コンテントヘッダー

時を超え僕は伯爵とワルツを踊る (ラルーナ文庫) 文庫 – 2018/3/19 春原いずみ (著), 小山田あみ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

時を超え僕は伯爵とワルツを踊る (ラルーナ文庫) 文庫 – 2018/3/19
春原いずみ (著), 小山田あみ (イラスト)
すはら

内容
出勤途上で事故に遭い、目覚めるとそこは伯爵家の客用寝室――医師の桂木智実は大正時代にタイムスリップしてしまった。
若き当主、久城文憲はそんな智実を受け入れ、一緒に暮らす七歳の甥、伸吾の家庭教師という仕事まで与えてくれた。
ある特殊な『力』を持っているがゆえにずっと孤立し生き方に悩んでいた智実。
貴族院議員の久城もまた時代の風に向かい一人で闘っていて…。
百年の時を超え二つの魂が寄り添うレトロロマンス。

感想
面白かったです^^トリップものスキです^^
桂木は 気の毒な人で 素晴らしい力が生まれつきあ
るのに それが逆に彼にとり不利になり 不幸をもた
らしているのだから おかしいですよねえ・・。
桂木は仕事で追い詰められて 悩みながら歩いていて 
事故にあい 過去に飛ばされてしまうのですが 男らしく
聡明な貴族院議員の久城に助けられます。
これが運命の出会いですね^^といっても 実際は九城の
甥の伸吾が 助けてくれるのだけど。
不思議なのは この伸吾が どうしてそんなに桂木を気に
いるのかって ことなんですよね。なんとなく 自分を助け
てくれる相手って わかるのかな?

大正時代の話ですが 今の医療との違い 今の政治家の
あり方と 昔の政治家 ちょっと 風刺みたいな感じがちら
りと あって 思わずにやってしてしまいました。

桂木は現代に戻れば これから裁判とか 辛いことばかり
になるでしょうし そもそも体が不自由かもしれない。
ここで 久城に愛されて 二人で生きていくのが一番だろ
うなあ・・戸籍はほしいけど^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

警視庁十三階の罠 警視庁十三階にて2 (キャラ文庫) / 春原いずみ

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

警視庁十三階の罠 警視庁十三階にて2 (キャラ文庫) [文庫]
春原 いずみ (著), 宮本 佳野 (イラスト)
出版社: 徳間書店 (2011/5/25)
51UwkoJJWKL__SL500_AA300_.jpg

内容紹介
警視庁公安部外事課勤務の刑事・綾瀬が、上司の瑞木と恋人同士になって半年──。 絶対極秘の公安部のデータがなんとネットに流出するという事件が勃発!! しかも内部から漏れたらしい!? 疑われたのは、瑞木の右腕とも言える班の要・笹倉。 謹慎処分を受けた笹倉の欠員で、いつも以上に忙しい綾瀬は、瑞木と逢瀬もままならずに…!?

感想
警視庁十三階にての続編ですが 綾瀬と上司の瑞木は相変わらずの関係で・恋人
っていうのか はっきりしない感じです。仕事でもプライベートでも一緒でセッ
クスしているけれど お互いすきというわけでもなく 淡々としてます。なんか
変わった?二人だなあ・・でも 嫉妬や執着心は ちゃんとどちらにもあるんで
すよね。
二人の気持ちの流れも面白いのですけど 公安と言う仕事や警察内部の悶着も
なかなか興味深くて 瑞木班は個性の強いメンバーなので 臨場感があってBL
じゃなくても楽しめる気がします。勿論 綾瀬たちの恋模様がないとダメですけ
どね^^
話しの途中から 綾瀬は自分が先輩の笹倉に嫉妬するということに驚いて それ
は裏を返せば瑞木を好きだと自覚するに至るのですよね。だけど プライドが許
さない。瑞木の方も可愛い子ネズミと言うけど 愛を囁くわけじゃなくて ひた
すら 言動やセックスで苛める。なんか頭も見かけも向かうところ敵なしだけど
瑞木は 曲がってる人ですよね^^;綾瀬も美貌と優秀な頭があるけど 情緒に
欠けていて ある意味子供から成長していない部分があるので あってる二人な
のかもしれない^^
瑞木の兄も 誰かと恋愛しないかなあと思ってるのですけど..。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

警視庁十三階にて  / 春原いずみ

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

警視庁十三階にて (キャラ文庫 す 2-14) [文庫]
春原 いずみ (著)
宮本 佳野 (イラスト)
出版社: 徳間書店 (2010/5/27)
51hFDJIC9iL__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
仕事の失態から二階級降格、警視庁公安部に異動した綾瀬尚登。上司となったのは、徹底した能力至上主義の警視正・瑞木貴穂だ。綾瀬の冷徹で非情な知性を気に入る瑞木は、傲岸不遜で物言いも容赦がない。身内の捜査妨害も平気で行い、現場で厳しく指導する瑞木に、始めは反発していた綾瀬だけれど…!?公安エリート達が国益をかけて恋と諜報活動に暗躍する、エスピオナージLOVEロマン。

感想
昔 何冊か読んで 医療系などが多いのかな?今回は前にちょっと読んで 挫折
したので もう一度トライして。瑞木がちょっと苦手で 読まなかったのですが
気合入れてみました^^;頭脳明晰で 長身イケメンな警視正だけど やっぱり
性格に難があるなあ・・。陸検事も氷の美貌で 優秀で 瑞木が外国人っぽい容
貌なので対照的だけど 同じく正確に難が^^;綾瀬も見かけも中身もずば抜け
ているのに いつまでも子供の心が片隅にあって ちょっと普通じゃないし・こ
の話しって 普通の人いないの?^^;戀愛に対しても まずはセックスからっ
て しょうがない人たちだ・・。
公安の仕事がわかりやすくて 登場人物が無駄なくよく書かれているので 映画
みたいな気がします。事件自体は 誰が悪いってこともなく 可哀想だったけれ
ど 仕方のない現実でした。
瑞木は綾瀬が好きなのかどうか その辺もはっきりしないし 綾瀬は瑞木によっ
て人形から人に変換中ですが^^;次もあるので 読んでみようと思ってます。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

略奪者の弓 / 春原いずみ

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

略奪者の弓 (キャラ文庫) [文庫]
春原いずみ (著), Ciel (イラスト)
出版社: 徳間書店 (2012/5/26)

61bqZMtXaeL__SL500_AA300_.jpg

内容
僕の弓は誰にも負けない―弓道家元に養子入りし、後継者として身を捧げてきた尊は、ある日、石堂颯と名乗る青年と出会う。人なつこく飄々としながらも、颯は、自分こそが家元の血を引く正当な後継者だと宣言!しかも、愕然とする尊に「俺が本当に欲しいのはおまえだ」と告げてきた!地位も将来も奪ったくせに、僕まで手に入れようというのか―颯という名の嵐に運命が動き出す。

感想
今まであまり春原さんを読んだことがなくて 医療関係のものが多かったんです
よね。珍しく弓道で^^途中まで読んで あれー意外な展開に!と。ベルばらの
アンドレみたいに傍についてる成瀬が 秘めたる情熱はあるけれど 案外あっさ
り?していたというのが拍子抜けで。尊は尊で弓バカといったら怒られそうだけ
ど ちょっとは自分の生活が普通っぽくないと自覚しないのかな?大学はいって
も 友達も恋愛もしないというのは 超箱入り息子!これじゃ アプローチして
くる大胆な男にころってやられちゃうよねー^^;キャラで一番呆れるのが宗家
で このじーさんが全てのがんだなあ^^;イラストが綺麗で 弓道いいですね

略奪者の弓
尊は弓道神宮派の当流師家で 後継者である。宗家は子供がなく 高弟夫婦の子
供を養子にとった。それが尊だ。見目も麗しく負け知らずの尊は高嶺の花として 
大学でも弓道部以外の人は話しかけてこない。弓道以外の生活は 師家を取り仕
切っている高弟の成瀬が見てくれている。美丈夫で 頭の切れる成瀬は 一回り
上なのだが いつも影のように尊につきそっている。

ある日 大学内で後輩と歩いていると 側に矢が飛んできた。見ると アーチェ
リーの矢で 慌てて若い男が謝りに走ってきた。見た目ハーフのような他大学の
学生である石堂颯である。人懐こい感じで 他の人のように 尊に恭しくしない
のが新鮮だと尊は思った。
ところが 石堂は尊の同情にやってきて・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR