コンテントヘッダー

闇を呼ぶ声 -周と西門- (プラチナ文庫) 文庫 – 2017/1/12 凪良 ゆう (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
闇を呼ぶ声 -周と西門- (プラチナ文庫) 文庫 – 2017/1/12
凪良 ゆう (著)
なぎら

内容(「BOOK」データベースより)

憑いた霊を引きはがす呼児の周には、それを彼岸へ封じる戻児で唯一の対でもある双子の妹がいた。その妹を亡くして以来、周は力を使おうとせず鬱々と生きている。突然同居することになった親戚の西門にも、胡散くささしか感じなかった。けれど、胸中の痛みを覗かせる彼の言葉は、周の心をほぐしていく。戻児である西門と仮の対となり、妹の死に繋がる怪異を追ううちに周は…。

感想
面白かったですねえ なんていうか 主人公たちの抱え
ている問題とか storyも伏線がいくつもあって 話の構
成がよくできてますね。後の方で あ これってこういう
ことなのねって 納得できる。
たまーに つじつまあってないっていう話も あるのです
が これはよくわかるわ。
しかもね 凄いなって思うのは 西門がゲイだってことだ
けで ほとんど 恋愛に進んでるってほどじゃないし キ
スくらいで 読ませていくっていうのが巧みだなアと。
え―って思うのは・・これって 続くのね・・当然よね 西
門の過去が はっきりしてないものねえ・・。
人のおもいって 怖いですね 情念とかいうけど ほんと
霊になっても 思いは消えないとか・・凄いわ。
好きな人とずっと一緒にいたい 霊でもいい と思う人は
それはそれでいいのでしょうねえ だって 周囲は とや
かくいうけど 本人はそれで幸せなんだから。
外から見て 普通の人間でも 心が病むというかモンス
ターみたいになってしまった人もいるのですね。
世の中の 多くの事件も そうなのかも・・。
周と西門の関係は これからどうなるか 次が読みたい
です^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ニアリーイコール (ディアプラス文庫) 文庫 – 2015/8/10 凪良 ゆう (著), 二宮 悦巳 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

ニアリーイコール (ディアプラス文庫) 文庫 – 2015/8/10
凪良 ゆう (著), 二宮 悦巳 (イラスト)
なぎ

内容(「BOOK」データベースより)

幼い頃に両親を亡くし孤独のなかで生きてきた仁居は、高校時代はじめての恋に溺れ、その一途さゆえに相手を追いつめ捨てられてしまう。以来十年、人を愛することに臆病になっていた仁居は、ある日、元同僚の国立と出会う。人懐っこく優しい国立は独りきりの仁居の生活にするりと入り込み、心をひどく波立たせた。自分の重すぎる愛情で大切な人を失う恐怖に、国立から距離を置こうとする仁居だが…。

感想
よかったですー^^まあ 主人公のそれぞれの これまで
の人生は けして明るくなくて重いのですが これからは
国立の妹も含めて 幸せに暮らしていけると思うので こ
ちらの気持ちも 軽くなります^^

自分のせいじゃないのに 一般的な普通から はずれ
ちゃうことがありますね ほんとに理不尽なんだけどね。
17歳なのに たった一人で暮らしていた仁居にとって
佐田は希望の光 生きる全てだったのですよねえ・・。
それを失って 愛することが怖くなるのは 悲しいけれど
仕方ないですね。本当に 国立に出会ってよかった。
このままお爺さんになったら あまりに悲惨です。

国立だって 妹は大事だけれど 愛する人が欲しいです
よね。まあ 心はもちろん大切だけど セックスも大事だ
からねえ・・それができないとなると なかなか恋人として
難しいと思います^^;
国立と仁居の間で クッションとなっている 白子猫は 
子供みたいなもんだねえ ニーニには癒されます^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

累る-kasaneru- (プラチナ文庫) 文庫 – 2015/10/13 凪良 ゆう (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
累る-kasaneru- (プラチナ文庫) 文庫 – 2015/10/13
凪良 ゆう (著)
なぎら

内容(「BOOK」データベースより)

異母弟の奏人を母の虐待から庇い、夢に魘されると共に眠り宥めてきた七緒。ふたりが大学生となった頃、奏人から恋情を告げられ戸惑うが、七緒もまた彼が愛おしかった。けれど、夢を見た。奏人の夢と共通点があるようだが、徐々におぞましく苦痛に満ちていく夢。奏人に抱かれている時だけは、それから逃れられた。なのに夢が進むにつれ、恐ろしい疑念がこみ上げてきて…。

感想
いやー参りましたね・・もう可哀想で可哀想で・・でも い
い話でした。
あたしは 人外とか 昔話風のが好きなのですが 実際
は 可愛い童話も 残酷な内容だったりするのですよね。
これも 後の世ではいいように伝わっているけれど・・。
七緒と奏人の義兄弟の物語だけど 実際の主人公は
4人いるのですね。
どんなに辛く 苦しかっただろうと思うと とても読めなく
て 進んだり戻ったり 涙でそうでしたー。全部しっかり
読んだら 本気で泣いちゃいそうです。
ほんとに 人って勝手ですよねえ いい人もいるけれど
人のカタチしているだけで 実は 鬼より怖い魔物なん
じゃないかと・・思うこともあります。
いくら憎くても 子供にそこまで するかという母親。我が
子なのに お金だけあげて放置してる父親。兄弟で支え
あわないと おかしくなってしまいますよね。
恋人になってからの二人が 本当に穏やかなんですよ。
何故か テントウムシがいつもそばに飛んできてね^^
恋人たちの魂が 宿っているのかもしれないです。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ここで待ってる (キャラ文庫 な 2-6) 文庫 – 2015/7/25 凪良ゆう (著), 草間さかえ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
ここで待ってる (キャラ文庫 な 2-6) 文庫 – 2015/7/25
凪良ゆう (著), 草間さかえ (イラスト)
なぎら

内容紹介
小悪魔ビッチ好きという嗜好のせいで、なかなか恋人に恵まれない成田。
ある夜、ゲイバーで一目ボレした美人の飴屋といい雰囲気になるけれど、
すんでのところで逃げられてしまう。ところが数日後、成田が師範代を務める
空手道場に、飴屋が子連れで現れた!? 小学一年生の論が空手を習いたいと
言うのだ。好みど真ん中だけど妻子持ち──以来、飴屋と子供を挟んでの微妙な
付き合いが始まって……!?

感想
とってもよかったですねえ。其々の人の気持ちが 相手を思
いやって苦しくなってるのですね。自分の幸せより 相手の
事 できるようで できないですね。
最初は どちらかというと 笑える話なのかなと思ったのです
が テーマはやや重く・・でも 実際にあることですねえ。これ
が正しいとか悪いとかは 人によって受け止め方も違うし
好きだっていう気持ちは 世間が許さないという場合でも な
かなか止められないですからねえ。
飴屋はビッチなんだけど 好きな人はずっと同じで 寂しいか
ら 体だけでも埋めたいのですね。だから実際の恋愛には 
とても臆病で 相手を傷つけたくないと思ってるし もし失った
ら耐えられないから 最初から欲しくないと 思いこもうとして
ます。
成田は色々とパーフェクトなのに 美人なビッチ好きという 
どうしようもない この好みの基準!だから いつもいいよう
に利用されて終わりなのよねえ^^;人が良すぎて 見てると
腹が立つくらいです。
成田の祖父と 飴屋の息子の論との関係が ほんとによく
て ほのぼのしてるけれど 切ない気もします。この先成田
は 女性と結婚しないから 論が孫でいいじゃない!^^;
のばらもヤンキーだったのは どうしようもない母親のせい
なんじゃないかしらね。でも ちゃんと今は ママをやってい
て 偉いよ^^
登場人物は それぞれ ちょっとずつ愛が足りないので み
んなで家族のようなものになって 愛を補い合い 幸せだと
思います^^

ファミリーアフェア
恋人でもないのに成田は 相変わらず飴屋と息子の世話し
てくれる。論はすっかり 成田の祖父に懐いている。飴屋は
成田に申し訳なくて なんとか 離れるように仕向けるが

deep breathing
成田は家を出て 飴屋のすぐそばに住み のばらと論は 
成田の祖父と暮らしている。祖父の決定で これでうまく
いっている。のばらに デートのことを聞かれて 飴屋は
ねじみ国や 動物園というと

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ショートケーキの苺にはさわらないで (ショコラ文庫) 文庫 – 2015/2/10 凪良 ゆう (著), 草間 さかえ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
ショートケーキの苺にはさわらないで (ショコラ文庫) 文庫 – 2015/2/10
凪良 ゆう (著), 草間 さかえ (イラスト)
なぎ

内容紹介
アンドロイドが普及し、人に代わって戦争すらしてくれる時代。大学生の南里輝(なんり てる)は、自分だけを愛してくれるセックス用アンドロイド、通称「裏ドール」を伴侶にすることを夢見ていた。その資金を貯めるため裏方バイトをしていた風俗店に、ある日とびきり美しい裏ドールが売られてくる。悲しげな姿を見かねた南里は、つい貯金をはたいて「彼」を買い取ってしまった。シンと名づけられた彼は、ドールゆえの一途でけなげな愛を南里に注ぐが――。

感想
いやいや 泣けましたねえ 途中から嫌な予感がしたんです
よ^^;BLとしても いいのですけど タイムリーな話もいくつか
入っていて やっぱり他国の脅威とか紛争って 対岸の火事
じゃないですよねえ・・。
科学が発達して 人は欠損した内臓とかを得ることができたり
今持ってる筋肉を増強して 介護に役立つ 凄いことだけど
それが 戦争にも使われちゃう・・愛し合ってるものを引き裂く
ことにもなるのですよね。
前の本の時にも 二回ひっくり返って ああーって思ったので
またね^^;と・・でも 幸せには違いないから。永遠なんて 誰
にもないのだから 少しでも好きあったまま 続けばいいなと
思いましたねえ。
人間と人外(神や妖怪など) 人間と宇宙人?など命の長さ
が違うものは 切ないですねえ・・。どちらかがあわせないと
ならないですものね。
年を取ってからの 南里たちも なにげない会話から深い愛
情を感じます。いいですねえ・・。
りゅうの相手が知りたかったなあ・・次の本になったりして?^^

夜から朝まで
南里はシンはアメリカに住んで 今や52歳になった。出あった
時に子供だったりゅうも 38歳になる。南里たちは いくつもの
試練を超えて やっと2年前に自立資格を取り 二人で2頭の
ゴールデンと静かに暮らしていて・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
199位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR