コンテントヘッダー

カフェ・ファンタジア (リンクスロマンス) 新書 – 2017/7/28 きたざわ 尋子 (著), カワイ チハル (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
カフェ・ファンタジア (リンクスロマンス) 新書 – 2017/7/28
きたざわ 尋子 (著), カワイ チハル (イラスト)
きた

内容紹介

いい加減、俺に喰われちまえって。

とある街中にあるコンセプトカフェレストラン「ファンタジア」。そこで天使のコスプレをして働く浩夢は、実は人の「夢」を主食にしていた。そう、「ファンタジア」は、普通の食べ物以外を主食にするちょっと不思議な人が働くカフェなのだ。「夢」を食べさせてもらうため、「欲望」を主食とする昂大と共に暮らしているが、悪魔のコスプレをする傲岸不遜で俺サマな昂大は、浩夢の欲望を引き出すため、エッチなことを仕掛けてきて――?

感想
主人公は ちょっと可哀想な境遇なんだけど 浩夢自身
はそこまで深く思ってなくて 健気に生きてきたんですね。
それが 可愛い^^
不思議な能力を持った昂大に出会って 運命が変わる
のですが これって 後でどうして二人が会ったのかが
わかるのですよね。でも 昂大たちは お互いに出会わ
ないと もしかして死んでしまったかもしれないから 絶
対無比の相手なんだろうなあ。
昂大は傲岸不遜に見えるけれど 実は相手を思いやって
我慢強いし 愛情深いです。子供っぽいところも多々あり
浩夢も 迷惑なところもあるのだろうけど 愛されてるから
いいやってところかなあ・・エッチも上手いし 爆
浩夢は引き取られてから カフェのオーナー ラルフに始
まり 周囲があまりにも 変わった人々だ! その割に
浩夢は そんなに動揺しないし 意外と受け入れちゃって
いるんですよね さすが一族^^;
それぞれみんな 食べ物が一緒じゃないところが また面
白いですねえ。

ファンタジーは日常に
浩夢は恋人となった昂大と カフェで働いていて お客の
腐女子?を喜ばせている。昂大のセックスが激しいのに
困っているけれど それなりに幸せだ。ある日 一族らし
い子供がみつかり 両親もいなくて親戚の家にいるが
その親戚も亡くなったというので

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

いばら姫は恋に落ちない (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2017/6/15 きたざわ 尋子 (著), yoco (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
いばら姫は恋に落ちない (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2017/6/15
きたざわ 尋子 (著), yoco (イラスト)
きた

内容紹介

交錯する〈復讐〉と〈運命の恋〉――。

一生に一度の恋をしている――。大学時代に出会い、気がつけば苦しいほど支倉のことを好きになっていた緋宮。けれど緋宮は、一度だけ抱いてくれた支倉の前から黙って姿を消す。自分はもう「復讐」にのみ生きると決めてしまったから。幾年もかけて周到に準備を重ね、ターゲットへの接触を図る緋宮。しかし二度と会わないはずの支倉と再会し……!?

感想
面白かったですねえ・・速いテンポで どんどん進んで
いくのがいいです^^
美貌の緋宮が大学で出会った運命の相手 支倉。
いい男です。見かけだけでなくて 心底 緋宮を愛して
る。
二人とも 酷い目にあっているのだけど 落ちていくこ
ともなく きちんと生活して お互いだけを見つめてい
たのに 鷺沢の登場で 生活は一変するのですね。
せっかく 恋人になれたかもしれないのに 全てを捨て
て 緋宮は復讐のために生きることになる。それでも
支倉への気持ちを捨てられなくて ストーカーみたいな
ことをしてるのですよねえ・・。
一方 支倉の方も 緋宮のことを 忘れらることができ
なくて 仕事でさえも 彼を探すためにしているようなも
ので その執着心が凄いね^^;
でも結局 お互いが 相手を何年も経っても 思いあって
るのですよね。緋宮は 頭がいいんだけど 支倉の気持
ちが わかってないのよねえ それは支倉も同じだけど。

きたざわさんは 昔から読んでますが(途中あいてます
が)20年くらい前は 可愛い恋愛が多かった気がします
が 鳥シリーズくらいから ちょっと変わったような気がし
ます。どちらも好きですけどね^^
しかし 昔はBLに携帯が 少し登場して みたいな感じ
だったけど 今では 携帯やパソコン ネット環境は は
ずせないみたいな^^;10年後は どうなってるのかしら?

芽吹く
緋宮は支倉と同棲して 仕事も手伝っている。そして 
どうしてもと言われて 支倉の籍に入った。そろそろ
外にでてもいいのではと 支倉は 緋宮を連れて外食に

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

月に蜜色の嘘 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/5/18 きたざわ 尋子 (著), 平眞 ミツナガ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
月に蜜色の嘘 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/5/18
きたざわ 尋子 (著), 平眞 ミツナガ (イラスト)
きtaz

内容(「BOOK」データベースより)

相手の「嘘がわかる」凛と、月の満ち欠けに支配された勇成は相思相愛の恋人同士。誤解とすれ違いを経てようやく本当に蜜月中―のはずが、勇成から愛されるほどに、凛は才能溢れる彼との差を感じて落ち込んでしまう。さらには自分よりずっと勇成と釣り合いそうな人物も現れて溜め息が止まらない。そんな折、異能が失われていることに気づき…!?

感想
月と恋わずらいの 続編です。なんか 恋人になったら 
2人凄く変わった気がしますね。
凜は 自分の特殊な能力とか色々 後ろ向きなところが
あったけど 開き直ったというか 恋人できて 強くなりま
したね。
勇成は 一人だけになったら 独占欲は凄いし とても
大事にしてくれますね。金銭的だけでなくて 凜を気遣い
サポートしようとして 大人になった感じです。
凜がシリルに対して 引け目を感じても 勇成は はっき
り お前が一番で 他のものを抱きたくないと 言って不
安を解消してくれます。いい男になったよねえ^^
アーネストとシリルに 振り回される凜だけど 勇成の
愛情がはっきりわかってよかったかも^^
面倒なのが 勇成の父親だけど これはしょうがないね
反対されて 引き離すなんてなくて 逆にべたべたされ
て やっかいだけど 良かったと思わないとねえ^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

月と恋わずらい (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/12/16 きたざわ 尋子 (著), 平眞 ミツナガ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

月と恋わずらい (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/12/16
きたざわ 尋子 (著), 平眞 ミツナガ (イラスト)

きた

内容(「BOOK」データベースより)
伝説や伝承が溢れる欧州の小国・ルキニア―精霊に祝福された一族の末裔で「嘘がわかってしまう」凛。大学構内で一目惚れの相手・勇成から話しかけられ、彼もルキニアにルーツのある特異体質者なのだと知る。やがて直截すぎる愛を浴びせられ、蜜月を過ごすことに。よくない噂に事欠かない勇成だが、凛へ向ける言葉にはひとつも嘘がなくて…?

感想
なかなか楽しかったです^^凜の特殊能力?は 遺伝な
のでしょうけど これって本人にとっては 誰にとっても
多分 きついですね。それにしては まっすぐに成長して
ますけどね^^
人と仲良くしようと思っても こういう能力があったら 自
分だって凜と同じく やっぱりひいてしまうなあ。悪いこと
に使おうと思ったら 便利な能力だけど^^;
初めて嘘をつかない相手で 安心して好きになったのに
嘘はつかないけど 真がないって これは凜が あまりに
可哀想だなあ。
勇成は 好きなキャラじゃないのですが・・最後の方は
好きになったかな^^この性格も 血なんだろうなあ。
恋愛がよくわかってなかったってことですかね。
ま 凜は家族にも認めて?もらって これからはすっと
勇成と生きていくのでしょうね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

硝子細工の爪 (リンクスロマンス) 新書 – 2014/5/31 きたざわ 尋子 (著), 雨澄 ノカ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

硝子細工の爪 (リンクスロマンス) 新書 – 2014/5/31
きたざわ 尋子 (著), 雨澄 ノカ (イラスト)
きたざわ

内容(「BOOK」データベースより)
旧家の一族である宏海は、自分の持つ不思議な『力』が人を傷つけることを知って以来、いつしか心を閉ざして過ごしてきた。だがそんなある日、宏海の前に本家の次男・隆衛が現れる。誰もが自分を避けるなか、力を怖がらず接してくる隆衛を不思議に思いながらも、少しずつ心を開いていく宏海。人の温もりに慣れない宏海は、甘やかしてくれる隆衛に戸惑いを覚えつつも惹かれていき…。

感想
最初の方が あまりに宏海が不幸なので 肩入れしましたね。
といっても ひろい家に住んで 食べるのに困らないし 普通
に考えたら 両親いないのに 親戚がこれだけしてくれるのは
いい境遇ですよ。だけど ほとんど人と接触なくて 話すことも
ないっていうのは かなりこたえますよねえ・・。しかも みんな
宏海を 怖がって嫌ってるわけだし・・。
隆衛が帰国して 強引に宏海と同居してくれたのは 本当に
よかった。しかし いつどうして そんなに宏海を気に入ったの
か 不思議ですねえ。こんなイケメンで頭もよく 誠実な相手
が出てくるなんて 宏海の今までの苦労も報われます^^
ブラコンな弟でモデルの友衛が 保とやたら仲が悪いのだけ
ど 案外この後 いけるかも?なんて 思ったりもしました。
後の方が ちょっと ええって思う展開で 終わり方も この先
ないの?って 思いましたけど 全体としては 楽しく読めま
した^^

硝子細工の指
本家の次男 隆衛と恋人になった宏海は 当主や長男 三男に
認められて あっさり養子で四男となる。姉となった亜由美の息
子 幸斗と 遊べるようになり 本家の使用人たちとも普通に
接するようになった。今日は 宏海の誕生日で 皆が用意して
くれて・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR