コンテントヘッダー

恋には金がいるらしい (二見書房 シャレード文庫) 文庫 – 2015/7/24 玄上 八絹 (著), ヤマダ サクラコ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
恋には金がいるらしい (二見書房 シャレード文庫) 文庫 – 2015/7/24
玄上 八絹 (著), ヤマダ サクラコ (イラスト)
現状

内容紹介
どうして自分たちの命は、こんなに高価(たか)いのだろう。
運び屋のバイトをしている静流は、仕事のミスがきっかけで逃がし屋の海帆に体を売ることになって……。

仕事のミスをカバーするため、運び屋のバイトをしている静流は逃がし屋の海帆に体を売った。行きずりの関係と思って抱かれたが、その日以来、気づけば海帆のことばかり考えてしまう。そこへ舞い込んだ一人では遂行不可能な仕事を請けるため、静流は海帆を頼ることに。逃がし屋である海帆は運びの仕事はしないと言っていたが、切羽詰まっている静流を今の状況から逃がすということで引き受けてくれた。さらに報酬交渉の結果、静流は再び海帆とセックスすることを選ぶが、そこで静流の抱える秘密の一つを知られて……。

感想
話としては面白かったです。設定も 主人公も魅力的なん
ですが 病気ネタって苦手な方なので そこが駄目でした。
直るのならいいのだけど まあ 可能性は なくもないみた
いな^^;すべてこの世は金次第のようなのが 可哀想だっ
たです。
静流が いくら妹とはいえ どうしてここまで体を張って
お金を稼いで治療させようとしているのか というのも後で
理由はわかるのですが やるせないですねえ・。
全体とおして 悪い人はいないのに(ヤクザたちは別だけ
ど)みんなそれぞれ 自分が悪くないのに不幸で 理不尽
さを感じました。
海帆が 思ったよりもいい男で それはほんとに静流にとり
救いですよねえ これで寝ただけとか 恐喝して体売れな
んてことになったら 目も当てられないです。海帆も爆弾を
抱えているし 静流も健康ではなくなるかもで 一人よりは
二人だけど なんかねえ・・二人いても1.5人にもならない
かも?^^;
危ない橋を一人じゃなくて 二人で渡れるようになっただけ
でもよかった^^まあ こんなことしないですめばいいのだ
けど。静流が一人前になって 海帆と二人で体も心も余
裕を持てるようになればいいのにと 切望しちゃいました。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

俺の初恋にさわるな (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/7/15 玄上 八絹 (著), 平眞 ミツナガ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
俺の初恋にさわるな (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/7/15
玄上 八絹 (著), 平眞 ミツナガ (イラスト)
げんじょう

内容(「BOOK」データベースより)
幼稚園の頃から大好きで、火事から命を救ってくれた矩文は、実晴にとって王子様のような存在。王子様には完全無欠な人生を送ってほしいと願う実晴だったが、大人になったある日、思いもよらず矩文から愛を告白され「王子様が自分なんかを好きになるのは許さない!」とキレてしまう。矩文を理想化するあまり自分の初恋に全く気づかない実晴は!?

感想
話は可愛くて ほのぼのとしてました^^主人公の実晴が
いまいち 最初は好きになれなくて^^;進まなくて。
矩文のことが好きすぎて 危険な時に救ってもらったのも
あって ヒーローか王子様かみたいに偶像化する気持ち
もわかるのだけどね。やっぱり相手は人間で トイレだって
いくし 性欲だってあるのですよ。矩文への気持ちってほと
んど アイドルへの思いみたいで これでは矩文が可哀想
だったなあ・・。
かなりきついことを言われてるのに矩文が それでも実晴
を好きで ずっと 本当の自分をわかってもらおうとするの
が 切なかったなあ・・他の子にしたら?みたいな意地悪
叔母さん?^^;まあ それだけ実晴が まだまだ子供なん
ですよね。他の人に恋愛感情を持ったことないから わか
らないのでしょうね。
とにかく まとまって よかったよかった^^
そうそう このとらさんの和菓子が 気にいりました^^
プリン味 大好きなんですよね^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/1/19 玄上 八絹 (著), 六芦 かえで (イラスト)


にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
恋はシェリーグラスの中で (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/1/19
玄上 八絹 (著), 六芦 かえで (イラスト)
げんじょう

内容紹介
双子の弟と二人きりで生きてきたバーテン見習いの隼人は、弟をナンパしてきた建築士の男・京介と触れ合ううち、心を開きかけるが?

感想
なんか 酷い両親で 育児放棄されてしまって これじゃあ 二人
が 離れられないくらい依存するのもしょうがないですねえ。とい
っても 隼人はただ弟が可愛いのだけど 自分が守ってやるとい
うのが 生きる縁だったのでしょうけどね 弟の方は どうなのか
なあ・・もっと兄としてよりも 好きなんじゃないかなあ 具体的に
言ってないけどね。弟は 相手をころころ変えているけれど 結局
本当に好きな相手は いないのでは?別の機会に 彼氏ができ
るといいねえ・・。
隼人の方は ノンケだったはずなんだけど 凄く寂しかったと
思うのね。だから 愛情いっぱいに接してくれる京介に 傾いて 
いったんだろうなあ。それはそれで いいと思うのよね。最初は
そうでもなかった二人だけど お互いを知っていくと 段々惹か
れていくっていいじゃないですかねえ^^
京介は 年齢もあるし ただ付き合うだけじゃなくて パートナー
を欲しいと思っているのだから 隼人はぴったりだと^^
こんなに 真面目で控えめで可愛いから 京介はもっと大事に
したいと 不遇な子供時代を忘れるくらい 甘やかしたいと思う
のですね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

恋する座敷系男子 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2014/9/17 玄上 八絹 (著), 旭炬 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

恋する座敷系男子 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2014/9/17
玄上 八絹 (著), 旭炬 (イラスト)
はち

内容(「BOOK」データベースより)
親と死に別れ就活もままならず住む場所も失いかけていた忍は、親戚から小さな古民家を譲り受けた。長年うち捨てられていた茅ぶき屋根のその家で忍が出会ったのは、かつて忍の祖父と仲が良かったという“座敷わらし”。だが彼は、祖父の帰りを待ち続ける間に“わらし”から立派な青年に成長しており、祖父そっくりな忍にいきなり襲いかかってきて!?

感想
最初はちょっと ノリが忍に無理やり 関係をもたせられたから
嫌だったんだけど 座敷童のノトの悲しみを知るとねえ。
裏切られて50年も待つのは悲しすぎるねえ。
消えてしまう前に 操を諦めて 違う家にいけばよかったのに
それだけ ノトは彼が好きでたまらなかったのよねえ・。でも
ノトが操を諦めきれずに この家にずっといたから 忍と出会え
たのだし 運命の相手ってことですね^^

忍もいい子なのに ほんとに運がないというか でも最後には
ちゃんと帳尻があって まあ人間じゃないけど^^;相思相愛の
相手を しかも金運付きで^^;手に入れたから よかった^^
人間って怖いよねえ。欲深いから 次から次へと求めるし 努力
しないで手に入れると それが癖になってしまい 人間自体が
駄目になってしまう。忍はそれがよくわかっているから 多くを望
まないし そこが更にノトの愛情を受けることになるのよねえ。

忍は小さい幸運でいいと思っているのに ノトが嬉しくて コント
ロールきかないで どんどん大きな運やお金を運ぶので困って
しまうところが おかしかった。そのあたりは やっぱり人じゃない
から 笑っちゃう幸運なのね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

虹の球根 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫] / 玄上 八絹

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
虹の球根 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
玄上 八絹 (著), 三池 ろむこ (イラスト)
出版社: 幻冬舎 (2013/11/15)
517edqiBCFL__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)

美大に入ったものの己の限界に気づき、進路に迷う硅太郎。努力家ゆえ模写の技術と真贋を見分ける眼だけは無駄に磨かれた。ある日、校内で見かけた制作途中の絵から圧倒的な才能を感じ打ちのめされた硅太郎は、その作者、銀示の常軌を逸した行動と魅力的な容貌に惹かれてゆく。しかし銀示の生活能力の欠如には生い立ちが深く関係しているようで?

感想
なんだか じわってきましたよ。まず銀示があまりに可哀想で 本人はあま
りわかってないみたいだけど 特異な環境で育ったものがどうなるかって
悲惨ですよ。たまたま 絵の才能があって 硅太郎とも出会えたからいいけ
れど。
周囲に人と違うお子さんを持ってる方が数人いらして 本人は純粋で 周囲
が支えるから困ることもなく生きていけるけれど 将来は難しい。銀示は
一人になってから 自治体とかが手を差し伸べてくれたけれど やっぱり悪
用する人はいるわけで 読んでると辛いですねえ。
硅太郎は お坊ちゃんでいい人って感じです。でも 意外と情熱的で世話好
き^^銀示の才能に圧倒されるのだけど 外見だけでなく心の綺麗さ 子供
なんだよねえ・・そこにも惹かれていき 恋に溺れていくところがよかった
なあ。だからって我を忘れず 葛藤はあるけれど自分の才能に見切りをつけ
て どうしたら銀示と これからもずっと一緒にいきていけるとかと真剣に
考えるあたり硅太郎は ほんとにいいやつだ!^^銀示の両親が心配して
見つけて引き合わせてくれたのかもって 思っちゃう。
トイチの男で 出て来た二人だったんですねー。あちらも かなり変わった
シチュだったけど こちらは受けの銀示が妖精さんみたいですよ^^
情けは人の為ならずって 本当だと・・。質屋の主人は物もだし人を見る目
があったねえ・。なにかと 硅太郎手を貸してやったから 後に色々助かる
ことがでてくる。巡り巡ってくる 縁の不思議ですね。
その後がちょっと出てきて これがまた いいんですよ・・。

質屋が知らない秘密
茅野は恋人の質屋の主人 悠と銀示の母親の絵の話をしている。銀示と硅太
郎は 悠が質屋存続できなくて困った時に保証人になってくれた。硅太郎は
ギャラリーをしつつ 有名なバイヤーで銀示は恋人で絵描きだ。銀示は綺麗
でちょっと変わっているが硅太郎は そんな彼をとても愛していて いつも
べたべたしているので茅野は 呆れている。硅太郎は・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR