コンテントヘッダー

金獅子陛下は後宮で子育て中 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/11/1 秋山 みち花 (著), 北沢 きょう (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
金獅子陛下は後宮で子育て中 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/11/1
秋山 みち花 (著), 北沢 きょう (イラスト)
あきやま

内容(「BOOK」データベースより)

潰れかけの貧乏道場主・花〓(えい)は仕事を探して市場を訪れたところ、元兄弟子の銖王と再会した。憧れを抱いていた銖主の姿に胸躍らせる花〓(えい)は、銖王の連れた子供・小青を預ってほしいという願いを快諾。しかし、小青を狙った謎の集団に道場を襲われてしまう。ここは危ないと銖王に連れて行かれた先は、なんと後宮!?事態が飲み込めない花〓(えい)に、銖王は自身が実は皇帝であることを明かし、次期皇帝である小青の母として後宮に入ってもらうと宣言してきて…。

感想
花偀が 天涯孤独で優しく可憐で でも剣術に強いって
ところが 好きだなア^^
勧善懲悪のパターンですが やっぱり こういうのが
すっきりする単純な わたしです^^;
小青が また 可愛いわねえ・・欲しくなる 猫じゃない
けど 子供の獅子 モフモフしていいよねえ・・。
球と遊ぶと 獅子になっちゃう しょうがないよね^^;
銖王は 庶子で 最初から王子として 育っていないか
ら しかも市井に育ったから 結構 策略家でしたたか
なんですよね。
ちゃっかり 昔から花偀に目をつけていたり^^;下心満
載の銖王でした。
後宮の女の召使たちが 実は 戦士にもなるっていう
ところが ちょっと 私的に萌えたな^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

天狼の花嫁 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/6/1 秋山 みち花 (著), 六芦 かえで (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
天狼の花嫁 (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/6/1
秋山 みち花 (著), 六芦 かえで (イラスト)
あきやま

内容(「BOOK」データベースより)

稀代の陰陽師、土御門清良は、何度も同じ夢を見る。影に襲われ悶える彼を漆黒の気高き獣が護り、やがて獣は凛々しい男に変化し清良に極上の悦楽を与えるのだ。貴方は誰?清良は胸騒ぎを抱えたまま皇子のお供で西国行きの船に乗る。不審な火事で逃げ場を失い、見知らぬ屋敷で目覚めた時、全てを忘れていた。怯える清良を宥めたのは、雄雄しい天狼の長・黒鋼だった。「おまえは俺の番となる者」と言い放つ彼に、胸も頬も熱くなる。だが黒鋼との婚礼の夜、清良の封印された力が!?

感想
面白かったです^^これは 妖狐に嫁入りの スピンオフ
なんですが こちらの方が わたしは好きかなあ。やっぱ
り 脇役スキーなんで^^;前回の主人公の兄である清良
の 話なんですけどね^^
弟とは異母兄弟で 仲がいいのだけど 清良はいつも 
自分がなにか 他のものになってしまうのではという 恐
れを持って生きているのです。それが 皇子のお供で西
国行きの船にのって はっきりするのですが・・ちょっと
気の毒ではありますね。それでも 都での名声や全てを
捨てても 相思相愛の相手と常にあることが 幸せです
よねえ・・。
この話を 読んで また思ったのは 鬼ヶ島って やっぱ
り 虚構で 本当は鬼なんていなかったのでは。
海賊はいたのだろうけどね。いつでも 権力者の都合の
いい歴史があるのかも。
島で 貧しい土地で助け合って生きている島民たちなの
に 権力者たちにとって 宝がみつかると殺して取り上げ
てしまおうとされたら それは抵抗しますよ。
この辺の攻防戦がね 単に戦うのではなくて 情報戦も
あって なるほどって^^黒鋼は 賢く思いやりのある主で
すね。清良のことも とても愛していて 傷つけないように
心配りしてくれる 素敵な藩領です^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

皇子と刀剣の舞姫 (B-PRINCE文庫) 文庫 – 2017/3/7 秋山 みち花 (著), 稲荷家 房之介 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
皇子と刀剣の舞姫 (B-PRINCE文庫) 文庫 – 2017/3/7
秋山 みち花 (著), 稲荷家 房之介 (イラスト)
あき

内容紹介

命を賭してあなたを守り抜く

「陰の守り人」の末裔である榛名は、士官学校で皇子の秋都宮と同室に。
彼のため命を捧げる覚悟をするが!?

皇子を穢す禁忌を犯してでも、貴方に抱かれたい――。
士官学校に入学した平民の天草榛名は、
畏れ多くも蓬莱皇家の皇子・秋都宮大和と同室になることに。
実は榛名は「陰の守り人」と呼ばれ、
代々皇家に仕えてきた一族の末裔だった。
大和の高貴な心を知り、命を懸けるにふさわしい人物と、
榛名は使命に燃える。
そして、大和の兄である皇太子の身代わりとなり、
身を危険にさらし剣舞を披露する役目を仰せつかるのだが!?

感想
なかなかドラマチックで^^好きだなア。明治維新で
欧米に追いつきたいと 国のために一生懸命に生きた
人達を思いだします。坂の上の雲とか よかったなあ。
榛名は 大和に引き取ってもらわなかったら 寮で
どんな目にあったかと 想像するだけで恐ろしいです^^;
どこでも虐めはあるのだけど そこで身分差が加わるか
ら 更に酷いですよね。
榛名と大和の恋愛もですが 榛名の親友になった伏見
と 同室の立石が気になります^^がっちりタイプの伏見
と 小柄で可愛い立石!気になるー^^;
また 大和の側近である 日向も いいですねえ 主の
ためなら 非情になれる切れ者なんですね^^
士官学校の中は お約束のように 貴族の子弟がしょう
もなくて 榛名の美貌に惹かれて ろくなこと考えない。
フランスの将軍までも 色香に迷ってしまう^^;
大和はこれから 榛名をそばに置いておかないと 落ち
着かないでしょうね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

妖狐に嫁入り ~平安あやかし奇譚~ (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/2/1 秋山 みち花 (著), 六芦 かえで (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
妖狐に嫁入り ~平安あやかし奇譚~ (角川ルビー文庫) 文庫 – 2017/2/1
秋山 みち花 (著), 六芦 かえで (イラスト)
あきやま

内容(「BOOK」データベースより)

昔、真っ白な怪我の子狐を助けた。ふわふわで温かで真摯な青い瞳の―。詞音は天才陰陽師だった兄の跡を継ぎ、天文道の長となった。力を持たぬ出来損ない、周囲の陰口に耐え研鑽を積む毎日。そんな時、凛とした気品を纏う美丈夫・有恒が、部下として詞音を支えるように。更に霊力を持つ彼は、力を移すために詞音の唇を奪う!それは心も震える甘さと強さで。危険な調伏の最中、有恒を護ろうとした詞音が化け物に引き裂かれそうになった時、眩く神々しい純白の妖狐が現れて!?

感想
可愛い話でした^^恩返し?なんだけど 恩を返すという
か?^^;下心満載の狐ちゃんでした。
詞音は できのいい兄がいて ちょっと可哀想でしたね
それでも 優しい兄を好きで素直な優しい いい子です。
だけど 生まれつきの能力がないのが気の毒でしたね。
世襲だからと 天文博士にされてもねえ・・何もできない
のだからなあ^^;
でも 情けは人の為ならずで 詞音は 助けがちゃんと
くる。部下の奥村も 最初は嫌な奴と思ったのだけど
後では 強力な助っ人になって よかったですね^^
行方不明のお兄ちゃん!これはこれで 他の話があり
妖かしと恋人になるのでは?^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/11/18 秋山 みち花 (著), 高星 麻子 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2015/11/18
秋山 みち花 (著), 高星 麻子 (イラスト)
あき

内容(「BOOK」データベースより)

獣に変化できる人々が住む天杜村で育った、兎が本性の牧原二朗は子どもの頃から虎が本性の九条嗣仁にやたらと構われ、からかわれていた。二朗は嗣仁のことが怖くて嫌いなはずなのに、どうしても離れることができない。そして、高校生になったある日、いつものように二朗をからかっていた嗣仁が、「今日はこれだけで許してやる」と突然キスしてきて!?

感想
二朗が可愛いー^^兎は好きなんですよねえ^^
とにかく 二郎は兎だから臆病なのに 虎の嗣仁に
散々 虐められて可哀想だーって 可愛がってるつも
りなのかもしれないけれどねえ 迷惑^^;
一歩間違えたら苛めで(いじめだよ)二郎 不登校に
なっちゃっちゃうよ^^;
好きならもっと 大事にしてあげればいいのに どうし
て この手のサド?は 泣くまで虐めるかな^^;
ま いざっていうときは 体張って二郎を助けるのです
けどね^^

このシリーズも 何冊もありますね 他の本に比べて
かなり昔の話ですね。「狼王と幼妻」の皐織が まだ
子供ですものね^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR