コンテントヘッダー

いとしのテディベア (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2017/7/18 小宮山 ゆき (著), 三田 織 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
いとしのテディベア (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2017/7/18
小宮山 ゆき (著), 三田 織 (イラスト)
こみやま

内容紹介

テディベアみたいな君に愛されたいのに…?

何事もスマートでありたい一条の目には、ふくよかで穏やかな同僚の十和田はどうにも鈍くさく映る。そんな十和田から妙に親切にされて「そういう趣味はない! 」とはねつけるが、十和田に恋愛感情はなく、一条と“友達になりたかっただけ"らしい――という、気恥ずかしい誤解と和解を経て友人付き合いを始めたふたり。今まで見えずにいた十和田のすばらしさにみるみる惹かれていく一条だが……。

感想
キャラが 可愛かったなア^^でも 話は結構 シビアで一条
が 気の毒だった・・。まあ 十和田は あまりに純朴だから
恋愛もしたことないみたいで 精神的に 子供なんだろうな。
だから 好意が 単なる好意で終わっていて 性欲につなが
らない。一条としては 辛いよねえ。嫌いじゃないけど 友達
としてか好きと思ってもらえない。性行為は考えられないと
きては いくら好きでも 続かない。
最初は どんくさいしって 相手にしてなかった一条だけど
知れば知るほど 十和田は好ましい相手で その上 肌触り
もいいから?離せない相手だよね^^;
イケメンだし頭もいいから ちょっとすかしていた一条だけど
本気の相手には 涙も出るし必死 そこが可愛かったな。
十和田も 行きつ戻りつ やっと 恋がわかって 相手を愛し
いと思えて そうしたら 触れ合いたいよね。あまりに恋愛の
スピードが遅い十和田でしたが 間に合ってよかった^^
十和田の隣人の沢木が 面白い奴だった。嫌味なことを
言うのだけど 最後は結構 いい感じの友達?みたいに
なれて よかった^^

day by day
十和田に言われて 一条はデートに出かける。最初は受
かれていたが あちこちで女性が十和田を見ているので
不機嫌になり・・。


テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

彼とごはんと小さな恋敵 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/2/18 小宮山 ゆき (著), のあ子 (イラスト)


にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
彼とごはんと小さな恋敵 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/2/18
小宮山 ゆき (著), のあ子 (イラスト)
こみ

内容(「BOOK」データベースより)

バイト先のスーパーに夜一人でやってくる子供・伊織を気にかけていた晴匡は、伊織の叔父・昴と会い、彼らの食生活を見かねて家政夫を引き受けることに。料理男子の本領発揮で昴から感謝されるが、昴を大好きな伊織は反発、その気もないのに恋敵認定されて困る日々。そんな伊織とも上手くいき始めた頃、晴匡はあることで昴を意識してしまい…!?

感想
子供の伊織を中心に 昴と晴匡の恋愛が進んでいき 
面白いのだけど まあ 伊織の両親には 驚くという
か^^;実際に こういう両親っているのですが やはり
ちょっとなあ・・・これ兄弟がいれば また別だけど・・。
ここまで6歳くらいの子に 愛情不足で我慢させるのは
おばさんには わかんないー^^;
昴はいくら甥だっていっても 結婚もしてないし子供も
いないから とてもじゃないけど 育てるのはむつかし
いですねえ・・。晴匡がいなかったら ほんと栄養が取
れてなくて 伊織は 調子悪くなってるかも^^;
ゲイじゃない?二人が 子育てをきっかけに?夫婦み
たいな 恋人みたいな?感じになるのですが 割と
クールだった昴が 晴匡を好きになってから 心乱れて
結構 可愛いですよね^^晴匡の方は 年の割に落ち着
いていて その上 おかん体質なんですが やっぱり恋
愛については 年相応でしたね^^
晴匡たちは 伊織がいない間の 蜜月ですねえ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

不器用な恋のあらすじ (白泉社花丸文庫 こ 8-1) [文庫] / 小宮山ゆき

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
不器用な恋のあらすじ (白泉社花丸文庫 こ 8-1) [文庫]
小宮山ゆき (著), 小椋ムク (イラスト)
出版社: 白泉社 (2013/7/19)
516dPOkJK+L__SL500_AA300_.jpg

内容紹介

その日、乃木洋一郎は一月の寒空の下で酔って道に蹲っていた笹倉優人を仕方なく家に連れ帰った――
乃木は大学生でデビューして八年目の人気作家だ。大御所作家に誘われ付き合いで行ったバーで見掛けた気の弱そうな青年を成り行きで介抱しただけの筈だったが……
断れない酒をつぶれるほどに飲まされた上に財布と鍵を失くし、更にアパートにはストーカーのような女。
こいつには危機管理能力も思考能力もないのか、と呆れながらも優人を放っておけなくなってしまった乃木は彼をしばらく家に置くことにして…!?

感想
ストーリーは面白かったです。でもあたし的に どうも前半部分と優人の
性格がいまいちだったなあ。乃木は好きなんですけどね。乃木を好きだと
自覚するまでの優人が 天然って言えばそうなのかもなんだけど ちと
人のある感情を受け入れられない欠陥があるのでは?って思ってしまいま
しため。後半では 好きという感情が理解できるようになって人らしく?
なってきたけれど。バイト仲間が言うように いい奴んだなけど 少し気
持ち悪いってわかるような気がするなあ・。乃木みたいに 言い方は乱暴
でも 底では優しさを持っている相手に 捕まったからいいけれど そう
じゃなかったら誰にも理解されないで 孤独のままだったかも。
だけど その孤独ってことも よくわかってないみたいで 不思議な子で
すよねえ^^;凄く気を使ってるけれど 其れ方向が違うからっていいた
くなるし 見ていて心配になり 引き取って育てたいって思わせる子です
ね。だから乃木が 置いておく気持ちになったんだろうなあ。
とはいうものの 優人は一生懸命でいい子ではあります。乃木が惹かれて
いく気持ちもわかります。海千山千の相手と付き合ってるので こういう
純粋な子がいいんだろうなあ。
恋人になってからは 純粋なままで 自分の気持ちを表現できるように
なったので 乃木がますます可愛くて離せないのは わかります^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR