コンテントヘッダー

妖精王の求愛 ―銀の妖精は愛を知る― (リンクスロマンス) 新書 – 2017/8/31 飯田 実樹 (著), 亜樹良 のりかず (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
妖精王の求愛 ―銀の妖精は愛を知る― (リンクスロマンス) 新書 – 2017/8/31
飯田 実樹 (著), 亜樹良 のりかず (イラスト)
いいだ

内容(「BOOK」データベースより)

―美しき妖精王が統べるエルフと人間がバランスを保ち共存する世界―真面目で目端の利くエルフ・ラーシュは、世界の要である妖精王・ディートハルトに側近として仕えている。神々しい美しさと強大な力をあわせ持ち、世界の均衡を守るディートハルトのことを敬愛し、その役に立ちたいと願うラーシュ。しかし近頃、人間たちより遙かに長い寿命を持つエルフであるが故日常に退屈を感じだしたディートハルトに、身体の関係を迫られ、言い寄られる日々が続いていた。自分が手近な相手だから面白がって口説いているのだろうと、袖にし続けていたラーシュだったが―?

感想
これは前の妖精王の護り手のスピンオフなんですね。
前の主人公が 結構 可哀想な子だったので 今回は 
その点は安心して?読めました^^

ちょっと 真夏の夜の夢を思ったりして^^;みんな誤解
して 大混乱な 恋人たちでしたが あれは妖精の
せいで これは 妖精同士ですけどね。
あの話でも 妖精の王と女王が揉めていて 人間でも
それ以外でも 恋愛はややこしいと いうことでしょうね^^
妖精パックの活躍で 上手く収まった話だけど こちら
は 魔法使いのクレーメンスが活躍するというか かき
まわすというか^^;それでも 最後はちゃんとくっつける
ように 頑張ってくれますが。
やっぱり 好きあっていても 自分の思いは はっきり
言わないと誤解の元だし そうやってお互いを知らない
と続かないですよね。
妖精王と妖精でも 恋愛は人間と同じって話でした^^
どんなに尊敬される王でも 恋愛初心者で やや情けな
いところが いいんですよね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

妖精王の護り手 ─眠れる后と真実の愛─ (リンクスロマンス) 新書 – 2017/6/30 飯田 実樹 (著), 亜樹良 のりかず (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
妖精王の護り手 ─眠れる后と真実の愛─ (リンクスロマンス) 新書 – 2017/6/30
飯田 実樹 (著), 亜樹良 のりかず (イラスト)
いいだ

内容紹介

妖精王の花嫁を捜すファンタジックロマンス

注目作家、初の完全書き下ろし新作! 人間・妖精・魔法使い――様々な種族が共存する世界。その中で、特に長寿な妖精族は、美しき妖精王とそれを守護する『四つの護り手』を中心に静かに暮らすことを好むエルフと、負の感情に囚われ闇に堕ちたダークエルフとに分かれ、長きにわたり争い続けていた。そんな中、護り手の一人、剣聖・レオ=エーリクは、強大な魔力を秘めたまま人に紛れて生きる『迷いエルフ』の探索を命じられる。王はその迷いエルフを、闇に囚われる前に見つけ出し、娶るつもりだという。単身探索の旅に出たレオは、道中、訳アリの青年・メルヴィと出会い行動を共にすることになるが、そこから二人の運命は予想外に動き出し――?

感想
面白かったです^^前に読んだ「空に響くは竜の歌声 紅
蓮をまとう竜王」のシリーズもよかったなあ・・。
メルヴィは 可哀想な青年で・・なんか 最近 こういう
主人公の話を読むことが多いなア^^;でも 捻くれず 
健気に生きてるのですよね。
男女双子の男は不吉だなんて 迷信もいいところなん
ですが そのせいで メルビィは村で ずっと酷い目に
あっていて 姉が庇ってくれなかったら 生きていけな
かったでしょうね。いつも メルビィは責められて育った
ので 自分が悪いと思ってしまうのですよね。
剣聖・レオ=エーリクは 強くイケメンだけど 自分が人
間とエルフのハーフだということを嫌がっている。それに
よって 両親がいなくなってから 子供の頃から 迫害さ
れたからなんですよね 人が嫌い。そんな彼が妖精王か
ら 迷いエルフを探して連れてくるようにと言われるわけ
です。嫌いな人間の村を回り 見かけは人間の迷いエ
ルフを探さないとならない。
そのために レオはメルビィと接触するのだけど 彼の
優しく純粋な心に触れて 段々 気になってきて守って
やろうと思うようになるのですねえ^^それが 恋って 
やや?性格が曲がってしまったレオには わからない
のね。
惹かれあって 妖精王に逆らっても 仲間たちにおわれ
て襲われてもメルビィと添い遂げようとするところが 情
熱的ですー^^
最も 妖精王って 美しくて 誰もがひふれすけれど 中
味は結構 黒い?し お茶目ですよね^^
次の話も あるのかしらね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

空に響くは竜の歌声 紅蓮をまとう竜王 単行本 – 2016/5/19 飯田 実樹 (著), ひたき (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

空に響くは竜の歌声 紅蓮をまとう竜王 単行本 – 2016/5/19
飯田 実樹 (著), ひたき (イラスト)
いいだ

内容紹介

「オレにエサを与えるように、魂精を与えるためだけに来ないでくれ」
不思議な声に呼ばれ、気を失った守屋龍聖は見知らぬ場所で目を覚ます。
そこは竜が空を飛びかい、竜王が治める異世界の国エルマーンだった。
古からの契約により、竜王の妃として生きなければならない…
そう告げられ、戸惑う龍聖の前に、深紅の髪の竜王フェイワンが現れる。
だが、彼は幼い子供の姿で…!
王は、体の接触によって龍聖だけが与えられる命の糧「魂精」が欠乏したため、
成人でありながら、若退化し、子供の姿でいたのだった。
王位を巡る陰謀、主従の絆、謎めいた過去の死、運命の伴侶との愛!
WEB発人気BLノベル、待望の書籍化! !

感想
確かに面白いですねえ ファンタジーは元々好きなので
すが 竜が出てるしー^^
龍聖は 何も知らなくて 異世界に来たから気の毒なん
ですが 親心ですから しょうがない。それでも やはり
竜王フェイワンの元に来てしまうのは 運命なんだろう
なあ。
フェイワンは ここでは絶対的な王なのに 龍聖に対し
て 無理強いしないで ただひたすら愛を告げるってい
うのが 素敵^^自分の命にかえても守りたいって まあ
主人公たちは 割とそうですけどね 恋人や主のため
には 命を賭ける!^^;
脇役スキーなんで 龍聖の側近であるシュレイと王の
従兄弟である タンレンが気になるのよねえ・・。
後半は 夫婦になった龍聖たちの甘々ぶりも 楽しい
ですね^^王として復活したフェイワンは 龍聖に見せて
いる 優しい面だけではなくて 厳しい統治者の面も
見えて なかなか面白いです^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR