コンテントヘッダー

和カフェ瑠璃庵の妖しな日常 (プラチナ文庫) 文庫 – 2016/12/12 牧山 とも (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
和カフェ瑠璃庵の妖しな日常 (プラチナ文庫) 文庫 – 2016/12/12
牧山 とも (著)
まき

内容紹介

浄化するには、キスとセックスをしなければならない!?

無自覚ながら、あらゆる霊体を引き寄せてしまう憑依体質の真秀。
「鎮清者」と呼ばれる異能者である壮輔の店でアルバイトをすることになるが、相変わらず店を出た途端に憑かれてしまう。
なので壮輔に結界を張ってもらうが、その方法はハグ。
そして結界を破って憑いたものを浄化するには、キスとセックスが必要だった!
素っ気ないながらも、誠実に対応してくれる壮輔に真秀は……。

感想
面白かったです^^まあ 主人公たちは ともかくも なんと
いっても この黒豆柴のミコトが 可愛くて!って実際は
イケメンの神霊?なんですけどね。
可愛い姿で 妙におじいちゃんっぽい話し方なので その
ギャップもいいし 壮輔とのやりとりがいいんですよね^^
こういうわんこ 欲しいかも^^;
真秀は 呆れるくらい鈍くて まあだから魂が 清らかなの
だろうけど 少しは色々疑ったほうがいいわよー^^;
これからは 壮輔が 恋人でそばにいるからいいけれどね
両親のことも もしかして兄のことも 霊のせいだったので
は?そうだとしたら かなり可哀想だよねえ。
兄だって こんなに若くて気の毒だ・・人間って 悪霊の甘
い言葉に弱いものだからなア・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

憂える白豹と、愛憎を秘めた男 (ラルーナ文庫) 文庫 – 2015/8/20 牧山とも (著), 榊空也 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
憂える白豹と、愛憎を秘めた男 (ラルーナ文庫) 文庫 – 2015/8/20
牧山とも (著), 榊空也 (イラスト)
まいやま

内容紹介
24世紀半ばのTOKYO。不老不死の呪いにより千年以上を生きてきた天才薬剤調合師、千早。
吸血人豹一族の白い異端児、セルリアはそんな千早を餌に選んでしまい、彼の血液以外を受けつけない体質になってしまう。
ある日、ふたりが所属する異能者たちの秘密組織「ルース」の主宰ギメルから、仕事のついでにAMERICAの邸でのバカンスに誘われる。
早速赴いた一行だったが、滞在先で次々とアクシデントに巻き込まれ…。

感想
これって孤高の白豹と、愛執を封じた男 天国へはまだ
遠い の続編なのですね。話としては面白いのですが
なんか 主人公の千早たちは まるで 恋人になる感じ
じゃなくて(なるのかもだけど)仕事と生きていくための
パートナーみたいな^^;
セルリアは嫌でも 絶対 千早がいないと生きていかれ
ないので 好き嫌いは関係ないのですよね。千早の方
は動物好きで しかも ずっと一緒の生きていける仲間
ができたから 物凄く嬉しいのですが・・餌扱いから な
かなか上にいかないのですよねえ・・。
彼らを雇っているギメルたちは ラブラブカップルですが
(いとこ同士でね)それも それとなくわかるっていうくら
で 人前のキスもないし 抱擁くらい?奥ゆかしいのか
周が そういうの苦手なのか。でも 二人の愛情が深い
のは よくわかります^^
不思議な関係の4人だよねえ。
千早とセルリアは このままなのかしら?ちょっと残念。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

せつなさの螺旋 (アイスノベルズ) 新書 – 2004/8/12 牧山 とも (著), 日和 あき (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
せつなさの螺旋 (アイスノベルズ) 新書 – 2004/8/12
牧山 とも (著), 日和 あき (イラスト)
まきやま

内容(「BOOK」データベースより)
和は大学生の時、口説きに口説かれ貴彦とつき合い始めた。しかし、本気だと思っていた貴彦に、自分以外に抱き合う相手がいると知って和は愕然とする。どんなに好きでも、貴彦には自分だけじゃない。「好き」と伝えることは辛いだけだ。…和は、これ以上心を縛られないよう、貴彦の前から姿を消す。しかし大学卒業後、和の就職先は貴彦によって取り消されていた。そして待っていたのは…。

感想
貴彦って どんだけ和が好きなのかって 怖いようですねえ・・こ
ういうキャラを読むと すぐ木原さんの 箱の中 の主人公を想
いだしちゃいますが・・貴彦の場合は 執着心だけじゃなくて
結構 暴力的だからなあ・・もっと自分の気持ちに素直になって
和を大事にしてあげればいいのに・・。
最も 貴彦も自分がどれだけ和を好きなのか 最初のうちは 
よくわかってない感じなんですよね。でも これだけ和を追いか
けて いろんな方法で自分のところに縛り付けてるのだから
これは愛だろうに^^;
こんなに気持ちがすれ違ったのに お互いの気持ちを 伝えた
ら あっという間に情熱的な恋人に^^(笑)いいですねえ

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

愛でも恋でも追いつかない (アズ文庫) 文庫 – 2015/1/30 牧山とも (著), 相葉キョウコ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
愛でも恋でも追いつかない (アズ文庫) 文庫 – 2015/1/30
牧山とも (著), 相葉キョウコ (イラスト)
まきやま

内容紹介
創作和食の店を経営する傍ら、料理研究家としても活躍する希央は、商社勤務の義兄、碧生と四年前から同居中。
希央が十二歳のとき、両親の再婚で兄弟となったふたり――。無邪気な憧れがいつしか恋愛感情に変わり、三つ年上の義兄に片想い歴八年の希央。
一方の碧生も数年前、希央の自慰行為を偶然目にして以来、兄としての庇護欲が独占欲に変わったのを自覚して…。
互いに真意をおし隠しての兄弟関係。均衡が崩れる出来事が…。

感想
血の繋がってない兄弟 なかなか美味しいです^^パーフェクトな
兄はHも研究熱心で 男は初めてといいながら せっせと希央を
開発して ますます可愛くしてしまうという^^;しょうもないね。
希央の方は もともと兄の碧生が好きなもんだから ひょんなこ
とから セックスを勉強することになって すっかり兄の手管に
溺れちゃってるという H一杯のお話でした^^
希央は真面目で 恵まれている境遇に甘えることなく熱心に
仕事もして いいこですねえ。だから碧生がますます好きに
なるのでしょうね。
義家族なんだけど みんな仲良しで 兄の実母まで 希央を
可愛がってるという なかなか温かい一族です^^だからいつ
か 二人の関係がわかっても 大丈夫そうだなあ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

世界はきみでできている (アズ文庫) (AZ BUNKO) [文庫] 牧山とも (著), 周防佑未 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
世界はきみでできている (アズ文庫) (AZ BUNKO) [文庫]
牧山とも (著), 周防佑未 (イラスト)
出版社: イースト・プレス (2014/5/31)
世界は

内容紹介
大手法律事務所に勤務するエリート弁護士、上條悠海は『悪魔』の異名を持つ完全無欠の超辣腕なのだが…。
プライベートでは同居中の元同僚、甲斐雅敬にデレデレの自称『デレ弁』に。
二人は大学の同期で昔から家族ぐるみのつきあいをしてきた仲。
雅敬が天涯孤独の身となった一年前から、彼を心配する上條の押しかけ同居が始まった。
そして上條から好きだと告白され、以来、雅敬はハグ攻撃・妄想アピール口撃に晒されることに…。

感想
いつもと違う感じで 面白かったです。主人公が 美丈夫で 頭脳も
優秀で裕福な家庭の出で 収入もあるし だけど 好きな人には残
念な奴になってしまうという ギャップがいいですー^^
まあねえ 全て完璧っていうのも 嫌味ですから 好きな人の前では
素が?出てしまって 恋愛体質を前面に出して 愛を囁くっていうの
もいいもんですよ。ちょっと日本人じゃできないと思うけど この時だ
けはイタリア人になって 押していく上條が お気に入りです。この
デレ弁っていう言葉も なかなか気に入りました
ま 恋する人達は みんなおバカなんですよ そうじゃなきゃ 恋なん
て できないもの。
雅敬も 弁護士としては 上條よりも成績が良かった切れ者でも恋に
おいては 上條に負けちゃったなあ^^でも ここまで愛してくれる人は
いないから 幸せなんじゃないかな^^
しかーし 雅敬が言うように 鳥肌がたつくらい 気障で恥ずかしいセ
リフが多いですねえ^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR