コンテントヘッダー

美魔は花泉にたゆたう ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/10/1 鴇 六連 (著), 沖 麻実也 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
美魔は花泉にたゆたう ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/10/1
鴇 六連 (著), 沖 麻実也 (イラスト)
とき

内容(「BOOK」データベースより)

「愛するものを滅ぼす」呪いを持つ美魔の一族の末裔で竜結社のバトラーのジュストは、執着を向けてくる水竜・フォンティーンと体だけの関係を続けていた。触れあうのは淫魔に近い美魔の特性の為と自分の中の呪いを騙しながら、いつか心から受け入れるために解呪方法を探すものの、わかっているのは四つの手がかりのみ。そのうちの一つ、三百年に一度の“青い月”が昇る夜を数日後に控え焦るジュストに、「呪いを解く方法を知っている」という男が近づいてきて…。

感想
これもシリーズもので 6冊かな?長くなると 主人公
たちが色々で やっと覚えてきたわ^^;
今回はバトラーのジュストと 水竜フォンティーンの話
でした。
この竜たちはとにかく 独占欲が異様に強いから 自
分のものって決めたら 触れられるは勿論 じっと見
るのも 気にいらないのね^^;
散々甘やかして 大事にしてくれるけれど ちょっとでも
他の人 竜をみたら もう大変!^^;
だけどジュストは 最初が まだ7歳くらいだったから 
いくらなんでも フォンティーンの恋人は無理よねえ。
来たときは 可愛いジュストも バトラーとして鍛えられ
たから ちょっと可愛げがなくなったけど 心の中では
フォンティーンを ずっと好きなのよね でもそれを言う
と死んでしまうから 誰にも好意を言えない・・辛いよ。
呪われた体が 憎いのは わかるしフォンティーンや
周囲に迷惑をかけてはいけないって 必死に 冷静で
いようとするけど なかなかいつもフラットではいられ
ないよねえ・・。
精液のためにいろ町に行っていたことが ばれなくて
よかった^^;フォンティーンが怒り狂って 恐ろしいこと
になってましたね。
将校も ジュストを 恨む気もちもわからないでもない
けど 彼だって呪われていて 好きで火を放つわけ
じゃないのだからねえ・・どちらも 可哀想だった。
やっとやっと 19年待って わがものにできたフォン
ティーンの溺愛ぶりが笑えました。でも これだけ愛せ
るって 凄いよねえ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

竜は宝石たちと戯れる ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/9/1 鴇 六連 (著), 沖 麻実也 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
竜は宝石たちと戯れる ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/9/1
鴇 六連 (著), 沖 麻実也 (イラスト)
とき

内容(「BOOK」データベースより)

世界最強の魔物である竜と、竜に寄り添う執事達が在籍する結社・ドラゴンギルド。魔物狩りで多くの同胞を失った彼らは、ギルドで自身の孤独を埋める存在に出会う。苦難の末結ばれた恋人達のその後の甘い日常や、執事達のドラゴンギルドでの仕事風景を描いた掌編に加え、小悪魔風竜・オーキッドの可愛い恋のお話「魔性の竜は今日もバトラーに夢中」、待望の火竜の赤ちゃんを巡るドタバタ騒動「魔物たちの育竜奮闘記」などの書き下ろしを詰め込んだ、珠玉の短編集!

感想
面白かったです^^今までのシリーズを読んでいると 
余計に笑えるわ。
それぞれキャラが濃いし カップル同士の話は いろん
な恋人たちがいるわねと 楽しかったわ^^
呆れちゃうけど アナベルとナインヘルの二人は好き
だなあ。
リーゼは 鬼のように思われているけれど 夫のサリバ
ンの凄さをみると 気の毒になるわ^^;サリバンの執着
心というか 愛し方が激しすぎ!
その代わり サリバンは お財布の紐を握られて情けな
いわねえ・・そこが可愛いけど^^;
サリバンはお金がなくても なんでもいいのね リーゼさ
えいれば満足なのよね。それは ナインや他の竜も番さ
えいれば 幸せなのよね。
オーキッドとテオは どうなるのか 次は番になれるのか
しら?期待してます^^
リピンが可愛くて好きだけど・・ほこりがなあ^^;
リシュリたちが 今回は出てこなくて この二人も 読み
たいね^^

満月と銀の浜辺
魔女のアナベルは寝られなくて 恋人のナインヘルは 
アナベルを連れて浜辺に

魔物たちと満月の海
サロメは メルヴィルを連れて海にいく。メルヴィネは
海で泳いて

ギルド・エースの嘆き
サリバンは アナベルに 奥さんである筆頭バトラーの
リーゼの愚痴を

アナベルの新人バトラー日誌 エマージェンシー
アナベルは竜のナインヘルをオーバーホールしていると 
耳が痒いという。テオが見て オオカガリクモだと騒いで

物憂げな夏の午後
メルヴィネは なにか憂鬱そうだ。恋人のサロメは心配
なので 寝言をまた聞こうと

罪な魔物 リピン
アナベルは 魔物のリピンが泣いているので見ると 
なんとお尻のほこりがなく 丸出しになっている。ナイン
ヘルが

アナベルの新人バトラー日誌 リピンのワクワク初任務
リピンがアナベルの忘れた手帳を 取にいくという。とこ
ろがいくら待っても リピンは戻ってこなくて

アナベルの新人バトラー日誌 僕の上司について
アナベルは 綺麗な上司のリーゼが 昔 襲われたとき
いていたので

ドラゴンギルドの資金パーティー大作戦
海軍と揉めたギルドは 予算を削られる。リーゼは 竜
たちに余計に働かせるが もっと簡単にお金を稼げな
いかと 資金集めパーティーを考えて

ベットのルールは守りましょう
サリバンは妻のリーゼがベットにまで 仕事を持ち込む
のが気にいらなくて

魔性の竜は今日もバトラーに夢中
竜の中では小柄で愛らしいオーキッドは 人気がある。
わがままだが バトラーのテオは いつもは きいてく
れるのだが

魔物たちの育竜奮闘記
一年を経て やっと 竜の卵が孵化してた。ずっと世話し
てきたアナベルだが 赤ん坊は 誰にも懐くことがなく
なぜか ナインヘルに

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

人魚は愛を謳う【電子特別版】 ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) Kindle版 鴇 六連 (著), 沖 麻実也 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
人魚は愛を謳う【電子特別版】 ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) Kindle版
鴇 六連 (著), 沖 麻実也 (イラスト)
とき

内容紹介
竜を束ねる竜結社で目覚めた半人魚のメルヴィネは、記憶を失っていた。だが、初対面のはずの美貌の水竜・サロメはなぜか自分に執着し、執拗に側に置こうとしてくる。傷を負ったメルヴィネを治療と称して何度も組み敷いてくるサロメ。甘い巣に囲われる日々のなか、竜結社に猟奇的事件の調査依頼が来た。その手伝いをきっかけに、メルヴィネは自身の使命を思い出す。それは“サロメをこの手で殺める”ことで…。孤高の水竜×記憶喪失の人魚の運命的恋愛譚!

感想
面白かったけど 怖かった^^;なんというか とにかく
悪役が残酷過ぎて ただ恐ろしい でも 実際こういう
人間がいるんだものねえ・・。
メルヴィネも ところどころ人魚の能力はあるのだけど 
とにかく形は 人間だものねえ しかもすぐ溺れちゃう
とか^^;
大人になるまで 人魚たちは優しくしてくれても 疎外
感は ぬぐえないよね。
人魚たちのイメージが 今までとは違って 綺麗で優
しいけれど 恐ろしい^^;生きてくためだから 仕方な
いけどね。最も その人魚たちを殺して食べる人間の
方が ずっと怖ろしいけれどねえ・・。
サロメのメルヴィネを とろとろに甘やかして 大事に
するのが とにかくすごいわ・・^^;食べさせて いつも
抱っこして歩かせないとか^^;しかも エッチの濃厚さ
がまた 激しいのよねえ^^;ま ずっと この先 愛し
合って 幸わせだよねえ^^
読んでいて楽しいのは リーゼだな^^策略家で激情型
で 情が深いけれど ちょっとケチ?かもしれない。
彼の話も読まなくては!^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

一角獣は楽園にまどろむ ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/3/1 鴇 六連 (著), 沖 麻実也 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
一角獣は楽園にまどろむ ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/3/1
鴇 六連 (著), 沖 麻実也 (イラスト)
とき

内容紹介

不完全な黒竜×半魔物の第四王子――孤独な心を癒やすのは……。

庶子であることを原因に冷遇されて育ったアルカナ帝国第4王子のリシュリーは、幼少期に出会った小さな魔物との再会を夢見てきた。そんな中、突如帝都に現れた黒竜に攫われてしまう。自身を攫った黒竜・ファウストがあの時の魔物だと気づいたリシュリーは再会を喜ぶが、ファウストに「発情した」と迫られ疼いた体を慰め合った。宮殿に戻った後、リシュリーは謎の高熱に倒れ体にとある異変が現れる。その変化を見た皇帝に、ドラゴンギルドへの隔離を命じられてしまい……。

感想
面白かった!あー残念です 1だけ読んでいて これ4な
んですねえ・・。みんな独立しているようだから 2と3も
読みたいなア。
人間と竜 魔物たちの話だけど ちょっとこの帝国にに
渦巻く欲望が 現在の亡国の某都みたいだわー^^;
勿論 こちらは 人はなくなってないと思うけど^^;
リシュリーは ほんとに子供の時から 可哀想だったけ
ど それがあるからこそ 人にも魔物にも 思いやりが
あり それが自分の幸せにつながったのよね。といって
も そこまでは かなりハードな道のりだったけれどねえ。
ファウストが 普通の心を取り戻すことができたのも
リシュリ―と出会えたからこそで あのままだったら 操
られた狂った魔物のままだったし 都合が悪くなったら
さっさと殺されていたでしょうねえ・・。
今も昔も 命をもてあそぶようなことをすると 必ず罰が
下るのよね。
不器用な二人だけど どんどん愛が深まっていく過程が
とてもよかったですー^^
ドラゴンギルドの竜たちも みんな人が良くて 竜がよく
て?いい連中でしたねえ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

蒼獅子と百年の恋 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2016/12/1 鴇 六連 (著), 鈴倉 温 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
蒼獅子と百年の恋 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2016/12/1
鴇 六連 (著), 鈴倉 温 (イラスト)
とき


内容紹介

記憶を喪った霊獣・蒼獅子×健気な妖怪先生の中華恋愛譚

妖魔の研究をしている瑞芳は、妖魔に襲われかけたところを霊獣の蒼獅子に救われた。かわりに大怪我を負った蒼獅子・獅燎を治療するため自宅へと連れて帰った瑞芳だが、傷を治す為に精をよこせと組み敷かれてしまう。霊獣にとって人間の精は霊薬だと言う獅燎と、彼を父親と慕う幼い蒼獅子・桃乙と共同生活を送るうちに瑞芳は、十二年前の春に妖魔に殺されたかつての想い人が、蒼獅子になった姿が獅燎ではないかと思い始める。しかし獅燎には霊獣になる前の記憶がなくて…。

感想
とってもよかったです^^途中 可哀想だったけれどね 
なんというか 結構 神様?も 残酷ですよね。きまぐ
れで 人を助けてくれることもあるけれど それだって
人が苦しい思いを続けないと 得られない まあ人生
そんなものなのだろうけど・・。
これ実の中の時間と 人間世界の時間が違っている
から めぐりあう事ができたけど そうじゃなかったら
瑞芳は とっくに おじいさんかこの世にいないから
また 何百年 もしかしたら 何千年も瑞芳の転生を
炬仁は待たなくては ならなかったかもねえ・・。
瑞芳もちょっと 考えなしで14歳だから しょうがない
けどね 炬仁が強いからって もっと強い妖獣がいる
かもしれないのだから 用心したらいいのに・・。
窮奇も 元は人間だったのよねえ・・どんな人だった
のか 余程辛いことがあり 恐ろしい化け物になった
のでしょうね。

桃乙が可愛くてね ずっと小さいままだったけど最後
の方で ちょっと大きくなり それが瑞芳じゃないけど
残念かな?^^;
桃乙は やっと大好きな人にもうすぐ会えるのですね。
そこもちょっと 覗きたかったな。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR