コンテントヘッダー

一滴、もしくはたくさん (キャラ文庫) 文庫 – 2017/6/27 沙野風結子 (著), 湖水きよ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
一滴、もしくはたくさん (キャラ文庫) 文庫 – 2017/6/27
沙野風結子 (著), 湖水きよ (イラスト)
さの

内容紹介

感情や気力が枯渇する現代の奇病・枯れ人症候群――唯一治療できるのは『水師』のみ――
「あれは病人を騙す詐欺師だ」
その能力を疑う不動産屋の堤が出会ったのは、美貌の水師・保嵩。
一日の大半を寝て過ごし、起きると毒舌を吐く保嵩に苛立つ堤。だがある日、仕事の現場を見て愕然!!
倒れるまで自分の生命力を患者に与えるのだ。身を犠牲にしてまで治療する保嵩から次第に目が離せなくなり!?

感想
面白かったですねえ^^最後が ちょっと ああ そうなる
のーって感じでしたが まあ みんな幸せだから いい
か^^;
変わった設定なんですが だから 引き込まれる。少し
漫画のヤマシタさん さんかく窓の外側は夜 を思いだ
しますね。あれも ある意味?人助けというか・・。
世の中には まだまだ わからないことも あるという
恐ろしいけれど 知りたい そんな気持ちで 惹かれま
すね。
結局 堤は お膳立てされたものに 知らないうちに
乗っけられてしまうのだけど それで 最愛の人?に出
会えて 一緒になれるから 面倒なのも もれなくついて
くるけれど 運命と思って 諦めるしかないね。
しかし これって奇病ってわけでもないのでは?多くの
現代人が(昔も)抱えていることが 表面に現れたって
ことなんじゃないかなあ・・。
水師や水人からしたら たまったもんじゃないけど・・。
まだ 水師は 商売とかになるからいいけど 水人なん
て いいことないですよねえ^^;
人間が増えていくと 外から減らそうという 戦争や飢餓
だけでなく 新種の病気や内面から壊して消えさせようと
いう メカニズムが働くのかもって 思うと 空恐ろしい
ですねえ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

帝は獣王に降嫁する (ラヴァーズ文庫) 文庫 – 2017/1/30 沙野 風結子 (著), 奈良 千春 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
帝は獣王に降嫁する (ラヴァーズ文庫) 文庫 – 2017/1/30
沙野 風結子 (著), 奈良 千春 (イラスト)
さの

内容
「慎ましい妃よ、濃い呪いが感染するように、たっぷり中で出してやろう」

海神の国の新帝シキは、敵国テルスに身を差し出し、戦を収める。それは、狼を始祖とするガイウス王の妃となることと同一だった。国のため、民のため、と散らされるのを拒む花のように矜持を保とうとするシキを、ガイウスは獰猛な愛撫で踏み躙(にじ)る。次第にシキの肉体と魂はガイウスに搦(から)め取られていき…。
しかし、意図せず距離を縮めてしまったふたりには昏(くら)い闇が忍び寄っていた。呪われた獣王の妃は死ぬ運命にあるという――。

感想
面白かったです^^主人公の二人は 好みでしたね^^
まあ 平和なシキの海の国を侵略する ガイウスたちは 
嫌なんですが 土地がやせていて 民が餓死するような
国だから 豊かなところを とるしかないのですね・・。
シキは 立派な帝になろうと 一生懸命なので周囲も
ついてくるのだけど ガイウスの方はちょっと恐怖政治
っぽいのですよね。それもこれも ある人物のせいだけ
ど 彼にも彼の事情があるわけで・・
しかし マインドコントロールとか おためごかしってホン
トに怖いですよ。やたらニコニコして愛想がいい人って
要注意なのかも・・。
シキの弟は いい帝になるのでしょうけど・・腹黒く計算
高い。だからこそ 国民にとっては いい帝なんだよね
え・・それにしても 兄弟でも見殺しにしたり 自分で手
をかけるとか 今も昔も凄いです。
末弟は 結局 どうなったのか 顔も見なかったなア^^;
シキとガイウスは 幸せで熱々で よかったです^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

閨盗賊 (Splush文庫) 文庫 – 2016/7/17 沙野風結子 (著), 小山田あみ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
閨盗賊 (Splush文庫) 文庫 – 2016/7/17
沙野風結子 (著), 小山田あみ (イラスト)
やみ

内容紹介

汝、姦淫するなかれ。
抑圧された生活を送るレンは、自分を誘拐し監禁する盗賊のカイルに強いあこがれを抱く。野卑な身分でありながらも逞しく生きるカイルは自由の象徴に見えた。
だが数年後、貴族然とした身なりで現れたカイルは「お前の人生を踏み躙るためにやってきた」と、憎しみをこめてレンの潔癖を穢す。そんな時、レンを偏愛する錬金術師が、妖しげなものをレンにくれた。それを使えば誰でも操り人形にできるという——。

感想
いやー面白かったなア BLのジャンルだけじゃもったい
ないような^^;木原さんの作品を読んで(昔のですが)
一般でも 大丈夫じゃないかしらって 大昔 おもいまし
たよ。その後 なりましたが・・。
この作品も それでもいいかも^^個人的意見ですが。
時代背景が シャーロックホームズの映画見ているよう
で それも楽しいです^^まあ 電話や馬車や車などが
混在していて でも フロックコートと葉巻も健在で 
ある意味 いい時代ですね。
だけど 貧民の暮らしは酷いもので 富裕層には がち
がちの宗教があるのですねえ・・。
といっても 裏では 性を謳歌していた人達だって 多い
のにねえ・・。
レンは 継母のせいで 圧迫された日々を送り 誘拐
された盗賊団の息子を好きになるのですが 貴族の
子が 仮に一緒にいっても 幸せにはならないですよ
ねえ・・。カインの判断が 正しかった。
成人してからのレンは カインと再会し 何故か 憎ま
れているのですが・・そこからの 色々な謎は ほんと
面白かったなア どんでん返しというか なるほど そう
いうことなのか!って 感じです^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

視淫に溺れる (ガッシュ文庫) 文庫 – 2015/11/28 沙野 風結子 (著), 笠井 あゆみ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
視淫に溺れる (ガッシュ文庫) 文庫 – 2015/11/28
沙野 風結子 (著), 笠井 あゆみ (イラスト)
さの

内容紹介

美貌の弁護士・篠束灯は視線を合わせることで
人の精神を操る力を持ち、一族には“天人"と崇められていた。
力のおかげもあり真実を見誤らない篠束は裁判で負け知らずだったが、
ヤクザとも見紛う粗暴な検事・西賀に不正を疑われ突っかかられるようになる。
力のことは一般人に知られてはならず、
邪魔に思った篠束は自分の身体を餌に西賀を貶め支配しようとした。
だが彼に力は効かず、荒々しく犯されてしまう。
以来、不本意にも淫らな関係を繰り返すことになり──。

感想
面白かったです!でも 可哀想な人が一杯・・まあ 仕方
ないのですが。
普通の神経の持ち主だったら こんな能力があったら
最初はいいかもしれないけれど 段々病んでくると思うな
あ。しかも 自分の思うように人を操って生きられる と
いっても 一族のために 嫌な事もしなければならないの
だからね。その上 人を信用できなくなるよね ストレスが
日々 たまりそうです・・。そのせいでセックス依存みたい
に 一時なっていたのですね。
西賀は 高校生の時のショックで ある部分の記憶が抜
けているから灯の力が 他の人ほどきかない。だから灯
にしてみれば 唯一 彼の言動は信用できるのですよね。
色々問題はあるのだけど ベストカップルですね^^
灯は 案外 好きになると相手に誠実だし 西賀は 子
供みたいに独占欲をだして嫉妬深い 可愛いです^^
灯の従兄弟たちが これからずっとあのまま 二人で
寄り添って生きていくのか 不憫な気もします。
そして 嫌な弥上は このまま消えるのかと思ったら
そうじゃないみたいですねえ・・。力がなくなり どうなる
のでしょうね・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

吉原艶情 [Kindle版] 沙野 風結子 (著), 北上 れん (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

吉原艶情 [Kindle版]
沙野 風結子 (著), 北上 れん (イラスト)

内容紹介
特高警察の桐守は、酔い潰れたところを異邦人の男花魁・翡翠に介抱され、夢うつつのまま快楽を与えられた。国粋主義の桐守は屈辱に震えたが、吉原での調査に彼の手を借りるうち、その心と身体の温かさにどうしようもなく惹かれていく。しかし異邦人は排除の対象。特高に目を付けられた翡翠は、捕らわれてしまう。庇った桐守も捕らわれ、死と隣り合わせの牢中でふたりは──。
よしわら

感想
よかったですーもう 暴力シーンが苦手なので 行きつ戻りつ 
やっと読み終わった^^;
最初の桐守の気持ちから 翡翠に係わったとこによって 恋愛
も知るし 他の思想も理解してくるという両面からの変化も よ
かったなあ。愛を知って 頑なな心がほどけていったしね。
翡翠の半生も この当時のハーフだから仕方ないとはいえ 気
の毒で たまたま 綺麗だったから ここまで生き延びたのだろ
うけどねえ・・。
特高が自分のすべてと思っている昭島は 元から嗜虐シュミが

あるのだろうなあ もう仕事にかこつけて 鬼畜そのまのですね
え。仕事で病んだのか?元からって感じだなあ 部下まで普通
は 拷問しないでしょう・・。
自分たちの命がかかっていても 相手を好きだから助けたい
桐守と翡翠の思いが 拷問によっても曲げられないで 壮絶で
したねえ・・。
翡翠を身受けできなくて 年季明けまでずっと待っている 桐守が
とても切なかったなあ・・。

赤い肌

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR