コンテントヘッダー

王子は愛に跪く【電子特別版】 (カクテルキスノベルス) Kindle版 早瀬響子 (著), 宝井さき (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
王子は愛に跪く【電子特別版】 (カクテルキスノベルス) Kindle版
早瀬響子 (著), 宝井さき (イラスト)
はや

内容紹介
『国王の懐刀』と畏怖される美貌の王子・章は、士官学校時代の恋人・リヒャルトと四年振りに再会する。復讐に巻き込まないために残酷な別れ方をした過去…けれど王族を警護するエリートとして現れた彼は昔のままの慈愛に満ちた微笑を向けてきて…。揺れる心を抑えて冷酷に退ける章だったが、王宮爆破事件の時リヒャルトに命を救われる。そしてその夜、章の寝室を訪れた彼に強く抱き締められ「愛しているんだ」と貪るようなキスをされ…。

感想
ドラマチックなんですよねえ・・章もリヒャルトも とても
情熱的で 相手のためなら 死んでもいいっていうほど
お互いを愛してる!^^
章の方は冷たい美貌で そんな情熱的には 見えない
うちには 熱いものを秘めているのです^^
反逆者の子供として また 東洋人の血が入ってると
いうことで二重に辛い目にあうのだけれど それでも
士官学校でも 常に孤高で 勉学も訓練も人一倍努力
している姿をd見れば 周囲だってわかりますよ。
嫌がらせをするのは 品性下劣か嫉妬のあるやつだ
けです。
ま そこで リヒャルトはすっかり章に惹かれてしまうの
ですけどね。章も好きだけれど 彼には しなければな
らないことがある。そのために 冷酷にリヒャルトの関
係を切るのです。
リヒャルトは 何か訳があると 章を思いきれなくて大
変な努力をして 近衛になってまで追いかけて来る と
もうただ素敵!って感じなんですが^^;
登場人物の他の人達もわかりやすくて 展開も早いか
ら 楽しく読めました^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

アリア ~囚われの花~ (アイノベルズ) 新書 – 2006/8/1 早瀬 響子 (著), 左崎 なおみ (イラスト)

本を探したのだけど 見当たらないというのが
けっこうあって^^;うーん 売ったのかしらねえ・・
ということで  本体がないけど 簡単に二言三言で
紹介するというのを しようかなあと 割と昔のに
なりますが・・。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村

アリア ~囚われの花~ (アイノベルズ) 新書 – 2006/8/1
早瀬 響子 (著), 左崎 なおみ (イラスト)
はやせ

内容(「BOOK」データベースより)
ローマの片隅で父の帰りを待ちわびながら健気に働く少年・純也。だがある日、マフィア系財閥の若き総帥・レオに拾われ、愛人にされてしまう。深い絶望を味わわされ、傲慢に身体を拓かされる毎日のなか、ある才能をレオに見出された純也は、突然、華やかな舞台へと引き出され―。陰謀渦巻く世界で華麗に花開く、ラブ&サクセス。

感想
結構 これは好きだったんですよねえ。主人公は いい子
なのに 無理やり愛人にされ て可哀想なんですよね。
若いマフィアのボスは 乱暴というか あんまり教養がな
いというか(まあそうか^^;)純也に対して あまりよくないの
ですけど 段々 彼の性格が素直なので 気になって来るの
です。
そして純也の声が 素晴らしいと気が付いて・・。意外とボス
は いい人だった?^^まあ 純也が可愛くなって 自分のと
ころに置いておくより 日の当たるところに出してやりたいと
思うようになったのでしょうねえ・・ 実は純愛もの?でした。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

砂漠は罪に濡れて (ローズキー文庫) 文庫 – 2011/10/17 早瀬 響子 (著), 実相寺 紫子 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
砂漠は罪に濡れて (ローズキー文庫) 文庫 – 2011/10/17
早瀬 響子 (著), 実相寺 紫子 (イラスト)
はやせ

内容(「BOOK」データベースより)
「お前を奴隷にする。―死ぬまでな」十年前の贖罪の為、自らハムシーン王国の若き将軍ファイサルの性奴となった篤史は、憎悪の浮かぶ眼差しで荒々しく凌辱され容赦なく責め立てられた。ファイサルを過酷な運命に追いやった罪悪感に苛まれながらも、痛みを伴う熱い愛撫に無垢な体は被虐の悦楽さえ感じていく。これは罰だと、自分を戒めながら全てを甘受する篤史だったが、やがて彼の孤独な魂に気づき…彼の傍にいたいと願うようになって!?大幅改稿&書き下ろし甘々後日談あり。

感想
アラブものは好きなのですが 最近は読んでないですねえ。
これはなかなか面白くて ただ攻めが相手を好きでという
ストーリーがほとんどだけど(まあ受けも好きなことが多いで
すが)主人公の篤史が 好きだったのはファイサルの父 カ
リムで 多分カリムは 篤史の父が好きだった野でしょうね。
それが カリムと篤史は 好きだけど革命により恋は叶わな
い。カリムは 亡くなってしまうのだけど 今度は篤史とカリム
の息子のファイサルが青年になって・・という ロマンチックな
話ですが そこには憎しみもたくさんあると^^
両親の謎の死というのが 子供のファイサルの心にはずっと
あって それが篤史のせいだと思って成長しているのですよ
ね。なかなか複雑です。
ファイサルを子供の時に助けたというケマルが また 食わせ
もので・・ でもおかしいのですよねえ ファイサルも聡明なら
このケマルが怪しいと どうして思わないのかしらね?
篤史も カリムのことで やましい気持ちがあるかもしれない
けれど ここまで黙っているのもちょっとなあ・・。
Hは好きなんですけど このむち打ちとか暴力は苦手です^^;
とはいえ 愛もあるからなあ。
暴力あり愛あり 裏切り有で 目まぐるしいのですが篤史の
優しさと美しさに 周囲も参ってしまうのですね^^
まあ 最後は 誰も身内の居ない国も違う二人が 苦難を乗
り越えてかけがえのない伴侶になるという いやいやロマン
チックでした^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR