コンテントヘッダー

魔淫の石―愛人契約 (セシル文庫) 文庫 – 2010/11 しみず 水都 (著), 砂河 深紅 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
魔淫の石―愛人契約 (セシル文庫) 文庫 – 2010/11
しみず 水都 (著), 砂河 深紅 (イラスト)
しみず

内容(「BOOK」データベースより)
父親の借金をかえすため、秋海は一年間、大学を休学し、伊嶋産業の社長・伊嶋修二の愛人をすることに。洋館に閉じ込められ、男なのに女のように抱かれる日々。だが、なぜか修二は秋海をひどく扱うわけではなく、旅行に連れ出したりプレゼントをしたり想像以上に楽しい生活だった。最初は反発していた秋海もいつしか修二に心を開くようになるが、身体だけの関係に耐えられなくなり…。

感想
お金で買われた愛人が主人を好きに っていうパターですが 
秋海が素直で可愛かったです^^買った伊嶋も 傲慢で冷たい
面もあるけれど これだけ秋海を大事にしてくれるので 本質
はいい人なんだろうなあ 最後は誠実さを見せてくれたしね。
しかし この宝石がもっと力があるのか と思ったのですが 
そうじゃないのね^^;でも さりげなく恋愛を応援してくれるの
ね^^
伊嶋の秘書の柚岐が謎なひとで・・いつもむっとして 秋海を
軽蔑してるのだけど・・実はどんな人なのか?最後まで よく
わからない。柚岐は会社と社長大事だから 会社と彼さえ調
子よければ 後はどうでもいいのかも?^^;
ジョージと柚岐もくっついたら 面白かったかも^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

慰愛 下僕の花嫁 (プリズム文庫) 文庫 – 2012/7/23 しみず水都 (著), 一夜人見 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
慰愛 下僕の花嫁 (プリズム文庫) 文庫 – 2012/7/23 しみず水都 (著), 一夜人見 (イラスト)
1しみず

内容
元名家の次男・東九条秋保は兄に命じられ、製糸機の購入に輸入会社を訪れた。しかし前金を持たない秋保は追い返されてしまう。このままでは実家の事業が立ち行かなくなると思案にくれていると豪華な馬車が秋保の前に停まった。現れた男はなんと生き別れになっていた、幼い頃の教育係の沙居だった。輸入会社の支社長を務める沙居は、秋保に自らを差し出すなら契約してもいいと持ちかけてきて――…。執愛がつくる復讐の檻の味は…?

感想
なんか 可哀想な話なんですが 前半の沙居が子供の時はほん
とに酷い扱いで 虐待なんですよね だけど後半は 思わず笑っ
てしまって^^;というのは 主の妹や 秋保の兄に虐げられたか
ら 秋保に仕返ししてやるみたいな事を 沙居は言ってるのに
豪華な食事 新しいスーツなどを秋保に用意して 観劇とかに
連れて行くのですよね。とても 下僕としてこきつかってやるーっ
ていうのとは 違うじゃないですか^^;
秋保も秋保で おぼっちゃんでぼんやりしてるから 無理やり
セックスされても これは復讐だから仕方ないみたいに思って
るけれど こんなに大事に抱かないって!^^その後も 至れり
尽くせりじゃないですかー^^;
まあ ほわわんとしている 可愛い秋保には 腹黒でお金儲け
のうまい でも秋保には 下僕になってる?沙居が ぴったり
です!^^
秋保の兄も意地悪で嫌な奴だけど 沙居の秘書の柏木も相当
なので 柏木に兄がやられると面白かったかも^^; 

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

蜜のしたたる王国で―愛の標 (リリ文庫) 文庫 – 2011/11/14 しみず 水都 (著), 東野 海 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

蜜のしたたる王国で―愛の標 (リリ文庫) 文庫 – 2011/11/14
しみず 水都 (著), 東野 海 (イラスト)
しみず

内容(「BOOK」データベースより)
凍る月の美丈夫、デミエル王子は軍神のごとき強さと魔王の残酷さを持つ。敗戦国の囚人として、ある密事を抱え捕虜となったフィリスは、その噂が真実である事を己の身で知る!だが、フィリスはどんな辱めにも一切抵抗をしなかった。どんなに嬲っても汚れる事のない高潔な瞳に、デミエルは苛立つ。それは同時に孤独な彼の瑕を抉り、初めてのあまくるおしい感情となり心を滾らせた。一方フィリスは、デミエルが自国の王宮からも命を狙われていると知り!?―。

感想
面白かったです。ちょっと今まで読んでいたこの手の話と 少し違
うので そこが楽しかったかな^^
フィリスが見る光の柱 彩標が 結局なんで見えるのか なにかの
力になるのか よくわからないままだったので ちょっと残念かな。
王子の力になる 役に立つようなのだけど はっきりしないので 
それをフィリスが 使えるとよかったのになあ^^
デミエルが 残酷で暴力的な男から フィリスと同衾していくうちに
なんとなく 人間的になって 彩標が暗い色から 明るくなり最後
は 光り輝くようになるというのが わかりやすくていいわー^^
しかし この時代の(中世あたり)拷問とか処刑は ほんとえぐい
ですー怖いー。
牢屋でフィリスを庇ってくれたガウールや しょうもない狐みたい
なサイラスが なかなかよかったです^^このサイラスが 臆病だ
けど狡猾で 自分のためになることばかり考えてるのですよね。
その後も 少しあればよかったな^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

恋辱 騎士の執愛と王子の涙 (プリズム文庫) 文庫 – 2014/10/23 しみず水都 (著), みずかねりょう (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

恋辱 騎士の執愛と王子の涙 (プリズム文庫) 文庫 – 2014/10/23
しみず水都 (著), みずかねりょう (イラスト)
しみう

内容(「BOOK」データベースより)
アルファウス王国の王子であるアウルは、庶子であり後ろ盾もない身のため王宮では肩身の狭い生活をしていた。そんな日々の心の支えは、秀麗な騎士・ギードとの交流だ。だが成人を迎える直前、アウルは兄である国王により捕らえられ、修道院に幽閉されてしまう。国王は監視役となったギードに、アウルが子をなさないように毎晩精を絞りとるよう命じる。「どうせするなら、愉しみましょう…」ギードはそう言うと、アウルを深い快楽に堕とし―。

感想
なんとなく storyの先が見えても こういうのが好きなんですよねえ 
主と騎士 主と執事など うーん好きだなあ^^
アウルは 庶子で可愛いのだけけれど 後ろ盾もなくて不遇の王子
ここでもう あたしは なんとなく嬉しい^^そこへ 颯爽と騎士が現れ
て来て いろいろ助けてくれるのだけど アウルの従者にはならない
のですね。
それから3年 ほのかに(恋愛の意味で)好きと思うのだけど10歳か
ら13歳ですよねえ。ギードはすでに17歳で 20歳だから 大人だけ
ど 弟の様に可愛いなんて 言ってるのですが・^^;
一生懸命なアウルは ほんと可愛いです^^純粋培養だから 色々
言われても わかってないのね。ちゃっかり食べられちゃいます。

敵役の第二皇子の意地悪なこと・・大人になって更に酷い。この前
読んだ王子ほど残虐ではなかったけれど どうしてこう 王子王女
激しいのでしょうねえ やはり 生き残るためかしら・。
安心して読める?1冊でした^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

主上の犬 愛は後宮に熔け堕ちて (プリズム文庫) / しみず水都

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
主上の犬 愛は後宮に熔け堕ちて (プリズム文庫) [文庫]
しみず水都 (著), みずかねりょう (イラスト)
出版社: オークラ出版 (2013/11/22)
51l7X19JbVL__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)

若き王・綜劉が治める旺璃国はようやく内乱が終息しようとしていた。熔雪は幼い頃から綜劉に仕え、その類まれなる才気に心酔している。しかし、熔雪の腹違いの弟が敵に寝返ったため、内戦は終結せず、熔雪自身も裏切り者の一族としてこれまでの任を解かれてしまう。そのうえ、丞犬―主の側で物いわずただ侍る犬として仕える屈辱的な役目を命じられ、後宮に入ることになり…。

感想
あたし好みのお話でした^^イラストも みずかねさんで 前もこういう話
で(別の作家さん)イラストは同じだったような。その時の話も絵柄も好き
だったので 今回もサクサクと読んでいけました^^熔雪は綺麗で一途な
進士で 荒事には勿体ないような人ですね。
弟の謀反で 罰として後宮にいれられるといっても まるで罪人じゃなくて
最初から愛妃扱いですよねー^^衣服から食事 待遇がまるで違うのに案外
鈍い熔雪です。
綜劉も 遊び友達としてきた熔雪が 美しく賢い その上 年上なので少し
コンプレックだったけど 長じてそばに置いて 好きの度合いが気が付いて
ないけど上がってるんですよね。後宮に入れていつもそばに置いておきたい
くらいの相手って 愛してるって事よね。二人とも お体外の気持ちが
はっきりするのに意外と時間がかかり Hだけが進んでる感じです^^;
流石 後宮?にいるだけあって Hはいつもしていて^^;あの男性器を
遣わせないようにする皮の拘束具?が気になります(汗)
ここ中丞相が 妙におかしいのですよねー^^宦官なんだけど 守銭奴で
意地悪なところもあって でも憎めないキャラです^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR