コンテントヘッダー

鬼天狗の嫁奪り奇譚 (ラルーナ文庫) 文庫 – 2016/12/19 鳥舟あや (著), 兼守美行 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
鬼天狗の嫁奪り奇譚 (ラルーナ文庫) 文庫 – 2016/12/19
鳥舟あや (著), 兼守美行 (イラスト)
とり

内容紹介

十歳違いの兄ヤスチカと二人暮らしのトヨアキ。ある日、夜釣りにでかけ、不思議な島に攫われてしまった。
そこは鬼天狗たちの棲む神聖な地。なんと兄は既に一人の鬼天狗の嫁となっていて、お腹には子どもまでいるという。
大好きな兄に騙され、いつの間にか嫁候補に…。無愛想でちょっと怖いミタテ、美人でドSのスイ。
どちらかの嫁となり孕むまで島から出られないと言われ、ミタテの手つきとなることを選んだトヨアキだったが…。

感想
よかったです^^ちょっと最初は とよあきの 喋り方が 
あまりに頭悪そうでなあと思ったのですが これって
自己防衛なのかなと・・。普通に感情を出してしまうと
周囲から 色々言われるのが嫌なんだろうなと。
ニコニコしてさえいれば いい子だと言われるからなん
だろうなあ・・。両親のせいですよね。人に気にいられ
たい 嫌われたくないって 健気ですよね それが染み
ついてしまったのですね。
ヤスチカは 勝手者だと思うのだけど 彼は彼なりに
トヨアキを 心配してはいるのですよね。だけど やはり
彼だって 自由が欲しいし 自分の幸せだって願うから
好きな人とは一緒にいたいしね。
だからって のんびりやのトヨアキを置いて行けないと
苦渋の選択だったのでしょう・・ま トヨアキにしてみた
ら 結果オーライだからいいけど かなり酷いですよね
え^^;
スイも 気の毒なんですよね。母親はいい加減だし 父
親には会えない。ミタテたちだけが 支えで 愛を与え
てくれる相手だったのに それがどちらも伴侶ができた
ら それは 腹が立つよねえー・・。
ま いいじゃないですか 下僕の?セツがいるから。実
は セツが一番怖い天狗なんじゃないかなあ・・。
トヨアキも 散々だったけれど 大事に愛してくれる ミ
タテの伴侶に慣れてよかった?のでは^^;天狗だけど。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

溺愛凶神さま、土蔵に監禁さるる (プラチナ文庫) 文庫 – 2016/2/13 鳥舟 あや (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
溺愛凶神さま、土蔵に監禁さるる (プラチナ文庫) 文庫 – 2016/2/13
鳥舟 あや (著)
とり

内容紹介

思いきり甘やかされるがよい

神さまから見放され没落した松末家。
進学費用を自分で工面する破目になった跡取り息子の桂衛は、消えた白蛇さまを探しに裏山の祠へ…。
そうして、しきたりに則って土蔵に監禁したのは、赤い髪に緋色の着物…獣じみた、だがとても男前の神、尽壽だった。
桂衛だけの神さま――人恋しがりの尽壽に身も心もゆるゆるにされてしまう桂衛。
ところがひょっこり白蛇さまが戻ってきて……。

感想
最初 主人公が好きになれなくて^^;まあ片方は駄目でも 
もう一方は好きだといいのだけど 両方とも ちょっとな
あって思って。最後はハッピーになったからいいけれど と
いっても あたしが思うほどじゃないのですけどね^^;
桂衛は いい子すきるのですよね 親にまるで逆らえない。
また この親が凄いわー・・虐待じゃなけれど 精神的には 
相当きつい目にあわされてますね。
でも 尽壽に対しては 凄く自分勝手なことを思っていて
悪いこともするのですよねえ これなら 親に言えばいい
のにね。
桂衛が 尽壽を神様と勘違いしたところから ややこしい
ことになるのですが 尽壽も色々勘違いしていたので お
互い様?^^;
尽壽は自分の寂しいから 桂衛を手に入れようとするし 
桂衛は 自分のために 神様を自由に動かそうとするか
ら しょうがない二人なのですが・・。
尽壽も桂衛と普通に大事にして セックスしたらいいのに
ねえ・・あんなとこに監禁や暴力は やっぱり嫌だなあ。
でも いつの間にか 二人は 恋人になるので 一件落着
なのです。最後の方は 普通の恋人なので 前半中盤は
ちょっと可哀想だったなあ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

黒屋敷の若様に迷狐のお嫁入り (ラルーナ文庫) 文庫 – 2016/1/20 鳥舟あや (著), 香坂あきほ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
黒屋敷の若様に迷狐のお嫁入り (ラルーナ文庫) 文庫 – 2016/1/20
鳥舟(とりふね)あや (著), 香坂あきほ (イラスト)
とりふね

内容紹介

大学生の褒名は夏休みを利用して旅に出た。だが山奥の宿へ向かうバスが来ない。
途方に暮れていた褒名は通りかかった車に拾われ、とある村に案内された。
そこは自分の苗字と同じ信太村。祭りで賑わう村の様子はどこか古めかしくて奇妙だ。
わけがわからないまま褒名は、仏頂面の美丈夫、黒屋敷の若様こと御槌の世話になることに。
ところがほんの数日間の滞在のつもりが……。
独善的な黒狐の若様と無自覚な迷狐の輿入れ騒動顛末記。

感想
面白かったです^^途中で「竜を娶らば」みたいなに暴力
があるのかなと びびりながら読んでいて・・ちょっとだけ
ありましたが 大丈夫でした^^;
褒名は施設で育っているので ずっと自分を抑制して
暮らしていたのですよねえ・・。自分だけを大事にしてく
れて 抱きしめててくれるっていうのに 実はとても飢え
ていて 普通そうですよね だから 横暴であるけれども 
御槌が時々みせる周囲や褒名への優しさが 嬉しいの
ですよね。
御槌の最初の褒名への暴力的な態度は なんだったの
でしょうね?気に入らない嫁?だと思ったから?ハーフ
だったからなのでしょうかねえ・・褒名が 可哀想でした
ね。
最も 段々気持ちが通じてきて 嫁になってからは 凄く
大事にしてもらって バカップルでしたが^^;
御槌が あまりに色々なことを言わないから 温和な褒
名も怒ってしまったのですよね。怒れる褒名の力は 御
槌よりも強大でしが 夫には 使わないのね^^だって 
これだけ好きだって低姿勢?で褒名を大事にするもの
ね(笑)

恋ひてたずね暮らせば信太の夫婦
人間の世界に戻って 長屋で褒名は御槌と同棲を始
める。大學を出て勤めるが いつまでも 年をとらない
ので・・

信太の夫婦と子狐と
最初の3つ子が 生まれてから次々と褒名は 子供を
産んでいる。御槌は 子供の世話もしてくれて優しい
が また妊娠しているので・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

竜を娶らば (ラルーナ文庫) 文庫 – 2015/9/18 鳥舟あや (著), 逆月酒乱 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
竜を娶らば (ラルーナ文庫) 文庫 – 2015/9/18
鳥舟あや (著), 逆月酒乱 (イラスト)
竜


内容紹介

ロクの眼前で祖父の遺体が光って消えた!
激しい痛みに襲われたロクが次に目を覚ますと…そこは見知らぬ世界。
ロクは体の半分が白金の鱗に覆われた竜に変身していて…。醜悪な化け物。
俺の嫁――そう蔑まれながら竜国の王様、アルキヨに強姦された。
なんとロクは祖父と同様、この世界を救う為だけに存在する金の竜なのだという。
腹黒冷酷な暴君アルキヨと常識外れな嫁ロク。想いはすれ違ってばかりだが…。
壮大で激烈な愛の物語。

感想
面白かったです でもねえ・・途中が もう 後半?ちょっと 
無理でした 怖々読んでいて 中世の拷問って感じで・・
やっぱり 愛あるのと レイ0は 同じ痛めつけることが
あっても 全然違うからねえ。それにこれは 暴力というか
うーん^^;呂太合の話を思いだして ぞっとしましたねえ。
中国も 欧州も残酷さは変わらないと^^;ま これは欧州
というわけではないですが・・。
ロクも 保護者がまるで教えてないのも 酷いかなと。こ
れじゃ 対処しようもないし・・まあ 知っていても どうす
ることもできないだろうけど。
愛があるかどうかなんて 態度でわかるだろうなんて 
言ってもね やっぱり 口で言わないと 確信が持てない
し 好きな人には はっきり言って欲しいですよねえ。
あれじゃロクが気の毒かな。その後を読んで やっとほっ
としました。あの ボロボロのままじゃねえ・・あまりに
グロだわ・・。
アルキヨも はっきりとしたことで ロクをメロメロに大事
にして甘やかしてるけど もっと早くしてあげればいいの
にねえ・・。何もわからないロクなんだから(といっても
アルキヨにも事情があったからずっと怒っていたのだけ
どね)異世界で一人で 辛いし寂しいし 死なないでよか
ったですよ。

しあわせのあるばしょ
ロクは目が覚めて アルキヨを じっとベットの中で見
つめて幸せを感じている。アルキヨに 食事を作ってあ
げたいと思うのだが

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR