コンテントヘッダー

緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼 単行本 – 2017/3/17 みやしろ ちうこ (著), user (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
緑土なす 黄金の王と杖と灰色狼 単行本 – 2017/3/17
みやしろ ちうこ (著), user (イラスト)
みどり

内容紹介

◆誰もが認めるWEB発BLノベル屈指の傑作がついに書籍化! ◆
山奥で野人のように暮らしていた〝足弱″は、生まれて初めて上京した都で、
千年続く王朝の最後の王である今世王レシェイヌの
庶子の〝兄上さま″だと発見され、宮殿に保護される。
国土に緑をもたらす奇跡の力を持つ王族は、血族しか愛せない宿命。
しかし、十数年前の流行病により、今や生き残っているのは
今世王レシェイヌただひとりだった。
孤独のために死にかけていた今世王は、
足弱に夢中ですがりつき、ひたすら愛を捧げる。
そして、王族命の家臣一族「灰色狼」もまた、
真綿に包むように足弱の世話をし、尽くそうとする。
自分が王族だとは思えない足弱にはそのすべてが困惑のもとで、
耐えられず、ついに宮殿をあとにしようとするが……。

【書き下ろし】宮殿に来たばかりの足弱を、
侍従長の灰色狼<命>の視点で描く「いつもお側に」を収録!

感想
うーん なんというか 凄い話なんですが でも 短く言
うと?今世王レシェイヌと その庶子の兄である足弱の
いちゃいちゃ甘々生活なんですよねえ^^;
最も レシェイヌだけが死ぬほど兄の足弱を好きで 兄
の方は 山奥深くで 野人のように暮らしていたので 
一般の人の生活も知らないし 光輝く王族なんて ただ
迷惑なだけなんですよね^^;
レシェイヌは王族だから 血族しか愛せない。足弱は 
字は読めても 愛情もろくにしらないし ましてや 男同
士や 兄弟で愛し合うなんて 考えられない。
それでもレシェイヌの一途な愛と 灰色狼たちの献身に
より 少しずつ心を開いて 宮殿での生活に慣れていく
のですが・・これは大変だね・・心が壊れちゃいそうだよ。
いつでも 誰かがそばにいて見張っているというか気に
かけてくれて トイレも一人でいけない・・。生まれつき
王族でないと神経が参ってしまうだろうなあ・・。
でも 王の周囲の人間にとって 足弱がいないと国が
亡びるかもしれないので 必死なんですよね。
足弱は 背は高いけど平凡な顔立ちで 片足が悪い。
でも 心は綺麗で 優しくて思いやりがあり 彼を嫌う人
は いないだろうなあ・。
足弱の心一つで 自分も王も 民も幸せになるのだろう
けれど・・さて どうなるか・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

白銀のヴィオラント (ロワ・ノベルズ) 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/20 夜乃 すてら (著), イクヤス (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
白銀のヴィオラント (ロワ・ノベルズ) 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/20
夜乃 すてら (著), イクヤス (イラスト)
よ

内容(「BOOK」データベースより)

心優しき“悪役”と誠実で一途な従者が、運命に抗い立ち向かう“主従ラブ”ストーリー、ここに始動!三雲大和はある事故をきっかけに、薄幸の美青年・ヴィオラントの魂に入り込む。だがヴィオラントは、大和の好きな漫画『姫君は夜と踊る』で主人公に討たれる“悪役”だった。領主の息子ながら家族に迫害され、小さな領地に追いやられていたヴィオラント。冷酷な運命を受け入れてひっそりと暮らしていた彼の前に、“守護騎士”希望の男・レジオンが現れる。そしてふたりが主従の契りを交わしたとき、「大和が知る未来」とは違った、新しい未来が築かれ始める―!

感想
面白かったです でも 続きなのね^^;悩んだけど 前に
読んだ伽羅さんが面白かったので これも選んでみまし
た。これもファンタジー(ゲームもの?)なんですが 単に
BLっていう感じじゃないのが楽しい。
精霊といっしょも 貧しい人々が出てきて 水の問題が
あったんですよね。汚水しか ないから 人々の寿命が
短くて それを主人公がどうにかしたいと。
これも ヴィオラントは とばされた領地が あまりに貧しく
て 領民が冬を越せなくて 死んでしまう。それを なんとか
したいと 特産品を考えだして・・と 今の地域おこしみたい
な 感じだよねえ^^
ただ 男同士の恋愛っていうだけでなくて なにかしら命題
みたいなのが入ってると より面白いなア そして 魔術と
か 竜とか 好きな要素もいっぱいだしね^^
残念なことに 忠犬みたいな騎士 レジオンと まるで恋愛
になってないのですよねえ・・次回で 関係が進むのかし
ら?
登場人物も それぞれ読んでいて楽しくて 執事とメイドも
いいし リオナ姫とナイトも気になります^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

雨より優しく (B‐PRINCE文庫) 文庫 – 2010/7/7 宮園 みちる (著), 史堂 櫂 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
雨より優しく (B‐PRINCE文庫) 文庫 – 2010/7/7
宮園 みちる (著), 史堂 櫂 (イラスト)
みや

内容(「BOOK」データベースより)

美貌の小説家・睦月は、雨の日に偶然出会った大学生・夏海と親しくなる。精悍で逞しく、優しい夏海に逢瀬を重ねるごとに惹かれていく睦月。そして夏海も真っ直ぐに「好き」という想いを睦月に向け、ある日キスをされてしまう!だが睦月は、過去の切ない経験のせいで恋に臆病になっていた。大人だからこそ踏み出せない睦月の手を、夏海は強引に引っ張っていって…包み込むように大切に大切に愛される、癒し系年下攻ラブ。

感想
題名と一緒で 優しい話でした^^
睦月は 繊細な人なんですね 好きでも押すこともで
きなくて 相手に去られたら ただじっと耐えて時々
思い出すだけって感じですね。まあ だから 物書き
してるのだろうけど。
夏海は 明るくて世話好き 単純だけど誠実です。
睦月よりかなり年下で ちょっと頼りないところもある
けれど 一途で 睦月みたいな相手には ちょうど
いいような気がします。
睦月が好きだった相手は 高校生同士だったことも
あって ずっと付き合うとか 周囲にも負けないなんて
気もちはないのですよねえ・・。
大人になって 自分に合った 自分だけを愛してくれる
若い恋人に出会えて 睦月は幸せだと思います^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

竜の棲み処【W特典SSペーパー付】 (リリ文庫) 文庫 – 2016/10/24 宵 (著), 一夜人見 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
竜の棲み処【W特典SSペーパー付】 (リリ文庫) 文庫 – 2016/10/24
宵 (著), 一夜人見 (イラスト)
よい

内容紹介

「番人の仕事は、竜との交尾だよ」攫われて売り飛ばされる寸前だったルサカ。
間一髪のところを人買いの馬車から連れ出してくれたのは、美貌の青年――ファイアドラゴンのタキアだった。
安堵したのも束の間、彼は自分にひとめぼれした挙句「竜の巣の番人」として閉じ込めるつもりのようで!?
窮地を救ってくれた優しいタキアは嫌いじゃない。
でも一生を彼の巣で過ごさなければいけないなんて納得がいかない。
悩むルサカだが、竜の発情の季節がやってきて…?

感想
面白かったです^^色々 竜のものを読んでいますけど 
ちょっと今までのと パターンが違ってましたね^^
ルサカは運がいいんだか 悪いんだか・・。
比類なき美貌のために 孤児でも 優しい貴族のライア
ネルに引きとられて 大事に育てられたのに やっぱり
美貌のために人さらいにあい 助けてもらったけれど 
相手が竜で^^;結局 囚われの身になってしまうのです
よね。
最も 変態親父におもちゃにされて 殺されてしまうより
かなり 考えが違うけど ファイアドラゴンのタキアの
方が ルサカを大事にしてくれるから ずっとましだな。
タキアは 独立したといっても 竜として まだまだ子供
で しかも 兄姉に甘やかされて育っているので 少し
我慢が足りない。
だけど タキアは ルサカが可愛くて 普通の番人の様
に人に貸したりなんて できなくて じっと大事にしたい
と思うのだから いい相手ですよね。
ルサカとタキアの会話が 妙にかみ合ってなくて 笑っ
てしまいます。まあ 環境も育ちも違うから そもそも種
が違うから しょうがないよねえ・・。
気に入ってるのは ダーダネルス百貨店の外商部の
珊瑚さんです!なんていうか とにかく 口がうまい!
空気を読んで 売りつけるのがうまい!セールスマンの
鏡?のような人です。
ペットをタキアに買わせるときが 圧巻でしたねえ 愛
しい妻?を喜ばせたいから かなり高いのに 無理し
て 火を吐く犬?を買うのですよね やりとちには 
笑っちゃいました^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

王は花冠で求愛する (ショコラ文庫) 文庫 – 2016/5/11 水杜 サトル (著), 北沢 きょう (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
王は花冠で求愛する (ショコラ文庫) 文庫 – 2016/5/11
水杜 サトル (著), 北沢 きょう (イラスト)
みずもり

内容紹介

失業し彼女にも振られ失意のどん底にいたある日、久坂絃人の下に疎遠になっていた幼馴染、トマシュ・バーベンベルクから手紙が届く。誘われるまま、かつて暮らしていた東欧のヴルタヴァ王国を訪れた絃人は、二十年ぶりに再会したトマシュが実は王族で国王になったことを知る。さらに愛を囁かれ戸惑うものの拒絶しきれずトマシュに抱かれた絃人は、自身もまた同性で身分違いの彼に惹かれていることを自覚するが……。

感想
久しぶりに読んだ 水杜さんですが シンデレラストーリー
というか 幼馴染で相手が王子様で(国王だけど)という
ロマンチックな話でした^^
絃人は 特別 綺麗でも優秀でもない 普通の男性です
けどね トマシュ王子にとっては 特別な相手だったの
ですよね。色々と 制約のある中で育ち 自由だった楽
しい子供時代の幼馴染は 初恋の相手でもあるので
しょうね。
これ 絃人が 手紙だけで ずっとあってなかったので 
トマシュが思っていたのと違ったと思ったら 話は
終わってしまうのですけど^^;それは BLですからね^^;
ま 彼女と結婚してひーひー?働くより 素敵な王子様と
やりがいのある仕事についたほうが いいですものね^^
なんといっても 物凄く大事にされて 愛されてるという
のが 一番です^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR