コンテントヘッダー

黒狼王の水鏡 (リンクスロマンス) 新書 – 2016/6/30 橋本 悠良 (著), 古澤 エノ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
黒狼王の水鏡 (リンクスロマンス) 新書 – 2016/6/30
橋本 悠良 (著), 古澤 エノ (イラスト)
はいもと

内容紹介

澄江馨は黒狼の耳と尻尾を生やす少年・大牙に出会う。「影御魂を統べる王」と名乗る大牙に水面鏡の破片を探してくれと頼まれるが…?

感想
このオオカミ少年^^;の大牙が 可愛いんだなア^^
大人のかたちもイケメンでいいけど 時々 この10歳
くらいのかたちになってほしい^^
馨の気持ちは わからないでもない というか 何か
しら事故 事件で生き残った人って 自分だけのこっ
たことに対して 罪悪感があるから 辛いみたいだけ
ど そこはやっぱり 自分は残る運命で だから 
一生懸命生きるしかないのですよねえ。
亜礼も 面白いキャラで よかったなあ。妙に世慣れ
てるのですよね^^恋人の深い愛が素敵だった・・^^
しかし 薫の会社の話 よくある話だよねえ・・男の嫉
妬も怖いわ。嫉妬は誰にもあるけれど それを実行
する
ずっと見える状態 普通なら耐えられないけど 馨は 
あやかしたちにも 優しいよねえ・・^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

鬼玉の王、華への誓い (リンクスロマンス) 新書 – 2015/7/31 橋本 悠良 (著), 絵歩 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

鬼玉の王、華への誓い (リンクスロマンス) 新書 – 2015/7/31
橋本 悠良 (著), 絵歩 (イラスト)
はしもと

内容(「BOOK」データベースより)
高校生の柊堂玲は、ある日不思議な鞘に導かれ、異世界に迷い込んでしまう。そこは、神によって選ばれた強靱な王・刹那が統べる鬼玉と呼ばれる国だった。玲が手にした「鞘」は、王が所持する「王剣」と対を成すもので、鬼玉で長年にわたり探し求められていたらしい。半ば強制的に鞘の持ち主にされた玲は、戸惑いのまま王宮に連れて行かれ、常に刹那と行動をともにすることを余儀なくされる。二人は運命を共する唯一無二の存在らしいが、自分を道具として扱う刹那の冷徹な態度に、玲は傷つき寂しさを覚える。しかし、王剣に宿る鬼の力に徐々に身も心も蝕まれる刹那の苦悩を感じた玲は、帰る手段を模索しながらもどうしても刹那を放っておけなくて―?

感想
初読み作家さんです^^面白かったです。この前に 巫女の
神の話があるのですね。それは読んでいないのですが
(続編じゃないですね)人外ものは やっぱり楽しいです。
玲は 運命によって 異世界の国に飛ばされてしまうので
すが 王である刹那には あまり歓迎されないのですね。
村人や王の周囲の人は友好的なだけに 自分を守って
くれる最強の相手が冷たいのは 苦しいですよね。最も
理由があるのだけど玲には そんなのわからないしね。
二人の気持ちがすれ違っていて 国がいつ暴動が内乱に
なるかわからない生活 玲は普通の人間だから怖いです
よ。
でも 玲は優しいから 酷い扱いをする王の気持ちも段々
わかってきて こんなに大柄なのに弱音を吐いて 甘えて
きたりして可愛いですよね^^味方がろくにいなくて  孤独
の中で民のために生きる やっぱり きついです 性格少
し曲がっても しょうがない。
玲の世話役の陽はちょっと不思議で 誰かから使わされ
たのかなと 思うのです。それにしては 力がないけど^^;
我尺と恋人は可哀想だったなあ・・。何かに 唆されたので
はないのかなと思うのですが。
和国は 結局どういう人だったのか・・?色々疑問が残り
ます。
玲と刹那がずっと幸せで 国が平和になるでしょうねえ 
後日談も読みたいですね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR