるよと言い抱いている。なんかいいなこの二人。

黄金島 立仙は欄を苛めてばかりいる。縛って胸を出させたり ち00がなかったら
彼女にして可愛がったのにとかいう。切ったら好きになってくれる?と蘭はきく。
好きな子ほど苛めたいっていう心理がまだよくわからない幼い恋なんだよね 立仙は。
この小さな島に清浄とされる男子17才までが落ちてきた黒鷲の片羽を作っている。
山を下りて友達4人と女に会うため酒場に行く。みんなで興奮するも立仙は女の匂いを
いいと思わない。蘭を抱きしめていて女の話をすると嫉妬すると思い胸があってとか
なんとかいうと蘭は怒りだしやめろといっても髪を切りだす。そして立仙が慌てて
好きだと言っても戻らない。まあ少年だからってこともあるけど馬鹿だねー^^;
黒鷲は海に落ちて立仙は海を見て泣いている。蘭が来て男が好きなの?立仙がうなずき
一緒だねと手を握る。黒鷲なんの象徴?^^;幼い恋は可愛いけど

王と魔人と魔法使い 魔法使いのアシュラフはカミールから鏡を奪還しなければ
いけないがそれができない。毎日アシュラフはカミールの膝の上にでてきて、美味しい
ご馳走を頂き帰るだけ。宮殿には誰もいないから寂しくない?ときくアシュラフに
カミールは君が毎日きてくれるじゃないという。アシュラフは町に住んでいてみんなに
愛されている。一杯果物を貰ったから 寂しそうなカミールにと持っていくアシュラフ。
カミールは凄く喜んでアシュラフを抱きしめ愛しくて嫌がるアシュラフを抱いてしまう。
かくして鏡はアシュラフのもとに戻るが彼はそれを割ってしまう。王は弟に位を奪われ
僻地に一人で追いやられたと・・。一人寂しくいるカミールの膝上にアシュラフがまた
現れ 二人はきつく抱きしめあう。可愛い話だった。もうちょっと説明欲しいけど。

花降る地下街 ぺトは口がきけなくて太っている。姉のテミスンとふたり地下に逃げて
来て今では仕事も食べ物もあり天国だ。花屋に働くぺトは花に食べられそうになっている
若い食い詰めた男を助ける。黒野は金も何もないので仕事を紹介してやり同じ寮で暮らす
ことになった。毎日うちに来て食事をとる。黒野はぺトの初めてできた友達で花市に
誘ってくれた。黒野は長身でカッコイイ、テミスンに会いに来ているのだろうと思うと
ちょっとへこむ。黒野は優しくて白い花束をくれる。そして昔の話をする。黒野は議員
秘書だったが議員がはめられそれを助けようとして殺されそうになった。そのまま地下に
逃げてきたのだ。戻ってぺトがうたたねしていると黒野は可愛くてほっぺとかにたくさん
ちゅうをしているのを姉にみつかり 殺してやると首をしめられる。ぺトは黒野を助け
ようと必死で声が出る「許してあげて・・」姉は驚き泣いている。黒野はぺトが好きだと
告白しキスしようとするが・・この話続編あればいいのに・・

幻想黒子 H臭い話だねー^^;狙った相手がメロメロになると言う黒子を買って
張ってみた茉生は電車で痴漢にあい憧れの常森に助けられる。女子に大人気の
長身でハンサムな常森。彼が茉生の洋服をなおそうとして声をだしてしまい胸が
コンプレックスだと思わず話す。常森は危ないからと学校に一緒にいこうと。
黒子の効果なのかと嬉しい茉生だが教室で男子や先生から秋波をおくられ迷惑
なのでマスクをする羽目になる。毎日一緒に電車に乗り 常森は茉生を抱きしめて
体を撫でまくり 周りにガンをとばす。その上 乳首を直すとかいう吸う道具を
使ったり 口で吸ったり揉んだりしてくれる。って気がつけよ!好きだという
常森にこの黒子のせいだと泣くが「それはうちのだから 俺にはきかない」と
言われてしまう^^;ずっと常森も見ていて両想いだったのね。

雪ぐサディズム 黄川田先生はサディストで桐は先生との関係が10年になる。桐は
父親から寺子屋にはお金を払えないと言われ先生に泣きながらそれを言うと月謝の
代わりに体を要求された。裸にされてあちこち吸われ先生は桐を見て自慰をした。
父は桐の吸われた跡を見て先生のところに連れていき身請けしろと言った。もう
大きくなったので三年前から先生のお手伝いをするようになった。縛られ色々な
事をされる。先生は桐を可哀想だと言う。我を忘れるくらい愛してくれるがいつか
殺されそうである。先生はそれを恐れて逃げろと言うが倒錯から逃げられない先生が
桐は愛おしい。
いや危ない世界で・・でもねーお互い好きならしょうがない・・

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

その目で見るな

その目で見るな (リンクスロマンス) [単行本]
可南 さらさ (著), 高宮 東 (イラスト)
出版社: 幻冬舎コミックス (2011/03)

sonomedemiruna.jpg

内容
大学生の前田高宏は、マンションの隣に住む同じ大学生でモデルの篠宮斎を介抱したことから、食事の世話をするようになった。男女問わず恋愛関係の噂がたえない斎に高宏は、友人から気を付けろと忠告をされる。まさか地味で野暮ったい自分に、斎は興味をもたないと思っていた。だが、斎から「俺としてみない?」と突然告げられる。男相手は考えられない高宏は、斎にきっぱりと断るが…。

感想
河南さんは好きな作家さんですが 話は面白かったけど攻めがちょっと 最後の方は
いいけれど途中まであまり好きになれないタイプで、受けはいいんですけど。まあ
周りにいる子もわかっていて斎にくっついているのだから 泣かされても自業自得
ではありますね。

資産家の息子でモデルの斎は 来る者拒まず去るもの追わずで奔放な生活を送って
いたが ちょっと毛色の変わった隣室の高宏と係る。高宏は美しい斎に惹かれて
しまうが その節操のなさに呆れている。食生活が酷いのでマネージャーに昼食や
その他食事の世話をバイトとして頼まれる。世話好きなのもあり斎の食事を作り
一緒に過ごす時間が多くなると 実は寂しがり屋だとか複雑な家庭だとか見えない
部分がわかってきて離れがたくなる。二月も過ぎると自分の気持ちがかなり傾いて
きているのがわかる高宏だが
学校での女子からの嫌がらせも過熱してくる。それでも
女の子たちを高宏と仲良くするために ガンガン切っていくのを見るのは申し訳
ないが嬉しい。そしてついに部屋に来た斎にキスをされ それ以上の事もされて
しまう高宏なのだが・・。
なんでこんなやっかいな奴に惚れたのか 自分のものにならないからきついだけ
なのにと悩む高宏。だけど恋愛する人がそんな冷静で理性があったら恋愛にならない
常識でわかっていても落ちるのが恋だからしょうがない
会わないように逃げ回っているが 結局捕まり更にセックスはすすみ繋がらない
だけってところまで どろどろに溶かされてしまう。それからは斎は仕事が終わると
飛んできて高宏とずっと過ごすようになる。しかし高宏は恋人未満の状態が続き
不安がぬぐえない。

夢の終わりは突然にやってきた。嫌がらせをする女子の一人に熱いカレーをかけられ
「あんたみたいな根暗で地味な奴 賭けの対象じゃなかったら斎に相手にされない」
と言われ ショックを受ける。情報通の横山に真相を確かめると大学で確かに賭けの
話はでていたようだとわかる。やっぱり自分なんか相手にされるはずがないと部屋で
涙ぐんでいると 隣室に斎たちが帰宅し留守だと思い高宏のことを話し始める。遊び
じゃない 可愛がっているとのたまう斎。脳天気に高宏の部屋に入ってきた斎に賭けの
ことをきくと 悪びれもなく 知ってたの?と。高宏は回し蹴りで斎をふっとばし
二度と触るなと言いたたき出す。
会わなくなりバイトに精をだしていると斎のマネージャーが来て連絡がとれないし
この弁当を届けてくれと頼む。こいつも食わせもんなんだ。ろくな食生活ではないと
言われ気になる高宏は弁当を渡そうとするが色っぽい女性と一緒に帰宅し高宏を
無視する。自分から手放しんだからあの甘い生活はかえってこないと滂沱と泣いて
いるところに斎が部屋に入ってくる。泣いている高宏に自分のせいで泣いているのか
ときくが 高宏は最初は突っぱねるが あっさり帰ろうとした斎に我慢できなくて
追いすがる。好きと言わされそれから徹底的に焦らされて抱かれる。
自分を駄目にする男だとわかっていても 高宏は好きで別れられないのだよねー。
うーんいい男で魅力的だけど 嫌な男だね^^;高宏も本当にセックスする前に
もっといい人みつければいいのにって・・それじゃ話にならないか・・。

第二話 恋人同士になり 相も変わらず美味しい食事を斎に食べさせいろいろ
世話をしている高宏だが学習もしている。斎が寂しがり屋でHも凄く好きだとか。
せっかくお弁当を作ったが斎が用事でいなくどうしようと思っていると飯塚が来て
お弁当を食べる。こいつも下半身がだらしなく男女すきなんだよね。お礼にと
強引にある喫茶にいくがそこには 斎と横山が手を握っている。いかにも浮気って
感じにいう飯塚。具合が悪くなった高宏を公園に誘いそこで親切そうにしつつ
ちゃっかりキスをするとそこに斎が現れて・・。飯塚と斎どちらもろくでないし
には違いない。高宏に同情ばかりするのは仕方ないかな。でも別れられない高宏も
悪いんだよね^^;しょうがない 一緒にいたいのだから。人の気持ちって特に
恋愛は不可解だわ・・。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

媚の椅子

媚の椅子 (スーパービーボーイコミックス) [コミック]
池 玲文 (著)
出版社: リブレ出版 (2008/8/10)

kobinoisu.jpg

内容
長く構想を続けていた梅崎組と相賀組の手打ち直前。相賀組の男が刺された。梅組若頭・加賦は犯人を匿っているであろう韮沢を拘束し苦痛と快楽をその体に施すが一向に口を割る気配がない。「惚れてた男に犯されて嬉しいかそれともふられた腹いせか?韮沢」決して痛みに媚びない韮沢の真意とは?

感想
媚びの椅子 好きで何回も読んでる。辻村を庇っていると思われ SMホテルの
一室で椅子に拘束され肛門に瓶をつっこまれても何も言わない韮沢。昔 加賦が
みつけた時は 韮沢は足がちぎれそうになっていた。拾って住み込みでいるとき
韮沢は加賦の女で外に出されるのを嫌がっていた。今は自分の組を持っているのだが
これだけの痛みにも屈しない韮沢に 加賦は辻坂と寝ていたのかときく。辻村が
見つからなければ韮沢を相賀組に渡さなければならない。その前に一思いに自分が
殺そうかと加賦は思うが辻村はみつかる。バックは中国のシンジケートだった。
何故関係ないと言わないのかと問う加賦に もう一度目をあわせてくれるなら
死んでもいいと思って。韮沢の一途さは怖いくらいで他が全然見えてない


暗夜の礫 韮沢は加賦のためなら何でもする。殺しでさえ躊躇しない。韮沢は結局また
加賦預かりとなった。身の回りのことをすべてして 更に今日もいつものように
好きだと言いながら抱かれている韮沢。加賦が組長の呼び出しでクラブに行くと
中国の残党がいると言う。自分の親ながら苛々する相手で はやく韮沢の顔を見て
ほっとしたい
とおもう自分に愕然とする。事務所でテキパキ仕事をしている
韮沢を見ては加賦は怒りおまえは家に居ればいいんだという。拷問したときも韮沢の
顔は傷つけない。部下が犯そうとしてら止める。危ないところにいると家に閉じ込め
ようとする。ってどれだけ加賦は韮沢を愛してる訳?^^;
おまえは弾除けにでもなるつもりかと怒る加賦に 韮沢は体を張って助けると。加賦は
人を信じるな 裏切るものだって生きてきたのに 韮沢があまりに真っ直ぐに自分を信じ
愛しているので
どうしていいかわからない。韮沢は自分が重いことはわかっているが
好きなのを止められない。

夜 組長が襲われて病院にいったと連絡があり加賦は出掛けるが 韮沢は部屋に
閉じ込めていく。ところがそれが罠だと電話があり 韮沢はドアーを破壊しバイクで
加賦を追う。韮沢が追い付いて 危機一髪で加賦を襲った連中を倒す。加賦は
どうして弾除けになろうとするんだと韮沢を殴る。お前はいったいどうしたい、何が
欲しいのかという加賦に「なにも 好きだっていってもらいらいけど ありえないから
加賦はこんなにもお前を失うのが怖いのは・・好きなんだろうな という。
この二人 初めからお互いがずっと好きなのでは?それにしても激しい愛だよねー

EXTRA 恋に慣れてない加賦が可愛い!好きもろくに言えない!韮沢も
愛されてることがまだ信じられないのね。

トカゲと蝶番 芙佑は背が高く頭もよくハンサムで 永美里はいつも遊んで
もらっていた。でも時々残酷でずっとHなこともされていた。大学進学で芙佑が
田舎を出るまで続いた。10年経ち永美里はEDになっていた。病院にいくと
なんとそこの医者が芙佑で逃げようとするが 他ではどんな治療をされるか
わからないと色々脅されてしまう。気を失い気が付くと下半身を触られていて
芙佑は診察と治療だと言う。芙佑に触られると ちゃんと勃起するので驚く永美里
しかもやめてというのに銜えられていってしまう。芙佑はずっと好きで今でも
愛してると言う
。永美里は大学行ったら全く音信もなく好きなんて嘘だ 玩具と
思っていただけだろうと泣く。捨てられたんだといって飛び出すが携帯を忘れて
3日後連絡すると何度もまた愛してると芙佑は言う。このあと公園に携帯を持って
来てくれるのだけど永美里が側にいて離れないでというと 自分が触らないと
いけないように条件付けをしといてよかったなんて 
もう鬼畜だよね^^;

成立しない朝 これ結構好き大學の時後輩だった杉坂は華やかな
グループで地味な菊川は憧れていた。今回自分の会社に派遣として入ってきた。
飲み会で隣になると手を握られて吃驚して ゼミの飲み会でも握られたことが
あったなあと思いだす。帰ろうとすると途中で杉崎が追ってきて「俺は好みでは
ないのですか
?」という。なんの冗談なのかと混乱する菊川だが部屋まで
来た杉崎にキスをされる。ベットに入り他の男が来たことがあるとわかると杉崎は
怒って俺がずっと好きだったのにと乱暴に抱く。起きると一人の菊川はせめて告白
すれば良かったと泣く。そこに杉崎は買いものから戻り朝食を作りだす。あっ気に
とられた菊川が恋人みたいだと言うと杉崎は怒りだし
おれは好きな人としか寝ないと。うーんいいねーやっと誠実な素敵な彼氏ができて。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村





コンテントヘッダー

ケダモノ何匹?

ケダモノ何匹?(ジュネットコミックス ピアスシリーズ) [コミック]
本庄 りえ (著)
出版社: ジュネット (2009/10/31)

kedamononanbiki.jpg

内容

見た目は可愛いクラスメートの井上とはずみでHしてしまった矢野。草食系と思っていた井上は実はガチンコ肉食系男子!!学校でラブホテルで調教されまくりな矢野の快感ご奉仕ラブ!井上は可愛い顔をしているクセに、エッチな事に興味シンシン★そんな井上に「もっとエッチが上手くなれ!」と、言われた矢野は……。カラダから始まった恋の行方は、いかに!?

感想
ケダモノ何匹? 話自体は可愛いんだけど主人公がちょっと^^;女日照りで
矢野はちょっと男の井上とやったら すっかり恋人気取りでセックススキルの向上を
言われ 更に怖い友達 勇摩がついていてとても断れそうにない。確かにセックス
してみると凄く井上はいいが 技術が下手で勇摩のほうが丁寧だと言われる。おい
友達とやったのかよこの井上は見た目は可愛いけど淫乱っていうか下半身に節操がないね^^;
矢野はやっているうちに情が湧いたのか 手なんかつないだりして

恋の病じゃねえよ 相変わらず人のいい賢一は勇摩が風邪をひいて具合悪いと
マンションに転がり込んできたのを甲斐甲斐しく世話している。咳と熱でうるうる
しているのを見るとちょっといけない気分に。また勇摩が上手く誘うので体調悪い
のにごめんねっていいながらセックスすると・・。井上に賢一さん使って熱
下げたんだーって言われてる^^;でも 井上も矢野にしっかりうつして 実は
受けが強くて頭がいい?^^;

従順バトル やっぱり井上・・ちょっとなあ好きではないかな。 矢野もはっきり
しないからいけないんだけど。

井上と矢野は恋人未満?でとりあえず学校でも濃厚にセックスをしちゃう仲だけど
居残りはお互いのせいと言いあってる時に矢野が「女だったらもっと可愛げがある
と発言したから井上が怒ってしまう。確かに矢野ってデリカシーがないよね だから女と
上手くいかないんだよ。というか友達ともうまくいかないよ その性格じゃ!帰り道で
賢一と会うが後輩の美形な光永を紹介される。ちょっと心惹かれるが矢野がいるからと
思う。ところが次の日矢野は友達と合コンの話をしている。タイミングも悪いんだけど
井上は電車で再びあった光永にお尻を触られて誘われる。光永のセックスは上手くて
溺れてしまう井上だが。結局井上もふらふらしてるんだよね。もっと付き合ってるん
だから合コン行くなとかはっきりすればいいのにね。自分からは待ちこしてて 他の
人に誘われてセックスするのはちょっとなあ・・・。結局矢野は迷いながらも合コン
いかないんだしね。すれ違いって言ってしまうとそれまでだけど・・。
勇摩は光永にいい感じを覚えず矢野にしっかり捕まえとけと怒る。このへんが勇摩は
恋人には誠実だよ扱いは悪いけど^^;矢野は光永に渡さないとはっきり言う。井上は
御仕置?だけど何回も抱かれて喜んじゃうんだけど。井上もテクはないけど?自分
だけを矢野が求めてくれるとわかって落ち着く。うーん 浮気する前に解決
しないのかね?

又のお越しを 証券会社が倒産し外食の店長をしている梅津だが転職したいが
なかなか見つからず落ち込んでいる。何かと親切な吉田は料亭の息子で修行に
来ている。梅津は老け専?塩田というパトロンがいたが切られてしまう。他の
人を紹介してくれると言うが 梅津は吉田が気になっている。紹介された相手を
断ろうとするとなんと相手は吉田で。吉田は好きだと言って抱きしめてくる。
お店でセックスをして これからは恋人だと。

無理をいうなよ 陸上部の大西は後輩の中山に告白されたが彼女がいるので断る。
1年経って中山はちょっとよそよそしいが 先輩後輩のままだ。でも大西はなんか
気になる。そんな時中山が女子といるのに気をとられ怪我をしてしまう。付き添って
くれる中山とロッカーに来ると大西は愚痴がついでる。怪我でインターもでられず
引退だし彼女にはふられるし・・と。お前をふったから罰が当たったのかもという
大西に中山は今も好きですとキスをする。ロッカーでのセックスの後 負ぶわれ
ながら 幸せと思う大西である。

愛情ロック 雄太は従姉弟の衛の両親が経営するマンションに住んでいる。衛は
大学生でバンドをしている。しょっちゅう雄太の部屋に転がり込む。男だけど
衛は可愛いおもう雄太はうっかり衛で抜いてしまう^^;一緒に衛とごはんを
作っていると従姉弟だし男だしと突然の告白。可愛いと思っていたからそのまま
キスをしてベットに行くが・・まさかの逆転劇^^;

絵も話も好きなんですが やはりシリアスな方がより好きかな。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

根性なし

頭では節電ってわかってる でもね
35度以上あったら もう無理^^;
室内32度・・・もう半分溶けてます。
パソコンの熱もあるから すごい汗で 耐えられない。
とりあえず 扇風機をまわして・・

DSCN2467_convert_20110623001749.jpg

ぼーっとして小説読むって感じじゃないのですが・・
コンビニ行ったら凄い人。ここは涼しい。
デパートや他のお店も 食料品に関係ないのは結構暑い
本屋さんもそんなに涼しくない。

DSCN2472_convert_20110623001852.jpg

晩御飯は家族でいるから ついに負けて冷房29度で
いれました。最初は27度で後はあげて・・
いまからこんなのでどうなるのかな・・^^;
あたしは体温が35度だいって多くて37度あったら結構具合悪い。
それなのに 夏38度とか39度とかそれ 体温より上ですよね。

DSCN2473_convert_20110623070137.jpg

ブックオフも暑いの・・ますますアマゾンになりそうだわ。

みなさんは この夏どうして乗り切ります?(汗)
コンテントヘッダー

終わることのない悲しみを

終わることのない悲しみを (ショコラ文庫) [文庫]
夏乃 穂足 (著), 三枝 シマ (イラスト)
出版社: 心交社 (2011/4/9)

owarukotononaikanasimiwo.jpg

内容紹介
外国で心臓移植の手術を受けさせなければならない娘のいる立花透は、十年ぶりに高校時代の親友であり、画家の秋ヶ瀬遼平と会う。渡米のために必要な残りの三千万円を借りるためだった。過去、別れた妻とともに秋ヶ瀬を裏切ったことに贖罪の気持ちを感じる透に、秋ヶ瀬は再び絵筆を握ることを要求する。それを拒んだ透は、秋ヶ瀬に「俺の気がすむまでここにいろ」と要求されて――。

感想
なんだか攻めが可哀想だった^^;絵描きの話は日本画とかいれたら結構ある。
ブリリアント 火崎 勇 描くのは愛 剛しいら は好きな話だ。芸術家って
エキセントリックな感じがするし 一途なひとか奔放かって気がする。個人的
意見なんですけど・・。

別れた妻園子(従兄妹)から電話があり娘の真由に重い心臓欠陥が見つかり移植が
必要だと。透は書店も家も売ったがそれでもまだ三千万が足りない。そんな時
高校時代の友達桐山から連絡があり秋ヶ瀬が足りない分を用立ててくれるという。
高校時代の苦い別れのまま会っていなかった遼平が 何故と思うが喉から手が出るほど
欲しい金なので 彼の別荘まで頼みに行く。年月を経ても遼平はかっこいいままで
「お前の力になれなら」と言ってくれるが「見返りもなしに」といったことが不興を
かい それならばと三千万円でお前を買うと言いだす。

高校に入って透は遼平と出会った。中学時代はいじめにあって途中で転校した透は
親しい友達がいなかった。遼平は美術コンクールで大きな賞をとり本人は美貌で
有名だった。透が美術部に入るとすぐ遼平がよってきて部活以外もつるむように
なった。ところがあまりに一緒にいるので あいつらできてると陰口をたたかれる
ようになり透はそれが気になって仕方がない。中学時代に オカマ野郎と苛められた
記憶がまだ生々しいのだ。透が悩んでいると従姉弟の園子が「あたしと付き合えば
噂は消えるよ
」といい 付き合うようになったが ある日遼平の部屋で園子の
ヌードの絵をみつける。園子はレイプされたのだと泣く。透はそれをきき遼平と
絶交し園子と結婚する。
この時の遼平の取り乱し方と「お前の片割れは俺だろう」というのに
ドキドキ^^;
お金と引き換え手に抱く約束をしたが遼平は透を信じられずその場で暴力的に抱く。
こうしないとお前はまた俺を忘れて閉めだすと言って。もう友達に戻れない透は
なんでももっている遼平の執着心が理解できない。
透が娘に会いに行くと園子は三千万の相手を知りたがる。遼平からだと言うと
ショックを受け 娘が本当は遼平の子供だと言うことを話したほうがいいと言うが
園子は受け付けない。園子は自分でも言ってるとおり かなりバカな女で自分から
幸せを壊している。透が好きなのに振り向いてもらえないから遼平と寝て二人の
関係を壊したもののやはり透の気持ちは恋愛ではなくて 満たされないので結婚
生活も破綻する。

桐山と会った透はどんなに苦労して遼平が三千万を工面したか知らされて吃驚する。
桐山は遼平の気持ちがわかっているし 園子をとった透に対してちょっと怒ってる
感じだよね。ライフワークの樹氷の森を切り売りしたと知ってショックを隠せない
透だが 夜アパートに突然遼平が来てまたあわただしく乱暴に抱き娘が渡米いたら
必ず別荘に来いという。
別荘に行くと来いと言ったくせに遼平は驚いている「おまえに捨てられてから一目
お前に会いたい もう1枚描きたい それだけで生きてきた」「一度抱いてしまったら
離せないお前が好きなんだ」と何度も自分の名前を呼び続ける。透は遼平の執着心が
恋と知る。うーん 鈍すぎ?^^;静に暮らす二人夜はただ抱きしめてくる遼平だが
1週間過ぎ再び透を抱く。今度は嘘のように優しく透は感じたことが恐ろしくまた
悪夢を見るようになる
透の同性愛への嫌悪の原因は中学の時の勇介という
いう男子のせいだった。仲がよかったが ある時男が好きでお前が好きだと言いのし
かかり透を抱こうとする。逃げたもののそれから毎日 勇介はクラスの連中を煽り
ホモだオカマだと言われ いじめが始まる。水をかけられたり上履きがなくなったりと
辛い日々が続くがある日勇介が鉄道自殺を図る。勇介の母は透がなにかいったから
自殺したのではと原因を知ろうと追いかけまわすようになる。透はノイローゼになり
転校することになった。

遼平の状態はよくなくて絵が描けていない。透の絵が描きたいと言われたがそれは
断った。二人で森に行った夜 セックスをするとどうしようもなく透は感じる。
日々は淡々と過ぎ 感じるようになったとわかるとますます遼平は丁寧に愛情を
もって抱くようになる。透はこれは同情であって愛情ではないと思うが遼平から
離れることはできない。暮らしているうちに遼平もなにかトラウマがあると透は
気が付く。扉がちょっとでも開いていると駄目なのだ。
ある日ギャラリーの真矢という綺麗な男がやってくる。透にねちっこい嫌味を言って
帰っていく。遼平にきくと何度か寝たという。
園子から電話がありドナーが見つかり 手術は成功し帰国すると言う。
またうなされている遼平を起こすと原因を話し出す。まだ中学生だった遼平に継母が
性的虐待をして それが実父にばれてお金を渡され一人でマンションに放り
出されたと。

二月になり二人は山を登り霧氷の森と眺める。描けなかった遼平は憑かれたように
描き始める。娘が帰国することになり濃いセックスの後遼平はもう透を解放すると
言うが 透は一緒に娘に会って欲しいと。遼平は真由に会った途端自分の子供だと
悟る。自分に何かあったら真由を頼むと言う透にゆるく首を振り去って行く。透は
別れたくないと何度も心の中で言いながら追いかけるとこはできなかった。
ひたすら 切ない場面でした。
透は真矢に電話をしてどこに遼平がいるかきくが教えない。散々透をいたぶり最後
芹沢といると言う。どんな目にあっているか心配する透に東京の家を教えて去る真矢。
遼平のことを愛してるのに 透しか見えてないから真矢はこんなに意地悪をするの
だけど気持ちはわかるよ・。
遼平の家の前で待つ透。家は透のアパートのすぐそばである。遼平が透の側に住む
ためだけに勝った家なのだ。こんな愛してくれる人はいないよね!

透を見て驚く遼平だが 芹沢と寝てきたので体中に縄の跡がある。それを見て涙を
流す透は 抱いてくれという。二度と会えない抱けないと思っていたから今だけ
でも好きだと言ってくれと懇願する遼平。透は心から好きだと言う。透はずっと
トラウマになっていた自殺した同級生の話をした。遼平はおまえは悪くないと
言ってくれた。お互い出逢えてよかったといい別れる。
園子と色々話し レイプは嘘で 遼平から透を離したかったからだという。
あの頃から透たちはお互いを好きだったのだと園子は言う。そして捨てたと
思っていた遼平の肖像画を渡してくれる。バイトを探し桐山にカットを見せ少し
ずつ絵を描く生活を始めた。春になり透は別荘を訪れる。何故来たと問う遼平に
この絵をここで完成させて 君の絵の隣に飾りたいという。
君を愛してる。会った時からずっと。君と一緒に生きたい 離れては生きていけない
と告白する。遼平は顔を覆って泣いている。

お互いがそれぞれのトラウマを抱えているし またこの園子の存在が二人の運命を
かなり狂わせたんだけど 最後にはやっぱり惹かれあう二人を離すことはできない
ということね。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

らぶ色・フェロモン

らぶ色・フェロモン (Dariaコミックス) [コミック]
日向 せいりょう (著)
出版社: フロンティアワークス (2011/5/21)

DSCN2497_convert_20110620185835.jpg

内容
大人びた顔の祥はバイト探し中 女に逆ナンパされてバーに連れて行かれる。その店で不思議な魅力と香りを漂わす店長・晶仁と出会い心惹かれた祥はバイトとして雇って欲しいと頼み込み一緒に働き始める。晶仁のフェロモンに惑わされつつ 天然でドジッコな晶仁の意外な一面に萌えまくる祥だが・・?!

感想
親の再婚で兄弟になった祥と友則だが 祥は母が死んで早く独立したい。
ということでバイト探しをしたら好きな人もできた。店長の晶仁さんは
15歳上とは思えないほど天然でかわいい。二人での仕事が楽しい祥だが
ストーカー男が店長に付きまとい撃退する。そして俺は晶仁さんが好きだと
キスをする
。接触を極端に嫌がる晶仁がキスを嫌がらなかったので俺にも
脈があるのかと思う祥。
返事は待ってと言う晶仁だが そこにクマみたいなムサイ准之助という男が
やってくる。以前から付き合いがあったようで馴れ馴れしく祥はイライラする。
夢で晶仁さんとHなことをするくらいなのに はっきりした返事はなく しかも
准之助が夜のバイトに入るという。
夜 祥が店に行くと晶仁が准之助と抱き合ってる(ように見えた)祥は怒り
晶仁の側にいくが なぜか弟の友則は飛び出して行ってしまう。その後を
血相を変えて追う准之助・・。祥くんだけは触られても平気だとう晶仁は
抱き着いてきて祥はもう我慢できずキスをして胸を舐めていると准之介たちが
戻ってきてしまう^^;

18歳になった祥は改めて交際を申し込み恋人になった二人だが あまり進展が
ないのでお誕生日のお祝いにデートとしてカフェ巡りをすることになった。何件も
楽しく回っていた二人だが そこに祥の女の同級生3人に会いどうして自分たちの
誘いをいつも断るのかと。祥は先約だと断るが女たちは「きもい」などと言い
捨てる。すっかり暗くなった晶仁に祥は好きだと何度も言う。祥は晶仁の家に
来てやっと二人はセックスをする。

祥の弟 友則は2回母をなくしとてもおとなしい。ちいさい時は父親だけで時々
父の従兄弟である准之助が遊んでくれた。友則は彼が大好きだったが数年たち
外国に行ってしまうことになった。泣く友則に毎年誕生日だけは絶対に会いに
来ると約束する。高校3年になってもそれが嬉しい友則。密かに准之助を想って
いる。
お誕生日に友則は琥珀のペンダントを貰い同じものを准之助もしている。ある日
准之助から引っ越しの手伝いをしろと電話がある。もしかしたらずっと日本にいる
ようになるのかもと期待する友則。准之助から好きな人や彼女がいるのかと色々
きかれ固まって泣いてしまう友則に 落ち着いて思ってることを話して見ろと。
友則は女子にあまり興味がなくてでも准之助の側にはいたいと。自分は大きくて
根暗だけど准之助が好きでこれはおかしいのかという。准之助は同じ思いがきけて
嬉しいとキスをするが友則は純粋培養で^^;ただ怖がるだけである。准之助は
待つと約束する。しかし1週間も連絡がない友則に苛々してとうとう家まで行くと
祥がいつもの神社にいるのではという。寂し時いつもそこにいたらしい。そこで
みつけると友則は好きって言ったけどまた准之助がいなくなるのではと思っていた
という。寂しい思いはもうさせないと准之助は 友則を優しく抱く。

受けはどちらも天然なんだけど 若い分もっとぼんやりっていうか 思い込みも
あるし友則の方が よりほっとけなくて健気で可愛いなあ。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

魚楽洞

こちらは魚楽洞というお店です。
勿論いったことないです^^;
家族が仕事で寄ったようですが敷居が高くてコースとか無理ですが・・

gyarakudou.jpg

お昼のランチなら手が届く?かも・
あたしの大好きないくらちゃんが
たくさんのっているようで ござんすね
でも魚卵ってすごいカロリーなんですよね・・
あたしはたらこも好きだから だからコレステロールが
高いのでしょうね^^;

IMG_03731[1]

お弁当もいいですー

CIMG38311[1]

これは季節の一品で たけのこだから
もうないですね。

takenoko.jpg

昨日もラジオで経済評論家が 自粛なんて馬鹿なコト言ってないで
どんどんお金を使ってくださいと言ってました
そうすれば税金もおちて 被災地に届くしと。
被災地のものを買ってもいいのですよね。

そうなんですけど・・あたしとしては経済に貢献するのは
BL買うのと外食ですが・・厳しい状況で^^;
へそくってやっと外食って感じなんですよねー
秋からへそくるお金もないなあ・・(爆)
コンテントヘッダー

キビしく愛して

キビしく愛して (ジュネコミックス) [コミック]
本庄 りえ (著)
出版社: マガジン・マガジン (2008/6/30)

kibiikuaisite.jpg

内容
天使の顔した小悪魔がへたれりーまんに愛の性奴隷調教?!出会い系サイトで知り合った天使のように愛らしい高校生勇摩にすっかり夢中のリーマン 賢一。バージンの勇摩をHに仕込むつもりが何故か縛られ首輪をつけられれて・・?!

感想
慣らされる男 出会い系ではたいした相手は来ないと思っていたら 純情そうで
可愛い学ランの勇摩が来て夢中になり 簡単に手も出せずデートを何回かして
いざHをしたら更に可愛い。自分好みに調教をと数週間経って感じるようになって
きたら黒皮とメッシュのビキニを履いてと頼まれる賢一。マンションに後輩が
来ていてそこに鉢合わせした勇摩。浮気じゃないと言う賢一をしばりHになだれ
込むが「捨てないで・・」と殊勝なことを言ってるが我を忘れると「浮気なんか
しやがったら許さねえからな
!」と素が出る^^;次々と危ない道具を
持ってくる勇摩だが お願いをされると断れない賢一。腹で性奴隷ゲット!て
思われてるのも知らないで・・

キビしく愛して 調教するつもりがされてると気が付かない人がいい賢一。今日も
うまく誘われて玄関でHなんかして 性奴隷は精力があってよし!なんて勇摩に
思われてる^^;友達の透がまた別れたのを見てちょっと心配になる勇摩。オレの
体なしでは駄目なように躾けたが 職場に俺のような手練れがいたら・・もっと
躾けなきゃ!って酷い人間性はムシ?^^;賢一とベットショップで犬を見てまたも
思いついた勇摩はこっそり首輪とリードを買う。セックスをして寝ている賢一に
早速首輪を。驚く賢一だが勇摩の術?にはまって 犬になりご主人様を舐めまわして
結構興奮していいかもなんて思っちゃう^^;最後は濃厚なセックスですっかり
2人で満足!

犬のプレイもよかったが もう少し刺激がほしい。友達の井上は小さい美少年。
勇摩の彼氏を紹介してと言う。井上に矢野と付き合ってるのではというと一度
やったが下手だから嫌だと言う^^;賢一が酔ってる女性を介抱しているところを
見た勇摩はどうしてくれようと。そこで土曜日井上も連れて行き賢一の家で鍋を
する。寝てしまった賢一が起きると縛られていて井上が乗っかってくる。結局
抱いてしまうが勇摩も参加して3Pに^^;真面目な賢一は勇摩だけだから3Pは
嫌だと泣いてしまう。勇摩も賢一だけだよって言って これでほかに目がいかない
調教が終了とほくそ笑む。いやいや 悪魔だよねー^^;

付き合いだしてもう1年 来年は大学生になる勇摩だが 賢一は学ラン好きだから
ちょっぴり寂しい。1週間連絡が取れなくてテンパる賢一は井上に連絡する。
可哀想だよという井上に 待ての躾をしているという勇摩^^;ー。気の毒に
思う井上は賢一に連絡し 屋上にくる賢一。学ランさえ着ていれば誰でもいいのだろう
と言う勇摩に賢一は君だから好きだと。じゃあここで抱いて!と屋上でのハード
プレイ^^;

Mのススメ 待ち合わせに遅刻した賢一は洗濯機に縛られ 勃起したまま放置。
これではいけないと女性を誘うがHはできない・・。どうせそんなことだと勇摩に
見破られて また勃起したまま放置の刑にされる^^;

快楽男子 快楽が好きなカナトは売り専を始めて1年。松村さんは彼女にふられて
来た。ソフトSMが好きだが受け付けてくれないので買いに来た。いつも指名して
くれるし体の相性がいい松村 ほんとうはいいと思っているが・・。松村はある時
君を身請けできればいいのにといい それから来なくなる。
新規の酷いサドのお客に暴力をふるわれ カナトは売りが嫌になる。愛する人を
手に入れられないのなら意味がない・・。売りをやめたカナトは町でばったり
松村さんに出会う。逃げるカナトは追いついた松村に俺は君以外抱けないと
言われる。じゃあ 何故攫ってくれなかったのかと言うカナトに「仕事だから
自分に抱かれているし 他の誰かに抱かれている君を考えたくなかった」と。

本庄さんはコミカルなのも面白いけど 苦界に落ちてる女郎?陰間の悲しみを
描いてるのが凄く好きです。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コンテントヘッダー

きっとどこかに愛はある /金田正太郎

きっとどこかに愛はある (バーズコミックス ルチルコレクション) [コミック]
愁堂 れな (著), 金田 正太郎 (イラスト)
出版社: 幻冬舎コミックス (2011/5/24)

kittotokokaniaigaaru.jpg

内容
バツイチの冴えない警部補・池村の新しい上司は、東大でのキャリアでまだ二十代だという西園寺。着任初日から、何故か池村にだけ厳しく監視&口出しをしてくる。ある日池村は尊敬する先輩・菅原と会っているところを西園寺に邪魔されてしまう。話があると強引に連れて行かれた先はなんとラブホテルでー?!

感想
尊敬している先輩は左遷 バツイチでマンションのローンはたくさん残り その上
キャリアの上司に睨まれていいとこなしの池村。西園寺は池村だけに小姑のように
うるさい。後輩の城は何気に池村を狙っているが鈍い池村は危機感がない。池村は
菅原が総務課にいかされたのが納得できず 一緒に飲んでいるとそこに西園寺が
やってきて強引に連れ出しそのままラブホテルに入れられる。そして暴力団との
癒着が疑われている菅原
にかかわるなという。信じられないと怒る池村に
西園寺はのしかかりそのまま抱かれてしまう。

どうしても信じられない池村は菅原のところに行くが 堅気臭くない奴と会っている
ところを見てしまう。どこかで見た顔だと思っていると城が生理している顔写真に
あったと見ると辰野という男だ。菅原のところに再び行くと辰野がでてくる。菅原は
どうして暴力団と一緒に居るのかという追及に見逃してくれと言う。別れた妻が
付き合ったホストから薬をもらい中毒になりそれを助けるために辰野の力を借りた。
それは罠だったのかもしれないが 菅原は覚せい剤の情報を辰野に知らせることに
なったのだ。
辰野に捕まってしまった池村は 新しい情報屋になるように言われるが拒否する。
すると覚せい剤を注射しようとするが そこに西園寺たちがなだれ込んでくる。
辰野たちと菅原は捕えられる。警察に通報して池村を救ったのは菅原だった。
菅原は池村の信頼は失いたくなかったのだ。
事件が解決し西園寺は池村を襲って抱いたことを謝るが それは好きだからだと
開き直る。城もでてきて 池村さんは渡さないと。
でも結局 後日文句いいにいった池村は言葉巧みに西園寺に美味しく頂かれてしまう。

どこから突っ込んでいいのかわからない^^;さらさらーって読めることは確か。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR