コンテントヘッダー

名前も知らず恋に落ちた話 (キャラ文庫 み 3-31) 文庫 – 2018/4/27 水原とほる (著), yoco (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
名前も知らず恋に落ちた話 (キャラ文庫 み 3-31) 文庫 – 2018/4/27
水原とほる (著), yoco (イラスト)
みず

内容紹介

週末になったら、名前しか知らないあの男にまた会える――若き建築デザイナーの宮脇克実の趣味は、誰ともつるまず独りバイクで山を走ること。ある日、同じスクランブラーに乗る男・マサムネと出会い意気投合! 一緒に山を疾走できれば、本名も仕事も知らなくていい――逢瀬にも似た週末のツーリングに、克実は夢中になっていく。ところが、克実が手掛ける建設現場で偶然再会してしまい!?

感想
面白かったです ちょっと 意外だったのは もっと波乱が
あると思ったら そうでもなかった。
勿論 仕事のことで 宮脇は 鳶の人と揉めてしまったり
バイクで大怪我したりしてますが 恋愛としては 割と
スムーズにいった感じですね。珍しく 横やりが入らな
かったなあ^^;

確かに 気持ちはなかなか通じないところはあったけれど
それは 男同士っていうのが 初めてだったというのもある
し そもそも宮脇は 恋愛が下手なんだよね。
昌宗も 今までが女性との関係が多く 本当に男との恋愛
と呼べるのは 宮脇が初めて。しかも 共通の趣味の
バイクで知りあうということで 運命的なものを感じてるの
ですよね。

といっても いい大人の二人は仕事も忙しく その合間の
恋愛って雰囲気で 進まないのです。
そこで踏ん張らないと 恋人同士として 続かないのは
どんな相手との恋愛でも一緒だなあ。
昌宗は 強面でクールに見えるけど 案外一途で 宮脇の
留学の時も ちゃんと将来を見据えて待っていて 凄く好
感がもてました。
宮脇は今までの恋人との間は あっさりしていたのに 
昌宗には 必死になったりして やっぱり 運命の相手な
んでしょうね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

まじない歌人の恋心 (ガッシュ文庫) 文庫 – 2017/9/28 水原とほる (著), Ciel (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
まじない歌人の恋心 (ガッシュ文庫) 文庫 – 2017/9/28
水原とほる (著), Ciel (イラスト)
みずはら

内容紹介

ある朝、区役所に勤める相楽雅文の元に、男前の弁護士の和田が訪ねてくる。
話によると雅文の先祖の「呪い歌」が、和田の依頼人に災いをもたらしているという。
確かに相楽家の祖先は高名な歌人だったが到底信じられないものの、
調査のため不愛想な和田と行動を共にすることに。
そしてゲイで消極的すぎて恋愛経験が乏しい雅文は、
和田の生真面目で優しい一面に触れて想いを募らせていく。
だが文献を調べていくうちに呪いを暴こうとする者にまで不運をもたらすことを知り――?

感想
面白かったです^^人の思いっていうのは やっぱり 
いい意味でも悪い意味でも 怖い気がします。
言葉だけでも 形がないのに残るような感じがして
ましてや 悪いのある言葉は それが 何かに記されて
いると ずっと 力を持っていると思って 恐ろしいです。
この呪い歌も 次々と人が死ぬというような 威力はな
いのですよ。でも 間接的には その家系の流れを止め
ていくのだから ある意味 死んでいくわけですよね。
うーん・・言霊は 侮れないです。
文丸は 貧しくても字を覚え 教養を身に着け 妻子に
優しく 周囲にも慕われていて 悪い人ではないのです。
それでも 人間だから 魔が差したり どうしても頼みを
断れないとか 脅されたとか なにかしら事情があり 
悪いことをすることだってあります。
人間は 悲しいですねえ・・。
雅文は 童顔で 性格は真面目でおとなしい。特に欠点
もないけど 恋愛に縁遠い。今回の事件がなかったら 
恋人もできず 一人だったかもしれない。そう思うと 和
田との出会いは 先祖様の引き合わせだったのかもしれ
ないですね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

刹那と愛の声を聞け (キャラ文庫) 文庫 – 2017/4/27 水原 とほる (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
刹那と愛の声を聞け (キャラ文庫) 文庫 – 2017/4/27
水原 とほる (著)
みず

内容紹介

俺のためにヤクザから足を洗ってほしい――恋人には、決して言えない儚い望みを抱く商社勤めの貴生。浜村組の若頭補佐を務める藤堂は、一度別れ再び恋人となった男だ。どんなに激しく抱き合っても「また何かあったらおまえを捨てる」と告げる藤堂。過去に組の抗争に巻き込まれ、拉致監禁された貴生を想っての一方的な言葉に、内心反発していた貴生。そんな折、再び組で抗争が勃発して!?

感想
面白かったです^^なんていうか やくざものっていうと 
主人公が片方やくざ 両方ヤクザとか ありますが
片方が一般人というのは どうも ドキドキします。
まあ 今回も やっぱり という感じで 一般人の方は
貴生は 酷い目にあってしまうのですよねえ・・。
それで やくざの恋人 藤堂とは 別れてしまう野だけ
ど やっぱり お互いに 忘れられない。

貴生は 助けてくれた刑事 蔵田と付き合ったけれど
どうしても 藤堂がいいのですよねえ・。
振られてからも 貴生のことを心配して 自分とよりを
戻してほしいと助けてあげる蔵田は いい男です!彼に
素敵な恋人できるといいのに^^;
やくざなんだけど ある意味真面目で 義理堅いし筋を
通す東堂は かっこいいですねえ だから 貴生も惚れ
ちゃってるのですけどね。
いい暮らしができても 砂の城に住むよりは 地味に
二人で安心して暮らせるのが 一番だなあ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

巫女神楽の夜の契り (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2017/3/30 水原 とほる (著), 街子 マドカ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

巫女神楽の夜の契り (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2017/3/30
水原 とほる (著), 街子 マドカ (イラスト)
みずはら

内容(「BOOK」データベースより)

研究資料を借り受けるため山奥の村を訪れた氏原充紀は、特別な祭事期間のためよそ者は入村できないと言われ困っていたところを、東京から帰省してきた貴伏公則に助けられる。一転、公則と共に山神へ奉納する巫女神楽を舞うようにと強引に引き留められた充紀は次々と起こる不可思議な出来事に怯えながら、公則に惹かれていく自分に戸惑うが…。

感想
話は私の好きな巫女もので 凌辱とかないから 安心して
読めましたが 充紀が今一つ はっきりしないのですね。
教授はかなり年上で 安心して頼れる 財もある男性です
が なんといっても結婚してるからなア・・。充紀も それが
ずっと ひっかかってる。大事にしてくれるし 同棲しようと
言ってくれるのですが それなら 離婚しろよって 言いた
いよねえ・・。どうせ 別居してるのだから・・。

公則の方は 学生時代に付き合っていて なくなった恋人
に とらわれていて 今は東京で自由に生きて 会社もお
こして お金もできたけど 心の穴がふさがらないままです。
なかなか 別れたのではなくて 死別の相手は 忘れられ
ないねえ。時間とともに美化されちゃうし。
それでも 公則と充紀は 山神へ奉納する巫女神楽を舞う
練習を通して お互いを憎からず思うようになるのですね。
吊り橋効果もあるのかもしれないけれど 二人とも 前へ
進みたい という気持ちがあるのですよね。

なくなった恋人が 気の毒だったなあ・・。教授もね 山ま
で来てくれたのだから 充紀を愛していたと思うのだけど
難しいねえ^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

禍と一つ屋根の下で (ガッシュ文庫) 文庫 – 2016/12/28 水原 とほる (著), 榊 空也 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
禍と一つ屋根の下で (ガッシュ文庫) 文庫 – 2016/12/28
水原 とほる (著), 榊 空也 (イラスト)
みずはら

内容紹介

恋人に突然別れを告げられ、命を絶とうとしていた怪奇作家の了則は、
淫靡で邪悪な物の怪の禍に助けられて契約を交わした――。
それから禍は、この家に棲みつく代わりに了則の精を吸いとっている。
美貌の禍は本来、人の肉を喰らう化け物だ。
なのに人のような情や温もりに了則は癒されていく……。
けれどもこれは捕食行為で愛情ではない。
分かっていながらも惹かれる心は止められず――。

感想
なんかとてもよかったです しみじみしちゃいました^^;
了則は 生きていくのに なかなかヘビーな重荷が
あります。ゲイであること 物の怪が見えること。
それでも 両親がいて 一人で住める一軒家があり
小説家として 食べていけるのだから 恵まれているの
ですけどね。
それでも 一人は寂しいですよね やはりパートナーが
欲しいですよ。同居人として 禍という肉吸いの化け物
でも 雪女でも 独りよりはいい 多分^^;
了則は 優しいですよ 禍が 半分人間臭い というの
もあるけれど 普通は 物の怪と一緒に暮らせないと
思うなア。小吹雪は 行き倒れになっていたけれど
雪女だから ほっといてもよかったのに 了則は 心配
して助けるのですものね。
欠点もあるけれど そういう優しさに 禍も惹かれたの
でしょう。
親友の真治は ちょっと可哀想だったけれど なんとなく
小吹雪とうまくいきそうじゃない?どうかな?^^;
真治も 人を見る目があって ちゃんと了則のこと理解して
いるから こちらの方がよかった気もするのだけど 人の
心は 難しいねー^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR