コンテントヘッダー

恋々日和 (Canna Comics) コミック – 2014/6/26 菊屋 きく子 (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
恋々日和 (Canna Comics) コミック – 2014/6/26
菊屋 きく子 (著)
きくち

内容
過去のトラウマから恋愛に消極的になってしまったサラリーマンの五霞。
恋なんて二度としないと心に誓うが、同じ職場の後輩・愛宕から猛アタックを受ける。
真面目で融通がきかないタイプの五霞は、軽々しく好意を露わにする愛宕が信用できないが、
突き放してもめげずに懐いてくる大型犬のような愛宕に最近はほだされ気味で……!?

感想
楽しかったです^^しかし 元カノは どうして彼氏が真面目で面白
くないのかなあ・・。色々な好みがあるから しょうがないけど 結
婚だからと 真面目がいいかなあって思ってしまう^^;
やっぱり うまくいかなくて 後悔してましたものねえ・・でも五霞は
しっかり愛宕に とられちゃってるけれどね^^
愛宕は いい子だけど 猪突猛進型っていうか 好きだと周り見
えてないところがあって五霞も なかなか愛されすぎて 大変か
もしれないね^^

恋々日和 1
サラリーマンの五霞は結婚を考えていた女に裏切られ 転職した
が ひねくれている。やはり中途で入ってきた愛宕に懐かれて
好きだと言われるが・・。

恋々日和 2
五霞は愛宕にキスされて 怒る。社長と仕事に行くと 五霞は元
彼女と出会ってしまう。結婚したが離婚するという彼女は・。

恋々日和 3
イラつく五霞は 愛宕を飲みに付き合わせる。先輩に言われて
いやいや五霞と愛宕は合コンに出るが 愛宕の知り合いが来
て・・。

恋々日和 4
社長と食事に行った先で 愛宕が女性とキスをしているのを
見て 頭に来てしまう。愛宕が追いかけてきて説明するが
嫉妬と認めた五霞は・・。

恋々日和 最終話
付き合うことになった二人だが 愛宕が手を出してこないので
五霞はイライラして その気にさせようと・・。

どうどうめぐり
愛宕は熱があっても なんとか五霞とセックスした。今度こそと
思うが 五霞が熱を出して・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

人の気もしらないで (アイズコミックス) コミック – 2014/6/25 菊屋 きく子 (著)

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村
人の気もしらないで (アイズコミックス) コミック – 2014/6/25
菊屋 きく子 (著)
きくち

内容紹介
男にモテる男・半原は毎日のように言い寄られていた。同じ様に、女にモテる男・白塚も毎日のように追いかけ回され疲労困憊! 似た境遇にある2人はいつしか意気投合するようになっていた。そんな日々を改善するべく、2人は“恋人ごっこ"を始める事に。恋人(仮)に翻弄されて、胸のドキドキが止まらない──!!
【収録作品】いばらのとりで

感想
絵も可愛いですけど 話も可愛いです。半原が 性格もよくて健気
なので白塚は ちゃんと大事にしてほしいです。でも こういう
何故だか やたら男性にもてる人っているんですよねえ 半原は
ゲイなのだろうけど そうじゃなくても もてまくるって なかなか
辛いものがありますね^^;

人の気もしらないで 前篇
男にもてる半原は いつも困ってる。同じく女にもてる白塚も 逃
げ回っている。とうとう 疲れた白塚は 半原と恋人ごっこをしよう
と言いだすが・・。

人の気もしらないで 後編
半原はもともと白塚が好きなので 恋人の振りが辛い。白塚は
半原に色気がないから駄目なのだ と男同士でやろうというの
だが・・。
雛乃介と春友。あまりに頭が良すぎて 性格もなんだし^^;友達
の一人もいない孤独な雛だけど 明るくて優しい恋人の春友が
できて よかった^^

いばらのとりで 第一話
雛之介は天才的な薬の研究者だ。家に籠っているが 体を心配
して 姉が教授から助手を頼んだ。春友という若い男はイケメン
で雛之介に好意的だった。反抗的だった雛之介だったが・。

いばらのとりで 第二話
春友が姉と仲がいいのではとイラつく雛之介は 適当に相槌を
うってしまう。春友が毒を飲んでしまい

いばらのとりで 第三話
春友とセックスをしてから 雛之介は気持ちが安定せず寝付い
てしまう。首にするかと教授に言われて・・。

ぼくのきもちもわかって
白塚と恋人になった半原だが・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

恋はしたたかに / 菊屋きく子

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

恋はしたたかに (アイズコミックス) [コミック]
菊屋 きく子 (著)
出版社: ホーム社 (2012/12/25)
51x0q4dKGBL__SL500_AA300_.jpg

内容紹介
自他共に認める遊び人・北見のもとに、恋愛経験がまったくないという男・栗崎が異動してきた。栗崎の整ったキレイな顔が一体どんな風に崩れるのか。北見のそんなただの興味本位から“身体だけ"の関係が始まるが…。北見と栗崎の描き下ろし「したたかな、その後」ほか、「いつかおうじさまに」「くり返しの毎日」も同時収録。

感想
絵も話も割とあっさりしているのですが でも じわじわと恋心が浸透していく
のですよね。これって結構 怖い・・しらないうちにドツボに嵌って 出られな
くなる感じですね。でもまあ 愛し合ってるから それでもいいのか^^栗崎は
可愛い顔して 天然でエロいし 男を垂らすのかも^^、「いつかおうじさまに」
「くり返しの毎日」も可愛い話でした。

恋はしたたかに 第一話
イケメンで遊び人の北見は 異動してきた後輩の王子顔の栗崎が恋愛経験もセッ
クスもしたことがないときいて 興味を持つ。教えてやろうと栗崎を抱く。驚く
ほどエロい栗崎に一寸動揺する北見。合コンの誘いがあって 栗崎も連れて行く。
なんだかイラつく北見だが 栗崎も嫌だったと・・。

恋はしたたかに 第二話
この先 栗崎が女を抱くと考えると 北見はむかついて乱暴に栗崎を抱いてしま
う。自分の独占欲に驚いてしまうが キスマークのおかげで 栗崎を狙う女たち
を一掃できたが・。

恋はしたたかに 最終話
栗崎を馬鹿にしていたが 北見も初めての真剣な恋にどうしていいかわからない。
他の女を抱こうとするが たたない。あっという間に インポだという噂が流れ
てしまう。しかし栗崎には ちゃんと勃起して・・。

繰り返しの毎日
尚弘は幼馴染の 哉匡とのいやらしい夢を見てしまい 困っている。幼稚園の時
にふざけて哉匡にキスをしてから ずっと好きだ。嫌われたくないので黙ってい
るが哉匡が持てるので 辛い。いつも面倒を見てくれる哉匡に 友達が呆れ解放
してやらないと 彼女ができないと尚弘にいい・・。

いつかおうじさまに
玉戸は保育所で働いている。怪我をしてもいつも気が付かない。というのは疼痛
など感覚がないのだ。母親がかけた催眠術がとけないのだ。王子様のキスで呪い
はとけるというが 玉戸の好きな相手はオーナーの備前なので・・。

したたかな、その後
あまりにがつがつしていてもと 栗崎に触るのを我慢していると 同僚がたたな
くなったんだってと笑いながら来る。北見は否定しようとするが・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

間違いだらけの愛情表現/菊屋 きく子

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

間違いだらけの愛情表現 (Canna コミックス) [コミック]
菊屋 きく子 (著)
出版社: フランス書院 (2012/3/27)
51bDgkCDVeL._SL500_AA300_[1]

内容紹介
あんな告白の仕方は詐欺だろ――!? どこか冷めたところがあり、人に振りまわされることを面倒に思う阿見は、本音や感情を隠して人と付き合うようになっていた。 しかし、同じゼミの"人たらし"と言われる河内に何故か好かれ付きまとわれてしまう。 性格は正反対で苦手意識しかもてないのに、河内の詐欺的な告白により付き合うことになってしまい……!? ★収録作品「ないものねだり」〈義理の兄×弟〉の描き下ろし「おたのしみ?」を収録★

感想
日常のちょっとしたことなんだけど 擦れ違いとか 揉めたりとか そんなことが
戀愛の一コマなんですよね。それが よく表れていて 読んでいて楽しいかなと。

間違いだらけの愛情表現
河内はお調子者でみんなの中心にいる男だ。先週レポートで徹夜してぼんやりして
いるときに お菓子をくれて その上付き合ってくれると言われ 思わずうんと答
えてしまったので 阿見は俺のハニーとみんなに触れ回っている。河内は正反対で
苦手な男だと思っていたのに まさか告白してくるとはと 阿見は驚いている。
キスしていいと言われて駄目だと 阿見が怒っているところに鹿島教授が来る。河
内が呼び出されている間に 鹿島は変わったのと付き合ってるんだなと。阿見の元
彼が鹿島なのだ。二人でお茶していて 黙っている河内を見ると顔も整っているの
だがと阿見は思う・・

ないものねだり
由雅は義理の兄の康人が好きだ。バイトをしたいというと 自分のところでと康人
はいう。連れ子同士で再婚しているので 血は繋がっていない。康人はバイト先で
仏の寺原といわれている。笑顔がよくて みんな癒されているのだ。バイトしてい
ると 同じクラスの朝日という女子がやってくる。話しやすい子なので 由雅はし
ばらくお喋りしているが 康人はそれを見ている。朝日は由雅にお茶しないと 誘
ってくる。兄に遅かったなといわれ好きなのかと 由雅は本当に好きなのは・・。

おたのしみ?
気持ちが通じ合った二人なのだが 康人はなにもしてこない。キスだけで終わりな
のかと 由雅は我慢できなくて抱き着いてしまう。康人が性器を握ってくれるだけ
で興奮していってしまう。最後まで抱いてもらったのだが・・。

王子としもべ
千昌は小さい時に父が亡くなり 不憫に思った会社の会長が 母を住み込みの家政
婦に雇ってくれた。秀孝はそこの一人息子で 小さい時から遊び相手にされた。秀
孝は暴君で 散々な目にあわされた。その関係が嫌で高校は全寮制に入った。とこ
ろが秀孝は追いかけてきたのだ。相変わらず 千昌をこき使うのだ。でも本当は秀
孝が好きなのだ。男で身分も違うからと 諦めるために離れようとしたのにとため
息が出る。そこへ秀孝の従兄である久嘉がきて・・。

迷える羊
波埼準教授は女に手が早い。また助手がやめてしまった。仕事は山のようにあるの
で友達が助手を連れてきたという。見ると男だ これなら手を出さないだろうとい
うのだ。緒川という男子生徒は 顔だけは波埼の好みだった。疲れてきて寝ていな
いので 思わず緒川に抱き着いてしまった。噂は本当なんですねと緒川は驚く。
なんでも寝不足が続く とひと肌が欲しくなるというのだ。僕でもときかれて男は
とこたえるのだが キスした夢を見て・・。

甘えるスキル
酒門と竹園は同じ塾講師だ。竹園は学生の時に酒門に憧れて 同じところに入った
のだ。見ているだけでいいと思ったのに酒門から告白されて 付き合って三か月だ。
嬉しくて仕方ないが 三人兄弟の長男で どうしても甘えることができない。酒門
はいつも もっと恋人だから甘えてくれと言う。素直にできなくて困ってしまう。
後輩を上手く甘やかすことはできるのにと。そんな時 疲れているのにセックスを
と言われて・・・。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

ひみつの棘

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ BL小説読書感想へ
にほんブログ村

ひみつの棘 (ミリオンコミックス Hertz Series 112) [コミック]
菊屋 きく子 (著)
出版社: 大洋図書 (2011/11/1)

51+vKhwXC9L._SL500_AA300_[1]

内容
編集者の宇留野は1年前に別れた恋人・久原と再会する。久原は恋の噂が絶えない人気作家だ。宇留野は新雑誌で久原の担当を命じられその上 久原にしばらく家に泊めてもらえないかと言われる。宇留野はすぐに断るが 仕事ができないと半ば脅され仕方なく泊めることになる。もう二度と逢う事はないと思っていたのに。自分勝手な久原に振り回される宇留野だったが数日後 久原にやり直さないかと言われる。

感想
こういうお互い嫌いじゃないのに 性格があわないというか すれ違ってしまい別
れるって きついです。いつまでも相手の事が心に残るから。嫌いになって別れる
ならいいけどね。なかなかよかったなあ。

ひみつの棘
忙しいと思いだすことがなくていいと 必死に働いている宇留野に 久原を担当し
てくれと話が来る。折角忘れようとしているのにと
宇留野は思う。久原が久しぶり
一年ぶりだなという。久原に会ったのは2年前で ファンで会えて一緒に仕事がで
きて嬉しかった。好きになって告白して受け入れてくれた・・でも。
今付き合ってる奴がいるのかときかれ 宇留野はいないと答えるとじゃあしばらく 
お前の家に泊めてくれないかという
。海外にいたら更新ができなくて出さてしまう
というのだ。男女いくらでも泊めてくれる人がいるでしょうと宇留野がいうが 実
はちょっとトラブルを起こしてと久原はいう。それでも断ると じゃあ仕事はでき
ないなと言いだす。仕方なく自分の家に連れて行く。


人を連れてこない部屋を汚さない お互い干渉しないと言う約束を守ってくれとい
い同居を始
める。久原は相変わらず綺麗な部屋だなという。でも洋服はその辺に纏
めて脱いであるし 食べ物はない。プライベートは変わらないなと久原は笑う。合
鍵を貰い 久原は出ていく。明け方とかに戻ってくるので宇留野は寝られない。
不足が続くと熱をだすんだから気をつけろと久原がいうが 原因はお前だと宇留野
は内心怒っている。


社内の女の子が久原を見ては騒いでいる。話によるとモデルや女優との遍歴は相変
わらずで 一月も持たないのも同じだ
。宇留野が帰ると久原が玄関に寝ている。
女遊びが好きで強引で昔とちっともかわらないと思いながら 久原を運ぼうとする
が彼の匂いでぞくっとし 響一と呼ばれ体を落としてしまう。痛みで起きた久原は
俺たちやり直そうという


冗談はやめてというが 久原は今度は逃がさないという。宇留野が告白した時まさか
受け入れてくれるなんて思わなかった。嬉しくて仕方なかった。でも社交的な久原は
男女ともに友達が多くて いつも帰宅は明け方だった。終電がないといっては面倒見
のいい久原は 男女をよく泊めた。嫌だけど嫌われたくなくて我慢した
久原が宇留
野を好きなのは本当だったし 選んでもらえて嬉しかった
。でも 信じたいけど信じ
られなくて 嫌いになりたくなくて 別れてくれと言った。わかったと言って久原は
出て行き散々泣いた。


今日は久原との打ち合わせだが いつもと同じで宇留野はほっとする。プロットを見
せてもらうと再会愛 わざとなのか?俺たちもよりを戻そうとまた言ってる。断わり
珈琲を入れようとするとぐらっとする。久原は見ていてすぐに帰ろうと もう結構熱
があった。久原はどこにもいかないからと言って 頭を冷やしてくれる。付き合って
る時も 看病してくれたと思いだす。こういう優しいところが好きだったなと
。丸一
日寝ていてやっとすっきりした。
久原は食事に行こうと店に連れて行く。とても美味しい店で宇留野が感心していると
マスターが久原は毎日食べに来ていると教えてくれる。そこに女の子たちがわいわい
入ってきて昨日いなかったから寂しかったとまとわりつく。宇留野はむかむかするが
付き合っているわけでもないのだから嫉妬してもしょがうがないと


宇留野が機嫌が悪いので同僚が飲みに誘ってくれる。この間もどうせ女と一緒だろう
と思うとむかむかする。帰宅して部屋に入ると汚し放題で 整理しながら久原のベッ
トに寝てしまう。久原は帰ってきて宇留野を見つけると抱き着いてくるが寝ている。
目が覚めると久原と同じベットに寝ている。まさかやってないですよねというと久原
ニヤッと笑うがしてないよ してほしかった?と。宇留野はこういうのやめてくだ
さい 俺たちわかれたんですよと 宇留野はいうが久原は俺は好きだったと。おまえ
が追い詰められていたから これ以上嫌われたくなくて別れたんだというので 宇留
野は自分と同じだったのかと思う。でもおまえ以上に好きな奴は出来なくて もう一
度やり直したいと久原は言う
。気持ちが揺れるが きっとまた同じことの繰り返しだ
とこたえる。久原は俺は変わったと 好きな奴に信用されないのは辛いという

宇留野は 嫌われたくなくて都合のいい奴 いい子を演じて それに疲れ果てて別れ
たのだ
。もっと素を出して言いたいことをいって つきあえばよかったのかと悩む。
家に帰ると荷物を持って久原が出ていくところだった。完璧に振られたから出ていく
と 今まで悪かった おまえに甘えて好き勝手したから当然の報いだが 別れたいと
言われた時はショックだったという。信じてもらえないかもしれないけど 今も昔も
おまえを愛してると言って出ていく。
お互いを忘れることができなかったのに 別れる必要があったのかと宇留野は思って
追いかける。本当は女性といるあなたを見るのが嫌だったけど我慢した 不安に押し
つぶされそうになったので 好きなうちに別れたのだと言って抱き着く。
今度は信じていいですかと宇留野はいい抱き合う。久原は出し惜しみせず 好きだと
何度も言って抱く。

眠れない日々
慎輔が10歳千晃7歳の時 連れ子同士で親が再婚した。母が仕事で遅く寝られない
日々だった千晃は 酷いくまで慎輔が心配してくれた。一緒に寝てあげてと母が慎輔
にいいそれからいつも一緒に寝るようになった。もう高校生になった千晃だが慎輔が
一緒でないと寝られないのは同じだ
。いつもべったりな千晃に一人で寝たらと母が
いう。いつから慎輔がすきなのかわからない。千晃は慎輔の彼女をことごとくやっつ
けている。

側に至ると辛いが離れられない。今日も千晃は慎輔のベットで自慰をしてしまった
学校帰りに慎輔が女の子と歩いているのを見る。今日見た女の子と付き合ってるのと
千晃がきくとサークルの子で買いだしに行っただけだよと。俺の事好きと千晃がきく
と好きだよ 弟だからなと慎輔はいう。そういう好きじゃなくてと千晃はキス
する。
慎輔はお前は勘違いしている それはただの独占欲だという。千晃は泣きながら俺を
好きになって俺だけを見てとうったえる。
慎輔は抱きしめてキスをする。俺の努力を無駄にして 後戻りはできないぞという

体中を慎輔が触っていかせてくれる。好きといいながら寝てしまう千晃にもう離さ
ないと慎輔は囁く


甘い香りは蜜の味
古河は人気カリスマ調香師で香りの分析に長けている。泉は助手をしていて匂いに敏
感でアロマの効能に反応する。泉は古河の匂いにメロメロなのだ。面接の時一瞬で恋
に落ちた
。大手化粧品会社の堂場はいつも泉をからかう。ここやめてうちにこないと
誘うのだ。堂場は古河と大学が一緒で今はクライアントだ。
古河の匂いを嗅いだ途端 泉はふらふらっとする。なんだか体が変で 思わず古河が
作った試作を嗅いでしまう。すると体熱くてたまらなくなる。古河が泉を抱きしめて
性器を触っていかせてくれる
恥ずかしくて死にそうだが この香りは催淫作用の高
い香りだという。今のは不可抗力だな 忘れろ
と古河はいうが 泉はそれだけではな
くて古河を好きだからだとショックを受ける。

落ち込んでいると堂場が来て飯でも食おうと。なんか失敗でもしたのと堂場がきく。
気にしないよ 古河は他人の匂いが気になりいつも一人だったのに君といられるのは
特別だということだからと
。そうなのかなと 泉は元気になるが 古河の側に行くと
嫌な顔をされて 近づくなと言われてしまう。
吃驚して 昨日の事軽蔑されたのかと
泣いていると堂場が来て ははーんと 大きな声でうちの会社で引き抜くよという
古河が慌てて出てきて 辞めるのは許さないぞという。嫌っているのではと泉がいう
と堂場の匂いがしたからと嫌だったと。いつもの俺に対する求愛フェロモンで一杯の
御前の匂いがいいんだといい 壁に押し付けてキスをしてくる。お前は俺のものだと
オスの顔をした 古河が泉の下半身を触り いかされてしまう
。 

スキを見せると痛い目にあう
選りが戻り機嫌がいい宇留野は 同僚に元気になったなと言われる。そんな顔に表れ
ているのかとトイレに行くと キスマークが首にあり恥ずかしい。そこへ久原が来て
H臭い顔をしているなといい キスをしてきてトイレに連れ込まれる。駄目だというが
下半身を触られ とうとう最後までされてしまう
。怒った宇留野にパンチをくらい今
度したら別れると。ちょっと反省?の久原だ。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
最新コメント
フリーエリア
かうんたー
訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR