コンテントヘッダー

アレがない人の国 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/3/16 松雪 奈々 (著), カワイ チハル (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
アレがない人の国 (幻冬舎ルチル文庫) 文庫 – 2016/3/16
松雪 奈々 (著), カワイ チハル (イラスト)
なな

内容(「BOOK」データベースより)

友だちや恋人が皆無なほどとっつきにくい風貌を悩んでいた大学生・田上佳里也が、突然召喚されたのはヨーロッパ風の異世界。しかも「ここは女性が死滅してしまった国。聖なる乙女よ、子供を産んでもらいたい」などと頼まれてしまう。いくら美形な王子リキャルドが相手でも男なのにどうやって!?アレがない異世界人は大いなる勘違いをしていて…!!

感想
なかなか面白かった^^ちょっとあたしの考えていた
のと違う結末で ああーそうなんだっておちでしたが・・
まあそれはそれでよかったかな?
あたしは 虎ちゃんシリーズみたいに どんどん子供が
生まれるのかと思ってましたが^^;
佳里也は 可哀想ですねえ 誰か一人でも わかって
くれる人がいればよかったのに・・友達が全然いなくて
よく耐えられたなあ。しかも両親もなくなってしまい それ
を乗り越えて 大学生を続けているのだから ほんと偉
い子なんですよねえ・・幸せになってほしいわ^^
リキャルド王子とのやり取りがおかしくて 二人とも言い
たい放題で 口が悪い!^^でも 佳里也は喧嘩する相
手だっていなかったのだから ある意味 新鮮だよね。
その上 なんだかんだいって 最後は 佳里也を 選ん
でるのだものね。
まあ 途中は 佳里也がこの国でも 酷い目にあってるな
あと気の毒だったけど・・。
愛情を知って 愛情をたくさん受ければ 佳里也だって 
まるきり普通の若い男性として いきられるってことです
ねえ。
体の構造とかは この国の人間の方が楽かもって 思っ
てしまいましたねえ^^;肛門ないって・・男女共に?ク
リーンで?いいかもしれない・・(汗)

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

鬼瓦からこんにちは (二見書房 シャレード文庫) 文庫 – 2015/2/24 松雪 奈々 (著), 小椋 ムク (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

鬼瓦からこんにちは (二見書房 シャレード文庫) 文庫 – 2015/2/24
松雪 奈々 (著), 小椋 ムク (イラスト)
おに

内容紹介
本気で求めたら逃げるか。それとも、共にいてくれるか。
突然現れた鬼の大我に「これからお前を抱く」と迫られた陽太は……。

大学生になったばかりの陽太は、ひょんなことから三人の「鬼」と生活することに。彼らは陽太の家の鬼瓦に封印されていたらしい。
陽太には鬼の力を増幅させる精気があるのだと言われ、迫られた陽太は大我という鬼に抱かれてしまう。さらに陽太の精気を強めると
いう理由のもと、毎日大我に体を馴らされていく。確かに大我に抱かれるのは気持ちいいけれど、こんな日々をずっと過ごすわけには
いかない。陽太は再び鬼を封印する方法を探そうとするが、大我の新たな一面を知るたびに心に迷いが生まれて……。

感想
いやー可愛くって むふむふしちゃった この表紙にも載っている 
マシュマロみたいな鬼子です!Hすると 産まれちゃうのですが
みんな名前が 和菓子系なんですよねえ^^急に和菓子が 食べ
たくなりました^^
陽太は のんびりしてるというか・・とても 一人で生きていけそう
もないなあ・・。大我が ずっと見ていて 心配するのもわかるわ
といって 好きだとも何も言わないで 自分のものにしようという
のは 駄目だけどね。
気になったのは なんで 陽太の曽祖父が鬼たちを封印したの
かよねえ それについては何も言わないのですね 悪い鬼では
ないようだけど・・Hしたからとか?^^;
揺監が ちょっと気の毒で どこかに可愛い子がいないかなあ。
一番笑えたのが 伊西です。おじいさんだけど エロ好きという
か なんとういか^^;この性癖には爆笑したなあ・・。
そうそう 陽太と大我の息子は とってもいい子で 力がないか
ら 心配ですけどね いい旦那?ができるかも^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ぞっこん ~彼は車に迫られて~ (角川ルビー文庫) [文庫] 松雪 奈々 (著), 兼守 美行 (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
ぞっこん ~彼は車に迫られて~ (角川ルビー文庫) [文庫]
松雪 奈々 (著), 兼守 美行 (イラスト)
kuruma.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
好きになった人は、車でした。兄の家を訪れた朱里は、そこで兄の同居人・フィッツに一目惚れする。名字も仕事も分からない正体不明のフィッツだが、その紳士的な態度や甘い声の全てに朱里はぞっこん。ある日フィッツからも同じ想いだと告白され、晴れて相思相愛になった2人は甘い蜜月に…と思ったのも束の間、彼が兄の車(の化身)だと知ってしまう。そういう兄はバイクと付き合っているらしく!?大混乱の朱里が最後にした選択とは…?BL界騒然!?新感覚☆乗り物擬人化ラブ第2弾!

感想
乗り物擬人化ラブは なかなか楽しいです。前回の 主人公がバ
イクのほうが ただただおバカで 情熱的で必死なので 好きなん
ですが こちらの車も 後半は なかなかよかったなあ^^フィッツは
Hが好きすぎ^^;まあバイクの隼人もそうだけど フィッツの方が紳
士面してるから より スケベな感じです(爆)
朱里は 小柄で小動物系 リスみたいで可愛いのですけど その
分 やっぱり 内気で臆病なところがあるので どんなに好きでも 
相手が人外では 躊躇ってしまいましたねえ・・普通の人はそうだ
な^^;
それでも 兄の潔さを見て 更にフィッツの 真摯な態度を受けて
結局は 愛情に押し流されるというか 本当の恋人になるのです
よね。これからどうなるか ちょっと不安だけど 兄カップルもいる
しね きっと 4人?で乗り越えて行けるでしょう^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ぞっこん ~ある日バイクに迫られて~ (角川ルビー文庫) [文庫] 松雪 奈々 (著), 兼守 美行 (イラスト

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

ぞっこん ~ある日バイクに迫られて~ (角川ルビー文庫) [文庫]
松雪 奈々 (著), 兼守 美行 (イラスト
出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/6/28)
バイク

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、バイクに迫られた。雪国へ引っ越した碧の許に、自らを出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/6/28)のバイクだったと名乗る精悍な男・隼が現れたのだ。俄には信じ難いが、彼の語る2人の思い出は、確かに碧がバイクと過ごした日々そのもの。更に隼は突然「ずっと貴方が好きでした。俺に跨ってください!」と碧に詰め寄ってきた。困惑しきりの碧だが、なし崩しの同居生活の中、隼の一生懸命なアプローチにいつのまにか絆されてしまう。そんな2人の前に、今度は碧の車と名乗る男も現れて!?新感覚☆乗り物擬人化ラブ!

感想
楽しかったです^^擬人化も好きなので 碧と隼の恋に続いて 車
のフィッツの恋愛も次にあるそうで 期待してます^^
隼の一途さが ほろりとしてしまいますねえ。最初からとにかく 好
かれたくて一生懸命なのだけど 売られてしまった後の話がとても
よかったなあ。
碧は はっきり好きとは思えないけど 手放せないと思って バイク
を買い戻そうと電話するのだけど 手違いで売られてしまい 隼は
いなくなってしまう というところが凄くじんくるのです。割りと 物に
こだわって捨てられないので 気持ちわかるなあ^^;
フィッツは 碧を襲ったりするけど これってあまり本気じゃないよう
な気がしますね。からかうのが面白いのか なんなのか。隼の反応
を 楽しんでるだけみたいな気がします。
碧は 最初の恋人はいまいちだったけど バイク?とはいえ 誠実
な恋人ができて よかった^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ウサギの国のキュウリ (幻冬舎ルチル文庫) [文庫] 松雪 奈々 (著), コウキ。 (イラスト

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
ウサギの国のキュウリ (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
松雪 奈々 (著), コウキ。 (イラスト/>
出版社: 幻冬舎 (2014/5/19)
うさぎ

内容(「BOOK」データベースより)
いくさに敗れた九里は偶然ウサギの王国に流れ着き、神主見習いの十四朗と出会う。鳥族の九里の背には黒い翼が、十四朗の頭にはウサ耳が生えていた。種族の違う二人は一度幼い頃出会っていて、もしやこの再会は運命!?だが性に奔放なウサギの国に貞操観念が異常に発達した種族の九里が来たことで、えろーすにまみれた事件が二人をすれ違わせて!?

感想
このシリーズって あたしのツボでにやにやして読んでます^^;
ま ちょっとこれはないだろっ ていうのもあるのだけど それは
BLってことで流して・・。
前の二冊読んでると よりおかしいというか・・周囲の態度がよく
わかりますね。前より ぐっとHは少ないのは 相手が王様達で
はないからなのかしら?
九里は勇ましい王子の割に 純情で恋愛経験がないから 十
四郎に対して とっても乙女で なんとか誘惑しようとするけど
十分 されてるのよねえ^^
しかし なすときゅうり^^;お盆だわ。これは うさぎと野菜
シリーズですねえ^^
なんていうか いろいろ内容よりも その会話とか あーこれは
あれねって 突っ込みどころが満載なんですけど えろーすって
平仮名で書いてあるのが あたし的に またおかしいのです。
なんか 最後の方で ええこれ翼あるだけで 飛べないの?って
そこに吃驚してました^^;

続きを読む

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR