コンテントヘッダー

死にたい病に効く薬 (プラチナ文庫) Kindle版 水無月 さらら (著), 井上 ナヲ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
死にたい病に効く薬 (プラチナ文庫) Kindle版
水無月 さらら (著), 井上 ナヲ (イラスト)
みなせ

内容紹介
幼い頃に双子の兄を亡くし、親の愛情を貰えず大人になった涼也。自己評価が低く、耐え難い自己嫌悪に陥る時がある。そんな時は行きずりの男に酷く抱かれて、擬似的な死を演出している。だが、その夜に出会った美貌の男・双樹は、願望とは真逆の甘い快楽で涼也を泣かせた。優しく包み込まれたようで心惹かれながらも、彼とは一夜限りのはずだった。なのに思わぬ再会をして……。

感想
うーん 一言でいうと 涼也は面倒な男だわ^^;まあ 中高
生くらいだったら まだわかるのだけど どうなのかしら?
双子ってやはり 特別なのかなあ・・。
確かに 子供がなくなったりすると 夫婦で揉めて 別れ
るってあるけれどね 子供にあまり 暗いオーラを押し付け
てもねえ・・。無意識にはあるかもしれないけれど・・。
涼也は すっかり ねじくれてしまって・・それが 傍目には
わからないから根が深いわ・・わかりやすく金髪でピアス
いっぱいで 暴れる高校時代^^;みたいなのを送った方が 
すっきりしたかも・・。
しかし これだけ 男女複雑に混ざり合っても^^;刃傷沙汰
にならないところが凄いというか 都会的なのか みんな大
人なのか?
涼也も双樹も 何回も刺されることがあるような二人だけど
ねえ^^;女性的には ちょっと納得できないというか・・双樹
は 妹に知られた時 どうするのかしら?^^;私的には不思
議な二人だったわー^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

銀の獅子と身代わり姫 (B-PRINCE文庫) 文庫 – 2017/2/7 水無月さらら (著), サマミヤ アカザ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
銀の獅子と身代わり姫 (B-PRINCE文庫) 文庫 – 2017/2/7
水無月さらら (著), サマミヤ アカザ (イラスト)
みず

内容紹介

お前はオレと同じ匂いがする。

新人近衛隊員のマルスは、憧れの隊長・オスカーから、
女装をして王女の影武者となることを命じられ!?

ヴァリエと呼ばれる半獣の種族と人間が共存するグロリア王国。
士官学校卒業後すぐに近衛隊員に大抜擢されたマルスは、
美しい獅子のヴァリエである隊長のオスカーから、
女装をして世継ぎの姫の影武者となる極秘任務を告げられる。
だが、自身も知らなかったマルスの正体は、
その力を怖れられ封印された白ヒョウのヴァリエだった。
仲間としての絆と愛を深めてゆく二人を待ち受けるものは……。
秘められた獣たちのラブファンタジー。

感想
なかなか 面白かった^^盛りだくさんなんですけどね。
人間とヴァリエという半獣がいてそれ以外にも妖精やら 
いろいろ出てきます。 
王様と貴族がまだ中心の世の中で そろそろ民衆が
台頭しつつあるってところですかね。オスカーたちは
民衆と折り合いをつけて 立憲君主にするか 共和制に
持っていきたいけれど 急進派とぶつかり 跡継ぎの姫
は狙われている。そこへ 姫にそっくりのマルスを 影武
者にということなんですねえ・・。
最初は 使えると思ったオスカーだけど 段々 マルスが
愛しくなってくる。一生懸命で可愛いし 自分と同じように
存在意義が不確かなところが共通なんですよね。
その上 二人とも ネコ科?だったし^^
やっぱり 運命の相手だったのねえーと。
マルスの友達のスティーブの気持ちも わかります。親も
いなくて 学校でも差別にあい 居場所がないですから
過激なグループの誘いに のってしまったのだろうなア。
バレンツだって もしも 半獣ということで差別されなかく
て 大学院にいけたら 違う人生だったかも・・。革命家
にならなかっただろうなあ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

座敷童が屋敷を去るとき (キャラ文庫) 文庫 – 2016/12/16 水無月 さらら (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
座敷童が屋敷を去るとき (キャラ文庫) 文庫 – 2016/12/16
水無月 さらら (著)
みな

内容紹介

鄙びた温泉宿に憑く、紅色の振袖に黒髪の美しい座敷童──。高校生の逸郎が通うのは、幼い頃から何度も危機を救って
くれた延珠丸の元だ。好奇心から始まった逢瀬を重ねるたび、次第に妖艶な美少年に成長していく延珠丸は、いつまで経
っても無垢なまま。ついに青年実業家となった逸郎は、愛しさを募らせて延珠丸を迎えに行くけれど、「約束があるから
一緒にはなれない」と応えてくれなくて…!?

感想
よかったですーちょっと悲しいような切ないような気分
になりましたね。
延珠丸は ずっと何百年も 座敷童として 人間だった
自分を大事に匿ってくれた家族の子孫を見守るだけで
いたのだけれど それは 寂しかったと思うのです。
逸郎と話すようになるまで その寂しいっていう気持ち
にも 気が付かなかったのでしょうね。
逸郎は 延珠丸が人間だった時の 年下の子供の生
まれ変わりなのかな やっぱり。延珠丸の事を好き
だったのでしょうね。
それにしては生まれ変わって ストレートに延珠丸を
好きって感じじゃなくて 結構 意地悪だったりしてます
けどね^^;
それでも 高校 大学と その時々に延珠丸の前に
現れて 抱くだけではなくて どうしたら一緒に暮らせ
るかと考えてくれているのですよねえ・・。

時が流れて 距離が離れていても ちゃんと二人の
心は繋がっているのですね。
延珠丸は 逸郎のピンチの時は 必ずといっていいほ
ど 救ってあげる といっても そこまで力がないから
無傷じゃないけどね。
段々 力がなくなってきた延珠丸には ドキドキしまし
たけど こんなに優しい座敷童は 幸せにならなくては
ね^^
旅館の八重おばばの話も 好きですねえ 昔は こうい
う おばあちゃんが いたんですよね 今もいるのかも
しれないけれど 笠地蔵の夫婦みたいです^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

時をかける鍵 (キャラ文庫) 文庫 – 2016/5/27 水無月 さらら (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
時をかける鍵 (キャラ文庫) 文庫 – 2016/5/27
水無月 さらら (著)
みな

内容紹介

仕事に伸び悩んでいた新人俳優の良介。
撮影現場から逃げ出したある日、突然の通り雨に見舞われた後、
目の前に現れたのは、12年前に死んだはずの俳優・カイトだった?
良介は正体を隠し、未だ新人のカイトと暮らすうち、
優しい人柄や仕事へのひたむきさに惹かれていく。
ところが、またしても通り雨に遭い良介は元の世界に。
カイトの死を回避するため、良介は様々な手を講じるけれど…。

感想
面白かったです^^タイムスリップもの?なんですけど ただ
主人公同士が過去で知り合うと いうのだけでなくて 2人
が 同じ業界?に籍を置いていたので 過去と現在を行き
来しても 良介はカイトのことがわかったのですよ。しかも
同じ付属の学校に通っていたのですねえ。年は かなり違
いますけどね^^;
良介は不思議な話を祖母からきくのですが それが 大人
になって 自分にも怒ったのですね。こういうの 好きなん
ですよねえ^^ちょっとナルニア国物語みたいです^^
たった二日の恋愛なのに それからずっと何年も好きなの
ですよ。ロミジュリのセリフを二人で練習するのだけど そ
れも この2人に当てはまりますね 恋は 一瞬で落ちるも
のなんだと。
ついに運命が変わって 再会した時がね どうしても お互
いの時間が違うから・・それでも 好きには 変わりがない
いいですねえ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

年の差十四歳の奇跡 (キャラ文庫) 文庫 – 2015/12/18 水無月さらら (著), みずかねりょう (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
年の差十四歳の奇跡 (キャラ文庫) 文庫 – 2015/12/18
水無月さらら (著), みずかねりょう (イラスト)
さらら

内容紹介

人生勝ち組で、唯一の欠点は奥さんに逃げられたことくらい――
38歳の浅野慶一郎は、大手製パン会社のやり手の常務だ。
ある日、視察中に出会ったのは、オタク系の美青年・芳樹。 社会人には見えない24歳は、若い柔軟さと発想力を持つラノベ作家だった‼
「見た目を裏切る自由さが眩しいな」。一回り以上も年下で、 仕事も生活環境も全く接点のない青年なのに、慶一郎は好奇心を煽られて…!?

感想
やっぱり5歳でも ちょっと差を感じるから 10歳嵯って
いったら かなり・・14歳!うーんジェネレーションギャッ
プが ありまくりかも^^;それでも好きだったら 恋人に
なりたいしねえ・・。それぞれ知らないことは まあ話せ
ばいいんじゃないのかな。同じ年だって 興味があるこ
とが まるで違う場合だってあるしね。

浅野は仕事ができて イケメンでお金持ちだけど 恋愛
に関しては いくらでも相手からどんどん来るから 自分
から あまり好きになってないみたいな気がするのね。
相手からモーションをするのが当然 みたいになってるか
ら 続かないのでは?^^;

芳樹は 両親がいなくて一人だから まだ大人になる前
に 大人として 生きていかなくてはならなくて 成長して
いない部分が 結構 残ってるのね。宇田川いなかった
ら だまされたりとか 酷い目にあっていたかも。
おこちゃまの割合が多い芳樹には 大人の男がぴったり
なのかも。浅野も 芳樹のことが 凄く可愛いと思ってい
るしね。芳樹は ぽわんとしているようだけど 仕事があ
り 自分の口は賄っている自立してる男だからね そこが
ただ甘えてるだけの 恋人じゃないから浅野としてはいい
んじゃないかなあ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR