コンテントヘッダー

残酷に愛を囁いて/鳴坂リン

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

残酷に愛をささやいて (ビーボーイコミックス) [コミック]
鳴坂 リン (著)
出版社: リブレ出版 (2012/2/10)

51G3s1EuSiL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_[1]

内容
蕎麦屋で働く拓真がうっかり水をかけてしまったの相手は・・それはやくざの佐橋だった!どんな報復をされるのかと不安な拓真だったが予想に反して気さくに接してくれる佐橋。やくざということを感じさせない彼の優しさに次第に惹かれていく拓真だったけれど・・。

感想
可愛い絵で 話も読みやすいです。最初の蕎麦屋の拓真も可愛いけど 話としては
組長とその恋人の方が好きかな。ちょっと可哀想なんだけど 愛が深いというか
なにかあったほうが絆が強そうで好みです^^そういいながら あまり酷いとへた
れって読めないけど・・。

残酷に愛をささやいて
蕎麦屋で働く拓真が水をかけてしまった相手は やくざの佐橋だった。気さくに出
前を頼んでくれるようになったが 一緒に働く秀嗣は あいつはやくざだから危な
いという。拓真はお店に来てほしいというが 来ると秀嗣が暴言を吐いて来るなと
いう。秀嗣は拓真が好きなのだが 拓真は佐橋のところに行く。するとそのまま無
理やり抱かれてしまう。金を渡されもう来るなと言うのだが・・。

傲慢に愛を囁いて
恋人になった拓真だが 佐橋はHがうまくて初心者の拓真は翻弄されてしまう。
一緒に住まないかと言ってくれるのだが 住み込みで働いているし 拓真は最近体
が落ち着かなくて セックしたくて仕方ない。これを知られたくないと思っている
のだ。あまりに体が疼くので 佐橋からの電話やメールに出なくなる。すると怒っ
て佐橋が来るのだが 上手く説明できなくて怒って行ってしまう。このままでは別
れることになると・・。

ささやくなら永遠の愛を
二十歳の時にやくざになった佐橋。母がせっかく組長の父と別れて堅気に育てよう
としてくれたのだが 自分にはこちらの世界があっている。恋人の拓真には見せら
れないが 裏ではきついこともしている。4代目が拓真のことに気付いたというの
で心配だ。拓真は普通の子だが 自分には何より愛しいと佐橋は思う。二人でいち
ゃついていると 四代目が入ってきて 可愛いじゃないかどこの店のもんだという。
蕎麦屋で働いているというと驚いて 佐橋は一般人だから関わらないでくれと・。

甘い夢をささやいて 前
綾斗は兄の借金のために 男に抱かれていた。保芝というやくざだ。こんな悪魔の
ような奴から逃げ出したと思っているが 今日も首輪をされて抱かれていると 男
たちが入ってきて保芝は制裁を受ける。他の組の連中で 人のシマで買ってするん
じゃねえと怒っている。綾斗は助かったが こいつもやくざだと。巌と名乗る組長
は おまえは裏ビデオに出てたやつだなといい まあここにいろという。若頭は猫
じゃないからと怒っている。体がよくなっても 家に置かれてご馳走もしてくれる
し たわいもない話だけで抱かないので綾斗は不審に思っているが・・。

甘い夢をささやいて 後
抱かれて 更に大事にされるようになる。やっぱりやくざのイロってことなのだろ
うかと 綾斗は複雑だ。巌は優しくてかっこいい。しかし若頭の一彦は 綾斗を嫌
がっている。2人が話しているのを聞いて 綾斗のせいで困ったことになっている
という。しかし巌は お前に似ていてほっとけなかったと一彦に言う。綾斗は自分
は特別じゃないんだと 身代わりなのかとショックを受ける。このままいれば迷惑
になると思い 嫌だが自分から保芝のところに戻る。抱かれるのは嫌だと暴れてい
ると 巌が乗り込んできて・・。

なかよくしましょ。
速めに帰るから 可愛い服着ていろと巌がいうので どこか食事に行くのかと思っ
ていたら 可愛い男の子を連れてきて お友達だぞという。男の子は拓真といい
子犬みたいな子だ。同年代の友達がいないからと嬉しそうだ。若頭は嫌そうな顔で
仲良くしてくれ みたいなことを綾斗にいう。この子は一彦の恋人なのかと綾斗は
知るが・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

瞳の独占欲

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

瞳の独占欲 (ビーボーイコミックス) [コミック]
鳴坂 リン (著)
出版社: リブレ出版 (2011/8/10)

51mBlJAzpKL._SL500_AA300_[1]

内容
事務所社長宅に居候中に新人モデル・心平。彼のルームメイト兼教育係は憧れだった大人気のトップモデル・諒!ところが実際の彼は「女子の理想」というイメージから程遠く 初対面から暴言連発。挑発されたり押し倒されたり!諒に振り回されまくりの心平は・・?!幼馴染モデル2人の恋も収録!

感想
なかなかHもあって楽しい1冊です。でも やはりいつものごとく脇役のカップルが
気になってしまう わたしです^^;

瞳の独占欲
心平は読者モデルあがりで まだプロとしてよくわかっていないので社長宅に
居候中なのだが ルームメイト兼教育係の諒は憧れていただけに 俺様傲慢
な奴と知り呆れる
。他には西宮と相原というモデルも一緒に住んでいる。西宮は
いい奴で諒がなにかと心平に当たり揉めるのを宥めている
。諒は心平が話し
かけてもろくに答えず会話が成り立たない。更に心平の仕事にちょっと顔をだし
散々酷評していく
。どういうつもりでやってるのか知らないけど諒はかなり嫌な
奴だわ^^;みんなの前で馬鹿にされ心平は怒って馬鹿にするなと泣きながら
抗議すると俺の目を釘付にするくらいの表情をして見ろと更に嘲るようにいう。
悔しいが負けないと思う心平だ。

心平の仕事にまた諒が現れる。上手くいかなくて哀しいところに スタッフたち
にもアイドルモデルだから質を求めても仕方ないと言われてショックを受ける

社長が心平はどうだというと 諒は駄目駄目で今日なんて見てられないと馬鹿
にする。
心平は西宮たちに愚痴を言うが 西宮は諒を意識しないで自分に素直に
やればいいんだよとアドバイスをくれる
。そこに諒が帰ってきて 心平が西宮に
頭を撫でられていて それを見て諒は機嫌が悪い。心平は諒に 今日来てもら
って嬉しかった頑張ると言うが 誰にでも媚びうってるんじゃないと怒鳴られる
俺をカメラだと思いそそる顔して見ろと押し倒す。心平は抵抗したが ちょっと
胸を触られると妙な声が出る。諒はその声と顔を見てはっとする


心平は西宮の部屋に転がり込んで1週間になる。どうしてこんなに諒に嫌わ
れるのか心平はわからない。相原は心平がいつまでも西宮の部屋にいるので
怒ってるし。空気があまりに悪いので社長が 心平実家に帰るかという
。諒も
面倒見なくていいよというが 諒は勝手なこというなと怒鳴り ちゃんと話し合え
ばいいだろうと。西宮だけに何故なつくんだと諒は怒るが 心平は諒が俺を追い
出したと言い返す。諒から逃げたいけど離れると辛くて そうか諒が好きなんだと
心平は思う。そのまま好きなんだと 諒に言ってしまう心平だ。諒は他人と係るのは
ごめんだが なんでかお前は気になると。離れていると苛つくし 俺が好きなら他の
奴には懐くな 俺だけ見て側にいろと言う。

俺が嫌いなんだろうと心平が言うと 嫌いなんて言ってないと むかつくと言った
だけだと。自己ちゅうのこいつがどうして好きなんだろうと思う心平だ。諒の
セックスはねちっこくてエロい。しかも言葉でもねちねち苛めるSだ。
社長には
すっかりばれていて諒はわがままで大変だよって言われる。諒はすぐ飛んできて
社長にべたべた心平を触るなと独占欲全開にする。

瞳の独占欲 番外編
諒と晴れて恋人同士になった心平 まだ信じられない。今日は外で待ち合わせ
たがうっかり諒って言ってしまい女の子たちに囲まれて2人で逃げる羽目に。諒は
心平が女にべたべた触られて怒っている。付き合って分かった諒の凄い独占欲

心平は海外での仕事が入って喜んでいる。ところがキャンセルになりがっかりして
いる
。その上次々と諒の仕事が入り会えない。なのに心平はレギュラーの仕事
以外なくなってしまうのだ
。嘆いていると諒は可愛く家で待っていろというが心平は
仕事がしたい。諒は帰ってきても寝てばかりだ。1週間ぶりに帰ると電話があり
喜んでいる心平だが社長が電話で心平の仕事を横取りするようなことをしてと
マネージャーに怒っている。心平は社長にどういうことですかというとそこに
諒が帰ってくる。凄く具合が悪そうだ。心平はどうして仕事の邪魔をするのか
というと おまえは俺だけのもだから他人の目にさらすのは嫌だと。それでこんな
熱まで出して?と心平は呆れる。異様に忙しくなり結局心平に会えないし体調
崩して馬鹿みたいだと諒は嘆く。馬鹿な男だけど愛しい男だと心平は思う。
仲直り?のセックスは激しくて でも一緒にいたい気持ちが募って気持ちがいい。

未熟な独占欲
孝伸は叔父に誘われて東京でモデルになることになった。悠馬はどうしてと
大学決まって一緒に行くはずだったのにと。悠馬は追いかけてきて一緒に
東京に行くと。
叔父はじゃあ君も一緒にモデルしないと。孝伸は人柄がいい
ので安定した人気がある
。悠馬は駅前の大型ポスターに出る。心平は凄い
と感心するが大したことないと。孝伸は自慢の幼馴染だというが悠馬は俺は
幼馴染じゃないと。
孝伸は悠馬と一緒の仕事になるが 知らない男が悠馬に
べたべたしている。デザイナーの高柳だ。彼からの仕事が多いので枕営業して
いるのではという噂だときいて孝伸は驚く。

孝伸は高柳は下心があるからと心配するのだが関係ないと悠馬に突き放されて
しまう。
確かに付き合ってる訳でもないから仕方ないが。心平が仕事が減って
と騒いでいるデザイナーチーフが変わり切られてしまったと。チーフは悠馬が
お気に入りで高柳という。夜 目が覚めると悠馬が出掛けるところで どこに
行くのかというと高柳に呼ばれたから泊まってそのまま仕事に行くと 悠馬は
いう。モデルとしての評価を下げるようなことはやめろという孝伸に モデル
としての評価?と悠馬は呆れる おれはちゃんと言った いつまで待てばいい
んだと言って孝伸にキスをして
 そのまま悠馬は出ていく。

告白をなかったものとして幼馴染としてのスタンスを崩さなかった孝伸だが
好きかもしれないとは何度も思った。そして今 悠馬が欲しいと。あれから
数日悠馬は帰ってこない。何度電話しても応答がなく腹を決めて孝伸は高柳の
所に行く。
嫌いになりたいけど嫌いになれないと悠馬は悩んでいる。高柳は
何時でも自分のものになってくれていいよと。孝伸は迎えに来たというが高柳
は悠馬は当分会いたくないと言っているよと。6年も待っているのに君はそんな
体たらくで 僕なら悠馬を悲しませないと。


悠馬には俺だけで充分だと言い部屋に強引に入ると悠馬を抱きしめる。孝伸は
お前が好きだというが
信じられないと悠馬はいう。今までずっとはぐらかして
きたくせにと。孝伸はキスをして今まで待たせて悪かった 愛してるよと。
今しないとまたタイミングがずれると悠馬はセックスしたがり 孝伸もそれに
こたえるが 経験のない悠馬の可愛さにやられる孝伸はもっとはやくこうすれ
ばよかったと。

わりとよくある日常風景
心平が諒の膝の上でプロレス見て騒いでいる。うるさいと諒がいうのでプロ
レスは面白いしカッコイイよとこんな技があるんだよとしてみせる。諒は押し
倒してきて他の男を誉めるなと。散々焦らして俺以外の男を格好いいといわ
ないと約束しろと心平は泣きながら約束する。
やっと静かになったと孝伸はいうがセックスの最中なのに悠馬は集中しろと
怒る。ドレスを着ながらのHだが孝伸は白無垢の方がいいなという。
最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR