コンテントヘッダー

特別になりたい (ディアプラス文庫) 文庫 – 2015/6/9 桜木 知沙子 (著), 陵 クミコ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
特別になりたい (ディアプラス文庫) 文庫 – 2015/6/9
桜木 知沙子 (著), 陵 クミコ (イラスト)
さくらぎ

内容紹介
小樽の大学生・翔太(しょうた)は、アパートの隣に住む一つ年下の無口な橿原(かしはら)に妙に懐かれている。
工芸ガラス作家として人気があり、学内でガラス王子と呼ばれるイケメンの彼と仲良くしたがるものは多い。
でも「翔太さんだけいてくれたらいい」と橿原は言う。
橿原はもっと友人を増やすべきだ、と翔太は思っていた。
そんなある時、女の子に誘われて一人で飲みに行った橿原は、
アパートで会った翔太を急に抱きしめてきて……?

感想
可愛いお話でしたねえ・・^^なんというか 純情な二人の初めて
の恋愛 初めての体験ってことで 読んでいて 照れちゃいます
ねえ^^
橿原はガラス一筋だったので 恋愛ってものを知らないのに 翔
太に一目惚れしちゃうのですよねえ・・他を知らないので 情熱
的だし一途ですねえ。でも 男子ですから やっぱり翔太にキス
したい 触れたというのはあるのですよね。淡泊そうに見えて
そこは 意外でしたね^^
翔太も 付き合ったことはあるけれど イケメンなのに 最後まで
はしてない奥手さん!^^弟の方が高校生なのに ずっと彼女が
切れないという強者!^^ま その代り 翔太は一生の相手を 
捕まえましたからね^^
翔太たちの周りの子達も 橿原をなんとか 彼氏にって狙って
いるのだけど 王子は見ているだけがいいんですよ!笑

恋人になりたい
下級生の橿原に 告白されてキスされた翔太は まだ返事が
できないままだ。相変わらず二人で美術館に行ったり 食事
したりするが それだけだ。
和弘の祖父母の家で バーベキューをすることになり・・。

永遠になりたい
翔太は 橿原と付き合って一年経った。お互いに ますます
愛が深まっている。翔太は 橿原の店のバイトをしている。
大学を出たら・・


テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

友達に求愛されてます (ディアプラス文庫) 文庫 – 2014/12/9 桜木 知沙子 (著), 佐倉 ハイジ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
友達に求愛されてます (ディアプラス文庫) 文庫 – 2014/12/9
桜木 知沙子 (著), 佐倉 ハイジ (イラスト)
さくら

内容紹介

札幌の寂れた商店街で、父の居酒屋を手伝う涼真(りょうま)。
そこへ十年ぶりに悪友の迅(じん)が戻ってきた。
しかもイケメン美容師となった迅は「ずっと涼真が好きだった。これからは全力で口説く」と宣言。
なんだかんだで友達以上恋人未満のような関係でいるうちに、涼真もだんだんほだされていく。
だが商店街に大きな打撃を受けるような駅前再開発の計画に迅の父親が関わっていることがわかって、二人の仲はこじれてしまい……?

感想
面白かったです。美容師の迅は背も高くてイケメンなんですが 涼
真もなかなかいけていて イケメンカップルなのね^^
迅の一途さは ストーカーのようなんだけど^^;涼真に寄ってくる
女性を 自分の魅力で撃退するところなんて 凄いですねえ。
時間と距離を置いたので もう大丈夫と思ったけど やっぱり涼真
を思いきれない・・いやーここまで執着してると立派というか・・
涼真が受け入れてくれなかったら 心が壊れちゃいそうですね^^;

自覚してなかっただけで 涼真は 迅のこと好きだったと思うので
すよね。普通 付き合った彼女が迅のほうにいって 平気ってこと
はないですよねえ。いくら 迅がイケメンで親友だったとしてもね。
恋人になってからの迅は ずっと片思いしていた相手を手に入れ
て 笑えるくらい可愛い言動だけど そこはやっぱり 長いだけ
嫉妬も深くて^^なかなか 大変な涼真ですね。
しかし ほんとに涼真の彼女だった愛結には 驚いちゃうなあ^^;
誇張されているのだろうけどねえ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

夕暮れに手をつなぎ

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

夕暮れに手をつなぎ (ディアプラス文庫)
桜木 知沙子 (著), 青山 十三 (イラスト)
北の大地で静かに熱く燃える恋!!

51OD4ahmn8L._SL500_AA300_[1]

内容紹介
婚約消滅、さびれた町での一人暮らし──人生負け知らずだった真中は、最近まったくついていない。
その夜も突然の雨に降られてしまうが、ふいにくたびれた中年男から傘を差し掛けられた。
男が子供の頃の真中にキャッチボールを教えてくれた谷内とわかり、
二人はそれから飲み友達となる。おだやかな男に傷心を癒される日々。
そんななか真中は、谷内に恋をしている自分に気づき……?

感想
あたし的にはこのくらいが限界でして・・^^;迷い恋は50過ぎと23くらいで
これは30くらいと47ですよね うーんまあ攻めが若い場合は大丈夫かな?(汗)
読んでいてあれこれ読んだなって 数年前に雑誌であったのですよね。

夕暮れに手をつなぎ 挫折を知らない真中が初めて知った事。家まで買って結婚する
はずだった婚約者から好きな人ができたと告げられ別れたこと。雨で傘もなく軒下に
佇んでいるとバンから男性が降りてきて傘を貸してくれた。後で調べると電気屋さん
だった。返しに行くと10年以上前に祖父のアパートに住んでいた谷内だとわかる。
谷内に飲みに行こうと誘われ離婚したんだと言われる。「はな乃」は近所の人の
たまり場だ。みんな知り合いで小さい仕事を谷内に頼む。谷内の妻は5年前に一人
娘の和音という女の子を連れて出て行った。今は高校生だという。訥々とした穏や
かな話しぶりに真中も別れたことを言う。みっともないとか世間体を気にしないで
付き合える谷内は一緒に居て気持ちのいい相手で真中はこれからも付き合いたと言う。

思いがけない再会をして二か月 真中は週に一二度は谷内と会うようになっていた。
行動的な真中は最初あちこち連れまわしていたがそれだと谷内が疲れることを知り
以来どちらかの家で過ごす事が多くなった。どうしてこんな年上の人と 一緒に
いたくてしかたがないのか不思議な真中だ。職場で嬉しそうにしていると言われ
彼女と別れたというと今まで反目していた人たちまで側に寄ってきた。嬉しいのは
谷内と過ごす日々が楽しいからだ。
真中は離婚した理由を谷内にきくが さえない男だから妻が三行半を突きつけた
という。しかし毎月親子で会っていて 少なくないお金を渡しているときいて生活
できるのか心配になる。離婚していても親子で食事をしているときくと胸が騒ぐ。
飲み会に行ってもうわべだけの会話で谷内といる方がずっといいと思う。帰ると
谷内がいてワインとケーキと薔薇三本をくれた。指先が震え自分の心がわかる。
誕生日に何故谷内と一緒に居たかったか・・好きだからだ。「はな乃」での忘年会に
参加した真中。年上で朴念仁で男でこんな相手に恋をしてもしかたがない他の相手を
探せと自分に言い聞かせても 心は好きで好きでたまらないといっている。店に
谷内の別れた妻日出子がやってきた。よりを戻すのかと真中は嫉妬で黒くなる心を
止められない。日出子と一緒にいさせたくなくて家に行ってもいいかという。よりを
戻したいのか谷内に尋ねるがそんな気はないがずっと一人だと思うと寂しいと。
思わずキスをしてしまう真中に 冗談だろうと言う谷内。冗談でこんなことは
できないと押し倒し無理やり抱いてしまう

一週間経ち 真中はやはり受け入れてもらえなくても謝りに行こうと。玄関で
話そうとするとそのまま谷内は倒れてしまう。病院で栄養失調とわかる。やはり
この年で一人で暮らしていくのは限界だと嫌だが日出子との復縁しかないと真中は
思う。しかし「抱いたのはよりを戻すかもしれないと思ったから 谷内さんが好き
だから」という。「誰のものにもなって欲しくない。俺を好きになってください」「君は
まだ若いから・・ もう傷つくのは嫌だ。今度 駄目だったらやり直しがきかない
から」というのだが・・。

青み渡る朝の空 「はな乃」で常連が日出子が縒りを戻したがってると言うが真中は
落ち着いて聞いている。去年の暮れに告白してバレンタインでーもセーターなどを渡し
好きだと真中は言い続けホワイトデーに谷内があげたセーターを着て「五十間近の
おじさんですけどお願いします」
と言ってくれたからだ。しかし年齢もあるのか谷内は
淡泊だからまだ30の真中はセックスしたいのをじっと我慢してキスくらいはちょっと
可哀想かなあ^^;2人でゆっくりと桜を公園に見に来た。君と見たかったと谷内が
言う。体を重ねなくても思いは深く「好きです」と真中はいい照れながら谷内も
「僕もだよ」という。うーん中年?同士の恋愛もいいです。
真中の祖父母が谷内に会いたがり連れて行くが祖父母や両親は温かく歓待して
くれるが真中が結婚することを口々に言う。帰宅してから谷内の態度がつれなくて
結婚は普通の事だと言いだす。「一生連れ添ってくれる気がないのか」と詰る真中に
帰って欲しいと。
学生時代の仲間と飲んでいても谷内のことが頭を離れない。「はな乃」の常連と
帰り道一緒になり日出子が縒りを戻したいと言ったそうだと話す。そして谷内の
家の前に日出子と娘と三人で立っているところを見て逃げるように去る。悶々と
して歩いていると谷内が追いかけてくる。真中は「誰のものにもならないで自分を
選んでください」と懇願する。「いろんなことを諦めてきたけど君への気持ちは
諦めきれない
」と谷内が言ってくれる。感激して思わず真中は抱きしめてキスを
する。この続きもしてもいいですか。

ってここからは桜木さんにしては結構濃厚?だと思うのですが・・結局はのほほん
とした純朴なおじさんにメロメロになってる30男ってことですよねーしかも捕まえて
みたら実はちょっとしたたかな面も最後にちらりと・・まあ幸せだからいいのか
コンテントヘッダー

70%の幸福

70%の幸福 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
桜木 知沙子 (著), 麻々原 絵里依 (イラスト)
出版社: 幻冬舎コミックス (2007/07)

51gcmojSM1L._SL500_AA300_[1]

内容
理学療法士の日垣航星がリハビリを担当している創の父親・御木本隆一郎は、初対面から航星に冷たい態度を取る。最初は反感を覚えていた航星だったが、隆一郎が不器用なだけで本当は子どもを愛する優しい人と知り、気になる存在に。御木本もまた航星と次第に親しく接するようになる。やがて御木本への想いを自覚した航星は、遠ざかろうとするが…。

感想
朝早く姉の華子から電話があり「長男の海青が人妻と不倫中」という。真面目を絵に
描いたような兄に限ってと思うが・。姉には「長男不倫で次男はホモで」と嘆かれてしまう。
航星は高校三年でカムアウトして両親に泣かれたが兄と姉が庇ってくれた経緯がある。
病院の側の一軒家から御木本さんが出てきて同僚の八重が喜んでいる。背が高く俳優
ですかというほど恰好がいいが 人をいつも軽蔑したように見てくる御木本は航星の
天敵
だ。超ストライクゾーンの見掛けだが性格が悪い・・。息子の創はとてもいい子で
腕を骨折して3週間入院し今はリハビリをしている。最初の理学療法士がいい加減で
1週間でやめてしまったこともあり航星の事も信用してなくて傲慢な感じだ。
兄に事情を聞きに行くと同居の女性は高校からずっと好きだった人で ご主人と
別居するのに行くとこがなくて 海青がうちに来ればいいと言ったと。しかし関係は
なく子供は夫のところにおいてきているという。姉は利用されてると怒るが 航星は
兄の純愛に感心する。今まで何回も恋愛するが相手は軽い人が多くずっと付き合う
ことができなくてパートナーを得ることを 半分あきらめているのだ。

兄の純愛にあてれて友達のゲイバーで「俺だけを愛してくる人に出会えるかな」と
愚痴っていると仕立てのいいスーツの男が寄ってくる。いけないと思うがホテルに
行こうと誘われ歩いていると向こうから御木本が歩いてきて 驚いた航星は男から
逃げようとするが相手は暴力的になり 結局御木本に助けてもらう
病院でいよいよ辞めなくてはならないだろうと腹をくくっているが御木本は何も
言わず人の嗜好は自由だが趣味の悪い男を選ぶなという。子供のリハビリはよく
してくれていると逆に感謝される
。リハビリは好調で話すと御木本も悪い
人ではなく単に無愛想なだけで非常な子謀脳だと知る。相変わらず美人の妻は最初
来ただけで後は一切現れない。
創が大切なカードを病院に忘れたと電話があり航星は帰り道なので届けに行く。創は
喜んでパパがご飯を作っているから食べようと。御木本は料理が上手で思わずご馳走に
なり創にねだられトランプをする
。懐かれて泊まって行けと言う創に御木本も泊まれと
言ってくれる。子供が寝てからお酒を飲んで創の母の話が出た。仕事で知り合いでき婚
したが仕事がしたくて手紙を置いて出ていき今は男と暮らしていると。結婚も子供も
持てない航星には羨ましい話だとこぼす。
御木本は冷え切った夫婦の子供として
育ったが子供を持ったらとても可愛い存在で 妻は愛してないが子供を産んでくれた
ことは感謝していると
。航星もパートナーが欲しいがいないと自分のことを話す。
酔ってふらついた航星を抱きとめてくれる御木本に慌てるがそのまま抱きしめてキスを
される。駄目だと思うがそのまま御木本に抱かれてしまう。朝 後悔して出て行こうと
すると写真盾がありふと見ると なんとそれは兄と同居している女性
ではないか


それから1週間 航星は御木本を避ける。姉がアパートに来て患者の奥さんが兄の
相手だと話す
。姉は本当の子を言ったほうがに良いというがまさか寝たともいえ
なので困っているとそこに御木本が現れる。航星は兄の事は言えないし御木本は
どんどん触れてきて好きだから抗えなくて泣きそうになる。その上好きだからやらせろ
なんて
言いだして 最初で最後かもと 結局抱かれてしまう。御木本は驚くほど巧みな
愛撫で散々泣かされる。
結局その後も創が友達の家に行ってる間に御木本がアパート
に来てセックスしている。泊まりに来いと言われるがそこまではできない。今日は
創の誕生日で3人でファミレスで食事して映画を見に行った。いつでも御木本は
さりげなく航星に触れてきてスキンシップが好きな男だとわかる。泊まって行けと
言うのを用事があるからと言っているとゲイバーのママヨウにばったり会う。航星は
御木本と別れヨウとお茶をして今までのいきさつを話す。御木本は自分を好きではない
けど子供も懐いているしセックスができるから続いているのだろうと
。ヨウはあの目つきは
独占欲が現れてると言うのだが。夜突 然御木本が来て抱きたいと強烈なキスをするが
車に創がいるからと帰っていく。航星はこのまま不倫のような関係を苦しいが続けることを
決心
する。好きな男に抱かれて側にいる幸せをどうしても手離すことができない。いつか
別れることになっても。

仲間と飲みに行こうと歩いていると創くんが家の前で泣いていて航星を見て抱き
着いてくる。話をすると お母さんが誕生日に来てくれなかったと。航星はそれをきいて
普段はなんでもないようなふりをしているがお母さんが必要なんだと真底思う。御木本に
お母さんに合わせたらというと俺たちは俺たちの考えがあると言われてしまう。航星は
二人の幸せのために身を引いて奥さんに戻ってきてもらおうと思う。兄に連絡を取り
純世と話したいと言った。航星は創にはお母さんが必要で御木本さんもあなたに
戻ってきてほしいと思っているからお願いしますといった。御木本からの連絡を無視
するようになった。ところが創くんに声を掛けられ御木本と話し合うことになる。
奥さんに会って元に戻ってくださいと言ったと 奥さんと住んでいるのは自分の兄
だと告白する。兄に言われて自分と寝たのかという御木本に「好きだから寝た」と
でも奥さんのいる人は嫌だ、自分だけを愛してくれる相手がほしい

御木本と別れて10日経ち思ったよりダメージが強く顔色が悪いと心配された。もう
奥さんと連絡をとっているのだろうと思うと辛いが仕方がない。ヨウから連絡があり
店に行き駄目になったと告げた。男が声をかけてくれたがとてもそんな気になれない。
そこへ御木本から電話があって創がいなくなったと言う。急いで御木本の家に行くと
純世がいる。御木本と手分けして公園や病院を探すがいない。もしかしたらと航星は
マンションに来ているのではと?純世は海青と残し御木本と一緒にマンションに
向かうとエントランスのところに創がいた。御木本に抱き着いてマンションに来た
ものの航星の漢字がわからず泣きべそをしていたと。運よく親切は女性が一緒にいて
くれたのだ。純世と海青がかけつけ 航星の腕から創が離れて行った。御木本と創と
純世の三人を見てこれでよかったと航星は思う。
皆が帰っていくのを見送りこれで最後
大好きだった人だけどもう会えない。うーん 途中もそうだけどほんとけな気な感じ
だよね 幸せになって欲しいと思う受けだわ。
一人でビールでも飲もうとしているとチャイムが鳴り御木本が入ってくる。離婚届けを
出したからという。驚く航星に純世とはただの同居人で夫婦には戻れないし おまえは
結婚してる男は嫌なんだろうと
。創には好きな時に母親と合わせるし子供のためだけに
生きてはいけないと。うーん男らしい!どれだけ自分がお前を好きか教えてやるとその晩は
寝られないほど愛される。結構セックスが激しい御木本だわ^^;

世の中こんなに上手くはいかないだろうなって思いつつも いい話だと でも
純世はやはり 自分の感覚では納得できない母だけど・・。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村


最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR