コンテントヘッダー

偽りの騎士と美貌の伯爵 (プリズム文庫) 文庫 – 2017/2/23 池戸裕子 (著), 史堂 櫂 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
偽りの騎士と美貌の伯爵 (プリズム文庫) 文庫 – 2017/2/23
池戸裕子 (著), 史堂 櫂 (イラスト)
いけど

内容(「BOOK」データベースより)

豪商の跡継ぎレオンと伯爵のクロードは親友だ。しかし、クロードに縁談が舞い込み、その友情は終わりに近づいた。爵位のある者にとって身分の低い者との親交は不名誉でしかなく、今のままの関係を続けるのは難しくなるからだ。結婚に対して迷いをみせるクロードに、レオンは縁談を受けるよう説得する。それはすべて、クロードを想う心からで―。

感想
面白かったです なんか 洋風時代劇みたいな^^;
旗本の若様と 豪商の息子の組み合わせって感じで
楽しかったな^^
二人は 面倒な奴らで?ずっとお互い思ってるじゃな
いって 周囲はわかってるのですよね。
レオンはとにかく 健気だわ・・稼いじゃ 貧乏貴族の
クロードに つぎ込んでるのですものねえ これでは
執事も心配するわ^^;
いいなと思ったのは クロードの結婚相手の姉 イラ
イザですねえ この時代の腐女子?^^;進歩的な女性
で 世の中をよく知っていて これから いくらでも精力
的に商売しそうだわ^^
王様も ちょっと変わっていて この人も 愛人に 男性
がいたら またよかったのになあ^^
王の命を狙う貴族が ものすごく 気持ち悪い・・この手
は ほんと苦手です・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

笑わない恋人 (ショコラノベルス) Kindle版 池戸裕子 (著), 小路 龍流 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
笑わない恋人 (ショコラノベルス) Kindle版
池戸裕子 (著), 小路 龍流 (イラスト)
こいけ

内容紹介
得意先で出会った若き事業家・天祐麟司のあまりにサプリメント漬けな生活に驚き、勢いから生活改善を買って出ることになった健康食品会社の新米営業・三上祥宏。都内でいくつものクラブを経営し、自らも夜の雰囲気を持つ美形ながらも「笑わない男」と呼ばれる無口でクールな麟司と近く接するうち、彼が抱える闇を感じ取った祥宏は、体だけでなくその内面も癒して一度でいいから笑顔を見たいと思い始める。そしてそんな祥宏に興味を持った麟司は、祥宏を『愛人』としてそばにおくと言い出し……!?

感想
面白いけど しんみりします。親に 愛情をかけてもら
わないで育った子供は やっぱり どこかに喪失感が
あるのですねえ 当然か・・そんなにお金がなくても 
親が自分を愛してくれるっていうのは 幸せなことで
すからねえ。麟司が 金銭的には恵まれていても
若い時に荒れていたのは わかる気がします。
そんな凍ったような顔と心の麟司を溶かしたのが 
ちょっとネズミみたいな 祥宏^^
彼も 愛情がある家庭で育ったけれど 彼だけに愛情
が注がれるわけじゃなくて 他人の子供にも たくさん
注がれるのですよね 確かに それは立派なことです
けど 子供としては複雑ですね。
という 二人が出会ったのは運命だったのか^^祥宏は
ある意味 根性があるから 商売抜きに 鱗司をなん
とかしたいと一生懸命で そういう気持ちって やはり
相手に伝わりますよね。
鱗司は独占欲が強くて 情熱的だから 祥宏は大変
だけど 好きだから ずっとこのままだろうなあ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

オアシスの檻 (アルルノベルス) 新書 – 2005/1/22 池戸 裕子 (著), 実相寺 紫子 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
オアシスの檻 (アルルノベルス) 新書 – 2005/1/22
池戸 裕子 (著), 実相寺 紫子 (イラスト)
池田

内容
禁忌の檻に囚われて……

繊細で潔癖な美貌のライター・三春宏紀は、謎の作家・浅倉雅人の秘密を暴くため彼の弟で往彦の下で働くことに。 一切姿を見せない雅人を訝しみながらも、次第に逞しい獣のような往彦に強く惹きつけられていく。そして往彦の欲望を剥き出しにした眼差しに煽られるように、三春の身体に秘められた欲望が淫らに疼き始め……。ある日往彦から「兄の小説のために俺に抱かれるお前を見せろ」と囁かれた三春は、いつしか妖しい禁断の檻に囚われて──!!妖しく美しいミステリアス・ラブ

感想
謎の作家の弟と美貌のライター 三春の話ですが 往彦
は見かけが大きくておっかないのだけど 本当はとっても
優しい気持ちを持っているのですよ。それが なかなか人
にわかってもらえなくて 自分の殻に閉じこもってしまうの
ですね。
往彦は 孤独の中で生きているのだけど 三春と出会え
なかったら このまま 森の中で年老いていったかもし
れない。そう思うと ぞっとします^^;こういう人 いるの
でしょうねえ・・いい人なのに 周囲がわかってくれない
し 自分の意見や誤解もとけないで 失意のまま暮らして
るという・・誰かひとり 自分をわかってくれる人間がいれ
ば 幸せになれるのにねえ。
往彦は 三春を好きになることで 兄やコンプレックスから
逃れて 自分を取り戻すのですね。人と係わって暮らして
いないから 足も不自由だし 内向的だけど 三春の愛
情を得て 段々 変わっていくので ほっとします^^

HEAVEN
三春は往彦に言われて 兄弟のこと作品についても全
て書いて世に出した。センセーショナルな内容で 売れ
たが それによって逆に往彦に仕事が来るようになった。
家を買って同棲を始めるが

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

月華の森 (アイスノベルズ) 単行本 – 2002/4/1 池戸 裕子 (著), 佐々 成美 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
月華の森 (アイスノベルズ) 単行本 – 2002/4/1
池戸 裕子 (著), 佐々 成美 (イラスト)
いけど

内容(「BOOK」データベースより)

大学時代からの友人・高見と、恋人同士になった佐野。三年前に、佐野が恋人だった国府に捨てられたとき以降、常に高見は側にいて支えとなってくれていたのだ。だが、優しい高見を手にしながらも、佐野の脳裏からは国府の姿が消えてくれない。どうしても、高見と国府を比べずにはいられなかった。思い悩む佐野は、国府が結婚するという話を聞かされ、彼に会いにいくことにするが―。

感想
これは 最初は佐野が可哀想だと思ったのですけどね 
途中は恋人になった高見が 可哀想になって・・。また
その後は 佐野が 可哀想になりました^^;
綺麗で頭も悪くない佐野なんだけど 家庭環境のせい
なのか 強引な男にひかれちゃうのです。でも それが
最低の男 国府なんですよ。余程 彼に マインドコント
ロールされたんだか こんなに献身的いい男の高見が
大事にしてくれるのに 国府から離れられない。
本当に 大きな災難がこいつに落ちろっていうくらい国
府は嫌な奴です。高見が佐野を 好きだと知っていて
恋人にしたのです。中味はセックスだけの相手なんだ
けど 佐野はどうしてこんなのに惹かれるのかねえ・・。
散々ひどい目にあわせて 国府はサッサと結婚するの
です。なんで天罰がないのー^^;
やっと恋人になった2人だけど 今度は 高見が転勤だ
から佐野が全て捨ててついていくのですよ。ところが 今
度も 佐野が嫌な奴に見初められて・・ってどんだけ男を
惹きつけるのかね この佐野は^^;それでも トラブルを
引き起こす男でも 高見は愛してるのだからね。
ただただ 高見の一途な愛です^^

光の庭
高見の転勤で 佐野もついてきて同棲を始める。高見
も佐野も幸せだが 佐野は仕事を捜していて 高見の
高校の同級生から 仕事を紹介されて・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

この禁じられた愛に (アルルノベルス)  池戸裕子

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
この禁じられた愛に (アルルノベルス) [単行本]
池戸 裕子 (著), 桃山 恵 (イラスト)
出版社: ワンツーマガジン社 (2007/05)

61-rQ4DpGQL__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)

戦後、利権争いを繰り広げ対立してきた三条と葵の二大企業。その次期頭首として、生まれ落ちた瞬間から競い合ってきた三条雅人と周防久仁彦は、8月の避暑地で偶然出会う。心臓の音が聞こえそうなほどの静けさの中、急速に距離を近づけていく二人。そしてついに越えてはならない一線を越えてしまう。見つめ合い、口づけを交わすだけで火照り歓喜に震える二人の体は、驚くほどの早さで熱く昂まり…。憎しみ合う運命の歯車が、いま動き始める。

感想
池戸さんは 結構ロマンチックなのがあって これもそうなんですよね。
好きなんですねえ こういうの 
男版?男同士のロミオとジュリエット みたいな感じなんですよね。
古い館にまつわる悲恋のカップル。これは戦前で ロミジュリで二人は
心中してしまう。でも 雅人と久仁彦は 2人だって本当は生きていた
かったのだろうから 自分たちも生きる道を探そうと前向きなんですね。
といっても 障害は多いし 男同士だとか それぞれの背負ってるもの
会社があるという状況。
それでも久仁彦が情熱的なんですねえ。何を捨てても雅人がほしいと。
雅彦に婚約者ができたりとか どんどん追いつめられ 雅人は愛人でも
いいなんて 思ったりもするのですよ。
他の人のものになるくらいなら とバルコニーから飛ぶとか^^;
ロマンチックだけど どこか演歌が入ってる?と思いつつ(日本人の私
だなあ)読んでました^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR