コンテントヘッダー

皇帝とラブラブ子育て (ビーボーイノベルズ) 新書 – 2018/1/19 加納 邑 (著), 松本 テマリ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
皇帝とラブラブ子育て (ビーボーイノベルズ) 新書 – 2018/1/19
加納 邑 (著), 松本 テマリ (イラスト)
かのう

内容紹介

皇帝の嵩と結婚した里久のふたりが出会った想い出の地――
虎島へ息子の航を連れて初めて里帰りしたら、
そこには…?(虎島へ里帰り)

虎に変化することができる皇帝・陽と神龍の血を受け継ぐ
巫子だった羽水のあいだに生まれた汪には、
ふたりから受け継いだ力があるようで…?(不思議な力)

家族になった歴代皇帝カップル3組のラブラブで
親バカな子育てエピソード満載☆
大人気皇帝シリーズ待望の番外編集第2弾v

感想
いつものシリーズ・・つい買ってしまうなあ^^;
今回は ずっと前の皇帝のことも ちょっとでてきて
あの夫婦好きだったから 嬉しいな。
皇帝は愛妃を娶るの 薬屋の息子・夏井が妻で この
夫婦好きだなあ^^あれから 150年も経ったのですね。
それぞれの子孫たちの その後なんですが 楽しいで
すね。こういうのも。
個人的には ちょっと変態チックな囲方の話がツボだ
なあ^^;でもって 今回は 何故 結婚したかが笑え
て・・。
果胡ちゃん凄いなア・・でも 一途でいいですわ。
結局 子供は 虎になったのかな・・どうだったか・。
シリーズも13年くらいになるのですね スゴイね!
2011年の時 まだ 続いてスゴイって載せていて
あれから7年ですよ^^;
最後の息子は 龍の血まで入っていて どうなるの
でしょうね?^^

虎島へ里帰り
皇帝の嵩と結婚した里久は 子供の航を連れて虎島に
里帰りをする。理久は親の墓参りと 虎たちを息子に
見せたいと

思い出の砂浜で
海岸で子供と遊んだあと 航が寝たので 嵩と理久は

ちゅぱちゅぱ欲の秋
理久が 航に桃をあげた後 余程美味しかったのか
指をずっと吸っていて

仔虎のお酒♡
皇帝の航と妻の葵士には 三つ子がいる。一歳のお誕
生日に 町に連れていき 色々な食べ物を買ってあげ
ると約束していたので

果胡ちゃんのお願い
囲方は 子供の時から皇帝 航の側近で 異常に仔虎
が好きで 有名だ。囲方は 航の末の妹 果胡も可愛
がっている。三歳のお誕生日に

不思議な力
皇帝の陽は 妻の羽水と子供の汪を連れて 田舎の
隠居所にやってきた。150年前の 皇帝夫婦が退位し
て住んでいた家だ。そこで3人は 川遊びをして

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

花嫁の黒豹従者 (ビーボーイノベルズ) 単行本 – 2011/4/19 加納 邑 (著), 緒田 涼歌 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
花嫁の黒豹従者 (ビーボーイノベルズ) 単行本 – 2011/4/19
加納 邑 (著), 緒田 涼歌 (イラスト)
かのう

内容(「BOOK」データベースより)

「お前に可愛がられていた黒豹じゃなくて、人間の男としての俺を感じさせたい。その身体の奥で…」恋を知らない初心な第2王子イリに、隣国との結婚話が持ち上がる。そんなイリに常に付き従う黒豹のラシールが突然、精悍な男に姿を変え「俺と結婚してくれ!」と熱烈求愛!好きで好きで独占したくてたまらないと性急に求めてくる眼差しに、イリは初めて胸の高鳴りを覚え…。これが恋なの…。

感想
加納さんはなんといっても 皇帝シリーズ もふもふが
好きなんですが 黒ヒョウも 何冊かあるのですね。
やっぱり 人外って楽しい^^トラもいいけど ヒョウも好
きだわー。
黒豹のラシールは どれだけイリが好きなのよ!自国
にも帰らず 15年もそばにいるなんて!まあ最初は
子供だったから 帰れないけどね5年も経てば帰れる
じゃないねえ・・。
イリはまた 箱入りだから のんびりしていて・・ほって
おけない子です^^;といっても ちゃんと勉強して人の
為になるようにと医療にすすんで その点はしっかり
してるよね^^
王道の話で 読んで安心です^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

雪豹王の愛され花嫁 (ビーボーイノベルズ) 新書 – 2016/11/18 加納 邑 (著), 桜城 やや (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
かのう

雪豹王の愛され花嫁 (ビーボーイノベルズ) 新書 – 2016/11/18
加納 邑 (著), 桜城 やや (イラスト)

内容紹介

皇帝シャミールの弟である仔雪豹を助けた縁で、宮殿に招かれた庶民のユーリ。
助けた際に負った怪我が治るまで、滞在を許されたユーリは、
皇帝のことを知るうちに許されざる想いを抱きはじめる。
身分違いだし、皇帝の雪豹に変化する血を絶やさないために、
同じような雪豹の国の姫である婚約者もいるのに…。
だが皇帝の優しさに触れ、ユーリの想いはおさえきれなくなり!?
そんな2人に国を揺るがす事件が!!
雪深き、西洋ファンタジー風、王道もふもふシンデレララブv

感想
トラの皇帝さんの雪豹版と 言えなくもないのですが^^;
でも やっぱり この手が好きなので 読んでしまいます。
ユーリは両親を亡くして 17歳くらいで 一人で生きてい
かなくてはならないという境遇で 重労働でやっと食べて
いけるという状態。
だけど 大方そんな感じで みんな貧乏なんですよね。
それでも 悪いこともしないで 必死に生きているのだ
けど ひょんなことから 貴族の仔豹を助けて・・という
パターンね^^;
シャミールは 悪いやつではないけれど どうしても庶
民のことなんて よくわかっていない。だけど ユーリと
暮らすようになり 段々 賢王への道に進むようになる
のですね。元々 悪くはないのだけどね。
ユーリが 愛情を注がれても それで天狗にならず 
優しい心を持ち続けているから 愛も消えないのよね。
ということで 可愛い赤ちゃんも!と めでたしめでたし^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

皇帝は巫子姫に溺れる (ビーボーイノベルズ) 新書 – 2016/5/19 加納 邑 (著), 松本 テマリ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
皇帝は巫子姫に溺れる (ビーボーイノベルズ) 新書 – 2016/5/19
加納 邑 (著), 松本 テマリ (イラスト)
かのう

内容
「虎と龍の どちらの血をも受け継ぐ最強の仔虎を成そう!」龍神の血をひく巫子 羽水は 雨乞いの儀式のために寺院を訪れた皇帝 陽の滞在中の世話をすることになる。ある日 皇帝が虎の血をひき 虎に変化できることを知った羽水は 似たような境遇の陽のことが気になりだす。同じ様に羽水に惹かれた陽から好きだと告白されるが 巫子になるからと 素直に彼の胸に飛び込めない羽水だが・・。

感想
このシリーズも 10冊以上になりましたねえ^^子供も 
どんどん生まれて 本当なら 減っていくはずなのに 
歴代の皇帝夫婦は みんな熱々で 多産なんですよ
ねえ^^;
陽も 今までの皇帝と一緒で 気さくで明るく優しい
です。しかも 惚れっぽい!^^;いつも 自分の母親と
同じような相手ですよね。物凄い美人ではないけれど
小柄で可愛い 人に親切で健気 分け隔てなく 人の
ためになろうとする そんな感じですかね^^
龍としての力はないようだけど 龍神には守られている
のでは?
いつの世も どこでも 悪人はいますね 今回もそうな
んだけど なんだか せこい奴だったわ・・。
ここまでくると だいたいの展開がわかってしまうのだけ
ど 読むと優しい気持ちになるので つい買ってしまいま
す^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

タヌキと結婚 ‐もふもふのお嫁さん‐ (ビーボーイノベルズ) 新書 – 2016/1/19 加納 邑 (著), 桜城 やや (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
タヌキと結婚 ‐もふもふのお嫁さん‐ (ビーボーイノベルズ) 新書 – 2016/1/19
加納 邑 (著), 桜城 やや (イラスト)
かのう

内容紹介

妖怪キツネと人のあいだに生まれた半キツネの藍は、大好きな妖怪ダヌキ・田抜太郎の「お嫁さん」になることが、小さな頃からの夢v
早くキス以上のオトナの関係に進みたい藍だが、色っぽく迫ってもタローちゃんは手を出してくれない!!
藍の父親と交わした約束が原因らしいけど、さらって奪ってお嫁さんにしてほしい!
そう願う藍とは裏腹に、タローちゃんが口にした一言が…!?
書き下ろしでは赤ちゃんも生まれちゃって…もふもふ全開ラブv

感想
面白かったです^^なんか イチゴダイフクは14歳という
のは 雑誌で読んだ記憶があって懐かしかったな。
藍の両親である 狐と雅の話が凄く好きで その三人の
子供のうち 一番できが悪くてとろい 藍の話なんです
よね。
まあ 人外の話なんだけど 親の愛情の話だなあと 
しみじみ思っちゃいますね。
プライドが高い狐の九重は ほんと意地っ張りで 奥さ
ん?の雅に ため息をいつもつかせてるけれど 子供た
ちが可愛くてしかたない バカ親で そこがちょっとほ
ろってしますね。茜たちは 頭もいいし ほっておいても
一人で生きていけるけど とろい藍は 心配で心配で手
元に置いておきたいのですよね。親心だなあ・・・。
雅の方は 田抜が 話し方は変だけど^^;男らしいし 藍
を大事にしてくれるってわかっているので 九重みたいに
心配してないのですよね。
藍の兄たちの茜たちも 優しくていい兄弟ですよね^^
読んでいて 家族愛や 夫婦 兄弟愛にほっこりします^^

茶釜山のバレンタインデー
田抜がいつも買いに行く和菓子屋に 先代にそっくりな
孫 圭吾が東京から戻ってくる。田抜と圭吾の祖父は
恋愛関係だったのではと藍は思い そっくりな圭吾に
心がうつるのではと 心配になるが

仔ダヌキ生まれちゃいました
お菓子の専門学校を出た藍だが 妊娠して 田抜との
子供が生まれる。姿はタヌキだが 銀色の毛は九重
そっくりだ。雅と兄たちが喜んで来てくれるが 九重は 
嫌々訪れて・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR