コンテントヘッダー

予言者は眠らない 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫) [文庫]

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
【Amazon co.jp限定】予言者は眠らない 書き下ろしショートストーリー付き (キャラ文庫) [文庫]
出版社: 徳間書店 (2014/6/27)
樋口美沙緒 (著), 夏乃あゆみ (イラスト)
ひぐち


内容紹介
大切な人や、好きな人の夢を見ると、それが現実になってしまう──。
幼い頃、父が交通事故に遭う夢を見て以来、予知夢に怯えるようになった大学生の浩也。 バイト先のファミレスで、年下の同僚の高校生・高取に密かに恋しているけれど、 仲良くなったら夢を見てしまう、とわざとそっけない態度をとる毎日。
ところがある日、高取が浩也に「好きです」と告白する夢を見てしまい…!?

感想
面白いけど 可哀想だった。確かに こんな経験をしてしまうと
ネガティブな性格になってしまうかもしれないですね。他人に
言っても信用されないだろうし 身内だって難しいです。自分で
も 自分が信用できなくて怖いだろうし 物凄く孤独ですよね。
イイ子だから 悪いことを考えるようになんてしなくて ただ自分
自身が苦しいだけなのが 切ないですねえ・・。
後輩の高取が 本当は凄く好きなのに 怖い正夢を見たくない
ので どうしても拒否しなければならないって 優しいです。もっ
と勝手な人間だったら 人なんてどうでもいいから 自分の望み
を 叶えたいってなるでしょうけど・・。高取が苦労人だから 少
しのことには動じないで 浩也を受け入れてくれてよかった^^
そのかわり 結構 嫉妬深いけれどね^^;
浩也も 天然さんで 恋人はいつでも一番でいないと 拗ねちゃ
うのに そのあたりがわかってないね。恋愛初心者だから しょ
うがないけど やっぱり友情より下にされたら 続かないから そ
のあたりは 気を付けないとねえ・・。
倉橋は 2人の隙間に入り込んで 浩也をわが物のにって思って
るのだけど ぼんやりしてる浩也には わかってないから 高取が
いらいらしてるのですよねえ・・浩也と二人の話がかみ合ってない
のがおかしいです^^

予言者は未来を知らない
浩也は高取と恋人になり ファミレスのバイトに戻り 女の子たち
ともうまくいくようになった。ところが 新しいバイトできた倉橋は
浩也の小学校の時の親友だった。予知夢を見るようになってから
は 倉橋とも遊ばなくなり 無視していた。途中で倉橋はイギリス
に家族で転勤になり・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

花嫁と神々の宴 / 樋口 美沙緒

にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

花嫁と神々の宴 狗神の花嫁2 (キャラ文庫) [文庫]
樋口 美沙緒 (著), 高星麻子 (イラスト
出版社: 徳間書店 (2013/6/27)

61EprM1U7VL__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
八百万の神々が集う、八年に一度の宴―。「伴侶の披露目をせよ」との命を受け、渋々出席することになった狗神。けれど、比呂は内心興味津々!!狗神がかつて眷属の神狼たちを預けた、もう一人の狗神に会えるからだ。ところが、宴で出会ったその神・青月は、なんと祟り神に堕ちかけていた!?髪も尻尾も毛先が黒く染まった静謐な美貌の神は、「おまえに会いたくて来た」となぜか比呂に執着して!?

感想
話しはとても 面白かったです。人外は好きだし キャラがそれぞれ個性的で 
わかりやすいです。今回は鈴弥と八咫が出てきて 仲良くしているので ほっと
しました。主人公の狗神たちよりも 気になった二人で 特に鈴弥が可哀そうで
読めなかったです。ひねくれた性格で出てきたけど 貧しい出で もともと人柱
に出されたと 本人が話してるので その後の神たちの間の暮らしも酷いもの
だったようで 胸が痛いです。まだ はっきりと伴侶というところまで きて
いないようで 比呂が愛されているのが羨ましいのでしょうね。
比呂は比呂でこれだけ愛されているのに どうして狗神の気持ちがわからないの
かなあ。独りよがりの考えで(そう思える)あちこち引っ掻き回して オトナだ
けど 心が子どもの青月に 期待を持たせてしまうのよね。其々の悩みは自分で
解決するべきことで お節介だと思うのだけど 比呂は優しいから気になるので
しょうね。ちょっと 狗神に同情してしまうなあ。藤と茜も いいキャラで眷属
もたくさん戻ってきたので話しが続きそうな 次もあるのかなあ?
青月と東雲もどうなるのか 気になるところです。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

狗神の花嫁 /樋口美沙緒

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

狗神の花嫁【キャラ文庫】 [文庫]
樋口美沙緒 (著), 高星麻子 (イラスト)
出版社: 徳間書店; 文庫版 (2012/1/27)

513wGeGKGeL._SL500_AA300_[1]

内容紹介
「命を助けてやる代わり、20歳になったら迎えに行く」──雪山で遭難した10歳の比呂にそう告げたのは、山を治める九尾の狼。絶対夢だと思っていたのに、10年後、現れた狗神は比呂を強引に拉致!! 神気が弱まり、人間の精気を喰って力を保つ狗神に、「貴様ごとき好きで伴侶にすると思うな」と無理やり抱かれてしまい!? 昼は美しい銀狼、夜は傲慢な捕食者の男に変貌す る神との、恋の御伽草子

感想
面白いけど切ないというか 人外好きですが あまり可哀そうなのはねー。でも
これは受けは肉体的に酷い目に合うことがあまりないから いいですけどね。攻め
のほうがボロボロです。比呂の生い立ちや祖母とのことは勿論ぐっとくるのですが
脇役の鈴が引っ掛かって・。ほかの神にやるなんて ちょっとなあ・・。相手の気
持ちを思ってと言うけど 本当はどう思ってるのかわかってるのかしらと。脇役
スキーなので気になりました。一緒に行って後悔した方が 行かないで後悔するよ
りいいのではと比呂はわかっているから ついて行ったのだと思うのですが。神と
人間 自然と人間の話で 恋愛+で楽しかったです。

狗神の花嫁
比呂は母を亡くし祖母と父と暮らしていた。父は町で働いていたので いつも家に
いることが少なく 比呂は禁止されていた山に行った。父が探しに来てくれたが
吹雪にあい父が比呂を庇い 冷たくなっていった。雪の中から九尾の狼が出てきて
父はもう助からないがお前は助けてやると。二十歳になったら迎えに行くから約束
の印に真名を教えようと。
あれから月日が経ち もうすぐ比呂は二十歳になる。高校を卒業してバイトしなが
ら専門学校の学費を貯めている。しかし今日 コンビニを首になった。一緒に働く
墨田が万引きしたことを店長に言ったのだが 逆に面倒だと比呂が首になったのだ。
墨田は県下一の土地持ちで コンビニも墨田の父の持ち物なのだ。間違ってないの
に悔しくてしかたない。

比呂は正直でまっすくなので しばしば人とぶつかる。要領が悪いと人に言われる。
祖母に首になったといいにくい。生活は苦しいのだ。祖母は狗神神社の地主で若い
時は巫女だった。神は狼で里人は狼に頼んでこの地に住むようになった。神社には
大きな楠があった。祖母は比呂の話をきいたが 間違ってないならいいと言ってく
れた。
スミダ不動産がまた来て土地を売れと言う。祖母は神社を残してくれるなら売ると
いうが 全部壊してスキー場とゴルフ場にするととりあわない。追い返したが比呂
は不安だ。祖母を病院に連れて行くのも車がないし これからの生活を考えている
と音がしてでていくと 木造の祠が壊されている。また音がしていくとご神木に
斧で傷がついている。なぜこんな酷いことを!祖母は悲しそうな顔をする。祠の中
にあったのは「神様殺しの太刀」と言われるものだった。木造の太刀だ。雪が酷く
なっていく。

明日はは比呂の誕生日だ うつらうつらしていると祖母の部屋で大きな音がした。
慌てていくと祖母が倒れている。急いで救急車を呼ぶが 雪でなかなか来ない。
神様 祖母を助けてと祈っていると 大きな狼が近づいてきた。信じられないと
見つめていると 約束だから伴侶として連れて行くという。祖母がいるからいけ
ないと叫んだようだが わからなくなった。気が付くと大きな池に張り出した
能舞台のような板間に寝ていた。祖母のところに帰ろうとすると 狼が出てきて
尻尾で叩きつける。人間の分際で逆らうなと怒り 帰りたければわたしの真名を
言えと言う。

裏切り者の人間めと狼は怒り洋服を引き裂き 食べられると比呂が思うと足の間を
嬲られる。驚いていると狼は 人間の逞しく見目麗しい男になり 比呂の中に
入ってくる。挿入の痛みで意識が途切れるが 中で出されるとへその横に火傷を
したような痛みが走る。これでお前は俺の伴侶だ 帰りたくば真名を思い出せ 俺
のやったものを返せという。比呂の手にあった葉型の痣は約束を果たしたので消え
た。夢の中でオオカミは横腹から血を出して 裏切り者の人間めと 吠えている。
比呂は祖母が死んだらこいつを殺すと思うが深い眠りに落ちる。起きると白い紙の
人間離れした綺麗な男がいる。藤といい 婚儀がすんだので比呂は旦那様の伴侶な
のだという。腹に伴侶の印がというので見ると 手の痕は腹にうつっていた。まぐ
わったので これから比呂は年を取らず ずっとここで暮らすのだという。身の回
りは茜がしますというと とてとてと小さい男の子がやってきた。可愛いが獣の耳
で尻尾がある。

茜と二人になって 子犬のようだと思い コガネムシがあそこにという。茜音はど
こって探しているうちに そっと門から出る。しかしいくら歩いても出られない。
そのうち藤が茜とやってきて 逃げようとしたのを知っているが 茜をからかわな
いでくださいと冷たく言う。茜は自分のせいで 比呂が迷子になったと思ってしょ
げている。祖母が病気だから帰りたいというと 駒神と同じく病気なのかという。
どうやら狼の姿でいるのは病気のせいで月があると人型になれるが 体は痛いまま
なのだという。駒神の許可がないと ここからは出られないと知りショックを受け
る。茜は頼んでみようという。茜は祖母が病気だから 比呂を里にちょっと返して
ほしいと頼むと 吹き飛ばす。比呂は怒ってこんな小さい子にと だいたい強姦し
て謝れといい 二人は言い合いになる。比呂は叩きつけられる。気が付くと茜が泣
いていて 駒神を嫌わないでと言う。とても優しかったのに 山が怪我をして駒神
も病気になったのだという。

比呂は藤に祖母がどうなったか見に行ってくれと頼む。お前たちも心があり駒神が
大切なら 自分は祖母が大切だという。藤は比呂が変わっているという。人は藤た
ちを怖がるし 茜だって嫌がる。だが比呂は茜を撫でて 藤とも普通に話すという。
真名がわかれば里に帰れるが 比呂には駒神のことを考えて 好きになって側にい
てもらいたいというのだ。弱っているので人間との婚姻が必要なのだという。ただ
の契約ではなくて 愛情を持ってほしいというのだ。しかし夜は傲慢に伽をせよと
いう駒神に 親しみはもてない。また言い争い神に対して生意気だという。神通力
を使って無理やり体を開かせ 抱いてくださいと言わせる。泣きながら抱かれるが
おまえなんか大嫌いだ と比呂はいう。酷く傷ついた顔をする駒神を見て 人間か
ら存在を否定されるのが 一番こたえると藤が言っていたのを思いだし 言い過ぎ
かと思う。だが 抱きたいなら 伴侶ならもっと優しくできないのかと怒る。駒神
は 思いやりの気持ちにかけていると思うが 自分もきつすぎたと考える。駒神は
俺が愛してると言えば おまえは俺を愛するのかときく。今度は 前よりもっと丁
寧に優しく抱かれるのだが・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR