コンテントヘッダー

吐息まで罪の色 (プラチナ文庫) 文庫 – 2005/12 柊平 ハルモ (著), 笹生 コーイチ (イラスト)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
吐息まで罪の色 (プラチナ文庫) 文庫 – 2005/12
柊平 ハルモ (著), 笹生 コーイチ (イラスト)
519W31306AL._SX298_BO1,204,203,200_

内容(「BOOK」データベースより)

男娼の海は、突然、経済ヤクザの章博の愛人になるよう命じられる。海が、彼が探し続けている行方不明の恋人・陽海にそっくりなのだという。「少しずつ、濡らしてあげよう」つらい行為しか知らなかった海に与えられる、甘い愛撫。一途に恋人を求める章博の熱に揺さぶられながら海は思う、身代わりでもいい、この温もりに包まれるのなら。いっそ、自分が陽海だったらよかったのに、と…。すべてを失っても、この想いだけ残ればいい―狂おしいまでに求める、ただひとつの愛。

感想
ただ切ないですねえ・・まあどうしても 未成年の恋愛は
難しいですよね。本人が恋愛と思っていても 実は 大
人の恋人に利用されていることもあるので こういう法
律があるのでしょうけど・・。
高校卒業するまで我慢しろ 二十歳過ぎるまでとか 
いってもねえ 好きな気持ちは止められないし それが
不幸の元だったのですが・・。
陽海は健気でいい子だけど やっぱり ちょっと考えが
足りないなア。そんなことしたら 自分だけでなく恋人が
どうなるかって わからないのかねえ うーん 恋に目が
くらむと いい年の大人でも 非常識になるから しょう
がないのかな?
小城も 心底やくざっていう面と 案外 世話焼で情が
あるところもありますね。過去に 色々あったのだろう
なア。闇医者の田所はセフレの一人みたいだけど 実
は 一番あってる相手なのかも。
違う時分だった時のことは いくら後悔しても 時間を
取り戻せるわけでもないから 苦しいけれど 恋人と 
これからを 生きていくしかないですねえ・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

旦那さまと花咲ける新妻 (プラチナ文庫) 文庫 – 2015/4/13 柊平 ハルモ (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
くびら

旦那さまと花咲ける新妻 (プラチナ文庫) 文庫 – 2015/4/13
柊平 ハルモ (著)

内容紹介
花人の花凛は、愛されるとその身に花を咲かせる。
皇子・慧英の寵姫となるが、彼は父皇帝によって双子の弟とそれぞれの花人に花を咲かせることを競わされ、勝った方は王位を、負けた方は死を賜ることになっていた。
苦悩する慧英に花凛は一途に寄り添う。
だが、ふたりが想いを通わせ花凛が蕾を付けた頃、残酷な事実を知らされる。
花を咲かせた花人は、やがて枯れ消えるのだと──!

感想
面白かったです^^なんか 花人というのが素敵で 花凛は妖精さ
んのような あたし的にはイメージです。ふわふわして純粋で つ
いつい庇護してあげなければって 思う相手ですねえ。
花人としては 出来損ないなのかもしれないけれど 人としては
全く普通の感情なんですよねえ そこが 花人と 人の違いだか
ら 仕方ないのですが これって 生きてる年月がまるで違うから
考え方が同じわけないのですよね。
皇帝は もう完全におかしくなっていて こんなのが国を牛耳って
いるのでは 国民がただ不幸で 他の国に そのうち滅ぼされて
しまいますね。
長男を殺しただけでは 飽き足らなくて 慧英たち兄弟 そして姉
まで不幸にしようなんて 狂ってるとしか思えないなあ。自分が不
幸だから 他人もというようには 思うかもしれないけれど 自分
の子供は 誰よりも幸せにって 思うのでは・・?
最後の方は焦ったけれど やはりBLなので 幸せな結末でした^^

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

新妻と獣な旦那さま (プラチナ文庫) [文庫] / 柊平 ハルモ

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
新妻と獣な旦那さま (プラチナ文庫) [文庫]
柊平 ハルモ (著), 壱也 (イラスト)
出版社: プランタン出版 (2013/10/12)
518AeROphIL__SL500_AA300_.jpg

内容紹介

幾久しく、妻として仕えます。
攻め入った隣国の兵を退け御武王と名乗った銀狼は、褒美として皇族の花嫁を求めた。
異国の神だというものの、狼と契りを交わすことに皇族達は怯えた。
そんな中、皇族の末端に連なる瑞宝は、自ら嫁ぐ決意をする。
そしてこまやかな気遣いを見せる御武王と、徐々に心を通わせていく。
だが夜に現れる彼の影だという男に、獣形である御武王を受け入れるためと、淫らに体を開かれて……。

感想
好きな人外で モフモフで 純愛で 読んでいて とても楽しかった^^
最近 このパターンが多い気がします。偏って選んでるねえ^^;
瑞宝は可哀想な身の上なんだけど 凄くいい子で 誰にも愛されてないけれ
ど せめて父親だけには存在価値があったと思ってほしいから わが身を差
し出すなんて健気!でも この父親ってほんとに優柔不断で決められない。
そんなだから 敵国に攻められるのよ。優しいって瑞宝は言うけど そう
じゃなくて はっきりしない男なんだと思うな。赤ちゃんの時に助けたのも
責任を問われたくないからだと・・嫌いなタイプー^^;
いくら 国や父兄弟のためっていっても やっぱり獣とは嫌だよね^^;
そのあたりは瑞宝も正直なんだけど 御武王は狼の形だけど とっても優し
くて セックスは嫌だけど 一緒に穏やかに暮らしたいとは思うのよね。
妻になるための練習は 妙にHです^^触手?じゃないけど木の枝が ぐに
ぐにするのは Hで好きだなあ^^;
二人は幸せになるからいいんだけど この青海貴人ってなに?自分がいい男
とまぐわらりたかったの?!^^;
この神様と 瑞宝の父親は最後も呆れちゃいました^^;

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

巫女はあやうい恋のとりこ / 柊平 ハルモ

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

巫女はあやうい恋のとりこ (ガッシュ文庫) [文庫]
柊平 ハルモ (著), 六芦 かえで (イラスト)
出版社: 海王社 (2012/11/28)
51iEE15TGnL__SL500_AA300_.jpg

内容
この舞は神のためでなく、あなたのために…。山間の村で代々神社の宮司を務める家に生まれ、「玉依の御子」と崇められている由布。年に一度の祭りの頃、心は浮き立っていた。…東京で弁護士をしている久遠寺と会えるから。彼は由布を特別視しない唯一の人で、出会ってから毎年、祭りで舞姫を担う由布に会いに来てくれる。彼の優しさに想いを募らせる由布だが、実は久遠寺は神社の宗教法人格を狙うヤクザ関連の弁護士で…。

感想
あたしの好きな巫女さんでしたが 考えてみると BLで巫女さんって多いですね 
その上 好きだからつい買ってしまうのですが これって もしかしてBLで売れ
筋なのかしら?^^由布は綺麗で従順で親に逆らわないけど こんなに抑制され
たら可哀想。普通爆発しそうだけど それが好きな男ができて 暴走しちゃった
のね^^久遠寺の過去はなかなかハードそうで 興味あり。もしかしてパートナー
の神林でスピンオフがでるとか?あるといいなあ。この守銭奴でお金に頬すりす
るっていうキャラが 凄く気にいってます。久遠寺は悪どいことをしながら 実
は根っこでは そこまで非情にはなれない。身体を売り生きた神林の方が 精神
的にも強いのかも。それでもお金を拠り所にしないと 崩壊しそうなのが悲惨。
由布と久遠寺は幸せになったのだから 神林もいい人見つけてあげてー^^;

巫女はあやうい恋のとりこ
由布は戸隠神社の息子として また玉依の御子さまとして大事にされている。母
が命を懸けて産んだこともあり 神の子と地元でも敬われている。感がよくて
ちょっとした予知のようなものも あるからだ。中学まではなんとか通わせても
らったが 友達はなく高校は通信制で テレビもなく人とのかかわりもほとんど
ない。この生活が嫌だけれど 心臓が悪い母に逆らうこともできない。オトコな
のに 巫女の姿で神楽舞をするのも もうやめたいのだ。

ある日 男性が倒れているのを見つける。端正な顔でがっちりした若い男だ。崖
から落ちたらしい。介抱して家に連れてくるが 男は東京から来た弁護士で登山で
友達とはぐれたという。由布はすっかり心を許して それからも久遠寺というイケ
メン弁護士は 毎年来るようになる。段々 久遠寺に対して 思慕のようなものを
覚えるのだが 実は彼はやくざにかかわる弁護士だった。お金に困っている神社
仏閣を探して その権利を買うことを仕事にしていた。それをヤクザのフロント
企業に転売するのだ。由布の家の戸隠神社も狙っていたのだが・・。

彼には秘密の話し
ほとんどの財産を投げ出して由布を救った久遠寺は タイにいくことになった。
ヤクザからは逃げられなくて そこで事務所をひらくのだ。しかし神林が連絡して
由布が追いかけてきて 結ばれる。久遠寺はタイに行き 離ればなれとなる。しば
らくぶりに日本に戻ってきた久遠寺は 由布に連絡しようと・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

恋雨/柊平ハルモ

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

恋雨―いじわるな主人と焼けあとの片想い (ガッシュ文庫) [文庫]
柊平 ハルモ (著), 佐々成美 (イラスト)
出版社: 海王社 (2012/1/28)

51fWgFnwj+L._SL500_AA300_[1]

内容
戦後まもなくのこと。生活を支える為に、進駐軍の英国軍人・フランシスのもとで身の回りの世話をすることになった陽介。メイド服を与えられ、それを着て意地悪な主人に仕える日々がはじまったが、彼とともに過ごすうちに次第に惹かれていく。しかし、陽介がここに連れてこられたのは、フランシスを陥れるための罠だったのだ。離れ離れになったフランシスの恋人と陽介が似ているから―。それを知りながらも陽介は身代わりとして彼に抱かれたいと思い…。優しい雨は、密やかな恋を包み込む―。この片想いの行方は…。

感想
うーん ひたすら可愛いかな こういう感じが好きなので。絵は佐々さんで 愛し
のボディガードを思い出してしまった。あれも可愛かったですが 同じく四角く
大きい攻めと 小柄な受けっていうのがピッタリです。年の差があり国籍も違うし
それでも 好きにならずにはいられない とこの感じがスキ 障害があるほど燃え
りのです?^^;

恋雨
陽介は父が南方に行き その後 母が病死して幼い妹二人を抱えて終戦を迎えた。
父は復員せず 食べるのに困っていた
。闇市で仕事を探そうとしていると 綺麗な
少年を連れて男に声をかけられた。そこで別の男に引っ張られた。それが深草とい
う元軍人で 今は政府の役人だという。陽介は仕事を探しているというと君にしか
できない仕事があるという
。妹たちも知人に預けるから大丈夫だという。横浜にい
る英国の軍人の身の回りの世話だというのだ。親日家で日本語もできる 我々にと
り大事な客人だという。外国人の世話なんて嫌だが 生きていかなければ妹たちを
食べさせなくてはと思う。深草さんのご命令で バークシャー伯爵のお世話に参り
ました という。出てきてのは軍服姿のプラチナブロンドで淡いブルーアイの男だ
った
。じっと陽介を見つめるが帰ってくれと言う。

せっかくの仕事だ 必死になるが 住み込みで働くつもりかと聞かれる。そうです
というと すぐに帰りたくなると思うがといい 陽介を壁に追い詰めて 下半身を
触る。
陽介は驚いて変態と騒ぐが 男はこういうことも仕事には含まれるがと言う。
ショックを受ける陽介に 深草は君を送って自分に弱みを作らせようとしたのだと
いう。日本にいろいろ優位なように 便宜を図ってもらいたいからだという
。それ
ほど力のある地位の男なのだとわかった。深草がきみにしかできないとは このこ
とだったのかと思う。セックスはしたくないがこの仕事は妹たちのために欲しい。
セックスなしで 身の回りの世話だけではだめですかとと食い下がると 特定の条
件をのんだらという。まずは自分の名前を正確に言うことができたらと 長い長い
名前を言わせて できないとニヤリとする意地悪さを示す。

若い男の子を置いたら何を言われるかわからないからと メイド服を持ってきてこ
れを着るようにという。黒い長いワンピースに白いエプロンと帽子だ。こんなのは
嫌だと思うがしょうがない。口はきけないということになった。名前は ようとし
て 許可なしに外出しないという条件で雇われた
。スカートは落ち着かないし小柄
だから女の子に見えるかもしれないが それが不満だ。敵国だった相手にうまく使
えることができるか 不安だ。横浜から麹町の華族の屋敷に移った。通いの家政婦
と庭師がくるようになった。フランシスは旦那様と言わないで名前は呼びすてでい
いという。フランシスは普段からちょっと意地悪で 一言多い。陽介の鼻が低いと
言ってははじいて喜んだりする。

陽介が玄関をはいていると どうしたの?その恰好と妹たちが驚いている。陽介も
突然の水向子 と風向子に吃驚した。二人とも兄に会いたくて めじろ台から歩い
てきたのだという。おにいちゃん可愛い恰好だと二人は はしゃいでいるが仕事で
女のふりをして話せないことになってるという。そこへお客が来た。亜麻色の髪で
緑の目のアメリカ将校だ。カイル大尉だという
。陽介たちをじろじろ見るが 口が
きけなことになっているので黙っていると 妹が代わりに挨拶する。カイルは少女
を雇っているなんてと驚き 使用人の躾がちゃんとしていないという。そこへフラ
ンシスが来てどうしたんだと カイルを見て嫌そうにする。陽介が困った顔をして
いると 妹たちがお世話になってますと挨拶した。フランシスは状況がわかったよ
うで 家で休ませてあげなさいと陽介に言う。カイルは美青年を従卒につけるよと
言うので このメイドでいいんだとフランシスはいう。

夜に 陽介はフランシスの部屋を訪ねる。ドアーを開けてフランシスが着替えていて
背中一面に傷があるのを見て驚く。如何したと言われて 今日はメイドとしてちゃ
んとしていなかったので カイルに馬鹿にされたのでと謝る。使用人として主人を
馬鹿にされないように教えてほしいという。フランシスは 一生懸命してくれてる
からいいと言ってくれる。だが できる限りのことをしたいと陽介は思う。
一緒に暮らすようになり二月が過ぎた。相変わらずフランシスはちょっと意地悪で
陽介もアイロンでシャツを駄目にしたりドジをしている。ある日深草がやってきて
陽介のメイド服姿を見て驚いている。仲良くしているならいいが 伯爵がこういう
趣味があったとはと言っている。そして白い封筒を渡された。そこには陽介の父が
南方で戦死したとある


父さんがしんじゃったと愕然とする。妹たちを一人で養っていかなければならない。
敵国の男の世話なんてしなくないと陽介は思う。フランシスには関係ないのだがど
うしても 気持ちが切り替えられないので 
男性の格好に戻り町に出てしまう。い
つの間にか 家があったところにきていた。ただの掘立小屋があるだけだ。でも必
死に立てたのだ。父が戻ったら ちゃんとした家を建てようと思ったのに。あまり
ショックが大きくて涙も出ない。これから日本は自分たちは どうなるのだろう
と不安で震えてきた。雨が降ってきて 家には入らずフランシスの屋敷に戻ってき
た。妹たちのために我慢しなくてはならない。裏から入るとフランシスがいた。
勝手に家を出たことを陽介は謝る。フランシスは深草から 父の戦死をきいていて
自分のところで引き続き働けるかという
。そうきいてもらえて嬉しかったが フラ
ンシスは戦争のことについては謝らないという
。謝れば亡くなった同胞に申し訳な
いからと言う。

陽介はそれをきいてかっとして あんたたちのせいで日本はぼろぼろになって た
くさんの人が死んだんだと怒鳴り泣いてしまう
フランシスは抱きしめて戦争は終
わり ノーサイド 敵も味方もいないのだという
。しかし陽介は気持ちの持って行
くところがない。フランシスは優しい言葉をかけるわけではないが 理屈をいいな
がら 慰められないのに困っている。陽介は父さんといいながら ずっと泣いてい
。気が付くと寝台にいた。夜は泣き疲れて寝てしまい フランシスが泣かせてく
れたのだ。一寸外出しようという。二人で歩いているとコスモスが綺麗に咲いてい
る。ちょっと前まで焼け野原だった。綺麗だな 植物は逞しいとフランシスはいう

車で闇市を回る。池袋 渋谷 驚くほど店が増えて人がいる。復興しつつあるとフ
ランシスはいう。陽介は自分も 立ち上がれるかなと思い このためにフランシス
が連れてきてくれたのだとわかる。

葬儀のために妹たちのところにいき 十日後 陽介はフランシスの元に戻った。前
と違い 良いものを食べているので背が伸びたようだ 体もだんだん男っぽくなっ
てきた。メイド服も無理になるかもしれないと思う
。喉仏も隠すためにスカーフを
している。陽介はフランシスのために洋食を勉強して出してみたり 二人は近くな
っていった。フランシスが傍に来たり 話すとなんだかドキドキするフランシス
軽口が減って 寝酒が増えたようで心配だ。憂い顔が深くなっている
。深草が綺麗
な女性を連れてきた。義理の姉だという。フランシスと会って泣いているようだっ
た。帰るとき あたなはいくつと陽介は聞かれた 深草が中学4年ですよというと
いい年ごろねと また泣きそうになり帰っていった。

カイルが来たが 美しい黒髪の少年と一緒だった。フランシスはいるだろう と図
々しく入ってくる。すぐにフランシスに二人とも部屋からだされてしまう。カイル
は 鬱移しているなら男のを抱けばという。キミもそう思うだろうとカイルはいい
陽介をおやっと言う目で見て 帽子をさっととり 驚いたな他人のそら似でもよく
似ているなと言う
雪臣はもう死んだんだ 別れてずいぶん経っている いつまで
囚われているんだとカイルは怒る
。陽介は話を聞いて 雪臣がフランシスの大事な
人で亡くなったことを知った。遺品が見つかったとカイルが言っていた だからこ
んなに毎晩荒れて 飲むのだろうかと思う。自分に何かできないかと思い フラン
シスのところに行く。飲み過ぎはいけないというと 深草に付け込んで来いと言わ
れたのか と言うので彼は関係なく 自分が心配なのだという。雪臣さんは自分に
似ているのかと言うと 写真を見せてくれた
。それはイギリスでの写真で 確かに
雪臣は陽介に似ていた。雪臣は深草の義理の姉の弟なのだ。雪臣 深草 カイルは
英国に留学していた
フランシスは雪臣は恋人で 愛していたという

顎を取りフランシスがじっと見つめてくる。面影がよく似ていて 特に目が似てい
るというが 陽介は自分を見てほしいと思う
。ただしがみついていると 離れろ無
理にこんなことしなくていい とフランシスはいうが 震えているのはフランシス
への想いのせいなのだ。いつから彼を好きになってしまったのだろう。胸の疼きは
恋の痛みだったのだ。
抱きしめられるのは嫌じゃないと 自分にできることはない
かと陽介は言う。ハニートラップに落ちたくない とフランシスは言う。弱みが欲
しくて アメリカも日本も自分に若い男を宛がおうとするのだ とフランシスは説
明する。英国で同性愛は罪なのだと。雪臣は 日本は戦争に負けるとみなが言い
フランシスも引き止めたが 別れて帰国した。フランシスはスパイの容疑で酷い目
似合ったのだろう。恋人と別れて 恋人を利用されたのだ
。出征することなく語学
力を買われて 諜報活動をしていたという。

陽介は年上の男を なんとかして慰めたいと思う。フランシスは二人でいるのは危
険だから部屋に戻るように言う。お金も払うし仕事も与えるからと言うが 陽介は
抱き着いて離れない 離れたくないと思い 自分が身代わりになれば慰められるか
と尋ねる。
雪臣の守り袋にフランシスの写真が入っていたので 動揺して落ち込ん
でいたが また元に戻るという。襲われてもいいのかというので 陽介はいいとこ
たえる。それでは深草の思うつぼだというので 関係は誰にもいわないと陽介は言
う。フランシスの側にいられるならば 身代わりでもいいと陽介は思う。本気なの
かとフランシスはいうので 陽介は首肯すると頬にキスをした。じっと見つめあい
フランシスは陽介を抱き上げた。

服をそっと脱がせてくれて体のあちこちにキスしてくれた。本当にいいのかと言う
が 陽介はしてほしいのだ。嫌なら途中でも言いなさいと言われ 大丈夫と言いな
がら震えているので 微笑まれる。あちこち愛撫されると性器が濡れてくるのがわ
かり 恥ずかしくて真っ赤になってしまう
。フランシスは表情を見て また優しく
微笑んでいる。嬉しくて身代わりと言うことを忘れてしまいそうだ。雪臣さんじゃ
なくて 陽介なんだよと心の中でいう。口づけをしながら 触れられるだけで達し
てしまった。ほぐされると ちょっと怖くて抱き着いてしまうが 甘えん坊と言わ
れると体が柔らかくなる。熱い熱が入ってきて 痛みよりも嬉しさが勝っていて中
でいった時は ただ嬉しかった。


ちょっとお腹が痛くて眠い という毎朝を繰り返している陽介だ。幸せだけど朝に
なれば寝台を抜け出して 使用人に戻る
フランシスは優しくて体を心配してくれ
る。髪を優しく撫でてキスをしてくれる
。でも身代わりだと 陽介は思う。勘違い
してはいけないと。フランシスは深酒をしなくなり それだでも嬉しい。深草もフ
ランシスは機嫌がいいな と満足そうだ。二人の関係を約束だから陽介は黙ってい
る。夕方になると使用人の時間は終わりで 後で来なさいという。体は慣れてきて
乳首への愛撫が感じる。自分からもそっと誘うようになったが キスが何より好き
だ。入ってくるのも感じられて 気持ちがいいのだが。陽介はどうしていいかわか
らないので いつも気持ち良かった?とフランシスにきいて よかったよと甘い声
で言われると 嬉しくなってしまう
。今日はうっかり寝過ごしてしまった。慌てる
とフランシスは 朝まで一緒にいていいんだよ と抱きしめてくれる。身代わりで
切ないけれどフランシスのためなら 何でも我慢できると思う。

カイルが綺麗な少年二人を連れてやってきた。フランシスは仕事だというと この
二人の子はプレゼントだからと言う。むっとしてるとカイルが 嫉妬してるの?と
笑いながらじっと見て もしかして男の子なのと スカーフを取られてしまう
何処から連れてきたのか フランシスに騙されたな 深草かなと。とにかく弱みは
掴んだとフランシスに伝えてくれと言うので 身代わりだから弱みじゃないと陽介
はいう。女装してまで隠したいのだから弱みだよ いくら伯爵でも同性愛が二回目
じゃねという
迷惑をかけたくないと ばれたので出ていきますと書置きして陽介
は 家を出た
。フランシスと妹たちさえ幸せなら自分はどうでもいいと 闇市で仕
事を探すことにした。仕事探してます家事できますと 書いた紙を持って歩く。
じろじろ見られて恥ずかしいがしかたない。

仕事探してるのと声をかけて来た男は少年を連れている。前にも声をかけた男だ。
三食ついて住み込みだが 楽ではないよという。雇主に逆らわないなら この顔
なら採用されるという。ついていくと少年が 世話してくれるらしい。陽介は競
りに出されるという。お茶をもらっていると ぼんやりしてくる。少年はここは
高級男娼を扱ってるんだよ もう逃げられないから おとなしくした方がいいよ
と言う。
声が聞こえるが体が動かない。男がお二人とも 今度のはいかがですか
という。売られるのは嫌だと陽介が思っていると あれ?陽介くんと声がする
気が付くと深草とカイルがいて 伯爵がむかっているという。怒ってない心配し
てるよと言う。深草はどうしても陽介の力が必要だという。食糧事情が悪いので
このままだと 冬には餓死するひとが出るだろうという。伯爵は教会にも顔がき
くのでアメリカだけでなく イギリスからも食料が欲しいので どうしても協力
してほしいという。
陽介は 自分がいると雪臣の事を思い出して いつまでも
フランシスが利用されて悲しい思いをするから 嫌だという

フランシスが そこまでにしてくれと深草に言う。いつの間にか来ていて 陽介
の事がなくても 自分のできることはちゃんとすると深草に言う。ばれて迷惑が
かかるという陽介を フランシスは大きな胸に抱きしめてくれた
嫌じゃないな
ら帰ってきてくれとフランシスはいい 君とこれから 色々乗り越える覚悟がで
きたからという。陽介は額にキスをされて 首に抱き着いた
。屋敷に戻りベット
においてくれた。もう薬は消えたようだが ずっと抱いていてくれた。私を思っ
て出ていったのだね とフランシスに言われる。身代わりだから迷惑なのではと
いうが そんなことない嬉しいと言われる。抱いて一緒に暮らすうちにどんどん
手放せなくなったという。身代わりじゃなくて君自身を求めているよとフランシ
スはいう。からかうと怒る単純さやお人よしで愛情深いところなど 好きだよと
君を愛し始めていると囁く


陽介は身代わりじゃなくて自分を愛してほしかったというと フランシスは何度
も愛してるよと あちこち触れてキスをしてくれる。抱き合い始めると陽介の体
は溶けていく。体も健気だとフランシスはいう ぐっとはいってくると自然に陽
介は フランシス好きと声が漏れる。何度も好きといいフランシスは 抱きしめ
てキスを繰りかえす。もう悲しくないときくと 陽介がいるだけで心の糧になる
よと こたえてくれる。陽介は繋がっていると寂しくない 中ではじけると二人
が溶け合って 混ざったような気になる
。外は雪でも腕の中は温かいと思う。

蜜より甘く 
最初は小さい芽だった。フランシスが慕わしいと それが成長して 自分だけを
見てほしいという独占欲になり 愛してもらえるようになった
。陽介は怒ってい
た。今日カイルに みんなにばれてるのに いつまでもメイド服着ているの?意
味ないじゃないと言われた。そういえばそうだと思って フランシスにいうと
にやりと笑っている。真面目に女装していたのにと ますます腹が立つ。自分の
気持ちがわかってないと怒鳴るが 本当に怒らせてしまったかなとフランシスが
困った顔をすると 言い過ぎたかもと陽介は焦る。ちょっと言い過ぎたかも ご
めんとフランシスにいい 頬を寄せると キスをしてくれる。着れなくなるまで
このままでいいと思ったとフランシスはいい こうしやすいからとスカートの下
に手を入れてくる。すけべ!と怒っても辞めないで性器を撫でてくる
。こうなる
と腰が砕けて 悪口も言えなくなってくる。

一度いかされて 長椅子に押し倒される。意地悪から嫌いというが やっぱりフ
ランシスの優しい愛撫に負けてしまう
。もうメイド服はおしまいだ とフランシ
スがいう。 状況も変わり先もどうなるかわからない不安はある。それでも幸せ
だよ ずっとフランシスのそばにいると 陽介は言う
。スカートあげないと汚れ
るよ と言われ恥ずかしいが たくしあげる。後ろをほぐされて膝の上に乗せら
れる。スカートを全部持って お尻がまるだしなので真っ赤になるが フランシ
スは嬉しそうに抱き上げて入ってくる
。緩めて とか色々いやらしことを言われ
胸までいじってくるので 陽介は気持ち良すぎて息が上がってしまう。奥まで入
ってきたときは もう何も考えられない。首を振るが 感じやすいところばかり
突かれて嬌声がとまらない。


気が付くと腕の中で寝ていた。フランシスは時々難しい顔で寝ている。リラックス
すればいいのにと陽介は思うが いろいろあるのかもしれない。時々 厭世的な目
をすることあるが 陽介のためにはできることをしてくれている。陽介も フラン
シスが幸せな気持ちでいられるように 心遣いをしているつもりだ。これからも絶
対離れない側にいると囁いて口づけると 抱き寄せてくれた

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR