コンテントヘッダー

泣かない美人 (ディアプラス文庫) 文庫 – 2017/1/10 菅野 彰 (著), 金 ひかる (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
泣かない美人 (ディアプラス文庫) 文庫 – 2017/1/10
菅野 彰 (著), 金 ひかる (イラスト)
すが

内容(「BOOK」データベースより)

隼人はデパートの凄腕外商部員だったが、自身が招いたトラブルで企画課に左遷された。腐る気持ちを抱えつつ、仕事で訪ねた日本酒の酒蔵で、桜の下に佇む美しい青年・要を見かける。彼は杜氏の見習いで、清冽なる酒の作り手だった。だが頑なに心を閉ざし、隼人の差し出す手を振り払う。やがて知る、要や周囲を傷つけた過去のある事件。仕事のつもりが、いつのまにか要の孤独と傷に本気で向かい合うようになり…。

感想
よかったですねえ・・いかにも 菅野さんらしい作品で・・
前半がちょっと もう少し さくさくいってほしかったけど
後半がよかったから マル^^
切ない話で 一つの事件が 要と周囲を巻き込んで
要を 生きにくくしたのですね。
勿論 要やみんなが悪かったのではないのだけど
悪いのは 犯人なんだけど それぞれが 自分が悪い
と 後悔して責めているのですね。
要は 誰にも言えないことをずっと抱えて どこにも出ら
れず 蔵に閉じこもる 御姫様?みたいな感じです。
もしも 隼人との運命の出会いがなかったら そのまま
一人でいたかもしれないですね。
隼人も あまりいい奴とは思えないのだけど 要に出会
い ほんとうの恋愛 愛する人を見つけて 結構 変わ
りましたね。
要の幼馴染 英二が とても可哀想だったなア・・。
何年も自分を責めて 結局 自分と要を守るために 
違う道を選んだ。これから 家族は大切なのだろうけれ
ど 一番好きな人は手に入らず 見つめるだけになる
のですねえ・・これも 運命なんだろうなあ・・。

君が笑うときに
隼人は要と恋人になったが 寒造りの間 要はずっと
蔵にいて とても 会いたいなどと言えるような状態では
なかった。半年ぶりに 要と抱きあえると隼人は 心が
逸る。桜の木は 評判がいいが ラベルの桜が 英二の
撮った写真だというのが 気になり・・

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

レベッカ・ストリート (ディアプラス文庫) 文庫 – 2016/10/8 菅野 彰 (著), 珂弐之 ニカ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
レベッカ・ストリート (ディアプラス文庫) 文庫 – 2016/10/8
菅野 彰 (著), 珂弐之 ニカ (イラスト)
すがの

内容
NYで恋人・幸也とともに探偵事務所を開業したカイル。
舞い込んだ依頼は、愛した女の遺骨を葬る場所を探して欲しいというもので……。

感想
読んでいて レインモンドチャンドラーを思いだしました。
独特の会話や文章ですよね。直接的じゃないというか 
回りくどいというか^^;時代設定は 20年以上前だから
ゲイバッシングは まだ強い頃で エイズもあるし ゲイ
というだけで 殺されたりしてる時代ですねえ・・
(今もありますが)
カイルも なんでまた こんなに面倒な男と一緒にいる
のかしらって ちょっと呆れます^^;まあ 恋愛して 
お互い好きで同棲しているのよね?
それにしては 幸也の態度は酷いような・・トラウマ持ち
だからとしても カイルを愛してるのかどうか?
愛してるから カイルが困らないようにと思っているの
だろうけど 幸也のためと思っているカイルの心も少
しは 汲んでくれたらいいのに・・。
結局 なにがあっても カイルは幸也を 見捨てられな
いのでしょうね。
クラウスとケイの話は 可哀想だった・・生きている時
に 言ってあげればいいのになあ・・。

27階のマリア
カイルは事務所に入ってきた女に 人殺しとののしら
れる。検事補だったときに 死刑にした男の妻で

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

小さな君の、腕に抱かれて (ディアプラス文庫) 文庫 – 2016/1/9 菅野 彰 (著), 木下 けい子 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
小さな君の、腕に抱かれて (ディアプラス文庫) 文庫 – 2016/1/9
菅野 彰 (著), 木下 けい子 (イラスト)
すがの

内容紹介
ある朝ほぼ全裸で目覚めた大学の図書館司書の奏一(そういち)は、
勤務先の学生が一緒にいることに愕然とする。
その彼・祐貴(ゆうき)は、思わせぶりな言葉を紡ぎ、脅すように度々部屋を訪れるが、
触れてくるその手はとてもやさしい。
とまどう奏一は、ようやく記憶の底にあった八年前の、短い季節を思い出す。
小さな手でしがみつきなら、何度も「歌をうたって」とせがんだ、幼い少年のことを……。

一途な年下攻ラブ・ストーリー!!

感想
面白かったです。まあ 所謂 再会愛?なんだけど 
奏一にとっては 恋愛の対象じゃなかった相手だから
吃驚ですよね。一方 祐貴は爽やかイケメンなんだけ
ど 内容は かなりしつこいというか^^;執着心も強く
て 嫉妬深い子です^^;純情一途 とも言えるけどね。
奏一が 人が惹かれる美しい声を持っていたのが 全
ての元凶なのかなあ・・。
先輩の峰崎は やっぱりクリエイターだから 自己中だ
よねえ。自分の音楽には 奏一が必要だと だけど声
だけで 奏一って人をまるで見てない。だから 恋愛し
なくてよかったけれどね。結局は 色々と助けてくれた
し 情はあるんだよね。
小学生の巴!凄い子だったねえ・・こまっしゃくれてる
というか どんな大人になるのかしらね^^;
奏一は 妙な人達に好かれるのよねー。全く普通の
感性しかない奏一にとって 峰崎やその仲間 巴なん
て 個性が強烈すぎて 付き合っていかれないのよね。
奏一には ひたすら愛してくれて 大事に守ろうとする
祐貴が一番だわ^^
祐貴は このまま大学に残って 奏一のそばにいるの
でしょうね。いつかは 親たちに 関係がわかってしま
うだろうけど きっとうまくいくでしょう^^

小さな君の、指をひいて
奏一は同僚の女性に 8歳下の祐貴と一緒で 何を話
して楽しいのかといわれて 祐貴がいつも自分といて
友達がいないのではと 心配になる。公園で巴という
小学生に出会い 彼女は

小さなぼくの夏のこと
祐貴は 小学校の時に 自分を助けてくれた 綺麗な
大学生の奏一が好きだった。探してやっとそばに来て
こうして抱き合っているのが夢のようで・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

愛する (キャラ文庫) 文庫 – 2015/9/26 菅野 彰 (著), 高久 尚子 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
愛する (キャラ文庫) 文庫 – 2015/9/26
菅野 彰 (著), 高久 尚子 (イラスト)
かんの

内容紹介

子供の頃から感受性豊かで、思ったことを素直に言ってしまう由多。
そのため思春期には苛めに遭い、クラスで孤立することに…。
そんな由多を救ったのは、通っていた絵画教室の講師の桐生凌。
由多の話に耳を傾け、全てを肯定してくれた凌に想いを募らせついに告白!
ところが凌の返事はなんとOKで、二人は恋人同士になることに…。
けれど付き合ううちに、凌が過去に縛られていることに気づき!?

感想
由多は まあ 純粋なんだろうねえ 人からは変わってる
というか 空気の読めない奴ってことなんだろうけど。あま
りに 言うことが真っ当すぎて 正しいのだけど それが人
を傷つけるってことが わからないのだよね だから 綺麗
な絵を描けるのだろうけど。
由多を理解できる人は少なくて 両親でさえも 違う次元で
生きてるような彼に 困っているのですよねえ・・マイペース
だと 傷つけないように言っているけれどね。
人の気持ちがいまいち理解できないからと言って 周囲も
由多を無視したり 虐めていいというわけじゃないのは 
わかっているのだけどね どうしても 異質なものは 排除
したいと思っちゃうのよねえ。それができないなら 無視す
ると・・。
桐生も まるで挫折なく 生きてきていたら 由多に係わる
こともなかっただろうね。芸術家にある傲慢さがなかったか
ら つぶれちゃったんだろうなあ。お父さんみたいに 画家
であり政治家だったら 苦しまないですんだろうに。
明彦が 画家というよりも実業家?策士に思えて 凄いな
あと・・。人を陥れても 自分が上がるためには 平気なん
だよね 良心の呵責もない。自分より才能がある奴は つ
ぶすんだろうなあ。
だけど 由多はとらえどころがなくて 普通の感性じゃない
から 思うようにはいかなくて 結局 はっきりと拒絶されて
しまうのですよ。こんな奴が 人にものを教えるなんてと
思うけど・・画家も商才や営業力がないと 駄目なだろうな
あ。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR