コンテントヘッダー

私の愛しいお人形 (プラチナ文庫) 文庫 – 2018/4/12 成瀬 かの (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
私の愛しいお人形 (プラチナ文庫) 文庫 – 2018/4/12
成瀬 かの (著)
なり

内容(「BOOK」データベースより)

白金の髪を持つ茶問屋の跡継ぎ・冬伍は、友人の会社の従業員である千春に心惹かれた。だが彼はバイオノイドで、前任者が行方不明になったため自分は“二人目の僕”だと言う。人との差異を受け入れ、哀しいまでに人に尽くそうとする千春。冬伍はそんな彼に共感と、いっそうの愛しさを覚える。けれど前任者の行方を追ううち、危機が迫り―「お願い。僕が壊れても泣かないで」

感想
面白かったけれど ちょっと切なかったねえ。
同じ千春でも やはり個体差が 出てくるのね。それが
いいのだけど 本人にしてみたら 前の千春 その前の
千春の記憶が入っていて 辛くないのかねえ・・。
誰かを好きで報われなかったり 酷い目にあった記憶も
残っているわけで・・人間だったら 精神が壊れちゃいそ
うだわ・・。
人間嫌いの冬伍が 愛したのは 人間じゃないというの
が みそだわねえ・・。彼にとっては 大量の千春がいて
も 彼だけの千春しか 愛せないのよね。
今の千春が 健気で可愛かった。

チューターは過去に何があったのかしら ちょっと気に
なる。棗なんかのところに なんでいくのか・・。
最初の千春が可哀想で・・。

黎たち ほかのバイオノノイドが 廃棄されないで 夫々
幸せになってるといいのだけど。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

雪豹公爵としっぽの約束 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/10/1 成瀬 かの (著), みずかね りょう (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
雪豹公爵としっぽの約束 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/10/1
成瀬 かの (著), みずかね りょう (イラスト)
なりせ

内容(「BOOK」データベースより)

唯一の取り柄である魔法で花を作る力で花屋を始めるため、帝都に赴いた半人半獣の千歳。当座の収入のため、物の怪が出ると噂の大豪邸の管理人を依頼されるが、不思議な気配を感じていたある日、屋敷の中に希少種といわれる美しい雪豹を発見する。嬉しくて餌付けしているうちに懐かれた千歳だが、思いがけず千歳の発情期が始まってしまう。すると「手伝ってやろうか」と突然雪豹が迫ってきて、千歳は仰天!?さらに千歳の精液を摂取した途端、雪豹は麗しい貴族姿に変身して!?

感想
この手の話を読むと なんで こういう目で見るのかね
えって いつも思います。
人とちょっと違うと もう苛めの対象なんですよねえ・・。
まあ 自分にも差別はないとは 言わないけれど
相手に暴力をふるったり 追い詰められるほど 意地
悪するっていうのが わからないなあ・・。

千歳は本当にいい子だから 両親を苦しめたくないと
独立するっていうのだけど・・行った先でも辛いことに
あってしまい・・それでも 素直で優しい心を持ち続け
ていたから 幸せになれたのですよね。
情けは人の為ならずで 千歳は獣人助けをしたこと
により 獣人たちと知り合って 仲良くできて 少し
居場所ができて よかった^^
雪豹は 生まれのせいか俺サマなところがあるけれど
地味だけど 実は見かけも性格も可愛いい千歳に
惹かれていき 思いやり深くなりましたね。
なんで 千歳が 虐められるかという理由が後でわかり
これは可哀想だなア・・ま 解決して安心だけど。
千歳は 小柄で可愛らしいけど 芯はしっかりしていて
頑固なところもあります。そこがまた 楼蘭の心を引き
付けるのでしょう^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

死にたがりの吸血鬼 (ショコラ文庫) 文庫 – 2017/5/10 成瀬 かの (著), 街子 マドカ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
死にたがりの吸血鬼 (ショコラ文庫) 文庫 – 2017/5/10
成瀬 かの (著), 街子 マドカ (イラスト)
なり

内容紹介

帆高には崇拝している人がいる。十二歳の春に出会った、廃屋に隠れ住む美貌の男リオン。化物に狙われた帆高を身を挺して守ってくれた彼は、吸血鬼だった。それ以来、帆高は人の血を吸おうとしないリオンのため、迷惑がられながらも食事を運んでいる。そして現在、大学生になった帆高は再び怪異に巻き込まれていた。リオンは傷つくのを厭わず守ってくれるが、それが自殺願望ゆえと知っている帆高は――。

感想
面白かったです^^
帆高は 小さい時から度胸があるのねえ まあ 過酷な
人生だから 生きるためにじっと耐えないといけなかった
からなんでしょうね。せっかく ひきとってもらったけど 
なんか義両親 妙だものねえ・・これだけでも ぐれちゃい
そうだわ・・。
廃屋に住む リオンですが どう考えても怪しい^^;美形
じゃなかったら ほんと怖いわ。
主に尽くして生きていくのが(死んでるけど)生きがいだった
から 確かに 主を亡くしては 消えてしまいたいですよね。
誰も知ってる人もいなくて 自分を何百年も狙ってる元人
間のキースしかいないのですものねえ。
帆高との運命の出会いがなかったら きっとチリになって
いたかも。
それは孤独だから パートナーは欲しいに決まってる。だ
けど キースがいる限りは 一人でいるしかないのですよ
ね。
何年も 人間ではないリオンを思う帆高も 凄いと思うけど
帆高の友達二人が あまりにあっけらかんとしていて そ
れが 笑える。普通 逃げちゃうよね^^;
主がいつまでも 幽霊として出てきたり みんなでご飯食
べたりして なんちゃって感もあるのだけど^^;帆高が
強くて明るくて 楽しく読めました^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

オオカミさん一家と家族始めました (クロスノベルス) 単行本 – 2017/3/10 成瀬かの (著), コウキ。 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
オオカミさん一家と家族始めました (クロスノベルス) 単行本 – 2017/3/10
成瀬かの (著), コウキ。 (イラスト)
なり

内容紹介

ほとんどの人が動物に見えてしまう深瀬は、瓶底眼鏡で人を遠ざけて日々をしのいでいた。

出逢ったときから「人」に見えたのは特許事務所の同僚弁理士で、スパダリと名高い柚子崎だけ。
ある事情からクビになり深酒をした翌朝、深瀬が目覚めたのは柚子崎の腕の中。
しかも独身貴族だと思っていた彼の家には子犬の姿をした八人もの弟がいて、料理をふるまった深瀬は懐かれてしまう。

紆余曲折の末、同居まですることになり――!?

感想
いやいや可愛かった!話がっていうかね 話も可愛い
のだけど なんといっても イラストにやられちゃって^^;
帯のわんこたちが(おおかみ?)かわゆすぎるー^^
まあ 人間の子供に耳と尻尾があるのですけどね。
眼鏡かけたり 坊主だったりして^^;区別がつくのだけ
ど チビキャラが可愛い^^
深瀬は 子供の時から 恵まれてない環境でせっかく
成人して働いても やっぱり 碌な男にあわないわねえ。
どうせ自分なんかって 過小評価するから その自信の
なさを 目につけられて 変な男がよってくるのかも。
確かに人が獣に見えるなんて 人間がほとんどいない
と思える世界にいたら 正気でいるだけでも 偉いかも。

柚子崎は本当の意味でスパダリだわ!普通 引き取ら
ないよーいくら半分血がつながっていてもねえ・・。
人間多いと 軍隊式じゃないと暮らせないから それが
また 子供たちがいい子で 頑張ってるのよねえ^^
全部男子ってところが またいい!^^;
結局は すっかり 妻兼お母さんみたいになってる 深
瀬だけど とても幸せそうです^^
しかし 柚子崎父は いい気味だわ!もっと重い罰が
下ればいいのに!つかえなくなるとか^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

気がついたら幽霊になってました。 (キャラ文庫) 文庫 – 2016/9/27 成瀬 かの (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
気がついたら幽霊になってました。 (キャラ文庫) 文庫 – 2016/9/27
成瀬 かの (著)
なりせ

内容(「BOOK」データベースより)

どうせ殺されて死ぬなら、成仏する前にあいつに会いたい―。男とのトラブルで首を絞められ、気づいたら幽霊になっていた水葵。未練を断ち切ろうと向かった先は、高校時代に片想いしていた親友・黒須の元。けれど霊感ゼロな医師の黒須は、水葵の気配にも全く気づかない。しかも水葵の肉体を発見するや、激怒して犯人捜しに乗り出してしまう。霊体の水葵は、必死に止めようとするけれど!?

感想
面白かったです^^前半は ちょっと可哀想だったけど 
後半は さすがBLというか さくさく解決?^^;とはいえ
ドキドキするところも ありましたけど。
水葵も 何も悪いことしていないのに ただ 同級生の
黒須を好きになっただけだったのにねえ・・世の中 理不
尽ですよね 子供には 大人の暴力に逆らうことが でき
ないのですから。
でも 黒須と再会して まあ幽霊?生霊だけど水葵は
そばにいられて 幸せですよね。
水葵のことが見えるのが 子供と犬 そして 霊感強い人
だけというのが なかなか怖い・・^^;だけど きっと そう
なんだろうなあ・・。
水葵と黒須は 高校時代も 思いあっていかもしれないけ
れど その時 恋人になっても きっと 引き裂かれたり
酷い目にあっていたと思うから 10年も経ったけど 今が
一番 恋人になるチャンスだったのでしょうね^^
水葵はとても優しくて 黒須も中味は 情熱的で思いや
りがあります。ずっと仲良く暮らしていくでしょうね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR