コンテントヘッダー

きんいろの祝祭 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/12/15 中庭 みかな (著), 榊 空也 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
きんいろの祝祭 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/12/15
中庭 みかな (著), 榊 空也 (イラスト)
なか

内容紹介

金色の瞳を持つ「きんいろ」は、契る主にのみ瞳を許してその国を豊かにし、災厄から守る存在。イルファは自分が“できそこないのきんいろ"と知っていたが、そんな彼も花嫁として辺境の小国へ遣わされることに。しかし、頑なな心を解いていくイルファがやがて愛し愛されたのは、契るべき王ではなく王の忠実なる侍従――優しく生真面目なカヤで……!?

感想
よかったけれど 可哀想だったなア・・ハッピーエンドな
んですけどね^^;ちょっと奇跡 おこるかな?って 白い
竜もいるしって 思ったのですが・・竜はそこまで加護を
してくれなかったですねえ ま イルファは 自分の事よ
り 愛する人と民の幸せを願ったからね。
大昔から 災害 流行病 戦争など多くのことがある度
に 人々は神やその他に縋ったわけで それくらい悲惨
なことが多かったのでしょうね。
そこでイルファのような子供たちが 救いとして大事に
されたのだろうけど もの扱いですよねえ・・多くを救う
が 個人は救わない。神がとかいうけれど 金銭が絡ん
でいて 結局は 地位や財のあるものしか きんいろは
手にいれられないのですよね。
現代も 似たようなこと一杯ありますけどね^^;
そもそも そんなに欲深い人を 神が助けると思うのが
ずうずうしい^^;
イルファには 苦しかった年月を考えて これから最後
まで 王に愛されて大事にされてほしいわ・・^^
しかし この間のBL読んだ時も思ったのだけど 大国に
侵略されそうな小国っていうシチュエーションが また
出てきて これ 世相を反映してるのかねえ?^^;

えいえんの青
王ときんいろの婚儀には 多くの人が参列し 国民も
きんいろに魅了され

ひかりは甘く蜜のいろ
 イルファは 王と睦みあったあと 山には入らないでと

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

黄金のひとふれ (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/7/28 中庭 みかな (著), テクノ サマタ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
黄金のひとふれ (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/7/28
中庭 みかな (著), テクノ サマタ (イラスト)
なか

内容(「BOOK」データベースより)

傷ついた指先を真っ新なハンカチで包んでくれたその人は、呆れるような千晶の言い間違いに怒ったりせず、ただ深く静かな瞳で見つめた―。千晶はある事情から、生きて呼吸をすることすら困難に感じている。バイト先のオーナー・神野からそっと触れてもらった出来事だけ大切にしようと決めるが、そんな千晶に神野は「きみが欲しい」と告げて…?

感想
うーん よかったですねえ まあ 千晶も ちょっとなっ
て 思うところはあるのだけど それは やっぱり本人
じゃないと 辛さはわからない。
こんな男と どうして一緒にいるのかなーと思うけどね 
行くところもないし 仕事もろくにないから 千晶としては 
仕方ないと・・。
だけど 実際は 親もとに帰れば こんな苦しい生活は
しなくて済むのですよね。普通そう考えるけれど 千晶
は 自分自身に まるでいいところがなくて 生きてる
価値もないと思いこんでいるから 晴人からの仕打ちも
諦めて受け入れてる 勿論 好きだっていうのも ある
でしょう。他に知らないから 余計 依存しているのだけ
ど はっきり言って 晴人はくずだね!
こういう奴は 大嫌い!親のお金で勝手なことして 人
にも暴力ふるうなんて なんなの!もっと酷い目にあっ
たほうが いいのよ!
千晶は神野との運命の出会いで 少しずつ かわって
いき 人を好きになるということがわかり それは神野も
同じで 人間らしくなっていくのですよね。
二人は境遇はあまりに違うけれど 運命の相手なんです
ねー^^
千晶の 言葉足らずというか 人を怒らせたり 勘違い
させるところは 直さないとなア・。ま 神野とゆっくり暮ら
して 2人で幸せになっていくのでしょう。

フローレス
千晶と恋人になった神野は オーガニック系の店を
立ち上げることにした。大切な人ができて 健康に
気を付けるようになったからだが

その日までの
神野と恋人になり 同棲して二か月になる。一度しか抱
き合っていなくて 千晶は 自分がよくないのかと不安
に思っている。明日は休みだなと神野に言われて つい
に と 内心 ドキドキして喜んでいたが

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

きみはいつか、ぼくの声をきく (ローズキー文庫) 文庫 – 2014/10/22 中庭みかな (著), 木村ヒデサト (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
きみはいつか、ぼくの声をきく (ローズキー文庫) 文庫 – 2014/10/22
中庭みかな (著), 木村ヒデサト (イラスト)
なかにわ

内容紹介
傷つけたいわけじゃない。
……ほんとは、おまえと話したい。
真幸は精神的な理由で声が出せない。
幼馴染みの純太に助けられてきたけれど、ある日、「好きで面倒を見ているわけじゃない」という彼の本音を耳にしてしまう。
喪失感の中、真幸の世界へ入りこんできたのは、不良と噂される転校生の芝山実波。
「声を聞かせろ」と迫る彼は強引なくせに、時々さみしげな顔をする。
戸惑いながらも距離を縮めていく二人だが、なぜか、辛辣な言葉を吐いたはずの純太は、真幸に近づく実波を許そうとはしなくて――。
青少年の心が織りなすセンチメンタル・グラフィティ。

感想
とてもいいけれど 切ない話でしたねえ。謎?が二重になっていて 
ああ そうかって lastの方でいろいろわかるのだけど 可哀想でし
たね。一方的に好きでも 相手がかえしてくれるとは 限らないし
ね。真幸は こんなにいい子なのに 両親はちょっと冷たい気が
します。そういうのが(他の原因もあるけど) また真幸の声をとめ
てしまったんでしょうね。
子供はいつも 大人に振り回されて 不幸になることが多くなって
いるような気がします。

自分の気持ちが 伝わらないからって 芝山は乱暴しすぎ!それ
じゃあ何も伝わらない。好きだったら優しくしないと。
純太も 根は悪くないのだろうけど 自己中と言うか 自分が罪悪
感から逃れたいという気持ちが強いので ちょっとなあ・・こういう
の彼氏にして 美由紀は大丈夫かな^^;
真幸のやさしさに触れて 芝山もおとなしくてなって来たし いい
彼氏になってくれるでしょう!^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR