コンテントヘッダー

猫の王国 (ショコラ文庫) 文庫 – 2018/3/9 犬飼 のの (著), yoco (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
猫の王国 (ショコラ文庫) 文庫 – 2018/3/9
犬飼 のの (著), yoco (イラスト)
いぬかい

内容
猫を助けて死んだ由良が目を覚ますと、猫耳と尻尾が生え“猫の王国"と呼ばれる天国に居た。ここでは猫騎士になれば願いを1つ叶えてもらえるという。自分が親友・泉 貴洋との喧嘩が原因で自殺した事になっていると知った由良は、その誤解を解くため騎士を志願する。騎士学校で由良の専任になった教官のイズミは貴洋によく似ていた。二人が重なり不思議に思う由良だが、イズミは過去を語るのはルール違反だという。優しくいつも傍に居てくれるイズミに次第に惹かれていき…

感想
思っていた展開とは違って ちょっと切なかったけれど
仕方ないのだろうなあ・・。
由良と貴洋は 幸せになったのだから。人から見て 幸
せって思えないカモしれないけれど 二人は 幸せだと
感じてるからいいんだろうね。
やっぱり 親としては はっきりしない理由で子共が死ん
だら ずっと苦しみますよ。
由良の家族は 勿論 苦しいだろうけれど 生きてる貴洋
と その家族は まさに生き地獄だったのでは・・。
またね 由良が素直ないい子だから 貴洋を恨まないけど
普通なら もっと詰って わが身の不幸を嘆くと思うね。
そうしてたら いつまでも騎士にはなれないし 最初から
猫の王国には いかれてないけどね^^;

貴洋の苦しい気もちも わからないでもない。だけど 人
をそこまで傷つけて 追い込んでいいはずもないしね。
これ 本当に自殺だったら 両家族全部 ずっと苦しむの
だからねえ・・。

騎士候補たちは それぞれ 個性があって 面白かった。
ミケーレも 男ったらし?だけど いい奴だった。彼の望み
は 果たされなかったけどねえ。でも ある意味 望みは
叶ったのよね。オルカは どうしたいのかしらね。ちゃんと
番をみつけたらいいのにね。
それぞれ 幸せになってほしいです^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

卵生竜を飼いならせ 暴君竜を飼いならせ5 (キャラ文庫) 文庫 – 2017/5/27 犬飼のの (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
卵生竜を飼いならせ 暴君竜を飼いならせ5 (キャラ文庫) 文庫 – 2017/5/27
犬飼のの (著)
いぬ

内容紹介

竜人界を統べる王となり、潤を絶対不可侵の王妃にする──。
双竜王を倒し、改めて潤を守り切ると誓った可畏。
ところが潤は双竜王に拉致されて以来、断続的な胃痛と謎の衝動に駆られていた。翼竜人リアムの血を体内に注射されたことで、潤の体が恐竜化し始めている…!?
心配する可畏だが、なんと潤の体に二つの卵──可畏との新しい命が宿っていると判明して!?

感想
面白かったわー^^これって ここで終わりなのかなあ・・。
これから 子供たちがどうなるか 気になるのだけど。
最初は あまりにこの話 暴力的だから 1で 驚いて^^;
2と3で うーんって思って・・4とか ちょっと衝撃でしたね。
だけど 話は面白いのですよ。
人の形をしていても ほとんど情けがない 恐ろしい可畏
が 潤と出会ってから 少しずつ変わっていくのが ほんと
いいんですよねえ・・。
可畏は 美形で力も強くて頭もいいけど とにかく残虐で 
情け容赦がないから 潤が可哀想でしたよ。
4で 二人の関係がしっかりして愛が深まったから ほっと
しましたね^^; 
今回は 更に 卵までー!って 本当は産めないはずなの
に 前回 色々酷い目にあって 潤の体が変わったのです
ね。
可畏の心配さが 最初とは大違いで いかに潤を 愛して
るかですよねえ・・。
なかなか 恐ろしい出産でしたが 可畏には 本当の意味
での家族ができて よかったわ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

双竜王を飼いならせ: 暴君竜を飼いならせ4 (キャラ文庫) 文庫 – 2017/2/25 犬飼 のの (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
双竜王を飼いならせ: 暴君竜を飼いならせ4 (キャラ文庫) 文庫 – 2017/2/25
犬飼 のの (著)
いぬ

内容紹介

欧州を手中に収めた竜王が、アジアの覇王・可畏の座を狙っている!? 各国のVIPが集う竜嵜家のパーティーに現れたのは、ギリシャ彫刻のような美貌の双子の兄弟──イタリアマフィアの御曹司・ファウストとルチアーノ!!「この子、気に入ったな。このまま連れて帰れない?」凶暴で好色なリトロナクスの影を背負う双子は、潤の美貌と水竜の特殊能力に目をつけ、可畏と共に攫おうとするが…!?

感想
いやいや 今回も 面白いけど バイオレンスで^^;
実写想像して 怖かったなア・・。
可畏が恋を知って どんどん 人間臭くなってきてます
ねえ まあ 人間だけど 今までは 冷血非道で 今も
潤の手前 隠してはいるけれど まだ残酷です。
だけど 普通に食物連鎖を考えても 別に生き残るた
めだから 彼らには どうってことないのですよね。
可畏の父親のクリスが 凄かったわねえ 俺の花嫁な
んてリアムのことを言ったりして・・今までの この親父
からは 考えられないコトバだわ^^
リアムも かわいらしく?なったような気がして それに
しても 遠距離恋愛だから まだ してなかったのね!
さっさと すればいいのに^^;
ファウストとルチアーノも 相手が悪かったというか 潤
たちの愛情をなめていたわね。この二人 これからどう
なるのかしら?変化はあるのか ちょっと知りたい。
で 潤よねえ・・いろんな血が入ってしまい どうなの?
リアムみたいに 両性とかになるのかな?
血によって 能力が増えて 人間から離れていく感じだ
けど 逆に可畏に近くなったような感じ?
愛するものができて 守りたいと執着すると 弱くなるか
ら そこが可畏も 大変だねえ。まだ 続くのですよね?
愉しみです^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

水竜王を飼いならせ: 暴君竜を飼いならせ3 (キャラ文庫) 文庫 – 2016/7/27 犬飼 のの (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
水竜王を飼いならせ: 暴君竜を飼いならせ3 (キャラ文庫) 文庫 – 2016/7/27
犬飼 のの (著)
いぬかい

内容紹介

暴君竜の可畏が嫉妬で暴走!!潤の親友を手にかけて姿を消した──!?
呆然とする潤の前に現れたのは、兄弟校、彗星学園の生徒会長・蛟!!
地上最大の両棲恐竜スピノサウルス一族の長だ。水竜人の弟妹を可愛がる蛟は、
優しく世話焼きで可畏より遥かに人間くさい。しかも暴君竜を少しも恐れず潤を口説いてきて!?
凶暴な本能に支配された可畏を信じ続けられるのか──二人の愛と絆が試される!?

感想
怖いけど^^;面白かったです。
人外と人間の恋愛って 好きですが たいていは 可愛
いものが多いから これみたいに ハードなのは あと
ひとつくらいしか知らないです。それだって ここまで凄く
ないなあ・・とにかく 血が^^;飛び散るしー死んじゃうし
今回は死なないけど・・想像すると怖いんですよねえ・・。

暴君竜の可畏が 三巻目でやっと 人間臭く?なりまし
たよねえ。といっても やっぱり 基本考えが違うから
ここまで潤に寄り添えるようになったのは 素晴らしい
と思うわー愛ですよねえ^^
確かに乱暴で わかりあえないとろこもあるのだけど 
それでも 潤を愛していて 命をかけても守りたいと
いう行動を見たら 潤だって 可畏と別れたいとは思
わないですよね。なんかやっとここにきて 二人の深
い愛情を感じましたね。
蛟は可哀想だったけれど だからって 関係ない人
まで巻き込むような犯罪は許せないしね。彼も 一族
をなんとかしてやりたいけれど できない悲しみと 近
いうちに一人だけになる恐怖にじっと耐えて 潤を見
て ほしくなるのはわからないでもないけど・・。
蛟のその後を知りたいけれど 秋に雑誌で載るので
読まなくちゃ^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

愛を棄てた金糸雀 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/4/15 犬飼 のの (著), 笠井 あゆみ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
愛を棄てた金糸雀 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/4/15
犬飼 のの (著), 笠井 あゆみ (イラスト)
いぬかい

内容(「BOOK」データベースより)

今日を限りに男妓楼送りになるはずだった大和の元華族、花東紳羅。だが敵国の高貴な軍人・宋天遊に歌の才能を認められ、宮廷歌劇団の星歌手を目指すため藍華帝国へわたり、名を紳蘭と改める。煌めく太陽のような天遊に惹かれていく紳蘭だったが、それは激動の運命の始まりで―。軍人×歌手の波瀾万丈な恋を描く『妓楼の軍人』スピンオフ作品。

感想
面白かったです。でも なんか これ誰が悪いの?って
思いましたねえ。普通は こいつが悪いってはっきりし
てるのだけど 紳蘭を酷い目にあわせた王瑠が悪いと。
でも 実際 読んでいくと 兄である皇帝が悪いのでは
大和の国が悪いのでは?と・・。
まあ 運命に翻弄された人々の悲劇ですよねえ。政治
的に利用された皇族 貴族たちが それぞれ悲劇的な
人生を歩んでいくのですが・・紳蘭はせっかく 10代で
苦海に落ちるところを宋天遊によって救われ 愛し合っ
たのに・・。
結局 見も心もボロボロにされてしまうのですね。それ
でも 自分を落としても 愛する宋天遊を守ろうとする
凄いですよね・・それも 何年も復讐したいと思う相手
と同衾するという・・何年も経ってやっと愛する相手と
抱き合えて 読んでいてほっとしました。が その後す
ぐ 死刑を言い渡される・・むごいわー・・。
王瑠は 悪だと思ったけれどね 最後は 可哀想だっ
たかも・・。
「妓楼の軍人」の方が びびりなので わたし的には 
安心して読めたかなあ^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR