コンテントヘッダー

巫女姫の結末 (幻冬舎ルチル文庫L) 文庫 – 2014/9/17 神楽 日夏 (著), 佐々 成美 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
巫女姫の結末 (幻冬舎ルチル文庫L) 文庫 – 2014/9/17
神楽 日夏 (著), 佐々 成美 (イラスト)
がぐら

内容(「BOOK」データベースより)
幼少時代より父が創設した宗教教団の「巫女姫」としての役割を強いられてきた雪緒。18歳になったある日、教祖であった父が急死して教団が混乱するなか、ひとりの男が現れる。男の名は降旗勲。巨大企業グループを統べる名家の嫡男である勲は雪緒を自分の妻にすると宣言し、教団から強引に連れ去るが―。 --

感想
これは2007年の作品で あたしが神楽さんを読み始めた 最初く
らいかな?^^
話としては 荒唐無稽?でもBLだし あたしの好きな巫女さんな
ので^^;なんでもありです
自分の息子に巫女としての生活を強制する親なんて 変なのだ
けど それによって降旗と出会えたのだから やっぱり親のおか
げ?^^
降旗もいくら父親から言われたって 巫女を嫁になんて普通は
しないけれど 一目ぼれして 男だとわかっても 可愛くて大事
にする・・やっぱり変わり者?^^周囲の人も 雪緒に妙に好意
的で 都合がいいのだけど 雪緒が天然で可愛らしいんで 受
け入れちゃいます^^
9頭のわんちゃんとの会話とか 癒されるなあ^^

ラストの方での 教団たちとのやりとりがよかったなあ。ここで
雪緒は降旗に対する愛を確認して やっと巫女から人へと
戻ったのねえ。
なにもかもパーフェクトで不自由ないと思われる降旗も 自分
だけを愛してくれる相手に 飢えていたんですね。雪緒だって
巫女じゃない 本来の自分を認めてほしかった。お似合いの
2人です^^

蜜月の庭
やっと 本当の伴侶になった雪緒は 降旗に連れられてプレ
ゼントされた別荘にやって来る。教団に壊された館は綺麗に
修理されていて・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

偽りの歌姫 (ローズキーノベルズ) 神楽 日夏

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

偽りの歌姫 (ローズキーノベルズ) [単行本]
神楽 日夏 (著), カズアキ (イラスト)
出版社: ブライト出版 (2011/06)

51+pBwdGmvL__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)

その出生から日本で歌う事を許されず、遥か遠い地で隠れるように歌う来歌は、テロリストと疑われ捕らわれてしまう。何をしにきた?―アルハラードの王族・イスハークの問いに、ただ「歌うために」と答えた来歌は命じられるまま歌い、認められ『歌姫』として滞在を許された。来歌へと差し伸べられた手―イスハークによって、漠然と抱いていた望みは初めて形をなし、本当の事を言い出せないまま、それでも彼のために歌いたいと願うようになり―。

感想
これは魔人の婚姻から始まった三作目ですけど 個別でも十分楽しめます。
好きだった魔人の二人がちょっと出てきます^^
イスハークは 最初は 来歌の清純な美しさと歌声に魅了されるのだけど
途中からは 健気で穢れない性格に惹かれるのですよね。来歌は 両親の
勝手さのせいで いつも孤独な生活を強いられているのだけど 曲がるこ
ともなく 寂しさをずっと我慢していて 歌だけが支えなんです。
イスハークも来歌も 孤独な魂なので それが出会って惹かれあうのも当
然のことかも。
来歌に 色々な歌を教えてくれたシェダットも 運命に翻弄された一人で
ちょっと可哀想だったなあ。来歌のいうように 正規の手順を踏めばよか
ったのだろうけど 感情的に許せなかったのかも。来歌もとられてしまう
しね。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

天国を夢みてる (ローズキーノベルズ) 神楽 日夏

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
天国を夢みてる (ローズキーノベルズ) [単行本]
神楽 日夏 (著), 宝井 理人 (イラスト)
出版社: ブライト出版 (2011/02)
51i-Pfapq1L__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)

多額の金と引き替えに、少女の姿で博物館のような不思議な屋敷に『奉公』にあがっていた唯。屋敷の主人が亡くなり、ただ一人の相続人である孫・泰斗を待っていた唯の前に現れたのは、近寄りがたく憮然とした態度を崩さない青年で…。出会いから、クラシカルなメイド服で自身が少年であることを隠していたことがばれ、気まずい雰囲気になるが更に、訝しげな泰斗から、遺産相続の条件に『唯との結婚』が付け加えられていたことを告げられ―。

感想
可愛いお話でよかった^^だいたい借金ものって 少年とかそのくらいの年
の子は 売られた後とか悲惨なので 苦手なのですが^^;これは 売られ
た相手が結構 年寄りで 妙な趣味はあるものの 枯れていて?よかったで
す^^;
唯は人形のように綺麗なので 売られてしまうのだけど 結果的にはそれで
幸せになったからよかった^^また 性格が素直で 境遇にもめげないで
その時 その場所で 一生懸命に生きるところが 周囲に可愛がられるの
よね。
泰斗も またある意味 子どもの時から あまり幸福じゃないのだけれど
才能はちゃんとあるし 見栄えもいいから 人生 挽回はできるよね。
泰斗を好きになっても いつか別れなければならないと思いつつ メイドと
して使える唯は 健気で可愛い。案外 椿医師の嫁に来いは 冗談じゃない
のかも?
状況がよくなっても 泰斗が 唯に誠実でパートナーとして選んだので ほ
っとします。
また 上手くいくはずが 思ってもない借金が出てきたけれど 何をなくし
も お互いさえいればいい という場面は純愛ー!です^^
ちと昭和っぽいかな?

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

恋の味 / 神楽 日夏

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

恋の味 (プラチナ文庫)
神楽 日夏 (著)
出版社: プランタン出版 (2012/11/13)
51vSAeEQVvL__SL500_AA300_.jpg

内容
初めて訪れた酒場で店主の丈太郎と出会った芳人。人見知りなはずだったが、その料理を食べた途端すっかり彼に懐いてしまった。それほど好みの味だったのだ。その後、自然と休日を共に過ごし、食事を作ってもらうようになっていく。年下なのに、さりげない気遣いをする丈太郎との時間が嬉しくて仕方なかった。そんな時「あなたと、つきあっているつもりだから」とキスされて…。

感想
なんか 普通の恋愛小説を読んでる感じで・・勿論 セックスもあるんですけど
ね。芳人が妙に真面目な人間で なんでも小難しく考えるので 情熱的にラブと
いうわけじゃなくて 読んでいてテンションがあがらず 淡々として読んでまし
た。知り合って 人見知りの芳人にとって 珍しく気が合う友達になり そして
告白されて 男同士を真面目にとらえてなかなか返事できない^^;といって離
れたくもない。でも 失いたくない 相手からのキスがいやじゃないって段階で
かなり好きなんですよね。男性からの接触が駄目な人は ほんとはっきりしてる
から。後半は 段々好きだって自覚して Hも二人で協力して少しずつ進んでい
き(このあたりが妙に冷静で^^;)快感を得られるようになるころは しっか
り気持ちも落ちてるんですよね。手順とか恋愛の進みかたとか 真面目な二人だ
なあ^^芳人は胃袋から落ちてるってとこもあるけどね。仕事と恋愛の狭間で不
安定になる芳人の気持ちはよくわかって ちょっと同情しましたね。
先輩の首藤が 敵役?みたいな形で 二人を引っ掻き回すのだけど 見かけはい
いけど腹黒 悪魔的?この人が ちょっと痛めつけられる話も読みたいかも(笑)

恋の味
芳人は普通の家庭に育ち 姉と妹がいる。美大にいき 大手デザイン会社に入り
数年経ち 個人のところに引き抜かれ 独立した。やっと仕事が軌道に乗り住み
たいと思っていたところに 中古のマンションを買った。仕事を回してくれる先
輩の首藤から誘われて ちょっと変わった酒場に行く。酒屋の敷地に酒場がある。
そこの店長はイケメンで 芳人は惹きつけられる。丈太郎は首藤の美大の後輩な
のだという。料理は丈太郎が作っていて 驚くほど美味しくて 芳人は感激して
しまう。それから 週に一度は 一人でも顔を出すようになる。常連さんはみん
な気さくで 人見知りの芳人でも大丈夫だ。

ある日 鎌倉のカフェに行くと 丈太郎と偶然出会う。一緒に食事をして話すう
ちに 今度食事に行きましょうと言われる。それからは 芳人は丈太郎と一緒に
美味しい店を探しては食べ歩くようになる。同級生や知り合いはそれぞれ 勤め
たり独立したり やっていけなくて転職したりと色々だ。順調そうな芳人には
やっかみもあって同業は面倒だ。違う業種の人の丈太郎といるのは リラックス
できる。丈太郎の試食に付き合ったりと ますます仲良くしていた。ところが店
に丈太郎目当ての女性が来るようになった。猛アタックしてくるのを見て 芳人
は何故か心が騒ぎ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

虎王の祝祭 / 神楽 日夏

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

虎王の祝祭 (Rose Key BUNKO 16)
神楽 日夏 (著)
カズアキ (イラスト)
出版社: ブライト出版 (2012/8/24)

61NmeH5-3YL__SL500_AA300_.jpg

内容
ゲリラの襲撃で崖から落ち、見知らぬ砂漠の宮殿で目覚めた摩那。彼の視界に最初に飛び込んできたのは印象的な金の瞳。そして気付けば、何も纏わぬ体を、共に育ち慈しんだ虎と同じ『王』の名を持つ青年に抱きしめられていた。呆然と受け入れる、初めてのキス。舌を絡めてくる生々しい感触に体の奥までかき回される気がする。信じられない事をされているのにも拘らず、嫌悪はなかった。それよりも不安を抱く摩那に与えられる温もりは心地よくて…。

感想
画像は前の本と一緒なので 新装の会社から載せてます。魔神の婚姻のスピンオフ
って感じなのかな。主人公は違うけど 同じ砂漠の国で
虎が話に入ってるのがとにかく気に入っているのです。後は小さい子供たち。
ラージャもある意味虎か子供みたいで だから摩那は愛せるのだと。じゃなきゃ常
識も何もない男とは暮らせないし 恋人にもなれない。摩那は優しくて可愛いので
お気に入りです^^魔神の婚姻のカップルも出てきて その後がわかるから満足。

虎王の祝祭
摩那は両親に連れられてインドの奥地に住むことになった。野生動物の保護にのめ
りこんでしまったのだ。大学もの仕事も辞めて 摩那は学校に行くこともなく 同
じ年の友達もいなくて 孤独だった。時々スタッフが構ってくれたが寂しい日々だ
った。ある日育児放棄で死にかけていた子供の虎を母が保護した。それがラージャ
だ。摩那は一生懸命に育てて愛情を注いだ。一緒に遊んで寝て。ラージャは摩那を
すっかり親のように思っている。幸せな日々だったが それは3年で終わった。い
つのまにか真面目なスタッフがいなくなり怪しい連中がくるようになり。若い虎が
減っていった。保護した虎は世界中の動物園に送られていると両親は言うが 摩那
はそれが嘘で 違法に大金持ちに売っていると知っていた。

とうとうラージャが売られる日が来た。ザーミルという石油で金持ちになった国だ。
両親と一緒にトラを連れて行くが クーデターが起こった。トラを連れてうろうろ
する羽目になり砂漠でゲリラに遭った。銃をどんどん撃ってきて 気が付くと誰も
いなくてラージャと自分だけになっていた。逃げる途中に崖から落ちると 傍に腹
を撃たれたラージャがいた。このまま死ぬのだと思って気を失った。泣きながら夢
うつつに毛皮に触れる。撫でると頭を押し付けてくるので抱きしめて ラージャと
いい 傍にいて離れないで愛してるよと泣く。死んだんじゃないんだと目を開ける
と金色の目とあう。人になったんだねと言いながら 抱きしめる。金色の髪が背中
まであって綺麗な男だった。摩那って読んでご覧と言うと 男はマナと嬉しそうに
いう。抱きしめて情熱的なキスをされて驚く。これなラージャ?見ると男も自分も
裸で 昂ぶった下半身を押し付けてくる。逆らっても押し倒されてしまう。

ことが終わると抱き上げて 摩那を浴室に連れて行きお湯に入れてくれる。言葉は
通じないが いってることはなんとなくわかる。手に包帯が巻かれていると今気が
付いた。崖から落ちた時に怪我したのだろう。ラージャはどうしたのかと泣けてく
る。男は優しく慰めてくれる。そこへ ラージャという声がして男が入ってくる。
すると また戻るというようなしぐさをして 出ていく。摩那は男が本当にラージ
ャと言う名前だったのかと驚く。小さい男の立が三人来てニコニコしながら 洋服
を持ってきてきせてくれる。世話係らしい。さっきの男がお茶を持ってきてくれた。
摩那を助けてくれたのはラージャで 彼はアルハラードの王家の一員だという。し
かしソーマという男が言うには 訳があって常識も礼儀も何もないのだという。だ
が悪い人間ではないと。

ラージャは半裸で戻ってくると 子供たちと遊んで用事をいいつけ 摩那を抱き寄
せて膝に乗せる。驚くがじっと見てくるので 見つめると 自分の髪と目を指さし
て何故怖がらないと伝える。摩那は ラージャが異質なので苛められているのかも
と思い 抱きしめてあげる。砂の離宮に住み始めて1週間が経ち 傷も治ってきた。
離宮の暮らしは快適で ラージャは勉強があり 子供たちも仕事がある。休憩のお
茶の時間にソーマにこの国の事を聞くと なんとラージャや子供たちは一年前まで
奴隷だったというのだ。前国王は 一族のものが王座を狙えないように 奴隷の身
分に落として 教育をさせないで育てたというのだ。今の青年王になってから奴隷
達は解放され 教育をしているところなのだという。ラージャは村のはずれに一人
で暮らして 獣のようだったという。10か月でやっとここまで来たとソーマはい
い 王の片腕となる相手は国を出て行ったので ラージャを片腕にしなくてはなら
ないという。ラージャは摩那に懐いてよく言うことを聞くので 躾や勉強に協力し
てほしいという。

摩那はラージャの世話係になった。洋服を着るのを嫌がったが摩那が似合うと言っ
て着せると 我慢する。他の事も 摩那が誉めて宥めて ハグとキスを受けると
ちゃんと言うことを聞くので ソーマは喜んでいる。勿論 二人のキスやそれ以上
をソーマは知らない。アルハラードの言葉もソーマから教えてもらい ラージャと
かなり意思疎通ができるようになってきた。ラージャは 自分が見つけたから摩那
は自分のもので どこにもいくなと抱きしめる。いつか立派になって姫をもらい
自分を忘れると摩那はいうが ラージャはそんなことはないと 砂漠の王になるか
らここにいろというのだ。両親もなく帰るところもない摩那は ラージャに抱きし
められているのだが・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR