コンテントヘッダー

香港蝶々 (ショコラノベルス) Kindle版 眉山さくら (著), 羽根田 実 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
香港蝶々 (ショコラノベルス) Kindle版
眉山さくら (著), 羽根田 実 (イラスト)
なゆ

内容紹介
西洋の文化に触れるという夢を胸に上海に渡った櫻井子爵家子息の美郷は、偶然出会った阿片窟の少女を逃がすため、チャイナドレスを着て囮となる。追い詰められた美郷を救ったのは、雄々しくも品格あふれるヒューバート・キングスレイ香港総督だった。美郷の境遇を知り、真摯に情を傾けてくれるヒューバートに感謝と尊敬の念を抱いたのも束の間、彼が美郷を女と勘違いしていることを知る。美郷は彼の元を去ろうとするが許されず、無理やり身体を奪われた挙げ句、『総督夫人代理』として香港に連れ去られてしまい……!

感想
なかなかロマンチックで いいんですよねえ どうしても
上海っていうと かわいさんのうたかたの恋を思いだして
しまうのですが こちらも 主人公はイギリス人と日本人
(かわいさんは 相手が中国人)
美郷は まだまだ 子供でしかも 子爵の息子だから
世間知らずで 上海に着いた途端 事件に巻き込まれて
しまいます。
ヒューバートと 運命の出会いをしなかったら アヘン屈で
男娼になってるよねえ・・。
助かったものの ヒューバートに無理やり抱かれて 総督
婦人代理にさせられちゃう^^だけど 凄く大事にされてる
し エッチだって 酷いことはしてないよねえ。
というか 毎日のように抱かれて 美郷は開花してますけ
ど^^;
強引で腹が立つけれど 美丈夫で 好意を隠さないヒュー
バートに 心が惹かれるほど 迷惑になってはいけないと
美郷は辛くなってきます。
わたしの好きな展開でしたねえ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

黒獅子王の溺愛 -軍服花嫁オメガバース- (ビーボーイスラッシュノベルズ) 新書 – 2018/2/19 眉山 さくら (著),‎ すがはら 竜 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
黒獅子王の溺愛 -軍服花嫁オメガバース- (ビーボーイスラッシュノベルズ) 新書 – 2018/2/19
眉山 さくら (著),‎ すがはら 竜 (イラスト)
まゆやま

内容紹介

「お前はオメガ、獣人種の牝だ」
国に不幸を呼ぶとして忌み嫌われる存在の『陰種』である大倭国海軍少佐の顕良。
彼は海上で因縁あるイシュメル王国の強襲を受け、
漆黒のたてがみを持つ絶対的アルファの王ギルスに、オメガを理由に捕らえられる。
抵抗する顕良をギルスは『運命のつがい』と呼び、
自慰も知らない清廉な彼に快楽を植えつけていく。
そんな忌まわしい存在であるはずの自分に悦楽と愛情を注いでくるギルスに、
身体も心も徐々にとろけはじめ…。

感想
設定が わたし好みです^^
顕良は 自分が傾国で 母国に仇なすものだからと
言われ続けて 必死に学業も鍛錬もするのですが・・
これって怖いですよねえ・・。大倭国は 鎖国状態で 
世界を知らないわけです。だから 自国の常識が
すべてなんですよね。
世界から見たら あるものは非常識でも わからない。
親もいないから 誰も教えてくれなくて 洗脳されてる
ようなものです。
それがイシュメル王国のギルスに浚われて 最初は
当然 怒ってますよね。親友とも言える雁屋も 人質に
されてしまうしね。
だけど 実際 ギルスと暮らして 彼の一族や国を知る
ようになると 一体自分が教わったことは なんだったの
だろうと 疑問に思いますよね。
そして ギルスが強引であることは確かだけど 顕良を
大事にしてくれて 周囲にも優しくて 思いやりがありま
すよね。ギルスが賢王だと知り 自分自身を卑屈に
思ったり 嫌う必要はないんだとわかった顕良は 動揺
してしまいますよねえ・・。
雁屋は いい奴で これからもきっと助けになってくれる
でしょうね。
前王の妃だったエリシュは 気の毒な気もするけれど
人を陥れるようなことは 自分に戻ってきますから。
ギルスも 最初は 強面で いかにも王って感じでしたが
後半は 愛妻に甘い デレデレ?の夫でした^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

黒獅子王の隷妃 (ビーボーイスラッシュノベルズ) 新書 – 2017/9/19 眉山 さくら (著), 小山田 あみ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
黒獅子王の隷妃 (ビーボーイスラッシュノベルズ) 新書 – 2017/9/19
眉山 さくら (著), 小山田 あみ (イラスト)
まゆ

内容紹介

「身体の奥にまで俺の証を刻み付けて、俺のことしか考えられなくしてやろう」
生き別れの母を捜すため、バルバロス帝国に密入国しようとした
自由民の青年・凜花(りんか)は兵士に捕われる。
特別な能力を持ち黒獅子に変身できる最強の王・アレクシオの前に突き出され、
王の奴隷となることを命じられる。
無垢な陰茎を縛られ、孔をねっとり弄られて
強い快感に悶える凜花は王の熱塊で更なる悦楽に啼かされる。
毎夜王に犯される凜花だが、母を捜すため城を抜け出して…!?

【人物紹介】
アレクシオ
王族の中でも優秀かつ特別な能力を持ち、黒獅子に変身できる最強の王。
本来なら処刑すべき密入国者・凜花に執着する。
傍仕えに苦い顔をされながらも夜毎凜花を求め、独占欲を抱く。

凜花(りんか)
自由民だが有能な薬師。
思いやりに溢れた優しい性格。
王に密入国の理由を何度も問われるが、
母の迷惑になってはいけないと秘密にしている。

感想
やっぱり 王道はいい^^;
凜花は 流浪の民にしては?綺麗ですよね 最もそう
じゃないと アレクシオ王の目にとまらないでしょうけど。
色々な民族の血が混じると 綺麗な人が生まれてくる
のですよね。
でも凛花は それを自覚してないし 情が深く健気な子
なので アレクシオも最初は 帝国に入りたい 理由を
知りたくて奴隷にするのだけど どんどん惹かれていく
のですね。
いくら能力があって見栄えがよくても 黒獅子に変身で
きるというのは 他の人と違うっていうコンプレックスが
あり 孤独でしょう。それも あるがままに受け入れてく
れる凛花の存在は貴重で 王も好きになりますよ。
後宮で召使たちに虐められる日々でも 凛花は 自由
人だから 逞しいし逆にみんなに優しくて いつの間に
か 周囲に好意をもたれてる。王の伴侶として必要な
要素がいくつもある凛花です^^
なかなか母のことを言えないから 凛花と王は お互い
を思いあってるのだけど すれ違ってしまうのです。
王も 不器用というか 直接的過ぎるのよね。恋愛をし
てきていないから しょうがないけど。
やっぱり 少しでも その後があると 嬉しいです^^
幸せなところ読みたいからねえ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

愛罪花嫁~溺れる蜜月~ (ビーボーイスラッシュノベルズ) 新書 – 2015/5/19 眉山 さくら (著), 笠井 あゆみ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

愛罪花嫁~溺れる蜜月~ (ビーボーイスラッシュノベルズ) 新書 – 2015/5/19
眉山 さくら (著), 笠井 あゆみ (イラスト)
まゆやま

内容紹介
「ほ…、欲しぃ…義父さんが…っ」
「よく言えたな……いい子だ」
亡母の縁で、精悍なイタリア人でマフィアのボス・ロドルフォの養子になった真樹。
ところが義父であるはずのロドルフォは、真樹を『花嫁』と呼び、独占欲を露わにする。
乳首や後腔の感じる所を執拗に刺激され…甘く喘ぎ、悦びの涙を流しながら、次第に彼の淫らな性技と情熱の虜となっていく。
しかし、ロドルフォが一族の為に結婚すると聞き、耐えられず屋敷を逃げ出すが…!?

禁断の濃密愛。

感想
いやいや Hも凄いし?義父の愛が 重くて強くて 真樹は 幸せ
なんだか不幸なんだか^^;でも なにをしていても 義父を愛して
るというのだから 幸せなんでしょう^^ずっと籠の鳥でも いいの
だろうねえ・・。所詮 飼ってる鳥は 外では生きられないしね。
おじさんも阿保なのか 相手を見て ちょっとはおかしいと思えば
いいのに いくら従兄でも そんなにお金くれるわけないだろう。
甥を金づるにしてるから 天罰来るんだけど 自業自得。
ロドルフォは 真樹に対しては 倫理観があるんだと思ったけど
結局は違うのね^^;自己中で傲慢で独占欲が強い でも優しい
恋人でした。
放しているように見えて その実 いつも監視下に置いているの
だけど 真樹はちょっと世間知らずで天然だから わかってない。
頭が恋愛脳になってるから 恋人しか見えてないのねえ^^;
ジュリオが気の毒だったなあ 真樹を好きになったばっかりに。
ある意味 真崎には 男性惹きつける魔力があるんだわ。
一番強いのは ロドルフォを夢中にさせた真樹かも?

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

神獣王の花嫁 (ダリア文庫) 文庫 – 2014/9/13 眉山 さくら (著), タカツキ ノボル (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
神獣王の花嫁 (ダリア文庫) 文庫 – 2014/9/13
眉山 さくら (著), タカツキ ノボル (イラスト)
まゆやま
内容紹介
考古学者を志す大学院生の芳人は、発掘に訪れたジャガー神の遺跡があるという島で、
悪名高いマフィアのボス・ラウールに捕らわれてしまう。
「聖域である神殿をアジトにするなんて」と憤る芳人だが、ジャガー神の血を受け継ぐラウールに抱き寄せられ
「お前には俺のつがいとして、子を孕んでもらう」と告げられる。
それは神に捧げる淫らな儀式の始まりだった——。

感想
なかなか楽しかったです^^ストーリーもちゃんとあるのですが 
当然ね^^でも 妙にHが多くて むふっでした
4Pじゃないのだけど それっぽいのもあって これも生殺しだな
あと・・部下二人は 王の后である芳人に触れて せいぜい嘗
める?くらいで我慢とか ある意味地獄?ちょっと かわいそう
ですー^^;
芳人は純粋な学者馬鹿なので 頭がそういう意味では 回ら
ないみたいで すぐ騙されちゃう。誰がどう思っているかとか
深くわからないみたいで うーん困ったちゃんね。それでも
ラウールはとにかく 芳人が可愛くて仕方ないから なるべく
思ったようにしてやろうと苦心して・・いい旦那だ^^芳人がもう
少し 賢ければいいのだけど まあそれじゃあ ラウールが
惹かれなかったかもしれないねえ。
悪人だと思った連中も 実は行くところもないし食べるために
していたことで 生きるためと言われると 責められないねえ
(だからって マフィアは肯定できないけどねえ・・)
赤ちゃんまでは いかなったのねえ その後で 出るかと
思ったのだけどね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR