コンテントヘッダー

毎日カノン、日日カノン (ディアプラス文庫) 文庫 – 2017/2/10 砂原 糖子 (著), 小椋 ムク (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
毎日カノン、日日カノン (ディアプラス文庫) 文庫 – 2017/2/10
砂原 糖子 (著), 小椋 ムク (イラスト)
すな

内容(「BOOK」データベースより)

「君が好きだ。僕と一緒に来てくれないか?」住み込み先の御曹司・澄一にそう言われ、屋敷を出て一緒に暮らし始めた可音。幼い頃から大好きだった澄一のお世話をできることが幸せで、可音は毎日夢見心地だった。けれど“お手伝いさん”のつもりでいた可音とは違い、澄一は可音のことを“お嫁さん”だと思っていた。認識のズレから、バラ色の生活にも少しずつほころびが生まれ始め…?甘々すれ違い主従ロマンス。

感想
ほんわか ほんわかした話でした^^可愛い・・♡
誰も悪人が出てこないのがいいなあ あ 可音の祖
父がいたか・・彼も 悪人じゃないのですよね・・。
可音は あまりに自己評価が低いから 澄一の言って
ることも 言葉通りにきけないのですよね。
だけど 心の底では 澄一のことが誰よりも好きで 他
の人なんて 見えてない。そばに ずっといたいと思って
いるけれど 実際 澄一にいい人ができたら 悲しみで
倒れちゃいそうです^^;
最も 澄一は 子供の時から 可音しか見えてない。
二人は最初から両想いなんですよねえ^^;
なんとなく 二人とも浮世離れしてるところがありますね。
お互いしか見えてないからかもしれないけど。
保育士の大内は 澄一たちのおかげで いい迷惑なん
だけど 基本 いい人だから これからも なにかと気を
使ってくれそうな感じ^^彼にもいい人を!^^

今日もカノン 二人でカノン
恋人になった可音は 平凡だけど幸せな毎日だ。澄一
と毎日抱き合って 相手を満足させられているか とい
うのが可音の悩みで 実は澄一もそう思っていて

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

恋煩い (ディアプラス文庫) 文庫 – 2015/10/10 砂原 糖子 (著), 志水 ゆき (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
恋煩い (ディアプラス文庫) 文庫 – 2015/10/10
砂原 糖子 (著), 志水 ゆき (イラスト)
すなはら

内容(「BOOK」データベースより)

買収予定のボロアパートに偵察と称して部屋を借りた槻島。深夜、部屋の壁に穴があるのに気付き覗いてみれば、隣人は男性で好みの容姿だった。男が自慰を始め、槻島は目が離せなくなる。その男こそ、売却を渋っている管理人の永沼だった。翌朝改めて顔を合わせた永沼は今時珍しいくらい実直な性格で、夜と昼、両方の彼に興味をひかれてゆく槻島だが…?ツンデレ社長と誠実なアパート管理人の、運命を変える恋。

感想
ちょっと笑えました いい話なんですが 槻島が案外 阿
保だなって思って・・。自分より人間として 全然 下だっ
て馬鹿にしていた相手に どっぷり嵌ってしまうのですも
のねえ 間抜けだわ^^;でも 恋はそんなもんですよね。
まあ槻島は 高校生の時の 恋をずっと引きずっていた
ので 余計 永沼に引き寄せられたのでしょう。だけど
高校生の時の同級生は ただのセフレで 本気じゃな
かったと 自分に言い聞かせているのですよね。
そうやって 否定しているところ 時々思いだすこと自体
が あれは 恋愛で 委員長を好きだったんだという証拠
なのにねえ。
永沼は寡黙で いい男ですよね。誠実で親切で 情が深
い。ひねくれている槻島だけど 永沼の美味しい料理に
すっかり 忘れていた家庭を思いだします。小憎らしい
小学生とのバトルでさえ 密かに楽しくなっているのです。
しかし 藤太がやられている時 ちょっとは庇ってやれよ!
最も 槻島も自分で生き抜いてきたところがあるから 自分
で越えろってことなのかな。
あのまま 下宿屋?になっている アパートに みんなで
ワイワイ言いながら 住むのだろうなあ^^
樫谷が 気になりますーこの秘書 優秀だけど なんか怖
いですよねえ^^;たぶん 彼氏がいるのではないかと・・。
彼の私生活知りたいわ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ロマンスの演じかた (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/3/16 砂原 糖子 (著), 麻々原 絵里依 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
ロマンスの演じかた (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/3/16
砂原 糖子 (著), 麻々原 絵里依 (イラスト)
すなはら

内容紹介
高校生ながら美貌を武器に男女関係が派手な幼なじみ・有佐が隣室が引っ越してきた。以前から有佐に反発していた敷は! ?文庫化。

感想
なんといっても砂原さんは 言ノ葉ノ花でやられちゃったんです
けど^^夜明けには好きと言って などの 夜の街シリーズも
好きですね。
今回は 幼稚園からの腐れ縁?である 高校生同士の恋^^
高校生同士って好きなんですが この有佐がなあ いまいち
好きになれなくて 話自体は面白かったです^^
有佐の気持ちもわからないでもないのですが ここまで捻くれ
なくても?いいのでは^^;ツンデレならいいのだけど ツンツン
が 妙に多くてデレが・・そう後半というか まとまってからちょ
っとありましたけど・・これって敷が 確かに鈍いのもいけない
のかもしれないけれど 彼だから我慢できるのかもよー。
やっぱり恋愛は 素直でないと そうそういつまでも 相手は
待ってくれないと思うけど。有佐は数年じれじれしたから その
反動でしてしまうのだろうけどね。しかもHが 可哀想だったし
ねえ・・。でも そこは しっかりツンツンしないで 小悪魔に
シフトして!^^しっかり 敷を捕まえて 大事にしてもらうのが
一番ですよ(笑)

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

言ノ葉ノ使い (ディアプラス文庫) [文庫] 砂原 糖子 (著), 三池 ろむこ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
言ノ葉ノ使い (ディアプラス文庫) [文庫]
砂原 糖子 (著), 三池 ろむこ (イラスト)
すなはら

内容(「BOOK」データベースより)
生まれつき人の“心の声”が聞こえるカンナは、ずっと誰かの役に立ちたいと思っていた。ある町で心の中まで寡黙な男・ガクタと出会う。大怪我を負っていた彼が洩らす『痛い』という心の声を放っておけず、世話を焼くカンナ。最初は鬱陶しそうだったガクタもそれを受け入れ始める。だが彼がヤクザだと知っても変わらないカンナの態度に、下心があると誤解したガクタが手を伸ばしてきて…?大人気シリーズ第3弾!!

感想
よかったですー!これで 2が読めます^^何言ってるかというと
1の言ノ葉ノ花を読んだ時 泣いてしまったので 2の言ノ葉ノ世
界が 勝手に続編だと思ってしまい なんとなく恐くて 読めな
かったのです。そうしたら 違う主人公だったのですねえ。アホ
なあたしです^^;しかも 雑誌で?短編を読んだ記憶があって
それが 最初の主人公が乞食みたいになって彷徨う話だった
ので衝撃でした。もう7年くらい前ですが・・(間違ってるかも)
だから 3のこの話読んで ほんとにほっとしましたー^^
主人公二人も とってもよかったし 幸せになってほしいです。
人って笑顔でも その裏で何を考えてるか わからないところが
あるから 怖いです。本当は どう思ってるのかしらって やっ
ぱり 思いますねえ。だからって こういう能力は ほしくないで
す。苦しいですものね・・。今まで 孤独だったから これからは
カンナも 愛情いっぱいで ガクタと幸せに暮らせると思うなあ。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ファンタスマゴリアの夜 (幻冬舎ルチル文庫)  砂原 糖子

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
ファンタスマゴリアの夜 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
砂原 糖子 (著), 梨 とりこ (イラスト)
出版社: 幻冬舎 (2013/4/17)
515ptgmcdSL__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)

父の跡を継ぎ、貸金業を営む束井艶は、同窓会で幼馴染みの永見嘉博と再会する。小二の頃、人気子役だった束井はある事故をきっかけに仕事を失い、なぜか似合わないワンピースを着た永見と出会った。学校でも浮いた存在の二人は友達に。小五のとき、永見に突然告白されて振ってしまった束井だが、中学、高校と成長するにつれ惹かれていき…。

感想
とてもよかったけれど おっかなびっくりで^^;暴力とか 大したこと
ないのだけど あたしはへたれです・。自分のせいじゃないのに 巻き込
まれて身動きできなくて そこで生きるしかないっていうシチュエーショ
ンは なかなか辛いものありますね。遊女とかもそうだよねえ。
束井は美貌だけど 性格は普通にいい子で だから芸能界ではやっていけ
なかったね。そこは海千山千だものね・・。束井はライバルだった大瀬良
に酷い目にあわされて 人生も狂わされたんだよねえ。でも やりたくも
ない金融業を継がされたからこそ また氷見に再会したともいえるね。運
命って不思議だ。
いやいや金融やってるけれど 残った事務所の連中を見捨てることができ
ないで続けてるんだから 束井っていいやつだわ。だから儲からない^^;
氷見は氷見で思い切りが悪いというか 一途というか 自分が何年もかか
って築き上げたもので 愛する人の為には全部捨てるという イヤー男だ
わ。氷見好みです^^
結局2人ってずっとお互いに思いあっていたのに タイミングが凄く悪く
て すれ違ってばかりだったわけね。勿体ない!
でもこれから ずっと仲良くやっていくでしょう

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR