コンテントヘッダー

カウボーイは清楚な花を愛す (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/2/18 神香 うらら (著), 三池 ろむこ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
カウボーイは清楚な花を愛す (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/2/18
神香 うらら (著), 三池 ろむこ (イラスト)
かみ

内容(「BOOK」データベースより)

開拓時代の面影を残すテキサス州の町で、広大な牧場を営む若き主・タイラー。彼は仕事を愛する実直な男で精悍な面差しのセクシーなカウボーイだが、色恋沙汰から長く遠ざかっていた。そんな彼の家に、不運にも火事で住まいを失った新米小学校教師・優希が下宿することに。優希をひと目見た瞬間、タイラーはその可憐な美しさに参ってしまい…?

感想
読んでいて楽しかったですね 若い時 読んだ ハーレ
クイン・ロマンスを思いだしました^^
優希は 本当に 純情で可愛い青年んですよねえ。
これじゃ 女性たちにも友達?扱いで タイラーと
恋人になっても 文句が出ない感じですね^^;

タイラーも年齢からいくと 恋人もいたし もっと恋愛
慣れしていてもいいのに 案外純情で 優希は経験
がないし 二人とも もじもじして ティーンの恋愛み
たいみたいです。読んでいて ほのぼのするような
恥ずかしいような・・^^
タイラーの甥っ子 クリスが 優希たちの間で癒しに
なっているし キューピットになってますね^^

清楚な花のいけない秘密
優希はタイラーと婚約したことを みんな知っていて 
結婚式も庭であげることになっている。同僚から声
をかけられて・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ナース服を脱がさないで (プリズム文庫) 文庫 – 2015/2/23 神香うらら (著), 三尾じゅん太 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
ナース服を脱がさないで (プリズム文庫) 文庫 – 2015/2/23
神香うらら (著), 三尾じゅん太 (イラスト)
神

内容紹介
青空病院に勤める人気看護師の川島律は、花房建設社長の入院中の担当を任される。入院の知らせを受けて病室にやってきた花房の孫、宙司を見てビックリ…! ! 昨日、街でしつこいストーカー男に絡まれていたところを助けてくれた、ド迫力のヤンキー兄ちゃんだったのだ。けれど宙司は助けてくれただけではなく、その場で律をナンパしてきたフラチなヤツで──! ? モテすぎ&エロすぎな麗しの看護師に、強面年下ワンコもメロメロ

感想
可愛いし面白かったです^^セーラー服をー♪の歌が 頭で舞って
ましたね^^;どうしても ナース服とか 白衣とかエロイなあ^^;
見かけと性格が可愛い上に 元から男性を誘うフェロモンが出て
いるみたいなんですねえ 律は^^;まあ 宙司は 年下ガテン系
なんですけど そこそこ家はいいし なんといっても 体が丈夫で
体格も良くて 律だけ大事してくれるわんこだから 恋人として
ぴったりですよ他の連中は 体目当てって感じですものね・・最低。
宙司は 乱暴そうに見えるけど ちゃんと律のこと考えてくれてる
し お弁当作ってくれたり はっきり交際してくれなんて赤い顔で
告白したりして 誠意がありますね^^
まだまだ 若いから ひたすらエロエロなふたりでした^^
祖父があっさり二人の仲を公認してるなと思ったら なるほど そ
ういう理由があったのね。なかなか いきでした。

夜勤ランデブー
男性がよってきてしまう 可愛い看護師の律は 男に言い寄られ
て助けてくれた若い金髪の男性に また迫られてしまう。逃げる
が 病院に入院した花房の孫 宙司が助けてくれた若者で

新妻ナース
宙司の家で同棲している律だが 祖父とその妻になった奈美の
4人で暮らしている。料理もうまい奈美に なんとなくもやっとした
ものを感じる律だが・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

夏祭りの夜に (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2014/11/17 神香 うらら (著), 駒城 ミチヲ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

夏祭りの夜に (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2014/11/17
神香 うらら (著), 駒城 ミチヲ (イラスト)
なつ

内容(「BOOK」データベースより)
母を亡くし、地元の旧家である伯父の家に引き取られた恭は、従兄の秀敬と出会う。華奢な自分とは違い、同級生ながら大人の男の雰囲気を漂わせる秀敬の射るような眼差しに「この人に、いじめられるかも」という予感と共に何故か心を乱される恭。新たな生活に馴染んだ頃、不良に襲われかけた恭を秀敬が助けた瞬間から、ふたりの関係に変化が訪れ!?

感想
高校生同士の すれ違いの恋愛 楽しいですー初々しいしね^^
自覚してないけれど 恭は はっとするほどの美少年で しか
も 男性を惹きつけちゃうのですよね^^;そこがわかってないか
ら 秀敬はいつもハラハラさせられるし 心配で ますます独占
欲が強くなってしまうのですね。
イケメンで頭が良くても子供みたいな秀敬は 普通に好きだっ
ていえないから こんなにややこしいことに^^;しかも恭の方も
鈍いから 相手がどうしてこんなことするのか?って思ううなら
はっきりきけばいいのに まあ 居候という立場があるから 
怖くてきけない というのはあるねえ。
ここまで 独占欲をむき出しにしていれば一敬にばれるのは
当然で でも案外 好意的で二人を助けてくれるのです。彼
も 好きな同性とか いるのかな?^^
これだけ執着していると 秀敬は会社員にはなれないだろうな
あ。将来は秀敬は弁護士 恭は学校の先生というのがベスト
かな^^

東京の夜に
恋人になった秀敬と恭は 違う大学だが 同じ部屋に住んで同居
ならぬ同棲をしている。やっと手に入れて 週に何度もセックスで
来て満足している秀敬だが 大学が違うので 恭の友達関係が
心配で また男に目をつけられていないかと・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

狼さんはリミット寸前 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫] 神香 うらら (著), 花小蒔 朔衣 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

狼さんはリミット寸前 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
神香 うらら (著), 花小蒔 朔衣 (イラスト)
おおかみ

内容(「BOOK」データベースより)
弁護士の雄大は、かつて下級生の歩といい雰囲気になりながら、欲望に駆られ先走って失った初恋を引きずっていた。同じビルに引っ越してきたデザイン事務所に歩を見つけた雄大。自分を覚えていない様子の彼に落ち込みつつ、今度こそ失敗しないよう丁寧に口説こうと決意するが、歩を目にするだけで心と体は余裕のない高校時代に逆戻り気味で…!?

感想
可愛いお話で 癒されました^^二人とも 初恋を引きずって大人
になったのですが 再会してもお互いは 綺麗なまま 男らしい
ままでよかったです たまに劣化していたりしますからねえ^^;
歩はまだ15歳だったし 凄い奥手だものねえ あんなにがたい
のいい雄大が迫ったら それも告白なしでなんて 無理ですよね
怖いですよ。
雄大は今度こそ 失敗しないようにと 歩が欲しくて 涎がだらだ
らでてるのに 必死に我慢してるのがおかしいですねえ^^歩も
なんとか 振り向いてもらおうと思ってるのだけど あまりにアク
ションが小さいから わかってもらえないのですね^^;
恋人になってからは もう大変ですね 周囲にはダダ漏れなの
に 2人だけは 知られてないと思ってるみたいで そこがまた
いいんですけどね^^
先輩の難波の相手は 病院の医師かなあ そのあたりも知りた
かったな。

うさぎさんもリミット寸前
同居が同棲になって 恋人になった雄大と歩だが まだ 最後
までしていない。歩も なんとかセックスしたいと思って ビルの
みんなで花火大会を見るというので 浴衣を着て・・。

狼さんはご満悦
雄大は仕事がきつくて 2週間ぶりにゆっくりできる。歩といちゃ
ついてHもしようと家に帰ると・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

お伽話の結末は

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

お伽話の結末は (ダリア文庫)
神香 うらら (著), 明神 翼 (イラスト)
出版社: フロンティアワークス (2011/7/13)

51vT+Uyo4dL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_[1]

内容
パリの大学院に通う十里は、学術賞のパーティーで、お伽話の王子様のような哲学者・レイモンと出会った。優しく魅惑的な彼に次第に心を奪われる十里。だが、次々と妻を変える彼は「青髭」と噂されており、次の花嫁候補も…。そんな中、叶わぬ想いに胸を痛める十里は彼に恋心を気づかれ、身体を許してしまう。しかも、ある日開けてはいけないという部屋の鍵を預かることになり…。

感想
ハーレクインロマンス風ですが^^;楽しく読めました。珍しくでもないのかな?
王子様としてはちょっと節操がないと言うかノンケでこっちへくるという(爆)
受けはやはりけな気が可愛い

子どもの時パリにいた十里は日本に戻っても両親が多忙で一人っ子なので いつも
一人で遊んでいて 人見知りだったが子供理科教室にいったことにより友達が
できて後で数学に進むことになった。パリに留学して教授の学術賞のパーティーに
参加したときワインをタキシードとワイシャツにこぼして困っていると金髪で背の
高い王子様のような哲学者・レイモンに助けられた。
もう会うことはないと思っていたが 教授から彼の甥っ子が7歳で日本のアニメが
大好きで日本語を勉強したいので夏休み別荘で家庭教師をしないかというのだ。
喧騒なパリを離れて勉強したかったのでバイトもできるので喜んで受けた。

別荘は土地の人がお城といっていたが その通りでレイモンは伯爵の血筋で現代の
青髭伯爵と言われていた。それは三度も離婚しているからだ
。城には内気な甥
金髪のアンリがいた。両親を事故でなくし引き取られたのだ。レイモンは若い時に
両親をなくして姉に育てられたがその姉もなくしてしまい甥だけが身内なのだ。
アンリはなかなか人に慣れないのだが十里にはあっという間になついて仲良くなった。
とても大人びている子供だった。一緒に花や虫を見たり絵を描いたり 日本語や
算数も勉強した。色々教えてくれて優しい十里がアンリは大好きだ。

レイモンは残念ながら十里が考えるような王子様とは違い 女性が大好きでというか
蝶々のように女性の間をひらひらしてあちこちとまり遊んでは後腐れなくわかれると
いう奴だった。落とすまでの駆け引きが好きで後は何度か寝たら飽きるという酷い
男だ
。しかし甥を引き取り真面目に家庭を持ってアンリにいい母親をと求めたが
女性もバカではないので自分を愛してくれない男とは続かないのは当然だ。今も
高名な老学者の孫娘を次の結婚相手にと思っているがその間に夏だけこのカワイイ
青年と遊ぶのもいいなんて思ってるどうやって手に入れようと算段を
している。ワインを一緒にと誘い軽く接触して反応を見ると真っ赤になっている
ので脈ありだなとわかる。十里は初めて性的に反応してしまい焦っているが本当に
レイモンが好きだと自覚する。
あまり深入りも面倒なのかレイモンはさっさと次の候補 カミーユの話をする。城で
晩餐会をして友達数人とカミーユを招待すると。十里はもう失恋だが夏休み終わる
までは眺めるだけで楽しく過ごしたいと思う。客は知的集団で小説家 画家など
議論すきがたくさん来て十里は圧倒される。カミーユは派手ではないが知的な女性
であった。
寂しくて庭に出いるとレイモンが来て酔いがさめたかときいてくる。会は御開きで
2人で庭で話しているが十里は胸が苦しい。結婚するのかと聞くと多分と答える
レイモンだがじりじりと十里を追いつけていき「君は私の事が好きなんだね」といい
キスをする。初めてのキスにぼんやりしていると次々と愛撫されて刺激が強くて
十里はいってしまう。レイモンにとり 何もしらない十里を落とすのなんて造作も
ない。半泣きのままの彼を部屋に連れ込み 私を好きで泣いている君が可哀想だと
いって同情は嫌だといって十里が泣いているのに抱いてしまう。

十里はアンリにシンデレラの本を読んでいるとレイモンがきて 後で私の部屋にと
そっと囁く。おれから1週間なし崩しに毎日抱かれている十里だ。辞めたいが好き
だから抱かれれば心がなくても嬉しい。レイモンは遊びだからセックスを楽しめば
いいのと思っている。やっぱりやな奴^^;レイモンはアンリと十里を連れて川の側に
ピクニックとバーべキューをしにいく。楽しそうにする二人を見て女性なら十里と
結婚したなと思うレイモンだ。その日も散々抱いておいてレイモンはカミーユから
プロポーズの返事を持ったからという
。十里は部屋に戻り泣きながら酷い仕打ちを
するレイモンに腹も立てている。カミーユがきて十里が元気がないのでアンリは
不安そうにしている。カミーユには二人きりになった時 自分が母になるので十里に
パリでがもう来ないようにいう。
カミーユが帰った後 またレイモンが十里を抱こうとする。もう結婚が決まったのに
自分と遊ぼうとするレイモンに本気で頭に来て抵抗すると レイモンは十里を椅子に
縛り付け放置する。トイレに行きたいと言っても知らんぷりして放尿させる
。十里は
泣きながらレイモンを突き飛ばし部屋に籠ってしまう。それからは毎晩アンリと寝る
ようにした。あれから五日 十里は口をほとんどきかないのでレイモンは思いがけず
へこんでいる
。アンリも十里と喧嘩したのかと聞いてくるので カミーユをどう
思うかきいてみると アンリのパパとママみたいにお互いが好きで結婚するのでは
ないからきっとうまくいかないと^^;その上「十里がママになればいいのに」と言い
だす。レイモンが男だからと言うと「(庭師の息子の)ドミニクの従兄弟は男とできて
みんなに反対されたけど結婚したらしいよ
」なんてとんでもない耳年増だ
アンリに「おじさんは一体誰が好きなの」と言われ十里は確かに好きだ。今までの
恋人と比較してもずっと執着している。カミーユとはまだ寝ていないしあまり寝る
気持ちがわかない^^;十里には抱きたいし独占欲もある・・恋と認めるしかない

レイモンはパリに用事で留守にするので鍵束を十里に渡しアンリと見て回っていいと
いう。でも東三階奥の部屋は開けてはいけないと。アンリと屋根裏部屋とかを開けて
探検して楽しんだ。そしてもう帰ろうと思う。レインンが帰ってきた夜 十里は鍵束を
渡し奥の部屋を開けたからもうここにはいられないと言ってタクシーに飛び乗る。
アンリと一緒に帰りに動物園に行かれないことをホームで悲しんでいると凄い勢いで
レイモンが来て十里をひきずって城に戻る。部屋を見たと言うのは嘘だとレイモンは
言う。「見たなら君はでていくはずがない」と。無理やり部屋に連れて行かれると大きな
部屋で天蓋付ベットがある。レイモンは両親の寝室で今まので妻を入れたことがない
と言う。アンリにも言われて 本当に好きな人と結婚すると小箱をあけプラチナの指輪
を見せる。母の形見だといい「十里愛してるから結婚しよう」と。
十里は吃驚してカミーユはときく。彼女は断ったというレイモンに 自分だけの人に
なってくれるならと返事をする。そして熱い時間を過ごし指輪をはめてもらう。

小さなお伽話ドミニクは小さな王子様のアンリと遊ぶか なかなかわがままで大変だがこんな
綺麗な子はいない。ドミニク!とアンリが興奮して赤い顔で走ってくる。「聞いて
おじさんが十里と結婚するの!」男だろうとドミニクは言うが ドミニクの従兄弟
だって男同士で結婚したじゃないのと言われる。おじさんが愛に目覚めたと十里が
好きなアンリは喜んでいる。「大きくなったら僕たちも結婚しようね」とアンリは
言う。唐突な言葉に驚くドニミクだが嬉しくないのって拗ねるアンリは可愛い。
15年後に気が変わってなかったら結婚してもいいぞというドミニクに ほんとに
って嬉しそうにぴょんぴょんに駆けて行くアンリである
最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR