コンテントヘッダー

復讐の枷~それでもお前を愛してる~ (Splush文庫) 文庫 – 2016/5/19 矢城米花 (著), DUO BRAND. (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
復讐の枷~それでもお前を愛してる~ (Splush文庫) 文庫 – 2016/5/19
矢城米花 (著), DUO BRAND. (イラスト)
やしろ

内容紹介

なんて皮肉な再会だろうか。13年ぶりに日本へ帰ったアーサーのもとに派遣されたペットシッターは、恨みを抱くかつての同級生、衣川臨だった。アーサーは臨の弱みを楯に取り、匿名で復讐を始める。だが臨を暴漢に嬲らせていた時、妙な感情が渦巻いて…。
『見たい…もっと近くで。触りたい——貫きたい』
一方、ある理由により、快楽に従順な体を持つ臨は、怯えながらも陵辱を味わう自分に愕然としてしまい!?

感想
なんか 矢城さんの最初のほうの作品 妖樹の供物を
思いだしましたね これは触手はないのですけどね^^;
最後が ああそういうことって いうところが似てますね。
このパターンは好きなんですが 凌辱が酷いのは苦手
で だから 新任教師とか 途中で パスになってしまい
ました^^;
これは そうなりそうだけど 主人公がちゃんと救う?の
で ほっとして 読めました^^;
まあ アーサーは確かに 小学生で虐めにあってはいま
すけど 臨はもっと悲惨な状況でしたねえ・・勿論 子供
の アーサーには どうすることもできないし 理解でき
なかったから 八つ当たりで虐められるのは たまらない
ですけどね。
お互いに とても運が悪かった としか言いようがないで
すね。
アーサーの復讐したいという気持ちも わかります。
だけど 普通の感覚の持ち主だから そこまで臨に酷い
ことをできないのですよね。
臨は なかなかしたたかですが これもどうしても この
愛を手に入れたいから 必死なんだろうなあ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

魅入られた虜囚 (ラヴァーズ文庫 GREED) 文庫 – 2011/10/25 矢城米花 (著), 小山田 あみ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
魅入られた虜囚 (ラヴァーズ文庫 GREED) 文庫 – 2011/10/25
矢城米花 (著), 小山田 あみ (イラスト)

やしろ

内容(「BOOK」データベースより)

「お前には上下関係というものを教え込まねばならないらしい」。若い男の連続失踪という怪異な事件を追って、新米刑事の桜井は、警視庁キャリア組の東條とコンビを組む。傲岸でサディスティックな東條に、桜井は逆らうことがまったく許されず、下僕のように捜査に付き従うだけだ。だが、勘の鋭い東條が事件の糸口を掴んだとき、桜井は若くて綺麗な男に拉致監禁されてしまった。「アレは男の体液が大好きなんだ。被害者がどんな状況だったが、自分で体験してみるといいよ、刑事さん」。桜井はある研究の実験台にされて―。

感想
これせっかく 設定とか面白いし 触手もあるのにねえ・・
主人公の桜井はいいのだけど 東條の性格が あんまりな
んだよねえ。知能は高いのだけど 社会性があまりなくて
変わり者って言うけど 適応障害があるような^^;
東條とこのコリンは 頭はいいけど 人に好かれる人物じゃ
ないなあ。
最も コリンは 自分のレベルと同じくらいで 見栄えもよい
から 東條に夢中になったのだけど 東條の方はそうじゃな
い。 抱いただけで すぐ飽きたんだよねえ・・なんというか
刺されてもしょうがないような男だね^^;だけど きっと 相手
が自分にどうしてそういうコトするのか わからない男だね
東條は・・ある意味 恋愛もわからなくて気の毒。
桜井に 物凄く同情しちゃう^^;東條は 桜井がレイプされ
たりなどと 一目にさらされないようにと思って 筋書きを
作ったのかもしれないけれど やっぱり桜井は 納得できな
いだろうなあ。それが一番いい方法だとしてもね。
言い方とか 思いやりを見せると 東條と桜井の関係も
よくなるのだろうけど・・。
心配だから?引き抜いて 桜井をそばに置くことにした?の
かもしれないけれど 何にせよ 桜井はこれから 難儀そう
です^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

贄は淫花を孕む (リリ文庫) 文庫 – 2015/7/23 矢城米花 (著), 石田 要 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

贄は淫花を孕む (リリ文庫) 文庫 – 2015/7/23
矢城米花 (著), 石田 要 (イラスト)
やいろ

内容(「BOOK」データベースより)
幼馴染の城戸崎に数年ぶりに再会した真辺。喜びも束の間、辛辣な言葉で詰られる。更に城戸崎は恨みを晴らすように卑猥な手段で辱めてきた。優しかった彼がなぜ?絶望の中、鶴見と名乗る怪しげな男が現れる。いらない命ならその身体を有効活用してやる。そんな宣言と共に体内に奇妙な種を埋め込まれる真辺。だが種の正体が「宿主の精を糧に、恐ろしい程の殺傷能力を発揮する生物」だと知り、城戸崎への復讐のため身体を捧げる事を決めて…!?

感想
でたー触手って感じでした^^;矢城さんっていうとデビュー作
の 妖樹の供物が印象的で つい触手と。後は 人外ですよ
ねえ。人外ものは大好きなんですが この凌辱というのが
苦手なもんで 結局は恋人になる人に凌辱っていうのは い
いのですが(よくないか^^;)輪姦とかねえ まるで関係ない
人とかだと ひぇーって先に進むのがのろくなります^^;
シャレードが雑誌だった時 結構 読んでるのですが 挫折
もしてます(汗)
この触手ちゃんは 案外可愛いので よかったです^^
城戸崎はねえ 所詮 お坊ちゃんだから 真辺の辛い気持ち
がわからなくて 可愛さあまって 憎さ百倍なのかもしれない
けれど酷すぎるなあ・・。真辺に刺されたりしても 文句言え
ないって思っちゃう。真辺の追い詰められたのが 可哀想
でした。
城戸崎だけでなくて その悪友たちが もうちょっときつい目
にあってもよかったかも^^;
鶴見は 気持ち悪い男でした。でも島の存在はわかったけれ
ど 蔓の謎はわからなかったので スピンオフでも出ないかな
あ^^また 妖樹の供物に戻ったりして。
愛し合う恋人に同士になった城戸崎たちは これからどうな
るのか とても先が知りたいです。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

白虎艶夜 ~偽りの忠愛~ (リリ文庫) [文庫] 矢城米花

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
白虎艶夜 ~偽りの忠愛~ (リリ文庫) [文庫]
矢城 米花 (著), 斉藤雪広 (イラスト)
出版社: 大誠社 (2014/3/24)
51X2V78jMFL__SL500_AA300_.jpg
内容紹介

欣の修夏王子は、不吉な存在として恐れられている。味方は幼い頃に忠誠を誓ってくれた異形の青年、煉青だけ。
帝国に人質として送られる予定の修夏は、そのただ一人の腹心とも引き離される運命だった。
しかし帝国への出立を控えたある日、隣国が欣に攻め入ってくる。煉青と共に山中に逃れるが、猛毒を持つ魔物に噛まれ!?
治療法は「他人の精液を体に取り込むこと」のみ。――と煉青は言う。
屈辱を堪え、彼に身を任せるが、行為の最中の煉青の目は歪んだ熱を帯びて…?

感想
面白かった あたし好みだし!護衛だし虎だし^^忠誠を誓う美丈夫だ
し^^ちょっと修夏は 小さい時から可哀想な目にあってるので 捻くれ
てはいるけれど 寂しいだけで 本当は優しい気持ちの皇子なのよね。
でも 普通なら我慢できないから 煉青は理由があっても 皇子に対して
よく耐えてる。結局 意識してないだけで ずっと 好きなんだろうな。
両親に 気持ち的に捨てられるって一番きついと思うから 煉青がいて
本当によかった。そうじゃないと 不吉なことが起こるという18歳前に既に 
心が壊れちゃったかもしれない。
ずっと前の事なのに 呪われてるって 魔女の呪いがある童話の眠り姫みた
いですね。
Hも多くて楽しいのだけど^^;モフモフのところとか 主従っていうのが 
あたし的に つぼなので読んでいて にやにやしてました^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

妖樹の供物 (シャレード文庫)  / 矢城 米花

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

妖樹の供物 (シャレード文庫) [Kindle版]
矢城 米花 (著), みなみ 恵夢 (イラスト)
出版社: 二見書房 (2008/5/26)
51xSPhjgvJL__AA278_PIkin4,BottomRight,-40,22_AA300_SH20_OU09_

内容紹介
配送のアルバイトでとある旧家を訪れた大学生の譲は、そこで自分を呼ぶ不思議な声を耳にする。しかしそれはその家――真葛生家代々の守り神である妖樹が譲を生贄として呼ぶ声だった。妖樹を信奉する家の男たちによって拉致された譲は、夜ごと樹に捧げられ、ご利益のおこぼれをあずかろうとする男たちに組み敷かれることに。そんな男ばかりの屋敷の中でただ一人、枝子と呼ばれご神託を告げる立場にある他来は加わらず、哀れな譲を次第に愛おしく思うようになるが……。果てのない淫蕩の儀式の正体とは? 忌まわしい輪廻から逃れられない二人の運命は――?

感想
これは矢城 米花さんのデビュー作で 凄く印象に残りました。ラストも 結構
あたし的には衝撃で・・エピローグは呻ってしまいました^^;セブンっていう
映画のラストもええーって思ったけど(それみたいに 悲劇じゃないです)これ
も なんかちょっと鳥肌が立つ感じでした。矢城さんは 凌辱好きみたいで^^;
それがなんなんですが 話しとしては これがないと続かないので・・。
譲は義母と上手くいかず孤独な学生で 他来も自分が人間かどうかはっきりしな
くて 枝子としても半端ものでコンプレックスがある。そんな二人だから惹かれ
あうし 譲の優しい心に 他来は今までの生活を捨てる気になったんでしょうね。
元はちゃんとしたものでも 長い間に奇妙な教えになるものの代表みたいな信仰
で 薄気味悪いけど 醜い人間達の心が作り出した樹のような気がします。
2人はこれからきっと 地味で質素だけど幸せに暮らせると 暮らしてほしいと
思いますね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR