コンテントヘッダー

モンスターぷちパニック (ニチブンコミックス) コミック – 2014/6/28 神田 猫 (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

モンスターぷちパニック (ニチブンコミックス) コミック – 2014/6/28
神田 猫 (著)
かんだ

内容
普通の人より強い「加護」の力を持った者が集まる高校で風紀委員をやっている鈴木コジロー(加護はイフリート)は、日々学校内のトラブル解決に奔走している。
その上、超絶美形で高い能力者の風紀委員長・朝桐ラウリ(加護はリヴァイアサン)に迫られる毎日で…?!
女子力激高変人美形攻×黒歴史持ち男前無表情受がファンタジー学園で繰り広げる、メタモルフォーゼ・ラブ・バトル!!
*説明しよう! 「加護」とは人が生まれ持った力である。天使・悪魔・聖獣・魔獣・妖族など種類は多彩だが、普通の人間の場合、その力はごく弱い。

感想
星野さんの 魔法の学校をちょっと思い出しました^^これは
魔法じゃないのね。
可愛かったラウリが イケメンでがっちりになり 初恋の相手が
凛々しいのだけど 自分より小柄なのね。子供時とは反対でも
恋心は消えなくて 逆に萌えるという コジローには ちょっと
迷惑かな^^;
ラブラブその後が 情けなくて Hもさせてあげてー^^:

モンスターぷちパニック panic1
コジローは 地味で真面目な風貌で 「加護」の力を持った者が
集まる高校で風紀委員をしている。加護は火だが水の加護を
もつ 美形の委員長ラウリは コジローを気に入っている。いつ
でも 纏わりついてきて・・。

モンスターぷちパニック panic2
ラウリが 子供の時に窮地を救ってくれた男の子に憧れていた。
高校でその相手に再会するが すっかり地味で 印象も内容も
違うのでがっかりする。ところが公園で子供と遊ぶ コジローを
見ると 昔のままで・・

モンスターぷちパニック panic3
コジローに自分を好きになってもらいたいラウリは 彼の好きな
姿のままでいる。しかし それには力がいるので コジローは 
心配するが ラウリはきかない。そこでまた同級生の喧嘩があり
仲裁に入ったラウリは 跳ね飛ばされ・・。

モンスターぷちパニック panic4
コジローはラウリを助けてからどうも 彼が気になってしまう。
初めての気持ちに戸惑い 平岡に相談すると 恋じゃないかと
いう。ラウリが喜ぶと 勝手に変身したりしてコジローは 気持ち
の変化に 戸惑ってしまう。コジローが実は

モンスターぷちパニック アフター
ラウリはコジローを抱きたいと色々悩んでいて キスをしたり 
セックスに持ち込もうとするが・。

テーマ : 腐女子の日記
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ぷちっとはじけた、 / 神田 猫

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

ぷちっとはじけた、 (ドラコミックス 330) [コミック]
神田 猫 (著)
出版社: コアマガジン (2012/10/25)
51AusaMKiVL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

内容紹介
ゲイの足鷹には忘れられない男がいた。過去に一度だけ自分を抱いた男・能代だ。能代とのセックスは苦々しい思い出だったことから、二度とネコはしないと誓った足鷹は色男に成長する。ところが数年後、偶然にも能代と再会し、さらに猛アタックをかけられて…!?

感想
つまらない理由で能代と別れた足鷹だけど やっぱり初体験だと 傷付くかも。
ちょっと能代って言葉足らずというか 言葉選べよって感じだなあ。だけど ひ
たすら足鷹に一途で 美形のくせに浮気もせず 真面目で そこは好感度高いな
あ。能代は別れた反動で いけいけの攻めになってしまったけど やっぱり好き
な相手とだと 反発しながらも 乙女っぽくなるところが可愛いね
ずっとお互い好きなんじゃない!って 結局ラブ一杯の話しでした。

ぷちっとはじけた 前篇
足鷹はいつのものお気に入りのゲイバーで 可愛い子を捕まえてホテルに行こう
としたら 声をかけられた。三年ぶりにあった能代だった。セックスしようと思
った子に 誰と言われて足鷹は大学の同期というが 能代は恋人という。能代が
睨みつけたので 男は逃げ出してしまう。どうして逃げ出したと能代がいうので
初めての時・・。

ぷちっとはじけた 後篇
足鷹がいつものゲイバーに行くと 常連に久しぶりと言われた。進学塾で働いて
いるので3週間来ていなかった。頬にキスしてると能代が現れて 携番や住所を
教えろという。嫌だというと飲み比べて負けたら教えろというが 能代が先につ
ぶれてしまう。毎晩来ていたとマスターに教えられて・・。

ぷちっとはじけた 一話
能代はプチトマトが嫌いだったが 足鷹に食べさせられてその笑顔にやられた。
折角ホテルに行ったのに 起きたらもう足鷹はいなかった。連絡先もわからない。
またゲイバーに行くと 足鷹がいて後をついて話しかけると路で喧嘩をしている
2人がいた。相手は少年で 足鷹は急いで助けに行くが・・。

ぷちっとはじけた 二話
具合が悪くなった足鷹は能代の家に泊まる。かいがいしく世話をしてくれる能代。
ほだされそうになるが 初体験の暴言をまだ許せない足鷹だ。逆に抱いたらと
友達が手錠をくれる。昨晩助けた子が挨拶に来て マスターが好きになったよう
で・・。

ぷちっとはじけた 三話
勢いのまま 能代の部屋に雪崩れ込みキスを交わす。今日こそ自分が抱こうと足
鷹は思うのだが いつのまにか手錠をかけられてしまう。どうしても抱きたいと
嫌がっても濃厚な愛撫をやめない能代は どこかにいなくなるのはやめてくれと
いう。あまりの一途さに・・。

ぷちっとはじけた 最終話
ほだされて抱かれた足鷹は あまりにしつこいので怒っている。にやけている能
代は 連絡先を教えろとうるさいが うるさくメールや電話がきそうなので断る
という。そういいながら 足鷹は能代の前では甘いものを食べるのに気をつかわ
なくて楽だと カップルのような発言をしていることを気が付かない。二人で洋
服を見に行くと・・。

ぷちっとはじけた ぷちNG集
四コマ漫画?①から④
能代のスーツをかけたら定期入れが落ちて 足鷹の写真が入っていて・・
添い寝など ラブラブ満載?

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

恋心/神田猫

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

恋心 (ドラコミックス 302) [コミック]
神田 猫 (著)
出版社: コアマガジン (2011/12/24)

51JnPt40o6L._SL500_AA300_[1]

内容紹介
年下の恋人・準にメロ甘な崎。準が夏休みの間は自宅でずっと一緒にいられると思っていた矢先、準の叔父・奏が突然やって来た! しかもしばらく準と暮らすと言い出して...!? 心シリーズ第3弾! ラブ充実の描き下ろし有り♪ 記念すべきデビュー作、他も同時収録!

感想
これはシリーズで 最終の三巻目。最後まで甘々で可愛いです。年の差があるから
余計に攻めの崎の 甘やかすこと!^^;まあ 確かに隼は大学生としても 結構
幼いから肥後欲全開になるのでしょうね。叔父さんも 綺麗でおっとりしているく
せに 実はちょっと腹グロ?^^;後の話は デビュー作だそうで 絵柄が今とは
違う感じでもっと描きこんでいて 少女マンガ風?でも綺麗な絵です。かわいくて
切ないお話が続きます。

恋心
休み中は家に来いと崎は恋人の準にいう。忙しいので 会う時間も少なくなるので
家に居て欲しいと言われ うきうきしている準だ。お迎えを待っていると 叔父の
奏がやってくる。崎は 誰だというと叔父だというのだが ぽわわんとした雰囲気
の男で仕事で東京だから 暫らく泊めてねという。二人ともがっかりするが仕方な
い。崎は 奏が準にべたべたするのが気に入らない。カフェでばいとしている準だ
が 崎に会えなくて元気がない。店に 知り合いが来てると言われて出ると 崎と
奏がいる。ばったり会ったのだという。せっかく会えたのに 笑いかけることしか
できないが トイレに追いかけていきやっとキスをして・・。

恋心 2
同僚と歩いていると準が店から出てきてお客に挨拶している。こちらを見てぺこん
とお辞儀をするので 可愛いと同僚がいうが崎は元気がない。夏休みあってるんだ
ろうというと 実は仙人みたいなのが 準のところに居ついているんだと話す。
もう十日もいる。崎はバイト帰りに迎えに行くが 奏がいる。彼は料理研究家なの
だという。実家が農家なのでというので だから準は農学部なのかと。家を継ぐと
思っていましたが そうでもないようですねと奏はいう。準は内気で主義主張を言
わない子ですが あなたのことは大好きなようですといい 都会慣れしていないの
でどうか面倒見てやってくださいと。知られていたのかと先は 深くお辞儀する。
そこへ準がきて・・。

恋びら
セツは大学一年からの親友の真吾に 男同士の恋愛ってあると思うかと言われあり
えないだろう と言った。本当は大好きで 自分の心を隠すのが大変だった。また 
真吾の夢を見た。彼の前から逃げて2年になる。まだ忘れられない。叔父の経営し
ているレストランで働いている。店に出ると 客に真吾がいた。どんなに心配した
かと 真吾は怒る。内定の会社にいってないしアパートも引き払い 携帯も通じな
いと どういうつもりだと もう逃がさないからなという。それから時々 真吾は
店に来るが 女連れの時もあり胸が痛い。シフトを変えてもらったが 叔父に聞か
れて困るので 喧嘩なら中亜のりをと言われる。またどこかに行こうと思っている
と・・。

マジラブ?!
生徒会長候補で堅物の平松が鍵和田に 好きだ付き合ってくれと言う。鍵和田は冗
談と思っていいぜというと そのままキスされてしまう。慌てて蹴りを入れると
恋人だからいいだろうという。順序があるだろうと怒ると じゃあ早速デートだと
学校をさぼらされる。行った先はケーキ屋で 鍵和田は恥ずかしいといたたまれな
いが 好きだろうといわれる。よく見ているからお前の事は知っていると 色々言
われて驚いてしまう。冗談じゃなくて 本気で好きなのだと知る。しかし気が付く
と ホテルに連れ込まれていて・・。

ビタースイートハニー
未紀也と丈斗は寝ているが恋人ではない。丈斗が突然自分の指輪をくれるが アク
セサリーは好きじゃないと未紀也はいう。そういいながら 内心は嬉しい 本当は
恋人になりたいのだ。どうしようと思っていると 同級生の藤丘が来る。彼はアク
セサリーが好きだ。この指輪大きいので 鎖に通して使いたいからアクセサリー屋
を紹介してというと 俺のを上げるよと 貰ってしまう。それに指輪を通して首に
かけるが恥ずかしい。ところがそれを見た 丈斗が勘違いしてしまい・・。

あまあまこころ
隼が待っていると 崎がやってきて寒い買っただろうと マフラーをしているのに
自分のマフラーも巻いてくれる。たまには映画でもいくかというが 隣に崎がいる
と恥ずかしくて嬉しくて映画観ていられないというので 部屋で店のケーキを食べ
ようと・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

真夜中のおやつ

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

真夜中のおやつ (ニチブンコミックス) [コミック]
神田 猫 (著)
出版社: 日本文芸社 (2011/12/28)

51VCqE-zPuL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_[1]

内容紹介
大学生の吾妻(ルビ:あづま)は、甘いお菓子と8歳年下の甥っ子・大良が大~好き。でも、小っちゃくて天使のように可愛かったはずの大良は、「俺、大器晩成型だから」という言葉とキスを残して、吾妻の元を去ってしまう。それから4年、大人の超イケメンになって帰ってきて「吾妻さん、あんたを食べに来た」だって!? とびっきりスウィートな大逆転☆年の差ラブ

感想
ちょっと絵柄が変わったような気がするのですが でも可愛いです。話としては
叔父と甥の恋愛なのですが あっさりしていてどろどろしてないところが 安心
して読めます^^;

真夜中のおやつ

大学生の吾妻は冬休みに甥の大良を預かることになったが もう可愛くて仕方が
ない。道場へも迎えに行く。姉夫婦が海外旅行なのでその間 同居だ。吾妻は甘
いものが大好きで しかも夜食べるのが習慣で大良にもつきあわせる。一緒に寝
るが 大良はどうも一緒が苦手らしい。女の子から吾妻にお誘いがあると 大良
は可愛い嫉妬をするので ますます溺愛してしまう。

ところが急に姉夫婦が海外に行くことになり 大良も一緒だと言う。がっかりす
る吾妻にキスした大良は 大きくなるまで待っていてと・・。

真夜中のおやつ 2

4年経ったが大良は帰ってこない。ある晩 イケメンの若い男が訪ねてくる。知
らない男だと思うと大良だよという。約束通り 甘いものとあんたを食べに来た
というのだ。美少年いに育ってるはずだと追い出したものの 姉から電話が来て
大学日本だから あんたの隣の部屋に越したからという。姉はむこうで赤ちゃん
が生まれて 大変だからよろしくねと。

あまりに大きくなったので驚くが 大良は吾妻を食べる気満々で 好きだよとい
う。寝ぼけていると俺に惚れさせてみせると 大良は吾妻にキスしてくる。

真夜中のおやつ 3
指にキスしてくる大良に 俺は男で叔父だというが 問題ないと。母親にも本気
だとわかるように 部屋中に吾妻の写真をかざっておいたからというのだ。気の
迷いではと言うが 大良に6年も同じ人を思えないよと言い返される。昔 塾の
帰りに襲触れそうになって 吾妻に助けてもらったことがあると。その時からず
っと好きだよと。

そんなことがあったなと思い出す。腕力がないので 相手に殴られたが大良を守
ったのだ。小学生だった大良は反抗的だったのだが その事件以来懐いたのだ。
吾妻は今会社員をやめて 作家になっているのだが 大良の告白で何も考えられ
ない。スーツを買うので付き合ってと言われて二人で出かけるが 大良はかっこ
いい。それでも セックスしたいくらい好きなのは吾妻だけだと。

真夜中のおやつ 4
大良にキスされて 気持ち良くなってしまうが これ以上はと吾妻は止める。し
かし大良はのしかかってきて ちょっと止まらないといい 胸を嘗めだす。気が
付くと下半身もむかれて 大良にあちこち嘗められてしまう。本当に俺でいいの
かと吾妻が言うが 大良はあなたが欲しいのだと。そのまま流されて抱かれてし
まうのだが 起きた吾妻は隣の部屋にこもってしまう。

鍵を壊してまで入ってくる大良は これから大変なのはわかっているが全力で守
るから俺のものになってくれと必死にいって・・。

寝起きのおやつ 3
寝起きがよくない吾妻は いつも大良に10分はキスされてやっと起きる。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コイビト心

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

コイビト心 (ドラコミックス) [コミック]
神田 猫 (著)
出版社: コアマガジン (2011/7/2)

51iKivIggeL._SL500_AA300_[1]

内容紹介
年下の恋人・準の純真無垢な可愛さに、年甲斐もなくハマってしまった崎。手放すつもりはないけれど、誰にも言えないこの関係が準にとって重荷でしかないのでは...と思い悩んだ崎は...? 心シリーズ第2弾! イケメンオヤジ×純情青年のアダルト&ピュアラブ♪

感想
とにかく甘い甘ーい話ですね

コドモ心 崎は準のバイト先にお茶をしにくるが準は嬉しくてなかなか普通の対応が
できない。同僚が 崎をあのお客格好いいな俺たちとは釣り合わないなと言った言葉が
突き刺さる。女の店長と崎が並んだところが気になるし自分との体格差も気になる
準だが 崎はゆっくり大人になればいいと言ってお風呂場でのHに

コイビト心 日曜にバイトがあると知らないで崎は目いっぱい準を堪能して準は
起きれない。友達に代わってと言われていくというので崎はそれは恋人だなって
笑う。準は恋人という言葉に反応している。崎はそれを見て準は自分の恋人という
自覚があるのかなと思う。崎は雨になったら迎えに行くと言ったが連絡がなく心配して
いると準は友達が車で近くまで送ってくれたと言うがびしょ濡れだ。崎は怒って
恋人に頼れ」という。恋人と言われた準は
嬉しくて幸せでと泣いて崎の自制心を煽る^^;

ヒミツ心 樹井は崎が週末 絶対飲みに行かないので 恋人ができただろうと
うるさい。まああいつになら言ってもいいかと思っているとマンションの入り口に
準が座っている。合鍵もあるのにどうしたのかというとアパートがぼやでそれも
準の隣の部屋だという。怪我はないかと動揺する崎に迷惑かけたら悪いと。崎は
心配させるなと すっかり忘れて廊下でキスをしていると そこに樹井が!
おいかえそうとしても図々しく入ってきて名前を聞いたりしょうがない。崎が柔らかく
なって恋愛はいいが秘密にしなければいけない恋愛は重いから あの子は大丈夫か?
と言われる
ヒミツは好きかという崎に隠し事は苦手ですという準。俺たちはこれから誰に
対しても秘密にしなければならないいことが多い(手離す気持ちはないが)それでも
側にいてくれるな?と崎が言う。準は崎さんの側にいられるなら どんな秘密も
いくらでもいつまでも抱えていきますと答える。こんなこと言われたらもうとまらない
よねー可愛がって可愛がって・・。

コイシ心 崎が出張で2週間以内。寂しかったら電話しろと言われるが淳は3日目で
まだ電話ができない。友達がゲーセンで取りすぎた抱き枕をくれる。友達に恋人の
ことをきかれ 年上で背が高くてモデルみたいに格好良くてと延々tいってる^^;
出張でいないから寂しいと言うと電話すればと。したことないから勇気がいる。崎は
こまめにメールをくれる。だからそれで我慢 仕事邪魔したらいけないと思ってる。
抱き枕を抱きしめ寝るが 1週間経ち凄く声がききたくなる。やっとかけると「やっと
かけてきたな どのくらい待たせるんだ
」という。毎日ちょっとでも声がききたいという
準に かけてこいと。玄関に正座して必死に待ってる準 チャイムが鳴って 崎さんだ!

ココロ心 樹井は崎が準に甘々な態度とか好きとかいってるのが想像できないと。
好きといったことないなという崎に 言葉は大切だ!と樹井。その夜 崎は準に
オレの事をどう思っている?ときく。準は真っ赤になって すす と言っている。
抱き枕が友達から貰ったとしると崎は面白くない。早速買いに行く。いますぐにも
一緒に住みたいと思う崎。たまらないほど可愛かったり 夢中になったりこれが
愛ってことだなとつぶやく崎に準は真っ赤になっている。
愛してるぞっていうともうしゃがんで動けない準。セックスの時準は
一生懸命に大好きですって告げる。崎は心のこもった言葉は何より嬉しいと。
どろどろに溶けちゃいそうに甘いお話でした
最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR