コンテントヘッダー

灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~ (ガッシュ文庫) 文庫 – 2018/5/28

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
灰かぶりの婚姻~つがいのおとぎ話~ (ガッシュ文庫) 文庫 – 2018/5/28
いずみ

内容紹介

亡き母の遺言で髪を伸ばし、顔を隠して生きるリオ。
アルファばかりの貴族社会でオメガであるリオは異端で、
父亡きあとは継母と妹に使用人として扱われ暮らしていた。
そんなある夜、妹の忘れ物を届けに舞踏会に行かねばならなくなる。
ろくな服を持たないリオは意を決し、妹のお古のドレスを纏い女性の装いで城へ向かった。
ところが帰り道、まばゆい星に誘われて足を踏み入れた庭園で貴族のヴェレスと出会う。
そこで発情を引き起こしてしまったリオの匂いに煽られた彼に無垢な躰を拓かれて…。

感想
面白かったです^^あまり シンデレラって感じではない
けれど 意地悪な継母と妹はいますね。
妹は そこまでリオに酷くはないのだけど 助けてはく
れないです。優しいけれど 子供過ぎてリオを助けら
れない弟もいます。
リオは使用人として使われているのだけど これが
また 発情がはじまってしまい・・継母によって 悲惨な
目にあわされます。ちょっといやだったなあ・・国王の
側室になる予定だから 最後まではされないものの
嬲りものにされてますよねえ・・。

リオのたった一つの楽しみは 読書で本屋で貴族の
ヴェレスと出会います。ヴェレスは貴族としては やや
変わり者ですね。彼が養子に入った家の家族は 更に
変わってますが それが リオにとっては 幸運でした
ね。

やっぱり継母のやり方は凄いねえ・・これで罰が下され
ないのだから・・納得できない。
でも リオは弟が大切だから 彼が跡継ぎになるため
には 継母をゆるすしかないのよね。

灰かぶりの蜜月
夫婦となったリオたちは 新居ができるまでヴェレス
の実家に住んでいるが

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

鳥籠 (リンクスロマンス) 新書 – 2017/3/29 和泉 桂 (著), 雪路 凹子 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
鳥籠 (リンクスロマンス) 新書 – 2017/3/29
和泉 桂 (著), 雪路 凹子 (イラスト)
いずみ

内容(「BOOK」データベースより)

帝都の製紙会社に勤める福岡凌平は、工場建設の調査のため、信州の片田舎の村で二ヶ月ほど暮らすことになった。村長の屋敷に滞在して仕事に打ち込んでいた凌平は、ある日、蔵の一つに佳人が囲われていることを知る。興味を抑えきれずにその蔵へ忍び込んだ凌平は、そのあまりの美貌と艶やかさ、そして彼が青年だったことに驚愕する。盈と名乗る彼の誘惑に抗えず、凌平はその美しい身体を抱いてしまう。その後も何度も交わり、すっかり盈に魅了されてしまった凌平は、意を決して彼を東京に連れ帰ることにするが…。

感想
なんだか 盈が ひたすら哀れな気がしました。こうい
う風に生まれて育ったのは 彼のせいじゃないのに
可哀想に・・。だけど 彼は自分が気の毒な身の上だと
も思っていない というか わからない。読み書きだけ
できても 世の中の常識を 知らないからね。
いるんだよねえ 色情狂というか 病気なんだろうなあ。
そういう母親から生まれて 特異な生き方をしてきたか
ら 普通の人として 普通に生きることが できるのか
どうか?

誰とでも寝てしまうけれど 罪悪感なんてないのですよ。
そもそも 罪悪感を知らないと思う。相手に抱きたいと
言われて 必要とされたから寝る。ただ それだけなん
ですよね。妖しいほど綺麗で 男をひきつけてしまうの
に 意識してないから たちが悪い。
凌平が 手を放してしまったら 最後は苦海に落ちて
悲惨な最後だろうなあ・・。凌平は この先 どこまで
耐えられるのでしょうかね?
盈は ただの人間で そのうち 年を取り 輝くばかり
の美しさも なくなるでしょう。凌平は その時 盈を
どうするのでしょうね?
盈は 凌平のことを とても大事に思っているのですよ。
神のように思ってる。それが 好きだとか 愛してると
いうことだとわかったら それを言えたら 凌平も幸せに
なれるのにねえ・・。

籠の鳥
盈は 凌平が仕事にいって 何もしないでぼんやりして
いた。凌平の友人である友永が やってきた。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

花待つ君に捧ぐ愛 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2017/3/15 和泉 桂 (著), yoco (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
花待つ君に捧ぐ愛 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2017/3/15
和泉 桂 (著), yoco (イラスト)
いずみ

内容(「BOOK」データベースより)

刑事の戸次武史は、ある日、やくざの親分から、美青年、霜田晶の保護を頼まれるが断る。その後、警察を辞め探偵を始めた戸次のもとに晶が転がり込んできた。晶に迫られ、思わず体を繋いでしまった戸次は、彼を事務員として置くことに。戸次の親友・雪人の兄・悠人を捜すよう、天笠から依頼された戸次は、晶とともに捜査を開始するが…!?

感想
これって 花舞う夜に奪う愛のスピンオフなんですね 
そちらは読んでないのですが これだけでも お話と

でも 主人公が 可哀想で・・なんかねえ・・晶は貧民
街の出にしては 更に人買いに売られて 子供の時
から組長の愛人の一人にされた割には いい性格
してると思うのですよね。もっと 荒んでいても おか
しくないです。
武史の方は それなりに頭もよくて 腕もたつのだけ
ど あまりに真面目というか硬いから 世の中うまく
渡っていけないのですねえ・・せっかくの警察官を
やめてしまうなんて・・ま そういう正義感の強く 情が
ある人だから 組長に晶を頼むなんて 言われちゃう
のでしょうね。
最初はね 武史も初恋の雪人と比べたら 晶なんて 
月とすっぽんだと思ったでしょうけど  婀娜っぽく見え
るけど 健気でいい子ですよ それがわかって 冷たく
できないのですよね。
外に出してもらえないから 海も見たことがない 組長
の相手だけじゃなくて いろんな相手に貸し出されるな
んて そんな酷い目にあっていたのを知って 武史
だって なにかを感じないわけないですよね。
食べていけるか?^^;心配だけど 幸せになってほしい 
カップルです。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

睡郷の獣 (リンクスロマンス) 新書 – 2016/9/28 和泉 桂 (著), サマミヤ アカザ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
睡郷の獣 (リンクスロマンス) 新書 – 2016/9/28
和泉 桂 (著), サマミヤ アカザ (イラスト)
いずみ

内容(「BOOK」データベースより)

獣人と人間が共存し鎖国を続ける国、銀嶺。獣人は人を支配し、年に一度、睡郷で「聖睡」と呼ばれる冬眠をする決まりだった。ニナは純血種の獣人で、端整な美貌と見事な尻尾を持つ銀狐だが、父が国王に反逆した罪で囚われ、投獄されてしまう。命とひきかえに、その身を実験に使われることになったニナは、異端の研究者であるレムの住む辺境の地へと送られる。忌み嫌われる半獣のレムにはじめは反発していたニナは、その不器用な優しさに触れていく中で次第に心惹かれてゆくが、次第に実験を命じた王に疑念を抱き…。

感想
面白かったです^^
ニナは 純血種の獣人で貴族だし 美貌も頭脳も持っ
ているのですが 鼻持ちならない^^;書物や狭い世界
しかしらなくて 一般の人達が ドンな生活 どんな思
いで生きてるかということを 知らないのですよねえ。
自分が 父親の失脚で罪人となり 初めて 最下層と
なり 暮らすということがわかったのでしょうね。
半獣のレムと出会わなかったら 悲惨な日々のうちに
死んでいたことでしょう。レムも 恋を知らずに孤独で
生きていたかも。
高慢ちきはニナに対して レムは ぶっきらぼうだけど
親切にしているのですよね。ニナはわからなかったけ
れど この厳しい環境の中で 食量や衣服を得るのが
どれだけ大変か・・。
ニナにとり 大変な経験だったけれど 命の危険も何
度もありましたしね だけどそこで 世の中を知り 人 
の気もちも 理解できるようになったのですねえ。
謎がとけて ニナも可哀想だったけれど 自分だけを
愛してくれる相手に出会えて幸せです^^
国王のラクシュ その側近のフロウも 気になります。
美形同士だしねえ こちらの話もあるといいなあ。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

貴公子の求婚 (SHYノベルス) 新書 – 2008/12/22 和泉 桂 (著), 佐々 成美 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
貴公子の求婚 (SHYノベルス) 新書 – 2008/12/22
和泉 桂 (著), 佐々 成美 (イラスト)
いずみ

内容紹介

★婚礼奇譚集 第二弾
『昨晩のそなたは、なかなかの珍味だった』
生まれてこの方一度も恋をしたこともなく、女人よりも書物を偏愛している貧乏公家の小野朝家は、
ある重大な決断を迫られていた。苦しい小野家の財政を立て直すため、結婚しなくてはならないというものだ。
愛する書物を守るため、憂鬱ながらも嵯峨野に暮らすという姫君のもとへ向かった朝家だが、
か弱きはずの姫に反対に押し倒されてしまい・・・!?
貴公子と貴公子、平安の風雅な婚礼奇譚、登場!!

感想
前の実親と狭霧の恋愛も良かったのだけど この朝家
と蘇芳の二人の恋愛がいいんですよねえ・・ちょっと
マイフェアレディ?みたいな感じで。狭霧の時は 紫の
上計画 みたいでしたけどね。
冴えない上に いつまでも子供みたいな無垢な朝家が
恋を知って 輝いてくるのが可愛いのです。書物バカ?
だった 朝家が親友だけでなくて 色々と周囲にも気が
まわるようになるのですね。
最初は戯れで抱いて 珍味なんて言っていた将久だけ
ど いつのまにか朝家の内面の正直さや素直さ 可愛
さにすっかり嵌ってしまったのですよね。散々 御姫様
や稚児に手を出していたようだけど 真実の愛は知ら
なかったようですねえ・・。
知識は一杯あるけど頓珍漢で地味な朝家と 教養のあ
る華麗な貴族の恋愛 面白かったです^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR