コンテントヘッダー

犬とロマンス (リンクスロマンス) 新書 – 2015/5/29 中嶋 ジロウ (著), 麻生 海 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
犬とロマンス (リンクスロマンス) 新書 – 2015/5/29
中嶋 ジロウ (著), 麻生 海 (イラスト)
なかじま

内容(「BOOK」データベースより)
在学中にストレートで司法試験を突破し、先日司法研修を終えた椎葉。あるきっかけから、広域指定暴力団である堂上会の招きで顧問弁護士に就任することになった椎葉は、そこで眼光が鋭く、おそろしく存在感を放つ茅島という男に出会う。最初こそ茅島のことを苦手としていた椎葉だったが、彼の丁寧な物腰や優しさにふれ、徐々に心を許しはじめてゆく。しかしある夜、酔った椎葉は彼に強引に身体を開かれてしまい―。

感想
いやー確かにロマンチックでしたねえ。一緒になるまでの長い
事^^;やくざもんだと あっという間に自分のもにするのが 普通
と思っていたのですが 茅島は 椎葉を好きだけど 自分のよう
なものが手を出してはいけないと じっと3年も我慢してる!犬の
待てみたいな・・^^;お預け状態で ちゃんと待ってるのですねえ。
ま それだけでも 茅島の誠実さがわかりますね(やくざだけど)

椎葉の方は どうして やくざの顧問弁護士になったのかという
のが いまいち事情がはっきりしないのだけど なったことで
運命の相手に 会ってしまうのですね。恋愛経験がまるでない
椎葉ですから たくましく男らしい そして気遣ってくれる茅島み
たいな男には いちころで参ってしまいますね^^
ゆっくりだけど お互いに惹かれて好きになる過程が よかった
なあ。茅島 絶倫だし!^^;
裏切りものたちも どうなってるのか 助けに来た相手も どう
いうつながりか その辺も知りたかったなあ 続編でもあると
いいのですけどね^^
ほんと 面白かったですねえ 主人公が ずっと大切にされてる
のが 好きなもんで^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

幸福の下僕

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

幸福の下僕 (リンクスロマンス)
中嶋 ジロウ (著)
葛西 リカコ (イラスト)
出版社: 幻冬舎コミックス (2009/03)

51ETR5ES2dL._SL500_AA300_[1]

内容
出生の秘密から目立つことを厭う大学生の室山沢は、風俗店を経営する蓮村克也に、男性相手にウリをしないかと誘われる。見た目も性格も地味な沢は、勧誘された理由もわからず、強引な克也に言われるまま、入店テストを受けさせられてしまう。克也によって身体を開かれた沢は、なじられ、いたぶられることに激しい興奮を覚える。自分さえも知らなかった淫蕩な性癖に怯える沢だったが、優しい態度の中に傲慢さを滲ませる克也を拒絶することができず―。

感想
大學で風俗店を経営する蓮村克也に、男性相手にウリをしないかと誘われた沢は
ある建物に連れて行かれコンタクトにして髪を切る。そして克也は沢と一緒に
ふろには入り克也と呼ぶようにと言い体をあちこち綺麗にして性欲を高めついに
バックまで綺麗にする。沢は体がぐずぐずになり克也の言うように卑猥な言葉を
言う。ベットに移動して沢は両手両足に手錠を掛けられる。嫌だと言うが性欲は
収まらず性器を触られバックもいじられ我慢できず最後は入れてと懇願
する。
結局抱かれてしまった沢だが 克也はビジネスライクに月100万は稼げると言う。
どうするか考えてみてという。マダムは働くことになったのねと言うが沢はまだ
思案中というと驚く。うちのオーナーはそんな人ではないのよ。

家で髪を切り染めたことがわかると父が怒り出すが母がとりなす。家には居場所が
ない。学校では女の子たちが沢の周りに集まるがそこに克也が来る。克也は女の
注目を浴びるも無視して沢を胸にひきよせ買い物に行こうと
。ミラノの有名ブランド
店に行くと克也は次々と沢に見立てていく。沢が欲しいのはお金か地位かと克也が
きく。笑えばもっと人が集まるよって。
また克也に連れ出されお店にいくと店の中で待っていてと言われる。白髪の男性が
車を覗きこみ「君いくら?」といい強引に車に入ってくる。沢は怖くて騒ぐと克也が
来て外に放り出してくれる。地位のある店の客である。克也は冷ややかに斉藤という
客に接していた。
克也は携帯をプレゼントしてくれて毎日のように電話してくる。たわいもない話
ばかりだ。しかし沢は店で働くことはやはり無理だと克也に断る。克也は沢を店に
連れていき躾ければ客を取れると言う。逃げようとする沢だが義範という男を招く。
何人も顧客を持っている子だと言う。「義範をお客だと思って喜ばせてごらん」と
克也は言う。義範は克也が好きなのだと言う。克也に抱かれた沢を羨ましがり
執拗に愛撫をして 嫌がる沢を抱く。沢は克也の名前を呼び続けるが義範は何度も
沢を抱いて夢中になってしまう


あれから十日克也から連絡はない。母が変な友達ができたのではと詰問する。
ブランドの洋服 携帯 染めた髪の毛から想像して「あなたは普通じゃないから
あたしたちの言うことだけきいていればいいのよ
」という。沢は何かが切れて
嫌だ」というと「恩知らず」と母が怒鳴り沢は飛び出してしまう。いくところもなく
克也に電話をかけるが仕事中だったと思い返すが克也はすぐ来てくれてただ泣く
沢を慰めてくれ家に連れて行ってくれる。沢はそこで自分の生い立ちを話す。
両親は実は祖父母で娘が15歳で産んだのが沢だ。祖母が生んだことにしたが近所では
母の素行は有名で家族で引っ越す。母は18歳で新しい男とどこかにいってしまった。

沢は克也の側に居たいと思い「店で働かせてください」と頼む。克也は機嫌が
悪くなり店で働きたいなら体を見るとばかりに抱きだす。義範以外に抱かせて
いないか執拗に聞き責め立てる克也。店で抱かれる時は克也の名前を呼んでは
いけないから今も読んではいけないと言われるが沢にはそれができない。とうとう
克也が店では働かせないし誰にも触らせないと言いだす。一生分を買い取るからと。
目覚めて克也の寝顔を見て幸せを感じ微笑む沢に 克也は自分の前だけで笑う
ようにと言う

あれから数日後戻った沢は父に殴られたが何も言わず克也の連絡先だけを渡した。
家では沢は居ない人のような扱いで あまり家に帰らず克也の家にいることが多く
なった。克也はずっと家にいろとは言わない。優しく甘やかして抱いてくれる。
とにかくHだね^^;まあビデオにとられたり言葉責めに弱く興奮するからM気質
なのかな^^;

克也を見ると胸が苦しくなり家に帰るとすぐ会いたくなる。夜に言い合う電話の声で
目が覚める。心配な顔をすると 克也は父親からの電話だと。克也の事はほとんど
知らない。もっと色々克也の事を知りたいと思うが お金で買われた関係だから
望むのはいけないのだろうかと悩む沢だ。

店に呼び出されて克也を待っていると 義範が覗き窓から見ている。沢は一緒に
覗こうとするが義範から「中でオーナーが仕事をしているからと」克也が女の子に
鞭を振るって奉仕をさせている。沢の表情を見て義範は「これは仕事だから」という。
だが沢は胸が痛い。沢は好きという気持ちがよくわからない。義範は今までに
マンションに住まわせたりする子はいないから充分に惚れられていると言うのだが。
飼い主と生殖処理なのか・・沢は克也と話したいと思い携帯をいじっていると校内で
長身の男に声を掛けられる。朔良と名乗った男は強引に沢を豪華なホテルに連れて行く。
部屋で男は色々話かけキスをしてくる。克也と違う!沢は相手を押しのけ逃げ出す。
克也だけがただ一人の特別な人だ。沢は克也の家に帰り克也を求める。
愛して欲しくて仕方がない。情熱的に抱いてくれる克也は「可愛い沢好きだよ
離さないからね」という。
そこへ克也の父が来る。克也は沢を今一緒に暮らしている人と紹介する。なんとそれは
朔良でまた会ったねと言う。沢は使えると言うが克也は沢は俺のものだから店で
使わないという
朔良は恋人でも使わないと情をかけるのは間違っているという
この親父変だよ・・。克也は朔良が19歳の時の子供で誰が母親かわからないという。
沢が帰ると朔良がいて逃げても捕まえられて結局朔良に抱かれてしまう。沢は
携帯を置いて家をでることにする。克也の父親に汚され克也の側にはいられないと。
しかしこの沢って言うのもなんでこんなに 快楽に弱いのかねー?妙に簡単に抱かれる
ように思うのだけど・・。
とぼとぼ歩いていて義範に声を掛けられた沢は義範のところにとめてもらう。沢は
克也を裏切ったのだから元に戻ることにする。しかしメガネをかけださい沢に克也は
声を再びかけてきて・・

うーん純愛ではあるのでしょうけど・・こんなに愛されているのになにが不安なのか
よくわからないなあ・・
Hは凄いのですが^^;







最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR