コンテントヘッダー

鬼の棲む国 (B-PRINCE文庫) Kindle版 桜部 さく (著),‎ 円陣 闇丸 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
鬼の棲む国 (B-PRINCE文庫) Kindle版
桜部 さく (著),‎ 円陣 闇丸 (イラスト)
さくらべ

内容紹介
鬼が棲むと譬えられる強大な北の国の使者・
第六王子であり陸将軍でもあるサスナに選ばれ、
生贄として捧げられた東国第四王子カナギ。
死をも覚悟して北の国に足を踏み入れたカナギを待っていたのは、
サスナによる贅を尽くした贈り物の数々と
一心に注がれる深く真摯な愛、
そしてカナギが自ら磨いた才智への尊崇と信望だった。
祖国を離れ、遠い異国へと攫われて出会う、
愛と新しい運命の物語。
さらに第10回B-PRINCE文庫新人大賞イラスト大賞受賞者・黒須 白がイラストを担当する「可愛い僕に恋してください」(著:chi-co)のお試し読みも特別収録!

感想
これは B-PRINCE文庫新人大賞作品なんですねえ
面白かったです^^わたし好みで よかったなあ。
王子カナギは 生贄として 鬼の国に捧げられることに
なるのですが 本当は 普通 王女を選びますよ。
でも あまりに幼いし カナギは 足が不自由で王子とし
て 国のためにならないから 犠牲になるつもりで 北の
王子 サスナに気にいられるようにするのです。
それも気の毒なのだけど カナギはずっと好きな人がい
て 最後に 北の国への扉の前で その相手から愛して
ると言われ 二人は相思相愛だったのに 別れるていく
のですよねえ・・まあ どちらにしても 結ばれない相手
ですけどね。
ちょっと 木原さんの漫画 摩利と新吾を思いだしまし
たね。ずっと思う相手とは 結局 結ばれないで 違う人
と 結婚して でも 海を隔てても時が経っても 相手を
思うのですよねえ・・切なかったですね。

カナギの場合は 北の第六王子 サスナの愛により 幸
せになるのですから ほんとよかったわ。
サスナがねえ 好きなんだけど 自分の気持ちが伝
わっていると思っていて 空回りなんです。
カナギの方は 生贄だということから 抜け出られなくて
こんないい待遇でありえないのにね。
周囲の人達も話に色をそえてましたね。カナギの世話
をするコタも 不遇なんだけど 明るくていい子なんで
す。サスナが領主となるところでは もっと人々が人らし
く 暮らせるといいなと。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

むくちなウサギ (ラキアノベルズ) 単行本 – 2002/10 神城 真 (著), 神葉 理世 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
むくちなウサギ (ラキアノベルズ) 単行本 – 2002/10
神城(しんじょう) 真 (著), 神葉 理世 (イラスト)
むく

内容(「BOOK」データベースより)

自他ともに認めるエリートサラリーマンの倉木。冷徹な目をしているけど実は…三十男のくせにウサギのキャラクターグッズが大好きだ。寝室がウサギまみれだなんて、誰にも知られちゃいけない!ひた隠しにしていたけれど、よりによってのほほんぶりが気に入らない部下・藤代にバレてしまった!!青くなる倉木に、藤代はなにをトチ狂ったか妙に懐いてきて!?寂しさも我が侭も包み込んでくれるあなたが大好き、書き下ろし。

感想
凄く懐かしいのを読みました この方は商業では他に
書いてないのかな?面白かったのになあ。
とにかく この主人公は頭はいいのだけど 捻くれてる
のですよね 性格が悪いっていうよりも 子供なんです
ね それを また周囲がわかっていないから うるさく
て 意地悪っていうふうに思っているのです。
最も 藤代みたいに 変わった趣味^^;というか 倉木
を好きになる人って そうそういない・・やっぱり 運命
の恋なんでしょうかね この組み合わせしかないと 神
さまが思ったのか^^;
顔よし頭よし 性格もいいんだから しかも将来は間
違いなし!こんないい男に 好かれたら なんでも
いいじゃないですか^^;
ウサギと一生いても 孤独だよーっていうか 孤独だ
から 倉木は癒しと愛を求めて うさぎに走ってるの
ですよね。
これって 仕事のストレスだから ある意味 恐ろしい
ですよね。

ワガママなウサギ
倉木と藤代は 社内では女王様と下僕として 認識され
るようになる。家では掃除もして 食事も作ってくれる
藤代にすっかり甘えている倉木だが なんと 藤代に
恋人がいるという噂が

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

月の満ちる頃~遊郭オメガバース~ (ラルーナ文庫) 文庫 – 2017/8/19 佐倉井シオ (著), まつだいお (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

月の満ちる頃~遊郭オメガバース~ (ラルーナ文庫) 文庫 – 2017/8/19
佐倉井シオ (著), まつだいお (イラスト)
さくらい

内容紹介

発情期の訪れる特異な体質をもち、男でありながら男と番うことで子を為す『月』
――そんな月たちが密かに暮らす『邑』は、政府要人のための色里である。
16歳で見世に出て既に12年。類稀な美貌をもつ古株の朔は、一度も身籠ることなくその人生を終えようとしていた。
初めてを捧げた腹違いの兄への断ちがたい想い、そして米国人ウェインを巡る見世一番の売れっ子・望月との諍い。
やがて運命の歯車は静かに廻り出し…。

感想
オメガバースで 三冊目なのですね この前の読みたい
と思って まだ買ってないです^^;
どんな感じかなと これから先に読んでみました。
遊女ものは あまり可哀想だと ちょっと辛いねえ。
朔は腹違いの兄 暁をずっと思っているのだけど色里
で身を売らないといけない・・また暁も時々現れて客を
連れてくるなんて 酷いよねえ・・仕方なくしているのだ
ろうけど。
主人公たちも 可哀想と思うけど やっぱり望月が哀れ
で・・剛しいらさんの 人のかたちを思いだしました。
真剣に好きなのは 遊女だけなんですよね。
悲恋は いつまでも 心に ひっかかります。
剣もいい奴だったなあ・・貧乏くじばかりで^^;
朔たちは 幸せになれるのでしょうかねえ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

この恋、受難につき (ディアプラス文庫) 文庫 – 2017/8/10 椿姫 せいら (著), 猫野 まりこ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
この恋、受難につき (ディアプラス文庫) 文庫 – 2017/8/10
椿姫 せいら (著), 猫野 まりこ (イラスト)
つばき

内容(「BOOK」データベースより)

イケメン大好き美少年・粉雪は、エッチなことをしようとすると体が拒絶してしまう謎の現象に悩まされていた。これでは一生彼氏もできず処女のままだと悩んだ末に、近所で評判のお寺へ相談しに行く。だが、そこにいたのはお爺さん住職ではなく、長身美形の男・慈海だった。さらに慈海は、粉雪にはこの世に未練を残した霊が取り憑いており、成仏させるには年上の男とのセックスしかないと言い出して…!?

感想
おもしろかったです^^なんか最初は 粉雪 美少年だけど 
あほだわって思ったけど しょうもにない男にひっかかり?
気の毒かも^^;
慈海は 確かにイケメンで 体力も知力もあり生活力があ
り カレシとしては 表面的にはスペック高いけどねえ・・
あの 色々な趣味がどうよ^^;まあそれでも 惚れた弱み
で 粉雪は結局はなんでも 言うことをきいてしまうのだろ
うなあ・・。おバカさんだから ほかで引き取ってくれない
だろうし 変なのに捕まって 売られても困るしね^^;
なんといっても 憑依体質!だから慈海に やや虐められ
ても 守ってもらった方がずっとまし・・。
しかし 濃厚で変態エッチが多くて 体もつのか?爆

この愛、最強につき
慈海と恋人になった粉雪だが 相変わらずの変態彼氏に
参っている。今回はバーニーちゃんのカッコウをさせられ
て セックスだ。粉雪が お風呂に入ろうとすると 客が来て 
慈海が出て なんと慈海の兄だった。彼は 未来を見せて
くれる鏡を

溺愛坊主の不埒な笑み
慈海は 男女ともに遊んでいたが バカな子ほど可愛い
のコトバ通り 憑依体質でおバカな高校生 都にはまり
恋人となる。今回の試験が酷くて 追試の嵐なのでまた
慈海は 勉強を見ることになり

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

プライベートバンカー (ショコラ文庫) 文庫 – 2017/7/7 手嶋 サカリ (著), 小椋 ムク (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村
プライベートバンカー (ショコラ文庫) 文庫 – 2017/7/7
手嶋 サカリ (著), 小椋 ムク (イラスト)
てじま

内容紹介

外資系メガバンクで働く出永清吾は、二億の資産運用を検討する御曹司・祠堂晃の対応を任される。だが嫌な金持ちを体現したような祠堂は付け入る隙を与えず、成果ゼロに終わる。失意の中、思いがけず祠堂と再会した清吾は挽回を試みるが、彼にコンプレックスを刺激されうっかり「クソ金持ち」呼ばわりしてしまう。それを面白がった祠堂はなぜか清吾にキスし、さらに翌日には新規口座開設&五千万の入金があり…。

感想
面白かったですねえ^^今まで 2冊出されていて わた
しは読んでなくて 初読み作家さんなので 前のも 読
んでみようかなあ^^
清吾は なかなかハードな子供時代を過ごして 大人
になったので 見た目はともかくも 中味は かなり傷を
引きずって生きてます。
今は やりがいのある仕事をしていて 衣食住も 一般
よりはずっと上なのだけど 心は満たされていないので
すよね。更に上を目指して お金がないと安心できない
というところがあり(当然だろうけど)ちょっと強迫観念に
かられてますねえ・・。
慕っている上司から紹介された新たな顧客 祠堂が 
なんとも食わせ者で・・彼も ある意味 清吾に似ている
ところがあって 人を信用しなくて 孤独なんですね。
なんといっても バンカーが大嫌い。
清吾とのやりとりは いくらなんでもやり過ぎ・・彼が普通
の暮らしじゃなかったから 精神が強く 耐えられたけど
ね。
最も 小さい証券会社で数年持ったのだから 清吾は 
半端ない 根性があります。
それに 色々あっても そういう意味ではすれてなくて 
人を苦界におとすほど 悪いことはできないのですよね。
そこが祠堂にも わかっているから(調べているし)清吾
を 見捨てることが最後できなかったのよねえ・・。 
結局 二人とも根っこのところは 悪人になりきれないの
ですね^^
ラストも なかなかよかったなあ^^清吾が またどん底に
ならなくて ほっとしたわ。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR