コンテントヘッダー

下僕になりたい / かぶとまる蝶子

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

下僕になりたい! (ニチブンコミックス KAREN COMICS) [コミック]
かぶとまる 蝶子 (著)
出版社: 日本文芸社 (2012/7/28)

51Bda+bCsvL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

内容
片思いの相手と添い遂げるために 男色の嗜みを教えてほしいと 世間知らずのお殿様也光の申し出を 遊び半分で引き受けた修吾。修吾の指南に初心だった也光は次第に初々しい反応を見せてくる。しかし 素直に快楽の味を覚え可愛く声を上げる也光の様子に修吾は 也光のその想い人に嫉妬を抱き始める。也光を忘れようと修吾の撮った行動が二人の気持ちをこじらせてしまい・・。

感想
なんかつい買ってしまうのですよね。凄く綺麗な絵 とかいうわけではないので
すが あたし的に親しみやすいと言うか 個性があるしね。話しは いつものよ
うに?^^;世間知らずの 可愛い受けです。結構 酷い目にあう受けが多いの
だけど 純真さに攻めがやられて 幸せにっていうパターンに出会います。今回
は お殿様なんで 当然 お坊ちゃまでHのやり方さえろくにしらない。攻めは
手ほどきしているうちに 嵌ってしまうという王道です^^

下僕になりたい!

lesson1 下僕にされました
修吾は 松島家に代々つかえていた家系だ。だからと言ってこの時代に 跡取り
の也光と同居して面倒を見るなんて 真っ平だと思う。お坊ちゃんだからすぐ帰
るだろうと思い しぶしぶ引き受けた。風呂も自分で入らず 食事も修吾任せだ。
呆れて疲れ どうしてここに来たのかと質問すると 修吾が男色家だからという。
なんでも好きな男がいて その男と上手くいきたいので 色々教えてほしいと言
うのだ。修吾は驚くが 無垢な体に教えようと・・。

lesson2 下僕で責めます!
也光が来てひと月 髪も梳り飲物を用意してと 修吾も世話に慣れてきた。夜は
特別レッスンが待っていて 也光の後ろもだいぶ柔らかく感じるようになってき
た。そろそろ修吾がいれようとすると それは嫌だと言う。山で怪我した男を屋
敷において その男がキスしてきて好きになったというのだ。彼のために練習す
ると 張型を持ってきていて・・。

lesson3 下僕のガマンが限界です!
爺やが持たせた張型はいろいろで 木製 鼈甲製 などがあり それぞれ試して
みる。その色っぽい姿に 修吾は入れたくて仕方ない。このままじゃ爆発しそう
だと風俗に行く。也光に似た男を指名するのだが。家に帰ると 也光は食事をし
ていないで怒っている。しかも風俗に行ったことがばれてしまい・・。

lesson4 下僕やめます!
嫉妬とも思える発言に我慢できなくて キスしてしまう修吾は そのまま抱こう
とする。しかし也光には好きな男がいるので 修吾は途中で必死にやめて もう
教えることはないから 男に連絡しろと言う。相手から連絡が来て ホテルに来
いと言うのだ。修吾は断ってほしかったが そのまま也光は男に会いに行って・。

lesson5 下僕の真実
也光がホテルに行き 結ばれたのだから下僕はやめようと思う。ホテルから戻っ
た也光は 話があると言うが もう帰ってくれと修吾はいう。あっさりと婆やと
也光は帰って行った。日々の生活が戻ったが どうしても也光の事を思い出して
しまう。彼を抱く夢を見る。ある日 也光の相手の島田に出会い 話しかける。
そして 也光が修吾にしか触れられたくないといって抵抗して できなかったと
きく・・

lesson6 下僕の幸せ
也光からの手紙で 実は省吾の父は実の親ではないと知った。柵は何もないと
也光のところに行く。ところが山奥で 駅のベンチで寝て朝方 屋敷に行こう
としたがバスがまだ来ないと言う。早く会いたくて山に入っていくが 途中で
落ちて 気を失う。気が付くと布団に寝ていて 也光が泣いている。やっと二
人は気持ちを確認して・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

視辱願望/かぶとまる 蝶子

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

視辱願望 (アクアコミックス) [コミック]
かぶとまる蝶子 (著)
出版社: オークラ出版 (2012/3/12)

51vFOpQThWL._SL500_AA300_[1]

内容紹介
奥手の涼は、恋人とするいたって平凡なマニュアルどおりのセックスに満足していた。ところがある日、セックスを他人に見られていると思うだけで浅ましいほど興奮する自分に気づいてしまう…。そんな淫らな性癖に怯えながらも視辱の誘惑に抗えない涼に、恋人の柾が提案したのは……!? 平凡なリーマンカップルの、飽くなき性の探求はますます淫らにヒートアップv

感想
相変わらずHで楽しいです^^;お屋敷の花嫁という話が好きかなあ。結構かぶと
まるさんはSMぽいのが多いけど 愛があるから大丈夫という感じ^^;人にはわ
からないけど 特殊な性嗜好ってあるんですよねー。わんご社長とオオカミな俺も
可愛い。

視辱願望 鏡の向こうで
柾と涼は普通の恋人同士で2人ともリーマンだ。最近セックスの時に涼の態度がお
かしいと どうしたんだと柾はいう。何でも言ってみろというと 夢で人にセック
スを覗かれていて それが気になり興奮する というのだ。俺はおかしいのではと
涼は心配する。柾は大丈夫といい あるホテルに連れてくる。涼はこういうところ
は嫌だというが あの鏡はマジックミラーなんだよ と柾はいう。ここでセックス
すると・・。

視辱願望 鏡のこちらで
涼と柾は同棲することになる。引っ越しで大きな鏡を買う。これからは俺だけに見
せるようにといい 鏡に向かって涼を抱く そして・・。

社長様の言うとおり
相馬と久光は大学時代の親友だ。今は恋人でもある。久光は内定していたのに 相
馬に強引に俺の親父の会社に来いと言われる。今は相馬が社長で 忙しく二人で働
いているが 会社でも相馬は久光を抱きたがる。あれから6年 二人とも頑張って
きた。久光は最近 引き抜きにあっている。移る気持ちはないのだが 叔父である
専務がやってきて 相馬がやっとお見合いをするというのだ。聞いていないと驚く
と 内緒にと言われていたというのだ。久光はかっとして 引き抜きの相手に会い
たいと電話する。話を聞いていると 相馬が現れて・・。

お屋敷の花嫁
ケンは不動産の会社が倒産して家も何も失った。山奥に家と土地が残っているので
そこに行くが そこには中学時代に大地主の息子で一つ下の初恋で恋人の楓がいる
のだ。大人になったら結婚しようといったけど もういないだろうなと。ところが
家に行くと 楓がいた。お帰りなさいと抱き着いてきて ずっと待っていたのだと
いい泣いている。自分の家に来て 一緒に暮らそうという。至れり尽くせりの生活
にケンは 罪悪感を覚える。とうとう本当のことを言うのだが・・。

わんこ社長とオオカミな俺
支倉は会社に入って半年だが 社長を見たことがない。ほかの社員も知らないそう
で不思議だ。社長室に資料を取りに行くように言われた支倉だが 社長はいないか
ら大丈夫だと。入っていくと誰もいないが 他のドアからうめき声が聞こえる。
入っていくと小柄な若い男が倒れていて 大福をのどに詰まらせていた。取ってや
りみると 小さい犬のようだ。ほとんど何も口を利かず 明日お礼したいと。次の
日に行くとたくさんのケーキがあり支倉だと名乗ると 白石という。やっぱり社長
だった!それから昼休みはいつも社長とお菓子を食べて 少し話すようになったの
だが・・。

情愛
店で無銭飲食をして やくざに捕まった男は組に連れてこられる。若頭が4年ぶり
に来て どういうつもりだという。男は竜二といい若頭の竜我の弟だ。竜二は武闘
派でならし 竜我は頭脳派だった。二人は渡海の双子の竜として有名だったのだ。
4年前に竜二は撃たれた。今回の開発から手を引けと 竜二はいう 命が危ないぞ
と。今日の会合は政治家も来るから 沢山護衛はいらないと竜我は出かける。とこ
ろが後から 竜我が出てきて あれは竜二だから追いかけろといい・・。

秘密の部屋
幸也はお化け屋敷と言われている廃屋の中に 男性が棺のようなものの中で寝てい
るのを見つけた。親には行ってはいけないと言われているが 嘘を言い通っている。
寝ている男性は綺麗で 心が吸い込まれそうだ。寝ている彼に コハクと言う名前
を付ける。君の目の色が 琥珀というのに似ているのじゃないかと思ってという。
8年経って まだ幸也は通っていた。高校生の幸也は手を切り 血がコハクに垂れ
てしまう。ベットが壊れているからと なおしに来ると・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

愛人教師

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

愛人教師 (ニチブンコミックス KAREN COMICS) [コミック]
かぶとまる 蝶子 (著)
出版社: 日本文芸社 (2011/12/28)

51AKpywQBBL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_[1]

内容
貴方が本当に欲しいのは俺でもなく俺の体でもなく俺の兄なんでしょう・・。借金のかたに体を弄ばれることになった三咲。梶本は三咲の兄への復讐と言いながら そこにはただならぬ感情があると知る三咲。三咲は梶本に惹かれ始めた矢先 突然兄が来て借金を返すとやってきて・・。

感想
いつもと変わらず^^;H満載であります。もう一体どれくらい読んでいるのか?
10冊くらいは読んでいて 三月も新しいのが出ていますね。出てると つい読
んでしまいます。なんか読みやすいのです。今回は短編ではないです。

たまらなく濡れている
笹塚三咲は西山という友人の罠にかかり 800万の借金の連帯保証人にされて
しまう。ある日 借金の取り立てが来る。自己破産はできないから 俺の愛人に
なるよういと梶山はいう。無理やり抱かれるが 自分にそれだけの価値がるとは
思えない。三咲が教師とすると余計に嬉しそうに抱く。梶山は三咲の兄の同級生
だといい 兄が大嫌いなのだという。

どうしようもなく感じている
三咲は段々体が抱かれるのに慣れて 快感を感じている。梶山は一緒に住むように
と言う。立派な部屋だが 生活感のない寂しい部屋だ。食事を作っておくとちゃん
と梶山はトマト以外は食べている。相変わらず抱くのは乱暴だが 食事はうまいと
誉めるし 観葉植物も枯れかけていたのが元気になったのを見ている。

どうしようもなく乱れてる
梶山は仕事ばかりであまり顔を合わせることがない。三咲が掃除していると梶山と
兄の写真が出てくる。二人は仲良く映っている。もしかしてと梶山に兄が嫌いなの
ではなくて もしかしたら好きなのではというと怒り出す。兄の代わりに抱かれる
なんて嫌だと抵抗するが・。

どうしようもなく求めている
梶山との生活は 今までどうしていたかわからない。好きだと自覚すると 恥ずか
しくて まともに見ることもできない。相変わらず抱かれているが 三咲は料理を
いろいろ勉強して 梶山に美味しいものを食べさせたいと思っている。ある日 兄
から電話が来て・・。

どうしようもなく溢れてくる
梶山は兄に 三咲はもう俺のものだから お前のもとには返さないと電話で言って
しまう。三咲は驚いて怒るが 誤魔化しはきかないし そうするつもりもないと梶
山は言う。兄が来ると 借金のかたに性奴隷にしたんだと 梶山はいう。激しく抱
く梶山だが 兄が借金を返してきたから おまえはもう戻れといいだし・・。

どうしようもなく愛してる
兄が借金を返し 三咲は家に戻り普通の生活が戻ってきた。兄は お金を返すのは
いつでもいいと言って 梶山は金に飽かせて 好き勝手に相手を探しているさと言
う。そんなことはないと思うが もう終わったことだと三咲はいう。観葉植物を見
ていた三咲は 梶山の会社に押しかけていき・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ハダカの王子さま

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

ハダカの王子様 (アクアコミックス) [単行本]
かぶとまる蝶子 (著)
出版社: オークラ出版 (2011/2/12)

51MxST58GyL._SL500_AA300_[1]

内容紹介
小学生の頃から、孤高の王子様的存在だった有馬。そんな有馬が気になって仕方がなかった千里は、有馬から『家来』になることを命じられ、高校生になった今もその関係は変わらない。そんなある日、いつもモテモテの有馬ではなく、千里が女子に告白されたことをきっかけに、有馬の独占欲はエスカレートしていき───!? ワガママ暴君と、一途な純情青年の愛執が交錯する、究極のエロティック・ラブv

感想
ハダカの王子様 金持ちでわがままに育った有馬は友達がいない。いつも威張って
いるからだ。みんな逃げてしまっても千里は気になって有馬のところに行く。有馬は
泣いていたくせにゲーム カード プラモやるからおまえはオレの家来だ!って
反省がない^^;あれから5年経った。高校生になった俺たちだが千里はもてる。
今日もラブレターをもらうが「お前以外なんとなく信用できない」という。
おまえさえいればいいんだ。ってこれ愛の告白だよね^^;ところが今日は千里が
告白される。有馬の家でゲームをしているが有馬は苛々して千里にあたる。「付き
合うのかどうするのか」おろおろする千里に何がしたいのかという「キスか?Hか? 」
俺がHの相手になってやる拒んだらぶっ飛ばすぞ・・と言ってセックスをするが。
全部千里が好きで離したくなくて寂しいからの裏返しで高飛車なだけ。千里とも
わかっていて わがままで可愛い有馬ずっと一緒だよって
思ってる。

王様のむち愛のむち 風人の家はSMクラブを母が経営しているが傾いている。
そこに三か月前からカリスマS王我門が来るようになった。彼が来てから経営が
上向きになった。しかしその代り我門は風人を縛ったりしていたぶる。嫌だけど
母から逃がさないように厳命されている。ある日お客さんに呼ばれ話していると
我門に呼ばれいつもとレベルが違う責めにあう。何故と問うと他のお客について
いったと思って嫉妬されたのだ。思わぬ告白と熱い攻めを受けとうとう抱かれて
しまうのだが

ボクのためのあなた 杉原は保育士だがゲイでしかも対象は中学生・・それは流石に
まずいと思ってるから独り者だ。園長が骨折で代理として息子の春人27歳が来る。
童顔で杉原の理想である。一緒に働くと可愛くてしかたがない。色々手伝ううちに
親しくなり悩みをはなしあったりする。もてるでしょうという春人にたまらなくなり
キスをして好きだと告白する。明日から気まづずいかもしれないけどっていう杉原に
確かめさせてと春人がいう。それから毎日のようにキスと触りっこをするようになる。
ある日お迎えのお母さんに紛れて学生服の子が迎えに来る。杉原がその男子と話して
居るのを見て春人は・・。

止められない恋人 玲の恋人貞光は財閥の御曹子だ。雪の日に豪華な毛皮を着て
迷子になっていた。アパートに連れ帰り残り物をふるまってやったら しっかり
懐かれてしまった。迎えがきて帰ってからプレゼントの猛攻撃でとうとう付き合う
ことに。働いてる工場にリムジンで御出迎えにホテルでの食事と泊まり。いくら
いっても玲は贅沢なことをやめてくれない。誕生プレゼントのストラップもダイヤ
だし^^;でも好きだから離れられない。

狂おしい純愛 森居は両親を早くに亡くし姉が親代わりだった。その姉は未婚の母で
甥の竜介を残し亡くなり森居がひきとった。大変だけど楽しい日々だった。しかし
中学から反抗期で口をきかなくなる。ある日森居は甥の自慰を見てしまう。竜介は
叔父が男とセックスしているのを見たことがあると言う。同じように触ってくれと
いいだし次第にエスレートする。とうとう他の親戚に預けようとするが怒った竜介に
犯されて・・。

約束の朝 ルイスは小さいころから自分の世話をしてくれたヴィンセントが大好きだ。
明日からは海軍大尉として船に乗らなければいけないので館を出なければならない。
夜中ルイスは軍服を着てヴィンセントに見せる。軍人になるのは嫌ではないが
愛しているから おまえと離れたくないと言う。今 抱けと命令するルイスに
ヴィンセントは執事をやめて抱きましょうと言う。ルイスはこれで俺のものだと
自分もヴィンセントのものだと。

相も変わらずH満載のかぶとまるさんでした^^; 









コンテントヘッダー

秘書様に従え!

秘書さまに従え! (DaitoComics/BLシリーズ) [コミック]
かぶとまる 蝶子 (著)
出版社: 大都社 (2011/1/25)

hisyosaanisitagae.jpg

内容
普段は仕事をしているその場所でスーツを脱いでしどけない姿をさらす男たち。淫らな遊戯が繰り広げられる夜のオフィス。

感想
特別手当は御前の体 ある日突然引退して旅立った親父に社長の椅子を譲られた
政次だが 厳しい教育係の類がついている。朝から晩まで勉強させられ働かされる。
やってられないと褒美を類に申し出る。そして類にフェラをしてもらうのがご褒美に
なるのだが。社内でバカにされていても類が信じてついてきてくれる。自分の首を
賭けてまで尽くしてくれる類に愛しさを隠せず抱いてしまう。もっと頑張るから
ご褒美をくれと言って。

S的秘書のイケナイ上司教育 関川は仕事の鬼だが 社長のぼんくら3男の教育係を
仰せつかる。関川は優のあまりにひどい態度に切れて手足を縛って嬲ってやる。首
かと思っていると優は真面目に仕事をするが昨日みたいにしろという。関川は優の
ご主人様になった。飴と鞭でなんとかなってきた優だが関川に異動命令が。泣く
優をおいて赴任するが数か月するとまた優はダメ人間に。戻った関川に泣いて
すがる優。また躾なおしだ・・。

復讐はアンタの上で 勇司は小さい会社を経営してる。そこに大企業にいた男が
転職してくるがなんと10年前に別れた(捨てた?)純也だった。会社の経営が
なっていないと怒りテキパキ仕事をする純也だが なんのためにきたのかというと
復讐だと言う。必死に働く純也に好物を差し入れする勇司。そこに前の会社の
町田が逆恨みをして純也を襲う。勇司は純也を助け 別れたくて別れたのでは
なかったのでもう我慢できなくなり 今でも好きだといい二人は元に戻る。
なんかこういう ひとりよがりが苦手。別れるならはっきり理由を言って欲しい
そうしないとずっと引きずるじゃないの・・

きっと恋をしたんだろう 誉と喜一はライバル同士と勝手に誉が思っている。
小学校でわずか2点誉に勝ったことがあってそれからずっと敵視されている。
中学高校でも資産家で頭と姿がいい誉は中心で 喜一はそっと見るだけの
存在だった。途中入社してきた誉は業績を上げる。喜一はいつも屋上で
煙草を吸っているがそこに誉がくる。何も勝ててないのにどうしてこんなに
誉が意識してくるのかわからない喜一は性的なことで優位に立とうとして
手淫でいかせてしまう。それから毎日お互いを触るようになるが ある日喜一は
転勤の辞令がおりる 泣きそうな顔で別れを告げる喜一。夜 誉がやってきて
離れるのは嫌だと、ずっと勝ててないのは おまえに惚れているからだと言う。 
ベットを共にして誉は また追いかけていくよと。

二度目は愛にして 彰と礼司は高校の時恋人同士でお互いのリングを交わすほどの
仲だった。ずっとこのままだと信じていた彰だったが・・。10年経って彰は礼司と
仕事関係として再開した。食事でもどうかという礼司に断る彰だがあっさり諦め
られるとそれもむかつく。結局一緒に食事をするようになるが 相変わらず優しい
礼司にほだされそうになるが恋人はいるかときかれ 割り切った関係ならいいと
彰はこたえる。もう同じ気持ちになりたくない。
関係が始まるが いつも気遣う礼司に 段々彰は耐えられなくなってくる。あの頃
他の大学 海外にいった礼司を待って待ってとうとう帰ってこなかった・・。
それから他の男とも恋愛したがこうしてまた礼司と会うと元に戻ってしまう自分が
惨めだ。礼司からおまえしか駄目だと言われ とうとう元の鞘におさまる。
うーん どうもすっきりしない まあ幸せならいいんだけどね こういう男はまたなんか
あると別れるとか すーっと消えそうで嫌なんだなあ・・。

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR