コンテントヘッダー

狼の見る夢は (モノクローム・ロマンス文庫) 文庫 – 2015/6/9 J.L.ラングレー (著), 麻々原 絵里依 (イラスト), & 1 その他

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
狼の見る夢は (モノクローム・ロマンス文庫) 文庫 – 2015/6/9
J.L.ラングレー (著), 麻々原 絵里依 (イラスト), & 1 その他
おおかも

内容紹介

大学入学でジョージアにやってきたマットは、友人の兄であるオーブリーの家に同居することになった。
出会う前からセクシャルな濃密な匂いが立ちこめる。二人はメイトだった。
だがオーブリーはホテルチェーン、レイノルズグループの社長で、
今後群れの統率者(アルファ)としての責任を負う立場。
自分がゲイであることを公にして会社に不利益をもたらすことはできない。
マットは静かに状況を受け入れるが、先の見えない関係に次第に持ち前の明るさを失ってゆく。
そんなある日、オーブリーのもとに荷物が届いた。
中にはマットの写真、オーブリーに対する脅迫だった──。

美しき人狼たちのロマンス、好評シリーズ第3弾。

感想
面白かったです。でも 前の2冊の方が入り易かったですね。
やっぱりゲイであることを 隠そうとするオーブリーが 気持ち
わかるけど あまり好感がもてなくて^^;それって メイトの
マットを否定することだし でも放したくないと・・要は愛人に
なれってことなんだよねえ。
親やみんなにはカムアウトできないし 社会的地位も財産も
捨てられないしと・・。メイトじゃないなら そこまで好きじゃな
いなら ほかの奴にしろよ!ってマットに言いたくなります。
でもまあ 運命の相手として出会っているから 惹かれて
離れられないのでしょうね・・。
今回は 前の2作の人物たちがいろいろ出てきて それも楽
しかったです^^ちょっと マットの父親とバンビの関係も 気に
なるのですよねえ・・メイトではないのでしょうけど・・。それに
しては こんなに親友といえども 彼の子供たちの面倒をみ
るかしら?
そう 嫌いだーって思っていたオリンねえ・・30年以上も
奥さんと連れ添って 子供たちも3人もいて 今更メイトに
出あってしまうって 悲劇だわ・・。カーソンは優秀だけど 割
と浮気っぽいゲイだし かなりオリンと年が違うしなあ 愛も
ないし^^;
メイトだからって 愛情がもてるわけじゃないし うまくいくとは
限らないみたいで(今回読んでると)それなのに セックスは
したくなって離れられない 少なくとも片方が異様に執着心や
愛を感じるので ややこしいねえ・・。
マットたちは とにかく収まって 恋人になったからよかったわ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

王子は伯爵に恋をする (プリズムロマンス) [文庫] J.L.ラングレー (著), 椎名ミドリ (イラスト), 美島 幸 (翻訳)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
王子は伯爵に恋をする (プリズムロマンス) [文庫]
J.L.ラングレー (著), 椎名ミドリ (イラスト), 美島 幸 (翻訳)
出版社: オークラ出版 (2011/7/23)
王子

内容紹介
僕を犯して、お願い!

リジェレンスの王子であるエイデンは、二十五歳になるか、
配偶者との式を挙げるまでは、純潔を守らねばならない。
男性の純潔を重んじるリジェレンスでは、夫も配偶者も男性なのだ。
けれど、城にデヴァレル伯爵が滞在することになって、エイデンは彼に強く惹かれてしまう。
それこそ、純潔など、どうでもいいと感じるくらいに。
しかし、その伯爵は、じつは潜入捜査中の軍人で……。

感想
うーん 長いですー^^;でも 確かに色々伏線があって面白いです。
男同士で結婚するのが普通とか 突っ込みどころが 多々あるの
ですけど^^;面白いですね。
あたしの勝手なイメージとしては 銀河英雄伝とスターウォーズと
中世の騎士団が 一緒になった感じです。
男しか出てこないけど(主人公の妹 捨て子を養女 意外は)それ
も また楽しいです。
主人公のエイデンの兄弟は どれもかなり個性的です。両親は
当然 男同士なのだけど 王は情熱的で 大柄で綺麗で強い妻の
コニーをとても愛していて 子供たちにも愛情あふれる父親です。
いいお父さんだわー。で 母親役のコニーも 口うるさいけれど愛
溢れるお母ーさんです^^
なんか国王一家っていうのを考えないと 普通の家庭で いたずら
好きの子供たちに手を焼かされている両親 って雰囲気です^^
エイデンとホークは一目ぼれに近いけれど お互いほかに大切な
ことがあるから 最初は自分の気持ちを否定するのだけど 結局
は 相手が愛しくてたまらないのですよね。
しかし この二人は 見つめあう度に 股間が膨らんで^^;一体
何回 その描写があるのかしらってくらい あります(爆)
恋心と下半身が直結型の二人ですねえ・・。
恋愛以外には ホークの過去やコニーの秘密など また軍や国の
陰謀みたいなのが 謎のまま残ってますがとりあえず大団円です。
これは 続編が2冊もあるそうで 翻訳されるのかしらねえ・・。
ほかの兄弟たちの 恋愛もあるかもしれないし ホークの養子の
ジェレミーも今回大活躍なので その後も知りたいです^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

狼の遠き目覚め (モノクローム・ロマンス文庫) [文庫] J.L.ラングレー (著), 麻々原 絵里依 (イラスト), 冬斗 亜紀 (翻訳)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

狼の遠き目覚め (モノクローム・ロマンス文庫) [文庫]
J.L.ラングレー (著), 麻々原 絵里依 (イラスト), 冬斗 亜紀 (翻訳)
出版社: 新書館 (2014/5/9)
狼の遠き目覚め

内容紹介

人狼の私立探偵・ジェイクの伴侶<メイト>・レミは、父親・ダークの暴力に支配されていた。
普段は鼻っ柱の強いレミが、父親の前では萎縮して何も言えなくなってしまう。
メイトのそんな姿に、ジェイクの胸は締め付けられる。レミの心を自由に解き放ちたい。
その一方でジェイクはレミの存在に狂おしいほどの支配欲をかき立てられていた。
そんなジェイクの思いに包まれたレミは、勇気を出して封印していた記憶と向き合う。
それは目を背けたくなるような悪夢のような記憶だったーー。

感想
よかったですねえ^^自分の好きな人狼ってこともあるのだけど 
色々なアメリカの話って感じでしたね。実際には日本にもあるのだ
けれど(最近は発表するようになったし)アメリカでの児童虐待とか
小児愛の事件とか 明るく自由に見える国でも 深部の闇はあるって
ことですね。
BLとしても なかなかで セックス描写とかやっぱりどこか違う気が
するのですが あたしは結構好きなんですね^^愛一杯みたいな気が
して(笑)前回の 獣医と大学教授のカップルの 友達の話なんで
メンバー色々出てきて楽しいです。
一般社会で ゲイが認められたといっても 都会じゃないとなかなか
きついものがありますね。ましてや 事件は ちょっと前だし。
レミはあまりの衝撃で 一部記憶が抜けてるのか 自分で抑えてるの
か 弟の為に全て我慢して違う人になってる気がします。段々 呪縛
から ジェイクたちのサポートもあり 抜け出していくところが 
ほっとしたけど もっと早く 自分に勝って父親と戦えたら悲劇は
一つは防げたかもねえ・・。でもこういう暴力により 子供の時から
ずっと押さえつけられるのは 成長しても なかなか心身ともにはね
のけられないのですよね。
イケメンで強くて 愛情深いジェイクがメイトでよかった^^彼氏の
兄弟のことまで守ろうとしてくれる人は そうはいないしね。
しかしレミは 本当に可哀想な少年時代 青年期でしたねえ・これか
ら ずっと幸せになるといいのですけど。新しい力も持てたし よか
ったです。
レミの弟のスターリングが可愛くて やんちゃでこれから リースと
どうなるのかわからないけど いい相手ですね。でもスターリングは
まだ15歳で リースは・・だいぶ 年上ですねえ 振り回されそうで
す^^
この次もあるといいのだけど^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫) [文庫] / J.L.Langley

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
狼を狩る法則 (モノクローム・ロマンス文庫) [文庫]
J.L.Langley (著), 麻々原 絵里依 (イラスト)
出版社: 新書館 (2013/10/9)
51ZZ6Nzo-kL__SL500_AA300_.jpg

内容紹介
人狼で獣医のチェイトンは「メイト」に会える日を子どもの頃から楽しみにしていた。
メイトは、会った瞬間にわかるんだ。
そんなある日診療所に一匹の狼が運び込まれ、チェイの心と体が反応する。
この感覚、間違いない、ドアの向こうに運命の相手が。しかしそこにいたのは傷を負った美しい男だった。

北米発、男と男の恋愛譚、モノクローム・ロマンス文庫第二期!!

感想
おもしろかったなあ^^犯人捜しは そう大したことないというか メイン
はチェイとキートンの恋愛だから。でも 何度もキートンが襲われるので 
犯人探しも加わって より面白いですけどね。コミカルな部分もあるのだ
けれど ところどころシリアスで 人種やゲイ差別などが出てきますね。
なんといっても 人狼の一族で群れで人間の世界に住んでいて 人に知られ
ず 混ざって生きてるのが興味深くて ありえないことじゃないなあと。
ちょっとポーの一族みたいだなと。
色々突っ込みどころ満載で キートンは小柄で美しい男だけど 狼として
は とてつもなく力が強いとか チェイはゲイじゃないけど すっかり
キートンに惚れちゃうとか。キートンは人狼だけど 甘いのものに目がな
くて 子犬が大好きとか^^
もうゴールデンの子犬のピタ!が 可愛くてかわいくて^^;主役や嫌な
奴までメロメロにしてしまう いたずらっ子です^^
やっぱり男同士で付き合うってことになると 両親やら兄弟友達などの反
応が様々で 結構リアルだなあと。親よりも誰よりも愛する人を選ぶと
不安があっても言い切るチェイが かっこいいです。
そして 一番凄いのは この本は割と厚めなんですが とにかくHが多い!
そうねえ・・Hも激しいし その時の会話がおかしいのですよね。洒落た
会話もでてくるし 厚いけれど 退屈しないでずっと読めました^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR